携帯電話の音声通話は、ほとんどが通話従量制です。
プランの料金の違いはデータ容量の差なので、できるだけwifiを活用すれば、データ容量が少ない低料金のプランでも困ることはないでしょう。
この記事では、iPhoneとAndroidのwifi設定方法や、いつでも wifiが使えるモバイルWi-Fiルーターのオススメ商品を紹介します。

WiFiとは

WiFiとは、ネットワーク接続可能な機器を無線で接続する技術のことです。
WiFiルーターがあれば、インターネットに無線で接続できるようになるため、家族のスマホやパソコンを同時にインターネット接続できます。
WiFiにつなげばモバイル回線を使用しなくていいため、データ通信量を節約できるという嬉しいメリットがあります。
また、パソコンとプリンターをWiFiに接続すれば、ケーブルで接続しなくてもプリント可能です。

ケーブルを減らせますので、部屋もすっきりするでしょう。
ネットワーク接続に対応したゲーム機をWiFiに接続すれば、世界中の相手と楽しめます。
WiFiを利用することによって、楽しみも増えますね。
スマホは1ヶ月のデータ通信量の上限を超えてしまうと通信制限がかかります。
自宅ではできるだけWiFiを使うことで、スマホを快適に使えるでしょう。

iPhoneのwifi設定手順

ここからは、スマホのwifiを設定する手順を紹介していきます。
まずはiPhoneのwifi設定方法を順番に説明します。

自宅のwifi設定

ホーム画面の「設定」を開き、「Wi-Fi」をタップします。
Wi-Fiを右にスライドしてオンにすると、接続可能なネットワークが表示されます。
その中から接続するネットワークを選んでタップしましょう。
パスワードを入力する画面が出ますので、Wi-Fiルーターに貼られたシールに記載されているパスワードを入力してください。
以上で自宅のwifiの設定完了です。

外出先のwifi設定

街中には公衆WiFiスポットがありますので、上手に利用すればデータ通信量を節約してインターネットを楽しめます。
ただし、パスワードを入力する必要がないアクセスポイントは誰かが個人情報を盗もうとしている不審なアクセスポイントの可能性もあります。
接続する際は、パスワードが必要な鍵のかかったアクセスポイントだけにしておきましょう。
安全のためには、フリーWiFiを利用するときに、重要な情報を通信しない方が無難です。


外出先のWiFi設定も基本的には自宅のWiFiと同じです。
無料WiFiサービスをおこなっている施設では、「SSID」と「PASS」を記載したステッカーが貼られています。
スマホのWiFiの画面でネットワークからSSIDをタップしましょう。
パスワードを入力する画面が出ますので、PASSと書かれたコードを入力してください。


また、パスワードの入力は必要なく、代わりにログイン画面が表示される場合もあります。
その場合は利用規約を確認したら、メールアドレスなどで利用登録してください。
登録したメールアドレスに登録認証メールが届きますので、記載のURLをタップすると接続可能になります。
これで設定は完了です。

Androidのwifi設定手順

ここからは、Androidスマホでwifiの設定をする手順を紹介します。

自宅のwifi設定

まずはホーム画面の「設定」をタップし、設定画面の「Wi-Fi設定」をオンにします。
接続するSSIDをタップしたら、パスワードの入力画面が出ますので、Wi-Fiルーターに記載のパスワードを入力し、「接続」をタップしてください。
選択したSSIDの下に「接続済み」と表示されれば、設定完了です。

外出先のwifi設定

外出先のwifiの接続方法は、iPhoneの場合とほぼ同じです。
設定画面で「Wi-Fi」をタップし、SSIDを選択するとユーザー認証画面が表示されます。
ログイン画面が表示されたら利用規約を確認して、メールアドレスなどで仮登録します。
入力したメールアドレスに登録認証メールが届きますので、記載のURLをタップすれば、接続可能になります。

いつでもwifi。モバイルWi-Fiルーター

いつでもどこでもwifiを使いたいときは、モバイルWi-Fiルーターを持っておくと便利です。
モバイルWi-Fiルーターのおすすめを2つ紹介します。

富士ソフト「SIMフリーポケットモバイルWi-Fiルーター F FS030W」

Wi-Fi利用時最大20時間、Bluetooth利用時は最大24時間の長時間バッテリーが魅力です。
SIMロックフリーなので、大手キャリアのほか、さまざまな通信会社のネットワークに対応可能です。
厚さ17.3mm、重さは約128gなので、持ち運びも負担になりません。
APNは自動設定で利用できるので、手間のかかる設定はいらず、すぐに利用できます。


NECプラットフォームズ「Aterm モバイルルーター MP02LN SW」

こちらは連続使用時間が約10時間、連続待受は最大900時間を実現。
SIMロックフリーで用途に合わせて自由にサービスが選べます。
SIMをセットして電源をオンにすれば、すぐに使えるLTEオート接続機能が搭載されているので、簡単に使えます。
メタリックシルバーで見た目もカッコいいですね。

created by Rinker
NECプラットフォームズ
¥7,849 (2022/10/02 08:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい

まとめ

自宅でも外出時も、スマホはできるだけWi-Fiにつなぐようにすれば、ギガを使いすぎることもなくなります。
データ通信量の上限超えを減らせるため、追加でギガを購入しなくてすむでしょう。
Wi-Fiを上手に活用すればデータ通信量を減らせるため、スマホの料金プランを見直してみてはいかがでしょうか。

商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
NECプラットフォームズ
¥7,849 (2022/10/02 08:00:10時点 Amazon調べ-詳細)