最近ではアウトドアが注目されており、バーベキューを楽しむ人も増えています。バーベキューにはバーベキューコンロが必須ですが、様々な種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまう人もいるでしょう。

この記事ではバーベキューコンロについて紹介をいたします。

この記事を通して、バーベキューコンロの種類や特徴を知り、購入する際の参考にしてみてください。

バーベキューコンロの種類

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

スタンダートタイプのバーベキューコンロのおすすめ3選

スタンダートタイプ

スタンダートタイプは四角いコンロに脚がついたものです。一般的にバーベキューコンロというとイメージするのが、このタイプでしょう。

ガーデンタイプと比べると、コンパクトで持ち運びしやすい点がメリットです。高さがあるので、小さな子どもがいる場合にも安心して使用できます。

スタンダートタイプのコンロには、スライド式で炭を入れるものや、炭入れを取り外せるもの、高さを段階調節する機能があるものなど、様々な商品が展開されていています。

焚き火台タイプ

焚き火台タイプは名前の通り、焚き火も楽しむことができるコンロです。ロースタイルのゆったりとしたバーベキューを楽しみたい人におすすめで、大人な雰囲気でバーベキューを楽しみたい方に需要が高まっています。

高さがないため安定感に優れており、最近流行りのダッチオーブン調理も、重心の低い焚き火台タイプのコンロなら安心して使用することができます。

ローポジションなので、小さな子どもがいる人は火傷に注意しましょう。

アウトドアにも便利!ダッチオーブンの選び方やおすすめ商品を紹介

スノーピーク(snow peak) 焚火台 S [1~2人用]
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥9,460(2019/12/06 17:47:39時点 Amazon調べ-詳細)

ガーデンタイプ

ガーデンタイプはパーティータイプとも呼ばれ、庭先でホームパーティーをする人向けに作られた大型のものです。

大人数でのバーベキューに最適ですが、大きくて重さもあるので、持ち運びには不向きです。また、大型のため燃料が多く必要になるというデメリットもあります。

ガーデンタイプのコンロには、スチーム調理ができる蓋付のものや、炭を必要としないガスタイプやコンセントタイプのものなど、充実した機能があるものが多く展開されています。

スチームオーブンレンジってなに?特徴とおすすめの紹介

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コンロ グリル 焚火台 ドラム グリル 850UG-21
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥15,481(2019/12/06 17:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

ロースタータイプ

バーベキューをする上で気になるのが匂いかと思います。

ロースタータイプは煙が出にくいため、他のタイプよりも匂いを防ぐことができるでしょう。煙の匂いや、服などの匂い移りが気になる方はぜひロースタータイプを利用してみてください。

バーベキューコンロを選ぶ際のポイント

バーベキューをするシーンでタイプを選ぶ

ロースタイルのバーベキューを楽しみたいのであれば、焚き火台タイプがおすすめです。焚き火台にもなるので食後の団欒にもピッタリでしょう。

焚き火台タイプは、人数が多いと火から遠くなってしまうので、少人数向けです。大人の雰囲気のバーベキューを楽しむことかできます。

子どもも一緒に楽しみたい人や、家族や友人と4~6人くらいでコンロを囲み、定番のバーベキューを楽しみたい人はスタンダートタイプがおすすめです。テーブルや椅子を揃えて、ゆったりしたバーベキューを楽しむことができるでしょう。

それ以上の人数の場合は、ガーデンタイプがおすすめです。

アウトドアチェアの種類と選び方 おすすめ商品10選を紹介

持ち運びのしやすさで選ぶ

庭で楽しむのではなく、キャンプ場などでバーベキューを楽しみたい人は持ち運びのしやすいものを選びましょう。折り畳むとコンパクトなもの、軽量なものなど、持ち運びしやすい工夫がされているものもたくさんあります。

また、ガーデンタイプでもキャスター付きのものは持ち運びがしやすいです。

人数によって焼き面のサイズを選ぶ

焼き面が大きいと、より大人数でバーベキューを楽しむことができます。

しかし、大きければ大きいほど良いというわけでなく、大きいほど炭の量も必要になってくるので、少人数で楽しむなら、小さいもので焼いた方が効率的です。バーベキューをするときの人数を考えて、それに合ったものを選びましょう。

人数と焼き面の大きさについては下記を参考にしてみてください。

2~3人は約600~1000㎠(30×20cm程度)
4~5人は約1200~2000㎠(40×30cm程度)
6~8人は約2400~3000㎠(60×40cm程度)

参考サイトURL:https://mag.wowma.jp/1893/

スチール製かステンレス製かで選ぶ

スチール製は、値段が手頃のものが多く、種類も豊富に展開されています。

しかし、鉄のため重さがあり、持ち運びにくいというデメリットもあります。また、性質上どうしてもサビが生じやすいので、取り扱いに注意が必要です。

一方、ステンレス製は、軽くて持ち運びがしやすく、耐久性にも優れています。サビが発生しにくく、お手入れも簡単です。

しかし、スチール製のものに比べると値段が高くなっています。

バーベキューを頻繁にしない人は、スチール製でも十分でしょう。頻繁にバーベキューやキャンプをする人は、ステンレス製がおすすめです。

後片付けのしやすさや機能性で選ぶ

扱いにくいというイメージのあるバーベキューコンロですが、機能性が良いものを選ぶと煩わしさを軽減できるでしょう。

引き出し式ロストル機能が付いたコンロは、網の上に食材がのったままでも炭を継ぎ足すことができます。後片づけもロストルだけ引き出して炭を処理できるので非常に簡単です。

また、焼き網の高さを自分で調整できる機能のついたものなら、簡単に焼き加減の調整ができるので、美味しく食材を焼くことができます。

スタンダートタイプのバーベキューコンロのおすすめ3選

Coleman クールスパイダー ステンレスグリル

本体がメッシュ構造になっているので、通気性が良く、炭に火がつきやすいです。また、引き出し式のロストルで炭の補給や交換が簡単にできます。

オールステンレスなのでサビにくく、扱いやすいコンロです。

LOGOS Smart80 ステンチューブラル M

80cmの高さがあるので、男性も負担なく利用することができます。

BBQお掃除らくちんカバーを使うと、グリルがあまり汚れることなく終わり、掃除がとても簡単です。

尾上製作所 イクシードバーベキューコンロ

『尾上製作所』は園芸用品や日用品を扱っているメーカーですが、近年レジャー用品が注目されています。

イクシードバーベキューコンロは、スライド式の引き出しロストル、脚の高さを変えられる3段階機能など、機能性が高くコストパフォーマンスが良いコンロです。価格もリーズナブルなので、初心者の方にもおすすめです。

焚き火台タイプのバーベキューコンロのおすすめ3選

LOGOS 焚火ピラミッドグリル

バーベキュー、焚き火、ダッチオーブン料理がこれ1台で楽しめます。12inchダッチオーブンが使用可能です。

また、付属されているキャリーバックにコンパクトに収納できるので、持ち運びも楽です。

ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI L 81064162
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥8,899(2019/12/06 17:47:41時点 Amazon調べ-詳細)

UNIFLAME ファイアグリル

地面を点でとらえるので、フィールドを傷めることなく使用できるコンロとなっています。

バーベキュー、焚き火、ダッチオーブン料理の3用途が楽しめます。炉と網をずらす構造なため、炭の作業がしやすく、網の四隅を保温スペースとして使うことも可能です。

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,000(2019/12/06 17:47:42時点 Amazon調べ-詳細)

モチヅキ UCO フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット

広げるだけで組み立てが完了するコンパクトなコンロです。

細かなパーツがないのでお手入れも簡単となっています。手軽に使用でき、持ち運びか非常にしやすいのが特徴です。

ガーデンタイプのバーベキューコンロのおすすめ3選

UG-41 アメリカンオーブングリル

本格的なアメリカンバーベキューを楽しむことができるコンロです。

フード付きなので、スモーク料理やオーブン料理などにも幅広く使えます。

M-6477 ジェネシス ツーウェイバーベキューコンロ(グリル)900(ツイン)

アミ焼きと鉄板焼きが同時に楽しめるツインタイプのコンロです。

ワイドサイズで10~12人の大人数のバーベキューに最適でしょう。

M-6440 オークバーベキューコンロ〈LL〉(キャスター付)

大型のガーデンタイプですが、キャスター付きなので移動も楽にできます。

小物を置くことができる網がついているので便利です。

CAPTAIN STAG オーク バーベキューコンロ(LL)(キャスター付) M-6440
created by Rinker
ノーブランド品
¥19,100(2019/12/06 17:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

バーベキューコンロについてのまとめ

  • バーベキューコンロには、スタンダートタイプ・焚き火台タイプ・ガーデンタイプがあります。一般的なバーベキューを楽しみたい人はスタンダートタイプ、大人の雰囲気のバーベキューを楽みたい人は焚き火台タイプ、大人数でバーベキューを楽しみたい人はガーデンタイプがおすすめです。
  • バーベキューコンロを選ぶ際には、自分の利用シーンを考えて選ぶことが大切です。誰が使用品度が高いのかを考えてその人に合った高さを選んだり、何人で使用することが多いかを考えて面積を考えましょう。
  • 自分に合ったコンロを選びをし、バーベキューを通してアウトドアライフを楽しんでくださいね。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
スノーピーク(snow peak) 焚火台 S [1~2人用]
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥9,460(2019/12/06 17:47:39時点 Amazon調べ-詳細)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コンロ グリル 焚火台 ドラム グリル 850UG-21
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥15,481(2019/12/06 17:47:40時点 Amazon調べ-詳細)
ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI L 81064162
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥8,899(2019/12/06 17:47:41時点 Amazon調べ-詳細)
ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,000(2019/12/06 17:47:42時点 Amazon調べ-詳細)
CAPTAIN STAG オーク バーベキューコンロ(LL)(キャスター付) M-6440
created by Rinker
ノーブランド品
¥19,100(2019/12/06 17:47:43時点 Amazon調べ-詳細)