この記事では、寒い季節に活躍するマフラーについて解説いたします。

マフラーは首元を寒さから守るだけでなく、ファッションアイテムとしても注目されているため、実際に選ぶ際には押さえておかなければならないポイントが少なくありません。

ここでは、マフラーの選び方をはじめ、おすすめのブランドやアイテムについても紹介しているため、購入の際の参考にしてみてください。

種類別のマフラーの選びと特徴

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

通販で人気のおすすめマフラー

防寒に止まらず、コーディネートのアクセントにもなるマフラーは、冬のファッションの必須アイテムです。

しかし、マフラーと一口にいっても様々な種類があります。

ここでは、種類別のマフラーの選び方と特徴について紹介いたします。

フリンジマフラー

フリンジマフラーはマフラーの中でも比較的スタンダードで、両端にフリンジがついているマフラーです。

フリンジとは房飾りをさし、長さはマフラーのデザインによって異なります。

オーソドックスなデザインが多いため、通勤や通学などに使える万能タイプです。

ティペット

ティペットは首の前で重ねるようにし、前で留めるつけ襟のようなタイプのマフラーです。

クリップやボタンが付いているので着脱もスムーズになっており、通常のマフラーのように巻き方を考える必要もありません。

存在感のあるティペットであれば、シンプルなコーデのワンポイントとしてもおすすめです。

スヌード

一本の布状のマフラーではなく、輪状になっているマフラーがスヌードです。

かぶるだけなので着脱が簡単で、ほどけることもありません。

ネックウォーマーはこのタイプが多く、アウトドア用の防寒目的には特に便利です。

ストール

ストールは厳密にはマフラーとはやや異なります。

そのため、素材も麻や綿といった薄手のものからウールやカシミヤなどの厚手のものまで種類も様々です。

どちらかというとオールシーズン使用でき、コーディネートの一部として楽しむアイテムとなっています。

また、本来はショールとして使用されていたため、サイズもマフラーより大きくなっています。

素材別のマフラーの選びと特徴

マフラーの素材の種類は豊富ですが、保温性をはじめとした機能面だけでなく直接肌に触れるものだけに肌触りも大切です。

そのため、マフラー選びではコーデを意識しながら素材選びにも注意しましょう。

カシミヤ

マフラーといえば、カシミヤといっても過言ではないほどマフラーでは多く用いられている素材です。

山羊の毛からつくられたカシミヤは保温性や保湿性といった機能性に優れ、上質な素材としても知られます。

温かさだけでなく軽さも兼ね備えているため、身軽でスタイリッシュなスタイルにピッタリでしょう。

ウール

羊の毛を原料としているのがウールです。

温かい空気を逃しにくい一方で、吸湿性が高いため寒い季節でも電車通勤などの暖かい車内で汗ばむことがある場合に最適です。

マフラーの素材としては最も多く流通している素材でもあります。

コットン

コットンはタオルに用いられる代表的な素材ですがマフラーにも用いられます。

適度な弾力と保温性があり、吸湿性に加え通気性もよいことからオールシーズン活躍する素材です。

肌触りがよく刺激が少ないため、敏感肌の方に適しています。

アンゴラ

アンゴラはアンゴラウサギの毛に羊毛とシルクを織り交ぜて作られている素材です。

繊維が非常に細いため、ウールの1/3ほどの重量でありながら温かさは3倍ともいわれています。

柔らかい肌触りも特徴的で、チクチクする素材が苦手な方には最適です。

カラー別のマフラーの選びと特徴

マフラーのカラーバリエーションは豊富なので「暗い色」「明るい色」「差し色」といったように3種類ほどに分類して選ぶとよいでしょう。

具体的なカラーは暗い色が紺や濃いグレー、明るい色はベージュ、ライトグレーなど、差し色は赤やパープルといったようなものです。

暗い色

マフラー初心者なら、まずは暗い色がおすすめです。

暗い色はコーデに溶け込みやすく目立たないのでマフラーを着けなれていない場合には取り入れやすくなり、大人っぽさも演出できるでしょう。

明るい色

カジュアル感や柔らかさを出したいのであれば明るい色がよいでしょう。

ただし、明るい色は目を引きやすいため、マフラーのコーデに慣れてから取り入れるのがポイントです。

差し色

差し色はコーデ全体の中でも際立ち、オシャレな雰囲気を引き立たせます。

しかし、バランスが難しく難易度は上がるため取り入れる際には注意が必要です。

女性に人気のマフラーブランド3選

RALPH LAUREN

ポロプレイヤーのロゴでもおなじみなのがアメリカの高級ブランドRALPH LAURENです。

マフラーは軽くて温かいウール素材ヴァージンウールを取り入れたアイテムが人気で、デザインはベーシックに仕上げられています。

比較的ボリュームがあり、カジュアルファッションを好む女性にぴったりです。

Glen Prince

Glen Princeは、スコットランドの伝統的なコレクションなどクオリティの高い製品づくりに力を入れているニットブランドです。

マフラーはウールやカシミアといった上質な素材にこだわり、落ち着きのあるカラーが多くなっています。

デニムが好きな20代後半~30代の女性におすすめのブランドです。

Johnstons

1797年にスコットランドで誕生したJohnstonsは200年以上の歴史があり、現在でも世界中の人々から愛され続けている老舗ニットブランドです。

マフラーも無地やチェックといったトレンドに左右されないデザインで長く愛用できるアイテムとなっています。

男性に人気のマフラーブランド3選

BURBERRY

ブランドの代名詞でもあるオリジナルタータンチェック柄「バーバリー・チェック」が有名なBURBERRYは、世代を超えて愛されるクラシカルなデザインが特徴です。

イギリス王室御用達の老舗ブランドで、世界中の紳士やVIPにも愛されています。

バーバリーチェックを採用したマフラーはビジネススーツやきれいめスタイルにもピッタリです。

Paul Smith

伝統的なスタイルでありながら、カラフルな色使いやポップな遊び心を取り入れたデザインが特徴なのがイギリスのブランドPaul Smithです。

ウェアからレザーグッズまで幅広いアイテムで品質の高さに定評があり、20~30代男性に支持されています。

MONCLER

フランスの高級ダウンウェアブランドMONCLERは、登山用など実用性に優れたアイテムを生産していましたが、現在では様々なデザイナーとコラボするなど、デザイン面も高く評価されています。

マフラーは防寒性抜群でありながら上品なデザインでカジュアル、ビジネスともに活躍する汎用性の高さが魅力です。

通販で人気のおすすめマフラー

男女問わずに使えるPOLO Ralph Lauren マフラー PC0230

男女問わず幅広い年代でマッチするRalph Laurenのマフラーです。

ポニーの刺繍とチェック柄がポイントで、カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンで活躍します。

[ポロ ラルフローレン]POLO Ralph Lauren マフラー PC0230 AVIATOR NAVY [並行輸入品]
created by Rinker
POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)
¥4,500(2019/11/17 08:38:03時点 Amazon調べ-詳細)

ふんわりとした軽い使い心地のGlen Prince ラムウールチェック柄マフラーSLS17・031

伝統的な手法で丁寧に編まれ保温性が高く、柔らかい肌触りが特徴のラムウール100%のマフラーです。

カラフルな配色が可愛らしく、ふんわりとした軽い使い心地で首元を温め、コーデのアクセントになります。

カシミア100%の Johnstons マフラー WA16

素材はカシミア100%で、ごわつかずしっとりとした高級感あふれる肌触りのマフラーです。

派手すぎない落ち着いた色合いで年齢や性別を問いません。

[ジョンストンズ] マフラー WA16(無地) HA0100 Silver UK ONE (-) [並行輸入品]
created by Rinker
JOHNSTONS(ジョンストンズ)
¥17,600(2019/11/17 08:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

定番のチェック柄 BURBERRY カシミヤマフラー 8015533 2501B

定番のバーバリーチェック柄がポイントのマフラーです。

男女兼用でプレゼントとしても人気となっています。

シンプルなデザインの Paul Smith マフラー Scarf 933D-AS04

シンプルなデザインで幅広い年代にマッチするPaul Smithのワンポイントマフラーです。

男女兼用で通勤、通学、タウンユースとオンシーズンにはひとつ持っていると便利なアイテムとなっています。

Paul Smith (ポールスミス) マフラー Scarf 933D-AS04 (Black 79)
created by Rinker
Paul Smith(ポール・スミス)
¥6,500(2019/11/17 08:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

マフラーについてのまとめ

  • マフラーを種類別で選ぶ場合にはフリンジマフラー、ティペット、スヌード、ストールなどがあります。
  • 素材ではカシミヤ、ウール、コットン、アンゴラなどがありますが、機能面だけでなくコーデも意識しながら選びます。
  • マフラーはカラーバリエーションは豊富なので「暗い色」「明るい色」「差し色」に大きく分類して選ぶとよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
[ポロ ラルフローレン]POLO Ralph Lauren マフラー PC0230 AVIATOR NAVY [並行輸入品]
created by Rinker
POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)
¥4,500(2019/11/17 08:38:03時点 Amazon調べ-詳細)
[ジョンストンズ] マフラー WA16(無地) HA0100 Silver UK ONE (-) [並行輸入品]
created by Rinker
JOHNSTONS(ジョンストンズ)
¥17,600(2019/11/17 08:38:04時点 Amazon調べ-詳細)
Paul Smith (ポールスミス) マフラー Scarf 933D-AS04 (Black 79)
created by Rinker
Paul Smith(ポール・スミス)
¥6,500(2019/11/17 08:38:04時点 Amazon調べ-詳細)