この記事では目覚まし時計について、選ぶポイントやおすすめの商品を紹介します。

現代では、目覚まし時計はアラームのためだけではなく、インテリアとしておしゃれなデザインの品も多く存在しています。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ

この記事を読むことで、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

目覚まし時計の選び方

目的で選ぶ

購入する目的により、選ぶ目覚まし時計の種類が変わります。

寝坊を防ぐために使用するのか、デザインを重視するのかを絞ると選びやすいでしょう。

寝坊せず確実に目を覚ましたいという方は、アラームが大音量のものや、よく響くベル音の品がおすすめです。

インテリアを気にされる方は、お部屋の雰囲気に合わせたデザイン性の高いものを選ぶとよいでしょう。

アナログ式で上部にベルが付いた昔ながらの目覚まし時計は、レトロでインテリアとしてお部屋のアクセントになもります。

デジタル式は木目調を取り入れたものや、ウッドブロックにデジタル表示が浮かび上がるタイプなどもおすすめです。

機械的な感じがせず、温かいナチュラルな印象であるため、どんなインテリアにも合わせることができます。

デジタル式かアナログ式かで選ぶ

目覚まし時計のタイプは、大きく分けてデジタル式とアナログ式の2種類があります。

デジタル式のメリットは、秒針が進む音がしないため、静かであることがあげられます。

表示サイズが大きいものは、暗い部屋でも見やすく、目の悪い方などにもおすすめです。

デメリットは、時間表示以外にも、温度や湿度、カレンダーなどが表示されているなど、時間以外の情報が目に入ってしまう場合が多い事があげられます。

アナログ式のメリットは、余計な情報が無く、現在の時刻だけが表示されているため、一目で時間がわかることです。

しかし、デメリットとして秒針の進む音があげられます。

秒針の進む音は、夜中の静かな環境では耳障りに感じることも少なくありません。

音に敏感な方は、アナログ式時計でも、秒針が滑るように動く静かなものを選ぶとよいでしょう。

スヌーズ機能の有無で選ぶ

スヌーズ機能とは、一度目覚まし時計を止めても、数分後に再びアラームが鳴る機能です。

スヌーズ機能があれば二度寝を防止することができるため、朝の弱い方におすすめです。

何分後に鳴らすのかが決まっているタイプや、何分後に何回繰り返すかを自分で設定できるタイプもあります。

音量調整機能の有無で選ぶ

目覚まし時計の音量には、ボリュームが調整できるものや、小さな音から徐々に大きな音に変化していくものなど様々です。

アラームではなく、好みの音楽や鳥のさえずり、せせらぎの音などが鳴るタイプもあります。

その他の付加機能で選ぶ

時計によっては、他の時計にはない付加機能が付いている、個性的な品も多く販売されています。

デジタル式の目覚まし時計には、湿度計や温度計がついたものがあり、体調管理や快眠の手助けにすることが出来るでしょう。

真っ暗な室内でも見えやすいように、デジタル表示や文字盤、針に蛍光色を用いているものもあります。

バイブ機能が付いているものであれば、目覚まし時計が鳴った際に、同居の家族まで起こさずに目覚めることが可能です。

デジタル式目覚まし時計のおすすめ品

セイコー DL305Kはシンプルな表示とコンパクトさが魅力

セイコー DL305Kは、時間が一目でわかるシンプルな表示とスタイリッシュなデザインの目覚まし時計です。

輝度が3段階に切り替えられ、どの角度からも表示が見えやすくなっています。

奥行きが4.4㎝の薄型で、インテリアの邪魔をしづらいのも魅力です。

電波を受信して調整するため、いつも正確な時間を表示することが出来ます。

created by Rinker
セイコークロック(Seiko Clock)
¥6,080 (2021/01/27 14:56:08時点 Amazon調べ-詳細)

Galopar 目覚まし時計はおしゃれな木目調と機能性が魅力

Galopar 目覚まし時計は、寝室やリビングなどの雰囲気に合わせやすい、木目調のおしゃれなデザインが魅力の品です。

アラームは3種類が設定でき、大音量もありインテリアと実用性を兼ね備えています。

明るさは3段階に調節可能で、部屋が静かになると消灯し、手をたたく音など60㏈以上の音がすると通常表示にもどる、省エネモードが付いています。

アナログ式目覚まし時計のおすすめ品

MingDian ツインベルは睡眠の邪魔になりずらい機能が魅力

MingDian ツインベル ブラックは、昔ながらのレトロなデザインと、ブラックカラーのシンプルな目覚まし時計です。

2重になったベルの大きな音が特徴です。

睡眠中は、クオーツ連続秒針により音が静かな上、ライトボタンは押している間だけオレンジに優しく光るため、睡眠の邪魔にならない事も魅力でしょう。

セイコー PYXIS RAIDENは朝に弱い方におすすめ

セイコー PYXIS RAIDENは、両サイドに付いた大きいベルが超大音量で鳴る、朝に弱い方におすすめの目覚まし時計です。

ベルの大きさは、片側のベルを中速モーターで打つ「小」、両側のベルを打つ「大」、両側のベルを超高速モーターで打つ「特大」の3段階に切り替えることが出来ます。

スヌーズ機能も付いており、寝過ごしも防ぐことが出来ます。シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力でしょう。

CASIO TQ-159-9JFは幅広い方におすすめできる品

CASIO TQ-159-9JFは、シンプルな目覚まし付き置時計で、レトロデザインと可愛らしいカラー魅力の品です。

イエロー、クリーム、ピンク、ダークブラウン、グリーンの5色があります。

アラーム音は「ピピピ」という電子音で、スヌーズ機能も付いています。

大人から子供まで、幅広く使えるデザインであるため、プレゼントにもおすすめです。

目覚まし時計についてのまとめ

  • 目覚まし時計を選ぶ際は、まず目的を考える必要があります。寝坊を防ぐためであればアラームが大音量のもの、お部屋のインテリアに合わせたいならデザイン性の高いものを選ぶとよいでしょう。
  • 目覚まし時計には、大きく分けてデジタル式とアナログ式のものがあります。一目で時間が分かりやすいと感じる方を選択するとよいでしょう。
  • デジタル式のメリットは、表示文字が大きいため見やすいことです。アナログ式は時計以外の情報がないため、時刻が分かりやすいというメリットがあります。
  • 一度アラームを止めても数分後に再び鳴らすことができるスヌーズ機能や、アラームの大きさを自分好みに変換できる音量調節機能、湿度計や温度計、カレンダーなどの機能があるものも便利です。