この記事では、オリーブオイル本来の目的や効果を始め、種類やおすすめの人気オリーブオイルを紹介します。

テレビやインターネットでも人気を集めている「オリーブオイル」は、体に良いと言われ、現代では料理の定番となっているアイテムです。

この記事をよむことで、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

オリーブオイルってなに?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

人気おすすめオリーブオイル

オリーブオイルは、オリーブの実から作られる油のことです。

果実のオイルであることから、フルーティーさやフレッシュさが風合いの特徴です。

テレビなどで健康に良いオイルとされてからは、健康志向の高まりと共にオリーブオイルの注目が高まっています。

高品質のオリーブオイルは、油でありながらもヘルシーで美容にも良い事が魅力です。

オリーブオイルの種類ごとの特徴

オリーブオイルは、3種類に分かれています。

また、3種類の中からも、さらに細かくオイルの種類が分かれています。細かい特徴を覚えておくと商品選びがスムーズです。

バージンオリーブオイルは風味や味が上質な品

バージンオリーブオイルは、上質な種類と言われています。

風味の良さや、酸味や雑味の低さがしっかりしていると判断されたオリーブオイルです。

上質なバージンオリーブオイルの中でも、複数の種類に分かれています。

エクストラバージンオリーブオイルは最上級の品

バージンオリーブオイルの中でも、最上級の種類がエクストラバージンオリーブオイルです。

酸度は0.8%以下が基準です。

オリーブそのものを搾っただけの、香りや成分の基準をクリアしたものだけがこの名称を名乗ることができます。

フルーティーさが重要なポイントで、産地や摘む時期、搾り方などによって味や風合いが変化します。

ファインバージンオイルは日本医は輸入不可能な品

エクストラバージンオリーブオイルに続く高品質何種類が、ファインバージンオイルです。

酸度は2.0%以下が基準です。

上質であるものの、こちらは日本に輸入できない種類となっています。

オーディナリバージンオリーブオイルも日本に輸入できない

オーディナリバージンオリーブオイルは、こちらもファインバージンオイルと同様に、日本に輸入できないオリーブオイルです。

酸度は3.3%以下が基準です。

辛味や苦みがあるものの、精製が必要なくオイルとして使用できます。

原産国の一部では市場に出ています。

ランパンテバージンオリーブオイルは食用に向かない

ランパンテバージンオリーブオイルは、バージンオリーブオイルの一種ですが、食用には向いていません。

酸度は3.3%以上が基準です。

精製オリーブオイルや工場用として使われています。

精製オリーブオイルは脱色や脱臭されているのが魅力

精製オリーブオイルは、ランパンテバージンオリーブオイルを精製したものです。

酸度が3.4%以上で、酸化したオイルを科学的に還元して脱色や脱臭されているのが魅力しょう。

精製オリーブオイルとして販売するには、エクストラバージンオリーブオイルより、さらに酸度が低い0.3%以下が基準です。

リファインドオリーブオイルは精製オリーブオイルの代表

リファインドオリーブオイルは、精製オリーブオイルの代表とされる品です。

リファインドオリーブオイルの酸度は0.3%以下が基準で、精製されたオリーブオイルのため、比較的酸化しやすいものになっています。

リファインドオリーブポマースオイルは二番搾りのオイル

リファインドオリーブポマースオイルは、搾り残されたオリーブから抽出される品です。

酸度は0.3%以下が基準です。

有機溶剤を使ってオイルを搾りだし、二番搾りといった感覚のオリーブオイルになります。

ピュアオリーブオイルはよくスーパーで売られている

ピュアオリーブオイルは、比較的リーズナブルな価格です。スーパーでも良く売られているタイプです。

酸度は1.0%以下が基準です。

オリーブオイルとした表記がないものが、このピュアオリーブオイルに当たります。

ピュアオリーブオイルはブレンドされた品

ピュアオリーブオイルは、バージンオリーブオイルと精製オリーブオイルをブレンドしたものです。

酸度は1.0%以下が基準です。

メーカーによってその配合比率は異なり、多くの商品には、バージンオリーブオイルが10%以下しか入っていません。

人気おすすめオリーブオイル

biologicoils エキストラヴァージンオリーブオイルは新鮮な品

biologicoils エキストラヴァージンオリーブオイルは、100%イタリア産の厳選有機オリーブオイルを使用している品です。

フルーティーな味わいで、一番搾りの新鮮なオリーブオイルです。

トリプルオーガニックを認証した、最高峰の品質の一本です。

ガルシア エクストラバージンオリーブオイルは喉越しが魅力

ガルシア エクストラバージンオリーブオイルは、スペイン産のこだわり極上オリーブオイルです。

収穫して24時間以内には搾られるというこだわりのオイルで、喉越しの天然の辛味が特徴的です。

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイルは、スペイン産アンダルシア地方の伝統ある有機オリーブオイルです。

芳醇な香りと深い味わいが特徴的で、サラダはもちろんパンやパスタにもピッタリの品です。

created by Rinker
ヴィラブランカ (Villa blanca)
¥949 (2020/11/24 13:24:04時点 Amazon調べ-詳細)

味の素 オリーブオイルエクストラバージンはコスパが良い

味の素 オリーブオイルエクストラバージンは、国産メーカー味の素から販売されている、エクストラバージンオリーブオイルです。

指定農場のみのオリーブを使い、鮮度にこだわったフレッシュさを実現しています。

コストパフォーマンスにも優れています。

created by Rinker
J-オイルミルズ
¥858 (2020/11/24 13:24:05時点 Amazon調べ-詳細)

アルドイノ フルクトゥスはシェフは高品質な品

アルドイノ フルクトゥスは、オリーブ専門のメーカーによって作られた、エクストラバージンオリーブオイルです。

最高のオリーブが取れると呼ばれる立地や気候で作られた高品質な品です。

イタリアのシェフの使用者も少なくありません。

created by Rinker
フードライナー
¥2,400 (2020/11/24 13:24:06時点 Amazon調べ-詳細)

ALCE NERO 有機エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル ドルチェ

ALCE NEROのこの品は、イタリアで人気のオーガニックブランド「アルチェネロ」の品です。

フルーティーで軽い口当たりの味わいは、色んな料理にも合わせやすいでしょう。

南イタリア産オリーブのみをつかった、こだわりのオリーブオイルです。

オリーブオイルについてのまとめ

  • オリーブオイルとは、オリーブの実から作られる油のことで、フルーティーさやフレッシュさが風合いの特徴です。
  • 健康志向の高いオイルとして注目され、油でありながらもヘルシーで美容にも良いとされています。
  • オリーブオイルには以下の種類があります。
    ・バージンオリーブオイル
    ・エクストラバージンオリーブオイル
    ・ファインバージンオイル
    ・オーディナリバージンオリーブオイル
    ・ランパンテバージンオリーブオイル
  • 精製オリーブオイル
    ・リファインドオリーブオイル
    ・リファインドオリーブポマースオイル
  • ピュアオリーブオイル
    ・ピュアオリーブオイル
  • このオリーブオイルの中でも、最高峰とされるのが「エクストラバージンオリーブオイル」です。オリーブそのものを搾り、香りや成分の基準をクリアしたものです。
  • スーパーに並んでいるオリーブオイルにも種類が多いため、このような特徴を覚えて選んでみるのがおすすめです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
ヴィラブランカ (Villa blanca)
¥949 (2020/11/24 13:24:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
J-オイルミルズ
¥858 (2020/11/24 13:24:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
フードライナー
¥2,400 (2020/11/24 13:24:06時点 Amazon調べ-詳細)