暑くて外に出たくない方へのデリバリーサービス
 

ここでは、プロテインの種類や選び方の解説、おすすめ品などを解説します。

トレーニングの際の体つくりに効果的なプロテインは、美容効果にも期待できます。

しかし、自分にあったものをしっかりと選ばないとプロテインは長続きはしません。

この記事を読むことで、自分に合ったプロテイン購入の検討が出来ます。

そもそもプロテインとはなにか?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

プロテインのおすすめ品紹介

プロテインとは、英語でタンパク質という意味を持った単語ですが、日本ではタンパク質を主成分とするプロテインサプリメントとして主に使われている言葉です。

プロテインの用途は筋肉の維持と増強

プロテインの用途は、主に筋肉を維持・増強することです。

あくまでもサプリメントであり、薬物的な筋肉増強効果はなく、単に「高タンパク質食品」としての色合いが強い品です。

プロテインを使用する際は、数か月あるいは数年に渡ってトレーニングや食事と併用し、長期的に持続することで効果が期待できます。

肉体増強以外にも使われている

プロテインは、主にトレーニングと併用して使う事が一般的ですが、高齢者向けの性格習慣病対策や、痩身目的で使われることもあります。

プロテインはサプリメントであるため、痩身を目的として使う場合は栄養補助食品として使われます。

しかし、プロテイン自体が高タンパク質なため、運動やトレーニングを全くしていない方がプロテインを摂取した場合、単に普段の食事量が増えるようなものであるため、日々の食事に置き換えて摂取する場合は注意が必要です。

しかし、高齢者の場合は若者や中年に比べて、食べる量が減ってしまうため必要なカロリー数が減少してしまいます。

接種するタンパク質も不足してしまうため、プロテインの接種が効果的に働く場合も少なくありません。

プロテインの種類

プロテインは原料によって種類が異なり、種類によって特徴やメリットなどが異なります。

プロテインを選ぶ際は、それぞれの特徴を把握しておくとよいでしょう。

ホエイプロテインは安価で購入できるタイプ

ホエイプロテインは、牛乳に含まれるたんぱく質の一種で、安価に購入できるのが魅力です。

摂取後の消化が速く、エネルギー効率が良い事が特徴です。

他のタイプに比べると粉っぽさがないため、水溶けもよく、スポーツドリンクのような口当たりで飲める商品も販売されています。

カゼインプロテインはダイエットにも使える

カゼインプロテインは、牛乳に含まれるカゼイン蛋白(たんぱく)から作られたプロテインです。

摂取後の消化が遅い分、満腹感が有り、ダイエット目的にに使う人も少なくありません。

ソイプロテインは安価だが少し飲みにくいタイプ

ソイプロテインは、大豆を原料に作られたタイプのプロテインです。

接種後の消化が遅い分満腹感もありますが、ダイエットにも多く使われており、粉っぽくて飲みにくいといったデメリットがあります。

粉っぽくて飲みにくいタイプではありますが、ホエイプロテインより安価なものも販売されています。

プロテインの選び方

プロテインを選ぶ際は、前述した種類に加えて、味やタンパク質の量、価格などが多岐にわたります。

特徴をしっかりと把握し、自分のスタイルに合ったプロテインを選ぶとよいでしょう。

味を確認して選ぶ

プロテインは食事と併用したり、食事と置き換えて摂取するものであるため、飲み続けるためにも味の確認はしておきたいものです。

現代では美味しいプロテインも多く販売されていますが、人によっては好き嫌いは当然あるため、まず味の成分の確認を行い、少量サイズのものから始めてみるとよいでしょう。

タンパク質の量で選ぶ

プロテインはタンパク質を効果的に摂取することを目的としたサプリメントですが、さらに効率的に接種するためには、「たんぱく質含有率」がポイントです。

たんぱく質含有率とは、摂取したプロテインの中に、どのくらいのタンパク質が含まれているのかを数値化したものです。

例えばたんぱく質含有率が70%だった場合は、プロテイン100gからタンパク質を70g接種できるということになります。

たんぱく質含有率はプロテインの形状によっても異なるため、液状のものであればたんぱく質含有率が10%であったり、錠剤タイプのものであれば1粒で2~3gだったりなど、目安はタイプや形状によっても異なります。

自分のスタイルや体に応じて、1日当たりの摂取量を把握して、それに合ったたんぱく質含有率を選ぶのが大切です。

価格で選ぶ

プロテインは長期的に継続して摂取することが大切であるため、プロテインそのものの価格も選ぶポイントです。

プロテインの価格は、製品の質と言うよりも、たんぱく質含有率によって異なります。

生活のスタイルやトレーニングスタイルなどを踏まえた上で、たんぱく質含有率を基準にしてプロテインの価格を設定するとよいでしょう。

プロテインのおすすめ品紹介

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味は牛乳や水に混ぜて使う

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味は、牛乳や水に混ぜて摂取するパウダータイプのプロテインです。

ホエイプロテインを100%使用したタイプであるため、水に溶けやすく、ココア風味で口当たりもまろやかです。

身体作りに欠かせない7種類のビタミンB群を配合し、体調維持に欠かせないビタミンCも配合されています。

ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレートは飲みやすい

ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレートは、ジュースのように美味しい味わいが魅力のプロテインです。

さらっと溶けて飲みやすい口当たりも特徴で、ホエイ(乳清)アイソレートを100%使用している品です。

オプティマムニュートリション クレアチンパウダーは高品質

オプティマムニュートリション クレアチンパウダーは、高純度のクレアチン水和物(すいわぶつ)で作られた高品質のプロテインです。

微粉化されたパウダーは液体との相性も良く、長く液体に浮き、底に沈みにくい特徴があります。

無味であるためこれだけで摂取すると味気ないですが、さまざまな食品との相性も良いため接種しやすい品です。

【国内正規品】オプティマムニュートリション クレアチンパウダー 600g (ノンフレーバー)
created by Rinker
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)
¥2,758(2019/11/17 08:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

Kentai 100%SOYパワープロテインタブはコンパクトな品

Kentai 100%SOYパワープロテインタブは、9種の必須アミノ酸を含んだ大豆たんぱくのプロテインです。

錠剤タイプであるため、パウダータイプが苦手な方におすすめです。

携帯がしやすいコンパクトサイズなため、持ち運び用にもよいでしょう。

Kentai 100%SOYパワープロテインタブ 900粒
created by Rinker
Kentai(健康体力研究所)
¥3,500(2019/11/17 08:51:38時点 Amazon調べ-詳細)

NICHIGA GP8000は飲みやすさが特徴の品

NICHIGA GP8000は、飲みやすいホエイプロテインを造粒品することで、さらに飲みやすくしたプロテインです。

チーズホエイを原料として、効率の良いタンパク質の摂取が期待できる品です。

プロテインを使用する際の注意点

プロテインを摂取する際は、以下の点に注意が必要です。

プロテインを摂取する際の注意点
・1日の摂取量をしっかりと把握する。
・アレルギーがないか成分はしっかりと確認する。
・過剰摂取はしない。

自身の体格や体調、ライフスタイルを踏まえて、自分に合ったプロテインの摂取を心がける事が大切です。

プロテインについてのまとめ

  • プロテインはサプリメントの一種であり、高タンパク質なため摂取量には注意をする必要があります。
  • プロテインを長続きさせるには、自分好みの味を試してみて、ストレスレスで継続させることがポイントです。
  • プロテインは、タイプや形状によってたんぱく質含有率の目安が異なります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
【国内正規品】オプティマムニュートリション クレアチンパウダー 600g (ノンフレーバー)
created by Rinker
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)
¥2,758(2019/11/17 08:51:37時点 Amazon調べ-詳細)
Kentai 100%SOYパワープロテインタブ 900粒
created by Rinker
Kentai(健康体力研究所)
¥3,500(2019/11/17 08:51:38時点 Amazon調べ-詳細)