この記事では、外激塗装を行う理由や時期、タイミングについて解説いたします。

外壁塗装を検討している方は、この記事を読むことで適切な外壁塗装の時期やタイミングを検討することができるでしょう。

目次

外壁塗装をおこなう理由

外壁塗装は建物の外観を美しく保ったり、紫外線や風雨からの保護機能を維持したりするために必要なメンテナンスです。

また、外壁塗装を定期的におこなうことで建物の劣化を防ぐことができます。

外壁塗装をする際には必然的にひび割れや剥離といった劣化部分の確認や補修をすることになるため建物自体の寿命を長持ちさせる結果に繋がります。

外激塗装を定期的に行うことは、外壁が深刻なダメージを受けてから対応するよりもトータル的にメンテナンス費用を抑えることにもなるためおすすめです。

建物の外観を綺麗にしておく

外壁塗装を行う目的の一つとしては、建物の外観を綺麗に保つことにあります。

外壁は常に建物の外で太陽からの紫外線や風雨に晒されている箇所であるため、塗装が剥がれてしまったり、退色してしまったりします。

外壁の退色や剥がれ、汚れは建物全体の美観を損なうことにもなるため、外壁塗装を定期的に行い綺麗にしておくことが大切です。

また、外壁塗装を行う際に既存のデザインや色味を変更することも可能です。

内装のイメージに合わせ、外壁のデザインなどを変え、気分を一新することも外壁塗装の楽しみの一つでもあります。

外壁塗装によって、建物を長期的に綺麗に保つことは資産価値を向上させる助けにもなるため建物の売却を検討している場合も外壁塗装はおすすめのメンテナンス方法です。

外壁の保護

外壁塗装をおこなうことは外壁を保護することも目的の一つです。

外壁塗装に利用される塗料には防水や太陽からの紫外線から外壁を守る機能が備わっています。

塗料の防水性は5年~7年程度で効力を失ってしまうため、定期的に外壁塗装をすることで外壁の保護機能を維持することがおすすめです。

塗装の保護機能が失われてしまうと外壁材自体が風雨などから直接ダメージを受けてしまいます。

外壁材が直接ダメージを受けると、木材部分の腐食や鉄製部分のサビなどによって外壁自体の強度が著しく低下してしまいます。

最悪の場合、雨漏りなど建物自体に被害が拡大し、修理のために多くの費用が必要になってしまうケースもあるため、定期的に外壁塗装を行い保護機能を維持していくことが大切です。

外壁塗装をおこなう時期

外壁塗装は築10年くらいを目安に行うとよいでしょう。

外壁塗装に使用される塗料には素材によって防水性の高いものや遮熱性の高いものなど様々な種類があり、耐久性も異なります。

平均的に塗料の耐用年数は約10年程度と言われており、築10年を目安に外壁塗装を行う必要があるでしょう。

もちろん外壁塗装をしないで10年、20年と住み続けることもできますが、塗料や外壁の素材は建物の外側を守るため劣化しやすく建物に重大な被害が出てしまう可能性があります。

外壁塗装は、将来的にどこかのタイミングで対応したほうがよいメンテナンスなため、建物に重大な被害が出て修理費用が大きくなる前に定期的に対応することをおすすめします。

外壁塗装をおこなうタイミング

外壁塗装は築10年を目安で行う他に、対応を検討すべきタイミングがあります。

外壁塗装を行う判断は、外壁の劣化状況で確認できるでしょう。

簡単に判断できるのは、外壁の退色具合ですが、その他にもチョーキングといわれる現象が発生していないかや外壁の剥離やひび割れがないかなどによっても判断することができます。

外壁の状況や劣化範囲によってすぐに対応すべきかどうかは変わってきますが、目に見えて外壁の劣化が進んでいる場合は外壁塗装について検討すべきタイミングであるため、メンテナンスの検討しましょう。

ここでは、外壁塗装をおこなうタイミングにもなる外壁の状況について解説します。

外壁の退色

外壁塗装は外壁の退色が目立ってきたタイミングで対応を検討してみましょう。

外壁が初めの頃よりも色あせはじめている場合、塗装の劣化も同時に始まっていると考えられます。

退色だけで外壁自体にひび割れなどの劣化が見られない場合は、急いで外壁塗装をおこなう必要はあまりありません。

しかし、塗装の劣化によって防水機能などの防御機能が低下している証拠なため、外壁に目立ったダメージが出る前に対応しましょう

チョーキング

外壁のチョーキングが見られる場合には早めに外壁塗装を行うのがおすすめです。

チョーキングとは、外壁の塗装が太陽からの直射日光や紫外線、風雨などによって劣化し、白いチョークの粉のようなものが発生する現象です。

外壁に手を触れてみて、白い粉がつくようでしたらチョーキング現象が発生しているため早めの外壁塗装を検討しましょう。

チョーキング現象が起こっている外壁は、ひび割れやカビの発生の原因にもなります。

放置せずに早めのメンテナンスを行うのがおすすめです。

剥離

外壁が剥離をしているタイミングも外壁塗装を行うべきサインです。

外壁の剥離は放置していると剥離部分からひび割れを起こしたり、外壁の内部に雨水などが侵入してしまったりする原因となります。

外壁の内部に雨水が侵入してしまうと、建材の腐食などの原因となり建物自体が深刻なダメージを受けてしまいます。

外壁の剥離を発見したら早急に外壁塗装を行うのがおすすめです。

ひび割れ

外壁のひび割れは外壁塗装を行うべきタイミングの重要なサインです。

塗料自体の防御機能は著しく低下し、外壁自体にダメージが出ている証拠なため早急に対応するようにしましょう。

外壁のひび割れはシーリング材の周辺やつなぎ目の部分から発生することが多く、放置しておくとどんどんひび割れが拡大していきます。

また、発生した外壁のひび割れから外壁内部への雨水などの侵入が起こり、カビの発生や建物の強度低下の原因に繋がる恐れがあります。

外壁塗装の検討はもちろんですが、ひび割れの規模によっては外壁を新調することも検討しましょう。

自身で判断が難しい場合には専門家に依頼し、厳密な診断やアドバイスをもらうのもよいでしょう。

外壁塗装をおこなう季節

外壁塗装はおこなう季節によってメリット・デメリットがあります。

外壁塗装の作業環境は、気温が5度以上で湿度が80%以下であれば作業が可能とされていますが、実際にはこの条件に当てはまらない期間が多い季節もあります。

外壁塗装を春におこなう場合には湿度が低く、塗料が乾きやすいことがメリットです。

しかし、4月・5月は天候が不安定になりがちなので工期が長引いてしまう可能性があることがデメリットです。

夏は気温が高いため塗装が乾きやすいメリットがあります。

また、塗料の伸びもよく作業を効率的に進めることができるでしょう。

日照時間が長いため作業を長くすることもできます。

その反面、梅雨の時期は雨が多く作業ができないため工期が延びてしまう可能性があることがデメリットです。

秋は空気が乾燥しており、快適な気候であるため作業がしやすい季節であることがメリットです。

ただし、台風のシーズンでもあるため工期が伸びやすくなるというデメリットもあります。

冬は一年の中で最も空気が乾燥しているため塗装の定着がよいことがメリットとしてあげられます。

しかし、日照時間が短く作業の時間が短くなってしまうことがデメリットです。

外装塗装の時期やタイミングについてのまとめ

  • 外壁塗装の目的は外観を綺麗にしておくことと、外壁の保護のため
  • 外壁塗装は築10年を目安におこなうことがおすすめ
  • 外壁塗装をおこなうタイミングは「退色」「チョーキング」「剥離」「ひび割れ」
  • 外壁塗装をおこなう時期は季節によってメリット・デメリットがある
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ