この記事ではパラソルについて解説します。

日よけとして使えるパラソルは、日差しの強い夏の必需品です。

パラソルの種類や選び方、おすすめの商品なども解説するため、この記事を読むことで、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

パラソルを使用するメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ガーデンパラソルのおすすめ3選

直射日光を防ぐことができる

パラソルは直射日光を防ぐことができます。

バーベキューやキャンプなどのアウトドアは屋外での活動が基本です。屋外での食事はより一層おいしく感じられるでしょう。

しかし、その反面、日焼けは気になるものです。

パラソルがあれば、夏の強い日差しを防ぐことができ、日焼け対策もできます。

バーベキューコンロの種類や選び方を解説 種類別のおすすめ商品も紹介!

アウトドアの場合突然の雨にも対応できる

パラソルは、アウトドアでの突然の雨除けにもなります。

キャンプやバーベキューなどのアウトドアは山で行う事が多いです。山は天気が変わりやすく、突然の雨に見舞われることもあるでしょう。

パラソルがあれば、そんな突然の雨を防ぐことができます。

アウトドアチェアの種類と選び方 おすすめ商品10選を紹介
アウトドアにも便利!ダッチオーブンの選び方やおすすめ商品を紹介

庭などに飾ることでオシャレな雰囲気を作り出せる

パラソルを庭などに飾ることで、オシャレな雰囲気を作り出すことができるでしょう。

日除けや雨除けといったパラソルの機能性はもちろんのこと、形やデザインがオシャレなパラソルも豊富にあります。

パラソルを飾ることで、アウトドアやリゾート感を演出できるでしょう。

パラソルの種類

パラソルには「ガーデンパラソル」「ビーチパラソル」「パラソルタープ」など様々な種類があります。

以下では、それぞれのパラソルのメリット・デメリットについて解説します。

ガーデンパラソルはオシャレだが重量が重い

ガーデンパラソルは日除けはもちろん、庭などに飾ることでオシャレな雰囲気を出すことが可能です。

ガーデンパラソルには「自立タイプ」と「スタンダードタイプ」があります。

「スタンダードタイプ」は、テーブルの中心にあるパラソルホールを差し込むタイプで、「自立タイプ」は、スタンドも一緒になっているタイプです。

しかし、ガーデンパラソルは、風に飛ばされにくい設計となっているため、重量が重く持ち運びには注意が必要です。

ビーチパラソルは重量が軽いが飛ばされやすい

ビーチパラソルのメリットは重量が軽い点でしょう。

軽い反面、風で飛ばされやすいため、砂浜やパラソルスタンドに差し込んだ後、ペグやロープで固定するのがよいでしょう。

紫外線が気になる方は、UVカット加工されたビーチパラソルがおすすめです。

日焼け止めが必要な理由 種類とそれぞれの特徴 おすすめ品の解説
UVカットパーカーの効果 種類ごとの特徴 選び方とおすすめ品7選

パラソルタープは設営が簡単

パラソルタープは、開くだけで使用できるため、通常のタープよりも設営が簡単です。

パラソルタープは日除けに使える面積が広い反面、風の影響を受けやすくなります。

ビーチパラソルよりも覆われるため、熱がこもりやすくなる事にも注意が必要です。

熱を逃がすために通気窓が付いているパラソルタープがおすすめです。

パラソルの選び方

目的に合わせてパラソルを選ぶ

パラソルは使用する目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

お庭でバーベキューなどを楽しむときにはガーデンパラソルを使用すると、アウトドアの雰囲気が楽しめます。

ビーチパラソルは他のパラソルタイプよりも軽いため、海や夏フェスなどで使用するのがよいでしょう。

横から射す日差しが気になる方は、パラソルタープがおすすめです。

バーベキューコンロの種類や選び方を解説 種類別のおすすめ商品も紹介!

収納のしやすさやサイズでパラソルを選ぶ

パラソルのサイズを決めるときには、何人で使用するのかを決めます。

日除けとして使用する場合は、少し大きめのサイズがおすすめです。

ビーチパラソルは、シーズンが終了したら収納しておくことになるため、収納のしやすさや、コンパクトに収納できるパラソルかどうかを確認するとよいでしょう。

機能性でパラソルを選ぶ

パラソルには、UVカットや防水加工など様々な機能が追加されたものがあります。

パラソルで直射日光を防げても、紫外線をすべて防ぐことはできません。

しかし、UVカット加工されたパラソルであれば、紫外線を減らすことができます。

また、パラソルは全てが防水加工されているわけではありません。

撥水加工されたパラソルを選べば、突然の雨に降られたときに雨除けにもなるため安心です。

重さでパラソルを選ぶ

パラソルの用途によって、重いものと軽いものどちらが適しているか異なります。

頻繁に持ち運ぶようであれば、軽量のパラソルがおすすめですが、重量感のあるパラソルの方が安定します。

持ち運びやすさを重視するか、安定感を重視するかで選ぶ基準が異なるため、用途を決めてからパラソルを選ぶのがおすすめです。

デザイン性でパラソルを選ぶ

パラソルにはオシャレなデザインや、カラフルな色使いをした物があります。

機能性はもちろんのこと、オシャレなデザインのパラソルを使用すれば、キャンプや旅行の雰囲気も演出できます。

デザイン性の高いパラソルであれば、SNS映えする写真も撮れるでしょう。

パラソルを使用する際の注意点

パラソルを使用する際の注意点は以下の通りです。

  • 風で飛ばないように注意する。(パラソルベースを使用する、ワイヤーやペグで固定するなど)
  • 熱がこもらないように注意する。(通期窓があるパラソルや、2段構造のパラソルを選ぶなど)
  • 紫外線や突然の雨に注意する。(UVカットされたパラソルや、防水加工されたパラソルを選ぶなど)

上記の事に注意してパラソルを使用するとよいでしょう。

ガーデンパラソルのおすすめ3選

FIELDOOR ガーデンパラソルは角度調節可能

FIELDOOR ガーデンパラソルは、テーブルやパラソルベースに挿して使用するスタンダードタイプのガーデンパラソルです。

パラソルの角度が調整可能で、UVカットコーティングされた素材を使用しているため、日焼け対策としても活用できます。

タカショー ハンギングパラソルは柱がない事が特徴

タカショー ハンギングパラソルは、自立タイプのガーデンパラソルです。

中央に柱がないハンギングタイプであるため、傘の真下も有効に使えます。

付属のパラソルベースを使用する場合は、別途バラス(重りや砂利など)が必要です。

VEGA CORPORATION LOWYAは幅広な事が特徴

VEGA CORPORATIONの子の品は、2.9mと幅広であるため、4人~6人であれば全員が日陰に入れるサイズです。

クランク式であるため、女性でもハンドルを回せば、傘の開閉が簡単にできます。

ビーチパラソルのおすすめ3選

キャプテンスタッグ UD-42はチェアにも取り付け可能で安価

キャプテンスタッグ UD-42は、チェアにも取り付け可能なパラソルで、安価であることが魅力の商品です。

MOLUSKO MS-24は携帯性と丈夫さが特徴

MOLUSKO MS-24は、重量が1,9kgと携帯性を重視しながら、パイプも太く丈夫な商品です。

シルバーコーティングされているため、気になる紫外線もカットしてくれます。

MOLUSKO(モルスコ) ビーチ パラソル 220cm UV MS-24 日よけ 紫外線カット
created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥2,880(2019/11/19 13:10:56時点 Amazon調べ-詳細)

BESROY パラソルは紫外線を99%カットしてくれる

BESROY パラソルは、紫外線を99%カットしてくれるビーチパラソルです。

ヒンジ部が好きな角度に調整可能であるため、太陽の向きに合わせて固定できる点がおすすめです。

パラソルタープのおすすめ3選

SPICE LSLF1070は設営が簡単

SPICE LSLF1070は、女性の力でも傘のようにパッと開いて、ロープやタグで固定するだけであるため、設営が簡単なパラソルタープです。

内側にUVカットコーティングされている点も魅力です。

SPORT BRELLA スキルズは風通しが良い

SPORT BRELLA スキルズは、風通しの良いメッシュウィンドウ付きであるため、熱がこもりにくいパラソルタープです。

持ち運びに便利なショルダーベルト付きの収納バック付きであるため、持ち運びも便利でしょう。

スキルズ SPORT BRELLA(スポーツブレラ) ブルー UVカット 240cm
created by Rinker
Sport-Brella(スポーツブレラ)
¥16,000(2019/11/19 13:10:57時点 Amazon調べ-詳細)

丸辰 パラソル (タープ 付き)は多機能さが魅力

丸辰のこの品は、パラソルタープとしてはもちろん、付属のシートを取り付ければ、小さなテントのようにも使える製品です。

延長ポールを付ければ、ビーチパラソルとしても使用できる多機能なパラソルです。

パラソルについてのまとめ

  • パラソルのメリットは日除けや雨除けができることです。
  • パラソルには「ガーデンパラソル」「ビーチパラソル」「パラソルタープ」といった種類があります。
  • パラソルは用途、サイズ、機能性、重さ、デザイン性から選ぶとよいでしょう。
  • パラソルを使用するときは、風、熱、紫外線などに注意が必要です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
MOLUSKO(モルスコ) ビーチ パラソル 220cm UV MS-24 日よけ 紫外線カット
created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥2,880(2019/11/19 13:10:56時点 Amazon調べ-詳細)
スキルズ SPORT BRELLA(スポーツブレラ) ブルー UVカット 240cm
created by Rinker
Sport-Brella(スポーツブレラ)
¥16,000(2019/11/19 13:10:57時点 Amazon調べ-詳細)