この記事では、タブレット端末の中でもよりノートパソコンに近いWindowsタブレットについて解説します。

タブレットはWindowsを搭載しているか否かに関わらず、同じようにタッチ操作を行うスマートフォンよりもサイズが大きく用途も広いため、サイズやタイプもさまざまです。

この記事では、自分に合ったWindowsタブレット購入の検討が出来ます

Windowsタブレットのメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

7~8インチのおすすめWindowsタブレット

Windowsタブレットの基本操作はPCとほぼ同様で、さらにタッチパネルによるタッチ操作を可能にしている品です。

Windows搭載のPCがおよそ9割のシェアを占める日本では、操作性の変わらないWindowsタブレットは馴染みやすい品です。

PCにおいて利用されることの多い、WordやExcel、PowerPointといったoffice製品をインストールすることもできます。

PCと連携しやすく、データやファイルの互換性を気にしなくてよいのもメリットでしょう。

AndroidタブレットとiPadとの違い

タブレットには、Windows以外にも、OSが異なるAndroidを搭載したAndroidタブレットやiOSを搭載したiPadがあります。

最も大きな違いは、動作するソフトウェアが異なるという点です。

AndroidやiOSを搭載したタブレットではWindowsのアプリを動作させることはできず、基本的にはAndroidやiOSに対応したアプリをインストールしなければなりません。

AndroidタブレットはAndroidスマホ、iPadはiPhoneにインストールされているアプリを使用することになります。

このため、Windowsタブレットはキーボードを省略してタッチパネルを搭載したデバイス、AndroidタブレットやiPadはスマホの画面を大きくしたデバイスと考えるとわかりやすいでしょう。

Windowsタブレットの選び方

office製品プリインストールされているモデルを選ぶ

Windowsタブレットの特徴のひとつはMicrosoft社のoffice製品をインストールできることです。

あらかじめ仕事などでoffice製品を使うのがわかっているのであればMicrosoft Officeがプリインストールされているモデルがおすすめです。

Windowsタブレットによっては無料のモバイル版Officeがインストールされているものもありますが、同じoffice製品でも編集ができないなど、機能に制約があるため注意が必要です。

インターネットへの接続方法で選ぶ

タブレットは職場や自宅などWi-Fi環境が整った場所ならWi-Fiタイプを選び、外出先などでWi-Fiに接続できない環境でもインターネットを利用したい場合は、LTEタイプがおすすめです。

このうちWi-Fiタイプは通信料金がかからないため、通信コストを抑えてリーズナブルに使用できます。

一方、LTEタイプのタブレットはフリーWi-Fiなどに接続するよりもセキュリティ面で安全です。

SIMがロックされていないSIMフリーのタブレットであれば、通信料金はかかりますが、どの通信事業者でも利用できるため、格安SIMを契約することで大手キャリアなどよりは通信料金を節約できます。

性能で選ぶ

Windowsタブレットは、CPUがインテルのAtomやCoreシリーズ、メモリ容量は2~8GB、ストレージ容量は32~256GB程度が主流となっています。

このうちCPUは3Dゲームを楽しんだり、複数のアプリを立ち上げて作業する場合は、予算が許す限り性能の高いものがおすすめです。

メモリ容量は、2GBでは複数の作業を同時に行った場合動作が遅くなりがちなため、4GB以上がよいでしょう。

ストレージ容量は、クラウドサービスを利用する場合は32GB程度でも大丈夫ですが、64GB以上だとより安心です。

機能や拡張性で選ぶ

タブレットは、単体で使用するだけでなく、周辺機器との接続なども考慮しておく必要があります。

タブレットでは外付けHDDやプリンターの接続など、汎用性の高いUSB端子装備の品がおすすめです。

転送速度が高速なUSB3.0であれば申し分ありません。またBluetooth対応ならキーボードやマウスなどとワイヤレスで簡単に接続することができます。

このほかにも大画面への出力が可能なHDMI、データのやり取りを容易にするSDカードスロットの有無なども要チェックでしょう。

画面サイズで選ぶ

タブレットの画面サイズは、7~12インチ程度が主流となっています。

7~8インチサイズのモデルはスマートフォンよりは大きいものの、本体重量は400g以下なので、片手でも持ちやすく外出の際には使い勝手のよいタブレットです。

ただしスペックはあまり高くないため、メールやWEB閲覧、動画鑑賞といった用途が中心になるでしょう。

10インチサイズはタブレットのラインナップの中心で、価格と性能のバランスもとれています。

7~8インチサイズに比べるとスペックやサウンド性能なども高いため、エンターテインメント用としてもおすすめです。

ビジネスシーンでも、別途キーボードを用意するなどして文章作成などに活用できます。

10インチ以上になれば、スペックが高くノートパソコンの代替も可能です。

資料作成やプレゼンテーションなど、ビジネスツール用途も幅広くなります。

しかし、大きく重量があるため携帯しにくく、製品ラインナップが少ないため、価格も高いのが難点です。

7~8インチのおすすめWindowsタブレット

マウスコンピューター WN803はコンパクトで動作が快適な品

マウスコンピューター WN803は、8インチのながらクアッドコアCPUを搭載し、動作が快適なWindowsタブレットです。

重さ約315g、薄さ10mmのコンパクトボディで持ち運びやすく、高速通信が可能な無線LAN規格「11ac」にも対応しています。

mouse タブレット WN803 Windows10/Atom x5-Z8350/8インチ(800×1280)/10点マルチタッチ
created by Rinker
マウスコンピューター
¥34,800(2020/04/10 01:08:31時点 Amazon調べ-詳細)

ONKYO TW08A-87Z8はタッチ機能を最大限活用できるのが魅力

Windows10のタブレット向けタッチ機能を最大限活用する8インチタブレットです。

パソコンそのものをスマートに持ち運ぶような、スピーディーなモバイル操作を実現しています。

ワイヤレスで外部ディスプレイに画面を出力可能なMiracast(ミラキャスト)送信機能を標準サポートしています。

KEIAN WIZ KI8-BKはIPS液晶パネル採用の品

KEIANのこの品は、広視野角のIPS液晶パネルにより、どの角度からみても画面がきれいで、スムーズな操作を実現するマルチタッチに対応したWindowsタブレットです。

フロント、リア供に200万画素のカメラを搭載し、高精細な写真撮影も可能にしています。

KEIAN WIZ 8インチ Windowsタブレット KI8-BK
created by Rinker
KEIAN
¥29,980(2020/04/10 01:08:32時点 Amazon調べ-詳細)

10~12インチのおすすめWindowsタブレット

Microsoft Surface Go MHN-00017は機能とモバイル性が高い

Surface Goは、ノートPCのパフォーマンスと、タブレットのモバイル性を両立した1台です。

10インチながら、重量はわずか522gで、シリーズ史上最小かつ最軽量となっています。

生体認証や新規格USB-Cへの対応など、先進の機能も搭載されています。

 

Windowsタブレットについてのまとめ

  • Windowsタブレットは、Windows PCと基本操作がほぼ同じで、Windowsユーザーには馴染みやすいのが特徴です。
  • タブレットにはWindowsを搭載したもの以外にも、AndroidタブレットやiPadがあります。
  • Windowsタブレットを選ぶ際には、office製品のインストールの有無、インターネットへの接続方法、性能、機能や拡張性、画面サイズなどを基準にするとよいでしょう。