スマートフォンやタブレットを使っていると、いつのまにかデータの通信量が契約プランのリミットを超えてしまい、パケット通信料金がかかったり、通信制限で動画再生がカクカクになったりすることがあります。

モバイル端末のユーザーにとって、パケット料金のアップや通信制限は拷問レベルの苦痛といっても過言ではありません。
それを解消できる方法のひとつが、Wi-Fi(ワイファイ)の電波を使った無線LANです。

自宅でインターネットの光回線とWi-Fiルーターを利用している方は、その電波をスマホやタブレットで受信すれば、インターネットをどれだけ利用しても、モバイルのデータ通信量に影響することはありません。
Wi-Fiが届きにくい場合は、中継機を経由することで受信エリアを拡大することができます。

「中継機?そんなものがあるの?」
という方のために、ここでは無線LANのWi-Fi電波を強める中継機について解説します。

無線LAN中継機とは?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

無線LAN中継機のおすすめ

最近はパソコンやスマホはもちろん、テレビやゲーム機、デジカメなどインターネットを利用するIoT機器が増えています。
そのIoTを一般家庭で実現するのが無線LANですが、Wi-Fi という無線LANの電波は家具や壁などの障害物に弱く、発信源の親機(ルーター)から離れると急激に弱くなるという欠点があります。
電波が弱いと通信速度が低下して、インターネットを快適に利用できなくなります。

そこで通信を安定させるために、親機と受信端末の中間地点で電波を増幅して橋渡しするのが、無線LANの中継機なのです。
家庭用のWi-Fi中継機は比較的安価で、設置や設定も簡単です。自宅のWi-Fiの受信状態を改善したい方には、いちおしの便利なアイテムです。

無線LAN中継機のメリット

もしも無線ルーターだけで安定した高速通信が可能なら、中継機は無くてもだいじょうぶですが、屋敷が広く部屋数が多い田舎の旧家や、多層階の住宅では、家具や壁などが障害物となり、無線LANルーターの電波が届きにくいエリアが生じます。

そのような住まいでは、ルーターを交換したり場所を変えたりしても、完全には改善できません。

そこで、親機の電波が快適に届くエリア内に中継機を設置して、親機の電波を増幅し橋渡しすることで受信エリアを拡大すれば、家中でインターネットを快適に利用できるようになります。それが無線LAN中継機のメリットです。

親機について

無線LAN中継機の役目は、親機のルーターのWi-Fi電波を受信して増幅し、より遠くまで届けることにあります。
したがって受信エリアの拡大は可能ですが、通信速度を親機より速くすることはできません。
逆にいえば親機がいくら高性能でも、中継機の性能が悪いと高い通信速度を望むことはできません。
中継機を経由する場合、最終的な通信速度は中継機の性能で決まります。
したがって親機と中継機の性能が違いすぎると、その差が無駄になってしまいます。
中継機は親機と同レベルか、それ以上の性能を備えたモデルを選びましょう。

無線LAN中継機の選び方

中継機を選ぶ場合、いくつか重要なポイントあります。ここではLANポートの有無と、電源供給のタイプについて解説します。

有線LANポートの有無

無線LAN中継機は、基本的に受信エリアを拡大するアイテムですが、機種によっては有線用のLANポートを備えたモデルもあります。

LANポートがあれば、無線LAN(Wi-Fi)に非対応の古いパソコンでも、有線でインターネットに接続できるメリットがあります。
Wi-Fi非対応のパソコンも併用したい方は、LANポート付きの中継機を選びましょう。

電源

無線LAN中継機は、電源ケーブルをコンセントに差し込んで給電する据え置きタイプと、内蔵の電源プラグをコンセントに直挿しするコンパクトタイプがあります。

直挿しタイプは、中継機の設置場所にコンセントがある場合は理想的ですが、そうでなければ延長ケーブルが必要になります。
またコンセントの形状によっては、隣のコンセントに干渉してふさいでしまう可能性もあります。
中継機を購入する際は、性能だけでなくサイズや形状も確認しましょう。

メーカーで選ぶ

NEC

日本を代表する電機メーカーのNECは、「Aterm」の商品名で、Wi-Fiルータやモバイルルータをはじめ、各種製品をラインナップしています。
価格は全体としてやや高めになりますが、性能の良さと信頼性の高さでは他の追従を許しません。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

「I-O DATA」のブランドで知られる株式会社アイ・オー・データ機器は、コンピュータの周辺機器を製造販売する電機メーカーです。
無線LAN製品もラインナップが豊富で、中継機にも定評があります。

バッファロー(BUFFALO)

パソコンマニアにはおなじみの「BUFFALO」ブランドを展開する株式会社バッファローも定評ある電機メーカーのひとつです。
無線LAN中継機にも力を入れており、据え置き型の高性能モデルとコンセント直挿しのコンパクトモデルをラインナップしています。

エレコム

株式会社エレコムは、「ELECOM」のブランド名でコンピュータの周辺機器を製造販売している日本のIT機器メーカーです。
無線LANの関連機器は「ELECOM」の主力商品のひとつで、中継機もタイプや性能別にラインナップしています。

無線LAN中継機のおすすめ

NEC Aterm W1200EX/W1200EX-MS

NECのAterm W1200EX/W1200EX-MSは、次世代高速Wi-Fi規格11ac/n/a(5GHz)と11n/g/b(2.4GHz)に対応したコンセント直挿しタイプのコンパクトなWi-Fi中継機です。
W1200EX-MSは夜間に足下を照らす人感センサーつき照明ランプを搭載。それ以外はW1200EXと同等です。

NECパーソナルコンピュータ Aterm W1200EX PA-W1200EX
created by Rinker
NECパーソナルコンピュータ
¥5,452(2019/09/22 07:59:53時点 Amazon調べ-詳細)

NECパーソナルコンピュータ Aterm W1200EX-MS PA-W1200EX-MS
created by Rinker
NECパーソナルコンピュータ
¥7,236(2019/09/22 07:59:54時点 Amazon調べ-詳細)

I-O DATA WN-AC1167EXP

WN-AC1167EXPはコンセント直挿しタイプのコンパクトな中継機です。
次世代高速Wi-Fi規格11ac(2×2)に対応し、867Mbpsという高速通信を実現しています。接続設定もボタンを押すだけで完了します。

I-O DATA WN-G300EXP

WN-G300EXPは300Mbpsの高速通信に対応したコンセント直挿しタイプのWi-F-中継機です。
対横42×42mmのコンパクト設計なので、隣のコンセントをふさぎません。
最適な設置場所をランプの色でお知らせするほか、接続設定もボタンを押すだけの簡単操作で完了します。

BUFFALO WEX-1166DHP

WEX-1166DHPはWi-Fi高速規格「11ac」&「2×2」に対応し最大866Mbpsのデータ転送速度を実現する高性能中継機です。コンセント直挿しタイプとしては大型ですが、可動式アンテナを2本装備し、全方位に高速で安定した電波を供給します。さらにLANポートを装備。パソコンにも接続できます。

BUFFALO WEX-733DHP

WEX-733DHP は11ac&「2×2」に対応し、最大433Mbpsのデータ転送速度を誇るコンパクトなコンセント直挿し型の中継機です。

エレコム WTC-1167USA-W

WTC-1167USA-WはUSB給電式の超小型WiFi無線LAN中継機です。
電源に挿入するだけで最適な設置場所をランプで知らせる簡単機能を備え、小型ながら11ac(2×2)対応で最大867Mbpsの転送速度を実現しています。

無線LAN中継機まとめ

  • 無線LANの電波が弱い場合は、中継機で受信エリアを拡大することができます。
  • 無線LAN中継機には、コンパクトなコンセント直挿しタイプと、高性能の据え置きタイプがあります。
  • Wi-Fi非対応のパソコンを使う場合は、LANポート付きの中継機が便利です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
NECパーソナルコンピュータ Aterm W1200EX PA-W1200EX
created by Rinker
NECパーソナルコンピュータ
¥5,452(2019/09/22 07:59:53時点 Amazon調べ-詳細)
NECパーソナルコンピュータ Aterm W1200EX-MS PA-W1200EX-MS
created by Rinker
NECパーソナルコンピュータ
¥7,236(2019/09/22 07:59:54時点 Amazon調べ-詳細)