こちらの記事は2019年11月1日の記事を2020年6月11日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・マネークリップのおすすめブランドと製品の項目を2020年6月11日の情報に更新いたしました。

ここでは、マネークリップの選び方をはじめ、メリットやデメリット、おすすめのブランドと製品を解説いたします。

マネークリップとは、現金を持ち歩く際に主に紙幣を挟んでおくアイテムです。

欧米では額面の小さな紙幣が多いため、必要最低限の現金を気軽に持ち歩けることから長く親しまれてきましたが、最近では日本でも愛用する人が増えています。

この記事を読むことで、自分に合ったマネークリップ購入の検討ができます。

マネークリップの選び方

形状で選ぶ

マネークリップは、形状で選ぶのがポイントです。

マネークリップの形状は、文字通り細長いクリップ状の製品を始めとして、バインダーのように幅の広いものや、2つ折りで財布に近いものなど様々な種類があります。

単純に紙幣が挟めればよい場合はクリップ状のもので充分です。

紙幣がむき出しになるのが気になる場合は、幅の広いものや2つ折りのものを選ぶとよいでしょう。

材質で選ぶ

材質で選ぶのもポイントです。

マネークリップの材質は、主に金属製のものと革製のものがあります。

金属製は薄くて丈夫なものが多い一方で、革製は使い込むことで味わい深くなるのが特徴です。

耐久性を追求する場合は金属製、長く使い続けたい場合は革製がおすすめです。

機能性で選ぶ

機能性で選ぶのもポイントです。

マネークリップは紙幣を挟むだけのものが基本ですが、財布のように様々な機能を持つものも少なくありません。

具体的には、マネークリップとしての機能のほかに、クレジットカードやICカードを収納できるカードホルダーや、小銭を収納できる機能を備えた製品も存在しています。

しかし、マネークリップは機能が多くなるほど本来の特徴が損なわれてしまい、財布を持ち歩くのと変わらなくなるため注意が必要です。

マネークリップのメリット

マネークリップの最大のメリットは、小さく薄いため、現金をスマートに持ち歩けることです。

シンプルなマネークリップであれば、普通の財布をポケットへ入れたときのように、ジャケットやパンツのシルエットが崩れません。

また、持ち歩くのが必要な現金と最低限のカードだけになることで、身軽なだけでなく断捨離にもなるでしょう。

マネークリップのデメリット

マネークリップのデメリットは、ビジネスシーンでは使いにくいことです。

マネークリップは紙幣が外から見える状態のものが多く、財布よりもカジュアルな印象が強い事が理由です。

フォーマルな場所では、一般的な財布を持ったほうが無難でしょう。

また、日本ではまだ現金が主流であることから、小銭が持ち歩けないタイプのマネークリップでは不便に感じやすいのもデメリットです。

マネークリップはプレゼントにもぴったり

マネークリップは、スマートなライフスタイルを好む方へのプレゼントにもおすすめです。

最近は、ファッションスタイルやライフスタイルの変化によって、スキニーパンツやスリムスーツといったスマートでお洒落なファッションの方が少なくありません。

かさばる財布をポケットに入れたくない方に、パンツのポケットでもスマートに収納できるマネークリップは喜ばれるでしょう。

しかし、マネークリップは基本的に小銭入れなどを別に持たなければならないため、マネークリップに慣れていない男性にプレゼントする場合には注意が必要です。

マネークリップを始めて使う方には、小銭入れやカードの収納が付いており、財布感覚で使えるタイプのものがおすすめです。

マネークリップのおすすめブランドと製品

Paul Smith

Paul Smithは、英国伝統様式をベースとして伝統的なスタイルとストリートの感覚を融合させたメンズファッションが特徴のブランドです。

特にファッション小物に定評があり、マネークリップもその1つです。

Paul Smith マネークリップ アーティストストライプ

Paul Smithのこの製品は、鮮やかなマルチカラーストライプが目を惹くマネークリップです。

カラフルな色使いですが、無駄を省いたシンプルでスタイリッシュなデザインが魅力です。

PAUL SMITH M1A 5476 ASTRGR 73

Paul Smithのこの製品は、中央のマネークリップに、6つのカード入れが付いています。

すっきりとした形をしており、衣類のポケットに簡単に収まります。

トレンドに左右されず長く愛用できるシンプルなデザインも魅力です。

GUCCI

GUCCIは、1960年代に採用されたGG柄がアイコンマークとして知られるイタリアの名門ブランドです。

品質保証の観点から世界で初めてデザイナーの名前を掲げたことから、ブランドの元祖ともいわれています。

洗練されたデザインの製品により、世界に驚きを与え続けているブランドです。

GUCCI シルバー マネークリップ ディアマンティッシマ

GUCCIのこの製品は、GUCCIの伝統的なディアマンテパターンが彫られており、目を惹く赤と緑のラインのデザインが特徴です。

飽きづらいシンプルなデザインであるため、幅広い年代の方が使用できます。

遊び心溢れるアイテムであるため、自分へのご褒美や、プレゼントにも最適です。

GUCCI シルバー マネークリップ キャットヘッド

GUCCIのこの製品は、GUCCIの象徴でもあるキャットヘッドの立体モチーフを備え、ブラックフィニッシュによる仕上げがアクセントになっています。

シンプルなデザインであるため、年齢を問わず使用することができます。

細部までこだわった作りになっており、シンプルさと相まって、長く使用することが可能です。

dunhill

dunhillは、100年以上の歴史を持つイギリスのラグジュアリーブランドです。

メンズ向けラインがメインで、使い続けても飽きないデザインが特徴であるほか、小物を持っているだけでも一種のステータスが味わえます。

現在はサッカー日本代表のオフィシャルスーツを手掛けていることでも有名です。

dunhill DU19R2810CA001

dunhillのこの製品は、細かな型押しが施された2つ折り式マネークリップです。

中央のクリップには、6個のカードスロットが付いているため、お金と共にカード類を収納できます。

すっきりとしたデザインによりパンツのポケットにも収めることができます。

ダンヒル(dunhill) マネークリップ DU19R2810CA001 カドガン ブラック 黒 [並行輸入品]
Dunhill(ダンヒル)

dunhill JVX6605H

dunhillのこの製品は、グレインゴートレザーを使用してるブラックカラーのマネークリップです。

マグネット式のクロージャーにより安全に紙幣を持ち運べるため、ポケットの中がかさばるのが苦手な方に最適です。

マネークリップについてのまとめ

  • マネークリップは、主として現金を持ち歩く際に紙幣挟んでおくアイテムです。
  • マネークリップは欧米では永く親しまれていたものですが、近年日本でも愛用者が増加しています。
  • マネークリップは、クリップ状のものや財布に近いものなどタイプのほか、材質や機能性を基準に選びます。
  • マネークリップのメリット現金をスマートに持ち歩けることです。
  • マネークリップのデメリットとはカジュアルな印象が強いことからフォーマルな場所では使いにくいことがあげられます。
  • マネークリップはPaul SmithやGUCCI、dunhillなど、世界的に知られたブランドからさまざまなアイテムはリリースされています。
  • マネークリップは、関心があっても自分で購入することは少ないため、プレゼントとして贈るのに適しています。