こちらの記事は2019年1月11日の記事を2020年4月20日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・おすすめの中華タブレットを2020年4月20日の情報に更新いたしました。

この記事では、中華タブレットが人気の理由と選び方、おすすめのモデルを解説します。

最近のタブレットには、キーボードを接続できたり、仕事でも使える性能を持つモデルが出るなど、タブレット活躍の機会が増えています。

しかし、大手メーカー製タブレットの値段を考えると、手が出せないと考える人も少なくありません、そんな方におすすめなのが中華タブレットです。

この記事を読むことで、自分に合った中華タブレット購入の検討ができます。

中華タブレットの特徴はコスパのよさ

中華タブレットの特徴はコスパのよさです。

中国ではない大手メーカーが発売するタブレットにも並ぶ性能を持ちながらも、安価な値段で購入することができます。

性能の高さとリーズナブルさを両立させられているのは、製造している中国国内で激しい価格競争が起きているためです。

有名な企業のみが市場を独占していると、価格帯に大きな変化が生まれませんが、中国国内のメーカー同士は凌ぎを削っているため、リーズナブルな価格と性能を実現しています。

販売されているモデルの種類も多いため、個性的な機能やデザインのモデルがあるのも中華タブレットの特徴です。

中華タブレットの購入方法

中華タブレットは、ネット購入以外にも、家電量販店で購入できます。

家電量販店ではネット購入よりも、さらに安く購入できる場合もあるでしょう。

リスクを伴いますが、個人輸入という方法もあります。掘り出し物も見つかるかもしれませんが、偽物を掴まされる危険もあるため注意が必要です。

中華タブレットの選び方

サイズで選ぶ

中華タブレットを購入する際のポイントとして、使用用途に合うサイズのモデルを選ぶ事があげられます。

タブレットで文章を打つことが多い場合、コンパクトサイズのタブレットだと疲れてしまいます。

映画鑑賞をする事が多い方にも、大きめのタブレットがおすすめです。

外出する際に持ち歩くことが多い場合は、コンパクトサイズのタブレットだとより気軽に使うことができます。

OSで選ぶ

中華タブレットを選ぶポイントとして、どのOSを搭載しているかも重要です。

使用目的によって必要なOSは変わるため、タブレットをどのように使いたいのか考えていくとよいでしょう。

ゲーミング用途でタブレットを購入したい場合は、ゲーミングタブレットのモデルが多いAndroidがおすすめです。

タブレットをPCとして仕事などで使うことが多い場合は、Windowsがおすすめです。

ほかにも、中華タブレットの中には、AndroidとWindowsの両方を搭載している便利なタブレットもあります。

通信方法で選ぶ

中華タブレットは、通信方法も選ぶ際のポイントです。

自宅で使う場合は、Wi-Fi対応モデルを選ぶと使い勝手がよいでしょう。

外で使う場合は、Wi-Fi環境でなくとも端末単体でネットワーク接続可能なLTE対応モデルがおすすめです。

しかし、LTE対応タイプは月額料金がかかるため注意が必要です。

使用用途で選ぶ

中華タブレットは、使用する目的によって選ぶべきポイントが異なります。

ビジネスシーンでの使用を考えている場合は、Windows搭載中華タブレットがおすすめです。

Windows搭載型は、会社で使用する場合、会社のPCと簡単に同期できるという点が優れています。

ゲームを楽しむのであれば、前述の通りAndroidがおすすめです。

おすすめの中華タブレット

HUAWEI MediaPad M5 Liteはオーディオにも力が入っている

HUAWEI MediaPad M5 liteタブレットは、高性能CPUにより処理速度が高く、仕事やゲームも快適に行えるタブレットです。

臨場感のあるサウンドが出せることも魅力です。

オーディオ機器のブランドであるHarman Kardonの協力により、歪みの少ない低音でサウンドが実現されています。

また、連続約10.6時間のビデオ再生と、62時間の音楽再生を行える大容量バッテリーにより、長時間の外出や使用なども安心して行うことができます。

Meize 10.1インチタブレットは超軽量で持ち運びやすい

Meize 10.1インチタブレットは、6000mAhの内蔵バッテリーにより、平均で5~6時間もの間、読書や映画鑑賞を楽しむことができます。

約500gという超軽量の軽さにより、ほかの製品よりポータブルな事も魅力でしょう。

画面には1280 x 800のIPSディスプレイを採用しており、角度の付いた位置からでも、鮮やかで明るい映像を楽しむことができます。

Teclast M16は外でも使いやすい高輝度

Teclast M16は、最高輝度が370nitの画面の明るさが、周囲の光に応じて調整されるため、移動中での使用も快適な中華タブレットです。

1920 x 1080フルHD解像度のIPSスクリーンお採用しているため、多少無理のある角度からでもきれいな映像を見ることができます。

内蔵ストレージは128GBあるため、音楽やビデオ、大容量のゲームも十分保存する事ができます。

Dragon Touch NotePad K10はネット接続が快適

Dragon Touch NotePad K10は、2.4Gと5GのデュアルバンドWi-Fi接続により、ネットとの快適な接続を保つ事ができます。

Micro HDMIがついており、TVなどへの出力が可能なため、自宅のTVに動画を映して家族みんなで視聴することができます。

FM機能も付いているため、ラジオを気軽に楽しめるのも魅力でしょう。

最大128GBまでのマイクロSDカードを搭載できるため、大容量のデータを保存したい場合も安心です。

高解像度のIPSディスプレイ搭載により、広い視野角で映像を楽しめるのも魅力でしょう。

ZONKO タブレット10インチは快適な動作が魅力

ZONKO タブレット10インチは、1.3 GHzクアッドコアCPUにより、アプリケーションの優れた応答速度を実現した中華タブレットです。

重たいソフトの使用や、マルチタスクもスムーズに行うことができます。

6000mAhという大容量バッテリーにより、最大6〜8時間の連続使用を行うことができます。

128GBまでのMicroSDを搭載できるため、ストレージ容量の心配をせずに使うことも可能です

角度が付いた配置でも綺麗な画面が見れるIPSディスプレイにより、椅子やベッドで好きな姿勢のまま映画などを楽しむことができます。

中華タブレットについてのまとめ

  • 中華タブレットはリーズナブルな価格で購入可能です。
  • WindowsとAndroid両方を搭載したモデルが多くあり、目的に応じてOSを選ぶとよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧