この記事では、涙袋のメイクの手順と、注意点や人気のある涙袋ライナーを解説します。

涙袋のメイクで、目元の印象を強調させることが可能です。

この記事を読むことで、自分に合ったメイク用品購入の検討が出来ます。

そもそも涙袋メイクとはなにか?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

涙袋ライナーのおすすめ品

涙袋とは、まぶたの下にあるぷっくりとしたふくらみのことです。

涙袋メイクとは、メイクで涙袋を強調したり、控えめにしたりして、目元の印象を大きく変えるメイクを言います。

涙袋を強調したメイクをすれば、目元を女性的で優しくかわいらしい印象に見せることができます。

涙袋を控えめにしたメイクの場合は、きりっとしてかっこいいクールビューティーな印象にすることも可能です。

アイライナーやアイシャドウなどを持っていればすぐに始められるため、敷居も低いのが涙袋メイクの良いところでしょう。

涙袋メイクの手順

1:最初は涙袋の輪郭を描く

最初は、自然に肌に馴染むような淡いブラウンのアイライナー、アイブロウ、アイシャドウなどで涙袋の輪郭を描いていきます。

目を大きくしたいからと言って、欲を出して涙袋メイクを行う人に多いのは、アイライナー、アイブロウ、アイシャドウなどを太く描くことです。

線が太すぎるとクマができているような寝不足で不健康な目元に見えてしまうため、細い線を意識して描くのがポイントです。

2:描いた線を上手くぼかして行く

涙袋の線を、綿棒や指を使ってぼかしていきます。線を描くだけでは自然な涙袋メイクはできない事に注意が必要です。

線を上手くぼかすことができれば、涙袋に綺麗な影ができて魅力的な瞳になります。

3:アイシャドウをハイライトとして乗せる

涙袋に綺麗な影ができたら、最後にラメ入りアイシャドウをハイライトとして乗せて、涙袋を強調していきます。

アイシャドウをハイライトとして乗せることで、涙袋メイクは更に綺麗に仕上げることができます。

コツは目頭の近くから黒目の下あたりまで、下まつ毛に沿うように細くハイライトを入れていくことです。

しかし、涙袋のラインを広げすぎたメイクは不自然な印象になってしまう事に注意が必要です。

涙袋メイクの注意点

幅を取りすぎない

涙袋メイクをするにあたって、幅を取りすぎないように気をつけなければいけません。

欲張って幅を大きく取ってしまうと不自然な印象のメイクになってしまいます。

まずは自分に合ったラインを探すことを意識すると良いでしょう。

クマ対策も必要

体質で、クマができやすい人も少なくありません。

クマがある人の場合は、涙袋メイクをすると余計、茶クマっぽく見えてしまいます。

クマができやすい人でも、ベースメイクの時点でしっかりと対策をすれば問題ありません。

少し明るめのコンシーラーや、ハイライトパウダーをぼかして使用しても、明るく見える効果が期待できます。

涙袋ライナーは涙袋に立体感を出せる

涙袋ライナーとは、涙袋に立体感を出し、ハイライト効果で目元の印象を明るく変えてくれる便利なアイテムです。

目元のクスミやクマが気になるときに使っても効果があります。

他の美容アイテムと同じで、涙袋ライナーは様々なメーカーから販売されているのが特徴です。

リキッドタイプ、ペンシルタイプ、パウダータイプなどがあり、それぞれのタイプに長所があります。

涙袋ライナー種類

リキッドタイプは自然で肌になじみやすい

リキッドタイプの涙袋ライナーの特徴は、自然で肌になじむ仕上がりになるところです。

ぼかしやすいため、涙袋全体に柔らかくて細いハイライトを入れることができます。

色合いによっては、重ね塗りしないと色味が出にくいすることもあり、リキッドの量で最終的な仕上がりが変わります。

リキッドタイプの涙袋ライナーは、使い慣れるまでは思った通りに仕上がらないこともあるのが難点です。

ペンシルタイプは均一なラインが簡単に描ける

ペンシルタイプの涙袋ライナーの特徴は、均一なラインが簡単に描くことができるところです。

芯の太さの調整も楽にでき、ラインをぼかしたり、他の色味と重ねたりしやすいのもペンシルタイプの良いところでしょう。

ペンシルタイプの涙袋ライナーは、均一なラインを描くのが簡単なため、初心者向きではありますが、細かな表現は難しく、クッキリとしたラインを引きたいときには適していません。

パウダータイプは立体感を作れる

パウダータイプの涙袋ライナーの特徴は、涙袋全体に立体感を与えられるところです。

キャップの先に入っているパウダーをチップに付着させて使用します。

パウダータイプの涙袋ライナーは発色が良くハイライト効果がありますが、粉末という性質のため、目元の水分を奪いやす事に注意が必要です。

この点に関しては美容成分配合の商品を使用することで、多少は防ぐことが可能です。

涙袋ライナーのおすすめ品

ラブドロップス 涙袋ウルミライナーはうるみ感と立体感が出せる

ラブドロップス 涙袋ウルミライナーは、ラブドロップスはペンシルタイプの涙袋ライナーです。

いつものアイメイクに、うるみ感と立体感をプラスすることができます。

ペン先が減ったら、付属の鉛筆削りで削って繰り返し使うことができます。

ラブドロップス 涙袋ウルミライナー02 コーラルピンク 1.8g
created by Rinker
ラブドロップス
¥1,320(2019/12/11 20:40:30時点 Amazon調べ-詳細)

Kパレット ティアーズシャドウ&ライナーは目力を高めるのにおすすめ

Kパレット ティアーズシャドウ&ライナーは、Kパレットはリキッドタイプの涙袋ライナーです。

塗って描くだけで、目元に立体感を出せて目力を強められる品です。

影付け用ライナー、涙袋形成パウダーが付属しています。

Kパレット ティアーズシャドウ&ライナー02
created by Rinker
K-パレット(K-Pallete)
¥1,180(2019/12/11 20:40:31時点 Amazon調べ-詳細)

ティンカーウィンク 涙袋アイカラー ピンクベージュは高発色な品

ティンカーウィンクは、パウダータイプの涙袋ライナーです。

発色にこだわった高発色、微粒子パール配合のパウダーが、目元を立体的に強調して涙袋をつくってくれます。

自然でかわいいピンクベージュカラーが魅力的な品です。

ティンカーウィンク 涙袋アイカラー ピンクベージュ
created by Rinker
桃谷順天館
¥1,296(2019/12/11 20:40:31時点 Amazon調べ-詳細)

ピメル 涙袋用美容液アイカラー ベージュは美容・保湿成分配合の品

ピメル 涙袋用美容液アイカラー ベージュは、ぷっくりうるうるした涙袋を作ってくれる涙袋ライナーです。

涙袋にスポンジチップを寝かせながら、目頭から目尻方向へ塗って使います。

美容・保湿成分配合な事も魅力な品です。

Kパレット リアルラスティングティアーズタンク 01は上品さが出せる

Kパレット リアルラスティングティアーズタンク 01は、パウダー+美容液の2WAYタイプで、自然かつ上品に仕上がる涙袋ライナーです。

ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲンなどの成分が含まれています。

グラマラスピンクカラーで、大人っぽい雰囲気を出せる品です。

Kパレット リアルラスティングティアーズタンク 01
created by Rinker
K-Pallete(K-パレット)
¥1,248(2019/12/11 20:40:32時点 Amazon調べ-詳細)

涙袋についてのまとめ

  • 涙袋とは、まぶたの下にあるぷっくりとしたふくらみのことです。涙袋メイクというのはメイクで涙袋を強調したり、控えめにしたりして、目元の印象を大きく変えることが出来ます。
  • 涙袋を強調したメイクをすれば、目元を女性的で優しくかわいらしい印象に見せることができ、涙袋を控えめにしたメイクの場合はきりっとしてかっこいいクールビューティーな印象にしたりすることも可能です。
  • アイライナーやアイシャドウなどを持っていればすぐに始められるため、敷居も低いのが涙袋メイクの良いところでしょう。
  • 涙袋メイクには手順があり、涙袋メイクのコツは欲張りすぎないことが大切です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ラブドロップス 涙袋ウルミライナー02 コーラルピンク 1.8g
created by Rinker
ラブドロップス
¥1,320(2019/12/11 20:40:30時点 Amazon調べ-詳細)
Kパレット ティアーズシャドウ&ライナー02
created by Rinker
K-パレット(K-Pallete)
¥1,180(2019/12/11 20:40:31時点 Amazon調べ-詳細)
ティンカーウィンク 涙袋アイカラー ピンクベージュ
created by Rinker
桃谷順天館
¥1,296(2019/12/11 20:40:31時点 Amazon調べ-詳細)
Kパレット リアルラスティングティアーズタンク 01
created by Rinker
K-Pallete(K-パレット)
¥1,248(2019/12/11 20:40:32時点 Amazon調べ-詳細)