現代人にスマホが浸透して久しい昨今。
Wi-fi環境もかなり充実しており、快適にスマホを活用できるようになりました。
しかし、Wi-fiがすぐに切れるといった悩みを抱えている方は後を絶ちません。
理由がわからないまま使っている方も多いでしょう。
実際のところ、なぜスマホのWi-fiが切れるのでしょうか?
こちらの記事では、スマホのWi-fiがすぐに切れる原因を探るとともに、対策を解説します。

Wifiの仕組みと目的

Wi-fiは無線LANの一種であり、ルーターを介することで、ケーブルをつなぐことなく電子機器とネットワークをつなぐシステムです。
さらに、Wi-fiという名称自体は、ルータ等の電子機器が相互接続できることを保証するといった意味を持つマークであり、厳密には仕組みの名称ではありません。
Wi-fi環境が整っていると、スムーズにインターネットを使うことができます。
また、ケーブルが必要ないため、Wi-fi環境さえあれば、どこにいてもスマホやPCを使ってネットを使う作業が可能です。

Wi-Fiがよく切れるときにiPhoneで行う対策

スマホを使っているとWi-fiが切れることが多々あります。
そんなとき、iPhoneユーザーにおすすめしたい対策は次の通りです。
まず、機内モードになっていないかをチェックしてみてください。
機内モードがオンになっているとWi-fiには接続されません。
オンになっていない場合は、一度Wi-fi接続をオフにしたりiPhoneを再起動するのもおすすめです。
案外、簡単にWi-fiが繋がるようになるパターンもよくあります。

Wi-Fiがよく切れるときにAndroidで行う対策

Androidにおいても、iPhoneと同じように機内モードをオフにしてからWi-fiに接続する必要があります。
オフになっている場合は、一度Wi-fi最適化の設定を外してみましょう。
設定のWi-fiをタップしてチェックを外すだけで可能です。
また、スリープ時にもWi-fiに接続しておくと、より繋がりやすくなります。
最終手段としては、Android自体を再起動するのもおすすめです。

wifiがすぐ切れる原因

便利なWi-fiですが、切れてしまえば意味がありません。
頻繁に途切れると、ストレスも溜まります。
Wi-fiが切れる理由を知っておくと、対処がしやすくなるのでチェックしていきましょう。

Wi-fiルーターの問題

Wi-fiルーターの設置場所やケーブルとの相性によってもWi-fiが切れることがあります。
例えば、ルーターと端末の距離があまりにも離れていると、電波が弱く途切れやすくなりでしょう。
そのほか、ルーターと端末の間に障害がある場合も同様です。

プロバイダーの状況

契約しているプロバイダーで障害が起きていたり、メンテナンス中というケースも考えられます。
どうしても繋がらない場合は、一度プロバイダーに問い合わせてみるとよいでしょう。

電波状況

Wi-fiに繋がっていても、電波状況が悪い場合は途切れやすくなります。
また、周波数も要注意です。
Wi-fiの電波には、2.4Ghzと5Ghzの二種類がありますが、2.4Ghzは電子レンジなどの家電製品が出す電磁波の影響を受けやすい傾向にあります。
2.4Ghzは、障害物に強く遠くまで届くというメリットもあり、リーズナブルなWi-fi端末にも使用されているのが特徴です。
そのため、公共の場などで使えるWi-fiに活用されていることも多いでしょう。
外出中に拾ったWi-fiが繋がりにく場合も、2.4Ghzの可能性があります。

天候

実は、電波は水に当たると吸収されるといった性質があります。
そのため、雨が降っている日はWi-fiが繋がりにくい傾向にあるでしょう。
さらに、Wi-fiの電波は上下の移動が苦手であり、1階にWi-fiルーターを置いている場合、一度外へ出て二階の窓から受診するケースも考えられます。
そのため、屋内だから雨は関係ないと一概には言えません。
1階では安定していた電波が、2階にくると不安定になることも多いでしょう。

接続台数

有線のLANルーターと異なり、無線であるWi-fiは接続できる台数が一目見てわかるわけではありません。
実は、Wi-fiは無限に使えるわけではなく、ルーターのスペックによって接続台数の上限が決まっています。
大家族で使っている場合、Wi-fiが繋がりにくくなるのは、ルーターのスペックにも問題がある可能性があるでしょう。

Wi-fiルーターの問題 ・Wi-fiルーターが一時的な不具合
・ルーターとケーブルの相性が悪い
・ルーターと端末の距離が離れている
・ルーターと端末の間に障害物がある
プロバイダーの状況 ・プロバイダーのメンテナンス
・プロバイダーの障害
電波状況 ・電波が不安定
・周波数が2.4Ghz
天候 ・Wi-fiの電波は水に弱い
接続台数 ・ルーターのスペックと接続台数が見合っていない

いざという時のモバイルWi-fiルーター

場所を選ばずに使えるモバイルWi-fiルーターは、Wi-fiが切れた時やWi-fi環境が整っていない時に重宝します。
おすすめの2点を紹介しましょう。

I-O DATA WiFi ルーター SIMフリー

Docomo・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4キャリアに対応しているモバイルWi-fiルーター。
Wi-fiだけではなく有線LANにも対応している優れものです。
zoomやGoogle Meetの通信量を自動でセーブできる機能もあるため、リモート会議を頻繁に行う方に向いています。

 

NECプラットフォームズ Aterm モバイルルーター

できるだけスリムなサイズを選ぶなら、こちらのモバイルルーターがおすすめです。
nano SIMカードを入れて電源をオンにすれば、自動的にAPNを選んでLTEに接続してくれます。
ポーチにも入るコンパクトサイズでありながら、10時間の連続通信が可能なのも魅力的。

created by Rinker
NECプラットフォームズ
¥8,000 (2022/08/10 09:40:06時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい

まとめ

ほとんどの人がスマホを活用する時代。
Wi-fiは切れることなくスムーズに使いたいものです。
Wi-fiの性質を理解した上で賢く活用すると、切れにくくなります。
合わせて、モバイルWi-fiルーターを併用すると、どんなところでも快適にWi-fiが使えるようになるでしょう。

 

 

 

 

商品一覧