この記事では、維持・修繕について、外壁補修について解説します。

マイホームを購入した場合、年数がたつにつれて外壁がボロボロになってきたり、屋根が剥がれてきたりします。

外壁は、雨や風に晒され、地震などの影響でダメージが蓄積されやすい部分であるため、数年に一回は修繕をしなければいけません。

この記事を読むことで、自分の家の状態にあった外壁補修の依頼を検討をすることが出来ます。

外壁補修が必要なケース

外壁補修の期間は10年前後と言われています。

以下では、10年のうちに起こりうる、外壁補修が必要になる現象を解説します。

ひび割れ

ひび割れは、コンクリートを利用した外壁の場合発生するケースが多い現象です。

コンクリートに含まれているモルタルの水分量が原因で、ひび割れが起こる場合が多いです。

ひび割れは軽度なものから、深刻なモノまでありますが、軽度な状態から一気に割れがひどくなるケースもあるため、見つけたらすぐに修繕するのがオススメです。

チョーキング現象

外壁を触ると指が白くなる場合、外壁の塗料が分解されることで起きるチョーキング現象が原因です。

チョーキング現象が直接何かに影響することはありません。

しかし、チョーキング現象が起きているということは、外壁の耐久性が悪くなっていたり、防水性に影響が起きだしている兆候でもあるため、すぐに補修を必要があります。

チョーキング現象が起きた外壁を放置していると、ひび割れが起きたり、外壁が崩れたりする可能性があります。できるだけ早めの対策が必要です。

剥がれ

剥がれは非常にシンプルであり、外壁に塗布している塗膜が剥がれてくる現象のことを指します。

原因としては経年劣化が多いですが、雨水に晒され続けたり、高温がつづく環境化にあると、塗膜にクラックが入り剥がれるケースが多いです。

塗膜が剥がれてしまうと、外観的にも非常に汚くなり、外壁に直接雨水などが当たるため、ひび割れなどの原因になります。

塗膜が剥がれてきたら、塗り替えを行うのがオススメです。

関連記事
外壁リフォームの種類と予算 選び方のポイント DIYで行う方法
外壁タイルは塗装が必要?メンテナンスは?正しい取り扱いをご紹介!
外壁を塗り替える必要性とは 手遅れにならないために注意すべきポイント!
外壁塗装の相場はいくら?予算別にできることをご紹介!
外壁塗装の必要性と塗り替え目安時期

外壁補修の費用

面積単位の相場は、1㎡あたり2000円前後であるため、部分的なひび割れの処理であれば、数万円で済むケースもあります。

全体的な補修は、外壁全体のコンクリの塗装、サンディング加工など家全体の外壁補修を行う場合、足場の設置抜きで100万円は最低でもかかります。

これに追加で足場の設置、耐候性の高い塗料を塗布する補修を行えば、200万円近くまでかかる可能性もあります。

外壁補修の方法

以下では、細かい部分補修や全体補修について解説します。

外壁のダメージにどういった補修方法が最適なのか知ることが出来ます。

部分補修は小さなダメージに使う方法

ひび割れやチョーキングなどが発生した場合、外壁全体を補修しなくても部分補修で対処ができるため、部分補修でカバーできるケースが少なくありません。

ひび割れの場合、エポキシ樹脂などをひび割れの部分に流し込み接着加工を行うという補修方法になります。

チョーキング現象が起こった部分には、同系色の塗料を塗って補修工事を行うなどで対応します。

外壁のダメージも軽度なケースがほとんどであるため、補修の時間も数時間で終わるケースや、費用もリーズナブルな事が多いです。

全体補修は複数箇所のひび割れに必要

全体補修が必要なケースでは、ひび割れが外壁の複数個所に起こっています。

部分補修でもカバーできないような場合であったり、塗装が全体的にボロボロになってしまい、足場を組んで補修をしなくてはならないケースなどが該当します。

補修の方法としては、外壁塗装を全て綺麗にしてモルタルの上塗りをする方法や、外壁全体にサンディングと呼ばれるパネル状の外壁材を張り合わせて仕上げるなどといった方法があります。

現代の家ではサンディング加工が利用されるケースが多く、安く耐水性や、耐天候性を持っていたりとメリットが多いです。

外壁補修を自分で行う際の注意点

以下では、DIYなど自分で外壁を補修できるのかどうかを解説します。

業者に頼むと高額になってしまい、もったいないと考えて自分で補修されるケースも少なくありませんが、デメリットも大きいため注意が必要です。

費用は抑えられるが高所作業が危険

外壁の自己補修ですが、価格が抑えられる半面、高い場所での作業が必要になった際危険が伴います。

作業自体が出来ないケースもありますが、屋根に上って作業を行ったり、窓の冊子から作業をしたりと、一歩間違えれば事故に繋がるケースもあります。

安全管理をしっかりとして、危険だと判断する場合は業者に頼む必要があります。

補修が甘いと家の内部にまで影響が及ぶ

事故補修の場合、知識が不足して本来簡単に補修ができるケースでも、かえって状況が悪化してしまい結果値段が高くつくケースがあります。

外壁にどういった成分の利用がされていて、補修にはどういったモノを利用するのかという知識をしっかりとつけておかないと、間違ったモノを利用して外壁が悪くなってしまうケースがあるため注意が必要です。

外壁補修業者の選び方

創業年数が長く信頼できる優良業者がよい

外壁補修業者を選ぶ際は、創業年数が長く信頼できる業者がオススメです。

長く会社を経営しているところは、お客様からの評判も高く、技術をもっている業者が少なくありません。

小さい会社でも地域に根付いたしっかりしたサポート体制がある業者も多いため、口コミなどを参考にして選定するのも良いでしょう。

部分補修と全体補修ときちんと判断してくれる業者がよい

部分補修と全体補修の区分がしっかりしており、外壁のダメージをみて総合的に判断ができる会社がオススメです。

業者によっては、部分補修でよいケースでも全体補修にもっていってお金を稼ごうとする会社もあります。

可能であれば、何社か相見積もりを取ってみて、業者からどういった回答をもらえるかで判断するのがおすすめです。

会社に住宅診断士の方がいるところも、正確な鑑定をしてもらえるケースが多いためオススメです。

外壁補修についてのまとめ

  • 外壁補修が必要なケースには、ひび割れやチョーキング現象などがあります。
  • 費用について、部分補修と全体補修で価格が大きく違います。
  • ダメージの程度で部分補修と全体補修に分かれます。
  • 自分で補修をする場合、かえって外壁にダメージを与える可能性があるので注意が必要です。
  • 業者の選び方のポイントは、社歴や診断士が所属しているかで判断するとよいでしょう。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ