多くの種類が登場しているデュアルOSタブレットは、ビジネスシーンではもちろんのこと、様々な場面で活躍する商品となっています。

この記事では、デュアルOSタブレットの魅力や選び方、おすすめの商品などをご紹介いたします。ぜひ、デュアルOSタブレットを購入する際の参考にしてみてください。

デュアルOSってそもそも何?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

画面サイズごとのデュアルOSタブレットおすすめ

デュアルOSとは、1つのPCやタブレットなどの端末にOSを2つ以上搭載し、起動時にそれぞれのOSが選択できるようになっているものです。

2つOSが選択できる状態を「デュアルブート」、2つ以上選択できる状態を「マルチブート」と呼びます。

デュアルOSは、普段はiOSやAndroidを使いつつ、ビジネスではWindowsを使うなど、OSを使い分けることが出来るため快適に作業をすることが可能です。

デュアルOSタブレットの魅力

デュアルOSタブレットはデュアルOSを搭載した端末となっています。そのため、一つの端末で様々な作業が可能です。

下記では、デュアルOSタブレットの魅力について紹介をいたします。

液晶タブレットってなに?選ぶポイントとおすすめの製品8選を解説

作業を効率化できる

OSといっても、各OSには作業に対して向き不向きがあります。

モバイル向けのOSは誰でも自由に使用や変更などが出来るプログラムであるため、簡単に使用できる点が魅力ですが、ビジネスで使うようなヘビーな作業には向いていません。

一方、PC向けのOSは様々な作業に対応できますが、消費電力が大きいなど、デメリットもあります。

そんなそれぞれのデメリットも、デュアルOSであれば、2つのOSを使い分けることによって解消することが出来ますよ。また、作業効率を上げることも可能です。

使用目的によって使い分けられる

デュアルOSが搭載されたタブレットは使用目的によってOSを切り替えることができます。

例えば、ビジネスシーンで使用するMicrosoft Officeや業務で使用するソフトウェアはWindowsなどのPC向けのOSが向いています。気軽にネットサーフィンや動画を楽しみたい場合や、アプリの使用が目的であればiOSやAndroidといった、モバイル向けのOSを使用した方がよいでしょう。

デュアルOSでは、OSを切り替えることで目的に合った使い方をすることができますよ。

価格が高くない

2つのOSが搭載されている端末なため、高いイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、安いものであれば1万円前後からと、従来のタブレット端末と変わらない、もしくは安い値段で手に入れることができます。機能性が高いものは価格が高くなることもありますが、一昔前のPCやタブレットと比較すると非常に安い価格となっていますよ。

特定のOSにしか対応していないソフトが使える

OSが複数入っていれば使用できるソフトの幅も広がります。

例えば、通常Android用のOSをWindows上で動作させたい場合は、専用のソフトウェアを入手したりとややこしい手順を踏まなければなりません。しかし、デュアルOSが搭載されたタブレットであればそういった手間が省け、誰でも簡単に、OSに縛られずソフトを取り込むことが可能です。

デュアルOSタブレットの使い方

ここでは、デュアルタブレットの使い方、活用方法を紹介いたします。

タブレットの電源を入れると、WindowsやMacといったPC向けのOSを起動するか、AndroidやiOSなどのモバイル向けのOSを起動するか選ぶことができるので、起動したい方のOSを起動させましょう。

あとは、それぞれのOSと使い方は変わりません。

デュアルOSの強みを活かして、PC向けのOS、モバイル向けのOSで使えるソフトをダウンロードし、普段はPC作業、ゲームやアプリで遊ぶときはモバイル向けのOSに切り替えるなど、自分のライフスタイルに合わせて使うことができるようになりますよ。

iphoneとandroidの違い iPhoneの利点と欠点

デュアルOSタブレットの種類と選び方

デュアルOSタブレットは大きく分けて、タブレットタイプとタブレットPCタイプに分別されます。自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

下記では、それぞれの特徴を紹介いたします。

タブレットタイプ

タブレットタイプは、AndroidタブレットやiPadと同様、持ち運びを前提にして作られたものです。携帯性を上げる為に本体が軽量になっているのも、このタイプの特徴でしょう。

タッチパネル操作が基本ですが、外部キーボードを接続すれば、PCとしても使用することが可能です。普段、外で使用する方におすすめのタイプですよ。

Androidタブレットとipadの違い 選び方とおすすめ製品

タブレットPCタイプ

タブレットタイプとは形が異なり、見た目はどちらかというとPCに近い形となっています。

脱着キーボードが元々搭載されているため、普段は家で使用し、外出する際はキーボードを外して携帯したいという方におすすめのタイプです。

画面サイズごとのデュアルOSタブレットおすすめ

自分で使用したいタブレットのサイズが決まっているのであれば、サイズから選択する方法も1つの手です。

ここでは、外出する際に持ち運びが楽な8インチサイズと、大画面での作業が楽な10インチサイズをピックアップして、いくつかおすすめ商品を紹介いたします。

8インチサイズ

ギーク S2 デュアルOS 8インチ タブレット

一部のマニアに人気があった「ギーク S1」の後継機モデルです。

ストレージ容量32GB、液晶解像度1920*2000と、スペックも高く、値段もお手頃で購入しやすいでしょう。

BLUEDOT 8インチ タブレットBNT-801W

大きさが208.5mm x 124.5mm x 9.2mmとコンパクトで、書類等を入れるビジネスバッグからも出し入れしやすい大きさとなっています。

重量も320gと比較的軽量なため、通勤にもぴったりの端末ですよ。

10インチサイズ

CHUWI Hi10 Pro デュアルOS タブレットPC 10.1インチ

タブレットPCタイプのデュアルOS搭載機種です。

解像度は1920*1200と申し分なく、ポート類もUSBポートに加え、MicroUSB、MicroHDMIが付いています。Web閲覧、各種アプリに対してのレスポンスもよく、動画やゲームもストレスなく使用できるでしょう。

TECLAST Teclast タブレット 2イン1 アンドロイド と wインdow10 タブレット PC 9.7インチ 2K スクリーン 2048 x 1536 FHD X5Z8350 4GB RAM + 64GB ROM X98 プラス II

ストレージ容量64GBに加え外部ストレージもmicroSDカードスロットが付いているため、動作は快適です。

Microsoft Officeもストレスなく動作し、解像度も高いため、家庭用のサブ機としても十分使えるスペックとなっています。

ALLDOCUBE iwork10 Pro 2-in-1タブレットPC(キーボード付)

解像度は1920*1200で申し分がなく、ストレージ容量も64GBに加えmicroSDカードで最大128GBまで増設できます。

また、別売りのオプションでヒンジ付きのキーボードと筆圧感知対応のデジタイザペンが用意されており、拡張性も抜群です。価格も高スペックでありながら3万円を切っており、高性能で低価格な1台を探している方におすすめの商品となっています。

機能性が高いデュアルOSタブレットのおすすめ

下記では、機能性の優れたハイスペックなデュアルおすすめOSタブレットを紹介いたします。

Onda V919 Air CH 双系統 9.7インチ IPS液晶 Windows10 Android 5.1 デュアルブート RAM4GB 64GB Cherry Trail 搭載 クアッドコア タブレット

9.7インチのディスプレイに解像度264ppiのIPS液晶を搭載しています。

ストレージは64GBのSDカードで最大128GBまで増設が可能です。バッテリーも7200mAhと長時間の使用を実現していますよ。

Teclast Tbook 16 Pro 2 IN 1 タブレット

ディスプレイサイズが11.6インチと比較的大きい機種になりますが、ストレージ64GB、バッテリー容量7500mAh、CPUはX7-Z8500と、非常にハイスペックな1台です。

取り外し可能なキーボードは機器に直接接続するタイプなため、Bluetoothの煩わしいペアリングなどは一切必要ありません。

Teclast X98 Air 3G デュアルブートモデル

「IGZOディスプレー」を謳う2048×1536ドットの高精細9.7型液晶を搭載しているほか、メモリー2GB、ストレージ64GBを実装しています。

ネットワークはBluetooth 4.0と無線LANをサポートするだけでなく、3G通信機能も搭載するなど、ほぼ全てを網羅したハイスペック機種です。

タブレット, Tablet computer, 8.9 inch 1920*1200 IPS Screen Pipo X11 Mini PC

8.9インチ、解像度1920*1200のディスプレイに、USBポート、HDMI、イーサネットポートがついた豪華仕様となっています。

CHUWI 純正品 Chuwi Hi10 プラス タブレットPC

10.8インチ、1920×1280IPS液晶のディスプレイにストレージ64GB、バッテリー容量8500mAhのハイスペック機種です。

PC作業や動画閲覧などもストレスを感じさせず、大型のバッテリーも搭載されているためおすすめの1台ですよ。

まとめこの記事のおさらい

  • デュアルOSタブレットはOSがモバイル向けとPC向け両方が入っているので、使い分けることによって作業効率がアップする。
  • それぞれのOS専用のソフトがインストールできるため、ビジネスやプライベートとシーンを問わず、様々な用途に使用できる。
  • 性能により値段はまちまちであるが、安いものであれば2万円前後から購入することができる。
  • 大きく分類するとタブレットタイプとタブレットPCタイプの2種類があり、タブレットタイプは軽量で携帯性も高いため、外出先での使用をメインとする人、タブレットPCタイプはデフォルトでキーボードが付いているため、屋内での使用をメインとする人に向いている。
商品一覧
ご紹介している商品一覧