PCやスマホとともに、タブレットの需要は高まる一方ですが、なぜここまで需要が高まっているのでしょう?

初めに挙げられる点として、手軽に映画や読書などを楽しめるということです。

スマホだと画面には限りがありますし、テレビだと場所が限定されてしまいます。タブレットは場所を選ばずに使えるという点で優れており、通信環境さえ整っていればどこでも使える部分が求められている理由です。

しかし値段を考えると、さすがに手が出せないかと考えてしまいますが、そういった場合におすすめな商品が中華タブレットになります。

コスパも良いと評判ですので、さっそく検証していきましょう。

中華タブレットの特徴は機能がよくて安いこと

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめの中華タブレット

 

中華タブレットの特徴として、まず安さが挙げられます。リーズナブルさが人気を呼んでいます。

既存のものと機能面で変わらないのに、リーズナブルなため購入する人が増えています。

なぜリーズナブルなのに機能面は既存の商品と変わらないのかと言えば、製造している中国国内で価格競争があるからです。

独占企業だと価格も据え置かれて、機能にも革新がありませんがライバル企業が増えることでコストダウン・技術革新をしなければ売れません。

中国国内のメーカーは凌ぎを削っているわけで、リーズナブルな価格はこのおかげとも言えます。

個性的な機能やデザインも中華タブレットの特徴であり、こういった面からも選ばれる理由となっています。

中華タブレットは家電量販店にて購入できる

中華タブレットはどこで売られているのかと言えば、家電量販店にて購入できます。価格面で家電量販店ではさらに安くなっているので、機能からも選びつつ購入していきましょう。

既存のタブレットと比べてみてください。機能面では見劣りしません。

また店頭ではなく、ネットショッピングで購入することも可能です。家電量販店まで行く暇がない人はネットショッピングを利用しましょう。

リスクを伴いますが、個人輸入という方法もあります。掘り出し物も見つかるかもしれませんが、偽物を掴まされる危険もあるので注意が必要です。

中華タブレットの選び方

中華タブレットはOSで選ぶという選択も可能ですが、他にも選ぶ際にポイントとなる部分はいくつかあります。

例えば映画をタブレットで観るなら、なるべく画面は大きい方が見やすいです。持ち運ぶならコンパクトなサイズが便利でしょう。

使用環境によってLTE対応かWi-Fi 対応かも重要となります。ポイント別に選ぶべきポイントを確認していきましょう。

中華タブレットの選び方:サイズ

スマホは画面が大きくなる傾向になってきていますが、タブレットは逆にコンパクトなサイズへと年々変わってきています。

選ぶべきポイントとして、使用用途によってタブレットのサイズを選ぶとストレスフリーで使用できるでしょう。

タブレットで文章を打つことが多いなら、小さいコンパクトサイズのタブレットだと疲れてしまいます。映画鑑賞のことまで考えると、タブレットは大きいサイズを選ぶと間違いありません。

逆に外出する際持ち歩くことが多いなら、コンパクトサイズのタブレットだとかさばりませんのでおすすめです。

中華タブレットの選び方:OS

中華タブレットを選ぶポイントとして、どのOSを搭載しているかも重要です。使用目的によって必要なOSは変わってきますので、タブレットをどのように使いたいのか考えていきます。

スマホより大画面でゲームアプリを楽しみたいのであれば、Androidがおすすめです。タブレットをPCとして使うことが多いのであれば、Windowsになります。

中華タブレットの中には、AndroidとWindowsの両方を搭載しているかなり便利なタブレットもあるので購入した場合万能な使い方ができるでしょう。

中華タブレットの選び方:通信方法

自宅で使用するのか、外で使用するかによっては通信方法も選ぶポイントとなります。

自宅で使うのであれば、Wi-Fi対応モデルを選ぶと使い勝手がいいです。外で使う場合はLTE対応モデルを選ぶとよいでしょう。ビジネスマンにとっては、速さが求められますのでLTE対応モデルは必須と言えます。

LTE対応タイプは月額料金がかかりますので、基本的に急ぐ必要がなければWi-Fiモデルで十分です。

中華タブレットの選び方:使用用途

上記でもたびたび触れましたが、使用する目的によって選ぶべきポイントが異なります。ビジネスシーンでの使用を考えているなら、Windows搭載中華タブレットは必須の条件です。

会社で使用する場合、会社のPCと簡単に同期できるという点が優れたポイントと言えるでしょう。容量も大きい方がビジネスシーンで使う場合、何かと便利と言えます。

ゲームを楽しむのであれば、上記にも書きましたがAndroidがおすすめです。

おすすめの中華タブレット

中華タブレットのおすすめをご紹介していきますが、上記の選び方から自分に合った商品を見つけていきましょう。

Teclast Tbook 10s 2IN1  タブレット ¥26999~

中華タブレットの選び方でOSを両方搭載しているモデルがあるとお伝えしましたが、こちらの商品が両方搭載しています。

キーボードも付属しており、ビジネスシーンにおいても活躍できるでしょう。バッテリーも長持ちであり、ゲームを外出先でも楽しめます。

1台で二度おいしい、こちらの中華タブレットは贅沢な悩みを解決してくれる商品です。

価格も2万円台となっていますので、コストパフォーマンスも良好と言えます。

選ぶ際に迷った場合は、どのようなシーンでも使えるこちらの商品がおすすめです。

YUNTAB 9.6インチタブレットPC ¥9999~

持ち運びに便利なコンパクトサイズの中華タブレットなら、こちらの商品をおすすめします。

画面サイズは9.6インチであり、映画や動画・読書をするならこのサイズが限度と言えるでしょう。

バッテリーも長持ちであり、5~6時間は動画などの連続再生が可能です。

搭載されているOSはAndroidなので、ビジネスシーンには向きませんが日常的な普段使いができる商品となっています。

何より価格が1万円を切っているという点がリーズナブルですが、安すぎても不安なのでここは個人的な判断となるでしょう。

ALLDOCUBE iwork10 Pro 2IN1 タブレットPC ¥25900~

OSを2つ搭載しているというモデルは、増えてきています。

こちらの商品はOSを切り替え可能なものとなっており、普段使いとしてもビジネスシーンでも活躍できる商品です。

キーボードをつけOSをWindowsに切り替えたならビジネスシーンに、Androidに切り替えたなら日常的なシーンに最適となります。

1台あれば何役もこなしてくれますので、非常に便利です。

CHUWI Hi10 plus 10.8インチ 2In1 タブレット ¥33000~

キーボードは別売りとなっていますが、こちらの商品もOSを切り替えられる商品となっています。

重量も軽いため、持ち運びも苦になりません。スクリーンは10点タッチスクリーンとなっているため、ゲームをする上で幅が広がります。

タブレットで絵を描くということも可能なほど、液晶が優れており細かな描写も思いのままです。

価格も標準的なものとなっているので、購入しやすい商品となっています。

HUION IPS 液晶ペンタブレット GT-220 V2  ¥46899~

趣向が変わりますが、ペンタブレットというタブレットの存在を知っていますか?

タッチペンを使いタブレットで絵を描くことが可能な商品ですが、こちらのHUIONは中華タブレットでは有名なペンタブレットメーカーです。

ペンタブレットメーカーはワコムが有名ですが、値段もそこまで高くない割に使い勝手がいい商品と評判となっています。

OSはWindowsで、多くあるペンソフトに対応していますのでおすすめの商品です。

中華タブレットについてのまとめ

  • 中華タブレットはリーズナブルな価格で購入可能。
  • 選び方は使用するシーンを念頭に考えると失敗しない。
  • WindowsとAndroid両方を搭載したモデルが多くあり、1台あれば複数の役割を担ってくれる。
  • 絵を描けるペンタブレットもあり、趣味の幅を広げてくれる。
商品一覧
ご紹介している商品一覧