この記事では上司にプレゼントする時のマナーや選び方、贈って喜ばれるおすすめのプレゼントを解説いたします。

ビジネスの相手、特に上司にプレゼントする時には、マナーについて知っておかなければいけません。

この記事を読むことで、マナーや送ることがNGとされる物がわかり、喜ばれるプレゼントを検討することができるでしょう。

上司にプレゼントを贈る時のマナー

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

上司へのおすすめプレゼント

社会人として上司にプレゼントを贈る時には、常識やマナーを守り、失礼がないようにすることが大切です。

喜ばれるプレゼントをすることは大切ですが、贈る品や値段などにはマナーや相場があり、それらを知らないとせっかくの感謝の気持ちが台無しになってしまいます。

ここでは、上司にプレゼントを贈る時のマナーを項目ごとに解説いたします。

靴下・下着はNG

上司に「靴下・下着」を送るのはNGでありマナー違反です。

靴下も下着も、「下」という文字が入ります。

そのため、上司を下に見ているという意味になり、失礼でありNGです。

また、同じような意味で、靴やスリッパ、絨毯のような敷物も、踏みつけて出世するという意味になります。

相手を踏み台にするというメッセージになるため避けましょう。

上司がこのようなビジネスマナーに無頓着な人柄だとしても、他の人がどう感じるかはわかりません。

相手に求められたのであれば話は別になりますが、贈った上司以外にもマナーをきちんと守れる人柄だと思われるのは非常に大切なこととなるため注意しましょう。

文房具は失礼

上司に「文房具」を贈るのは、失礼にあたり、マナー違反です。

筆記用具等は贈り物としては気軽に贈れますし、喜ばれそうなのでよい気がしますが、目上の人に送るのは、「もっと勉学に勤しめ」「もっと精進しろ」という意味を含むので失礼にあたってしまいます。

特にボールペンなどは手軽でビジネスの贈り物としては重宝されていますが、これは目上の人から下の人に送られることによって、「頑張って学び、出世したり大成するのを楽しみにしている」という意味になります。

また、文房具を送る意味と似ているものとして、「カバン・時計」も失礼にあたります。

これは相手に「勤勉さを求める」という意味になるため、目上の人にプレゼントするのは控えましょう。

ハンカチは別れの意味

上司に「ハンカチ」を贈るのは、「縁を切りたい」「関係性を解消したい」「別れたい」という意思を示す意味になるため避けるべき贈り物です。

贈り物としては、嫌味にならずよいものと感じますが、ハンカチは漢字で「手巾」(しゅきん)と書きます。

これが「てぎれ」(手切れ)とも読み、同じ意味を持つため上司への贈り物として相応しくありません。

ハンカチを漢字で書くことは、ほとんどありませんし、気にする方は少ないですが、マナーとしてはよいものではありません。

中には意味を深く捉えて気にする方もいるので、上司にハンカチを贈るのは出来るだけ避けるべきでしょう。

上司へのプレゼントを選ぶポイント

上司へ贈り物をする時は、日頃の感謝などの気持ちが形になり、上司に気持ちよく受け取ってもらえるプレゼントを選ぶのがポイントになります。

そのためには、ネガティブな意味を持つ贈り物を避け、失礼のないようにしなければいけません。

また、気持ち良く受け取ってもらえて、なおかつ、喜んでもらえるものを贈ることが大切です。

普段から上司の趣味や趣向に合ったものや、好きな色やデザインはチェックしておくとよいでしょう。

特に関係性の深い上司ならば、趣味に関する贈り物は喜んでもらえる傾向にあります。

大切なのは感謝の気持を伝えることなため、そのことを考慮してプレゼントを送ることが大切です。

上司へのプレゼント相場

上司へのプレゼントの金額の相場は、贈る時のシーンや個人で贈るか複数人で出し合って贈るかによって変わってきます。

一般的に昇進や退職等の場合で複数人で一つの物を贈る場合の相場は、5百~3千円ずつ出し合って1万~2万位の物を贈るのが一般的です。

複数人ではなく個人的に贈る場合は、3千~1万円位が一般的でしょう。

お中元やお歳暮の相場は3千~5千円位にすると上司も負担なく、気持ちよく受け取れるはずです。

いくら感謝の気持ちが強いからといって、金額が高すぎるプレゼントは受け取った上司が負担になる可能性があるため避けた方がよいでしょう。

上司へのおすすめプレゼント

上司へのプレゼントは、こちら側の感謝の気持ちが伝わり、受け取った時に喜んでもらえるのが一番になります。

たくさんある商品の中から、おすすめのプレゼントを紹介いたします。

ダンロップ ゼクシオ プレミアム ゴルフボール ギフトコレクション

ダンロップ ゼクシオ プレミアム ゴルフボール ギフトコレクションは、ゴルフボールやマーカー、ヘッドティやソックスがセットになったゴルフセットになります。

ゴルフをする上司であれば、間違いなく喜ばれるプレゼントになります。

贈るシーンは退職・昇進どちらでも大丈夫です。

感謝の気持ちが伝わるプレゼントになるでしょう。

オンドゾーン フリージングジョッキ

オンドゾーン フリージングジョッキは、真空冷却機能が付いている、冷たいビールやチューハイ、ハイボール楽しむためのジョッキです。

冷たい飲み物を注ぐと、真空冷却機能が長時間、氷点下を保ってくれて長い時間キンキンの喉越しを実現してくれます。

特に熱い夏場にこのジョッキを使うと、その爽快感を非常に喜んでくれるはずです。

Knirps X1 折りたたみ傘

Knirps X1 折りたたみ傘は、ドイツの傘ブランドで人気の折りたたみ傘です。

気品のあるデザインと機能性が、憂鬱な天気を紳士的に演出するアイテムになります。

折りたたみ傘は普段から使うものではないため、気の利いた贈り物として上司も喜んでくれるはずです。

サーモスマグカップ JDC-351

サーモスマグカップ JDC-351は、暖かい飲み物を暖かいまま長時間保ってくれるマグカップです。

コーヒー好きな上司であれば、喜んでくれるでしょう。

また、フタも付いていてホコリが入らず衛生的なのもポイントになります。

MilaShon ネクタイピン MST5303

MilaShon ネクタイピン MST5303は、エレガンスで上品なデザインが一際目を引くデザインのネクタイビンです。

どのようなスーツやネクタイにも合わせやすいデザインなため、スタイルを選びません。

ワンランク上のビジネスマンを演出するワンポイントは、必ず気に入ってくれるプレゼントとなるでしょう。

上司のプレゼントについてのまとめ

  • 上司にプレゼントを贈る時には、常識やマナーを守り、失礼がないようにすることが大切です。
  • 靴下・下着は見下している、下に見ているという意味になり失礼に当たるのでNGになります。
  • 文房具はもっと勤勉にするように、という意味になり目上の人に贈るのは失礼になるのでNGです。
  • ハンカチを贈るのは別れの意味になるので上司に贈るのは避けるべきプレゼントになります。
  • 日頃の感謝の気持ちやお世話になった気持をを伝え、喜ばれるプレゼントを選ぶのがポイントです。
  • 上司へのプレゼントの相場は、昇進や退職の場合、複数人で贈る場合は、一人当たり5百~3千円出し合って1万~2万円位の物。
  • 個人で昇進や退職の場合にプレゼントを贈る場合は、3千~1万円位が相場になります。
  • 上司に対してのお中元やお歳暮の相場は3千~5千位が一般的です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧