この記事では、外壁リフォームの種類や予算、選び方について解説します。

また、外壁リフォームの種類ごとの耐久年数やDIYでのリフォームについても解説するため、外壁リフォーム依頼の際の検討ができます。

目次

外壁リフォームの種類と予算

外壁のリフォームには、大きく分けて補修、塗装、新調の3種類があり、リフォーム工事の種類によって予算が変わります。

補修は約80万円未満で、塗装の相場は約80万円~150万円、新調の場合の相場は約150万円~300万円が一般的な相場です。

新調の場合に金額に大きく幅がある理由は、新調の場合には対応日数や材料も大きく違うためです。

どのリフォームの方法も、工事の内容や規模によって費用が大きく異なるため、外壁リフォームを検討する際は工事内容などを良く確認した上で対応するとよいでしょう。

関連記事
外壁リフォームの種類と予算 選び方のポイント DIYで行う方法
外壁タイルは塗装が必要?メンテナンスは?正しい取り扱いをご紹介!
外壁を塗り替える必要性とは 手遅れにならないために注意すべきポイント!
外壁塗装の相場はいくら?予算別にできることをご紹介!
外壁塗装の必要性と塗り替え目安時期
外壁補修が必要なケースと注意点 業者の選び方のポイントを解説
水漏れは危険サイン!ひび割れの原因と問題点 修繕を頼む時の注意点

外壁の劣化具合で外壁リフォームの種類を選ぶ

外壁のリフォームの際は、劣化具合でリフォームの種類を選ぶ事が大切です。

外壁のひび割れなどの損傷程度や規模によっては、小さな工事で費用も低く、対応出来る場合もあります。

激しく外壁が損傷している場合は、こまめに工事をするよりも新調してしまった方が費用を抑えられる事もあります。

リフォームに着手する前に、まずは自身の目で劣化具合を確認してみるとよいでしょう。

小さなひび割れ・剥離などには補修がおすすめ

外壁の小さなひび割れや、剥離が見られる程度であれば、外壁リフォームは補修で対応するのがおすすめです。

外壁は、長いあいだ日光や風雨にさらされることもあります。

素材が劣化して、シーリング材の部分などを中心に隙間やひび割れ、目地割れが出来たり、外壁からチョークの粉のようなものが出てくるチョーキングなどが発生する場合もあります。

外壁の損傷が小さな規模であれば、すべて取り替える必要はありませんが、補修をして素材の寿命を伸ばしておくのがおすすめです。

ひどい汚れや退色には塗装がおすすめ

外壁の極度のひび割れやチョーキング、退色や汚れなどが目立つ場合は、外壁リフォームは塗装で対応するのがおすすめです。

外壁のひび割れなどを補修しながら上から塗装でコーティングすることで、防水機能を強化したり、日光や風雨から建物を保護する機能を強化することが出来ます。

塗装をすることで外壁を自分好みの色合いに変更することも出来るため、建物の汚れをカバーしつつ美観を保つことも出来ます。

どんな状態でもリフォーム可能

外壁のひび割れや汚れなどが激しい場合、外壁リフォームは新調で対応するのがおすすめです。

新調は外壁がどんな状態でもリフォーム可能な方法です。

外壁の新調にはさらに2つの方法があり、既存の外壁をはずし新しく貼る「張り替え」と、既存の外壁の上から新しいものを張る「重ね張り」があります。

どちらも費用は大きくかかりますが、外壁にこまめな補修や塗装が必要な状態の場合には、一度で外壁の寿命を伸ばすことができ、長い目で見ればトータルコストが低くできる場合もある方法です。

確認は外装劣化診断士に頼むこともできる

外壁のリフォームを検討する際に、目に見えるひび割れや汚れなどは自己判断すること出来ます。

しかし、劣化の範囲が広かったり、目に見えない劣化のリスクがあったりなど、自分で判断することが難しい場合には、専門の「外壁劣化診断士」に判断を依頼することも検討するとよいでしょう。

外壁劣化診断士は、外壁の状況を的確に判断出来る専門家であるため、自己判断の難しい目に見えない劣化なども細かくチェックして、どのようなリフォーム方法が適切かを丁寧にアドバイスしてくれるためおすすめです。

耐久年数で外壁リフォームの種類を選ぶ

外壁リフォームの種類を選ぶ際には、今後どのくらい外壁を長持ちさせたいかといった希望の耐久年度で選ぶ方法があります。

将来的に家の建て替えや引っ越す予定があり、家の建て替えや手放すまでの間低価格でメンテナンスしておきたいといった場合もあれば、今後20年、30年済み続ける予定で長持ちするリフォームをしたいといった場合もあります。

このようにリフォームを検討する場合には、さまざまな事情もあるため、今後どの程度外壁を長持ちさせる必要があるかはリフォームの種類を選ぶ上でも大切な検討事項です。

補修は5年未満

補修は、外壁のリフォームを行う際に発生している軽度のひび割れや、目地割れを補修する対応方法です。

リフォーム後の耐久年数は5年未満です。

ある程度は今後発生し得るひび割れなどを予防できますが、基本的にはすでに発生している欠損に対して補修をするため、リフォーム後に新たなひび割れなどの欠損が出てしまうケースも考えられます。

小さな補修を繰り返すことは費用がかさんでしまう結果になるため注意が必要です。

塗装は15年程度まで

塗装のリフォーム後の耐久年数は15年程度です。

塗装をする際の塗料によっても若干耐久年度は変わりますが、塗料が日光や風雨に対して保護機能を持続出来る年数は平均的に15年程度と言われています。

外壁に使われている建材の根本的な耐久年数を上げる対応ではないため、大きなひび割れに対しては、塗装以外の選択肢も検討に入れる必要があるため注意が必要です。

長期のためのリフォームは新調がおすすめ

外壁を長期で保たせることが出来るリフォームの種類は「新調」です。約30年以上外壁を長持ちさせることが出来るといわれています。

外壁を全く新しいものに変更することになるため、リフォーム時のコストはそれなりに必要になりますが、外壁のひび割れなどの欠損や防水機能、汚れなども家を建てたときの状態に戻すことが出来ます。

今後長く住む予定があり、外壁に不具合が多発している場合にはおすすめの方法です。

DIYでリフォームも可能

外壁のリフォームは、DIYとして自分自身で行うことも可能です。

費用を安く抑えたい場合や、自分自身で楽しみながら思い通りの外壁に仕上げたい場合には、DIYでリフォームがおすすめです。

しかし、DIYで外壁のリフォームを行うには材料の選び方ややり方など専門的な知識が必要になるため注意が必要です。以下では外壁リフォームのDIYについて解説します。

予算を安く抑えたい場合によい

外壁のリフォームをDIYで行うと予算を低く抑えることが出来ます。

専門業者にお願いした場合には、材料費に加え作業料金が必要なため、100万円を超える予算が必要な場合があります。

しかし、DIYで自分自身が作業をする場合には、材料費として30~50万円程度の予算で実現することも可能です。

経験と知識が必要な点に注意

DIYで外壁のリフォームをする場合には、ある程度の経験と知識が必要です。

外壁リフォームで不可欠になる塗料は、原材料によって耐久性に差が出ます。

手頃な塗料も存在しますが、価格だけで塗料を選んでしまうと耐久性が足りず、すぐにリフォームし直すことになってしまいます。

ひび割れなどを補修するためのシーリング材にも塗料と同じようにいくつか種類があるため、塗料もシーリング材も原材料を良く調べて選択するとよいでしょう。

塗料もシーリング材も上手に扱うためには、それなりの経験も必要になります。最初の内は試し塗りをするなどしてからリフォームに臨むのがおすすめです。

スケジュールの管理が大切

DIYでの外壁リフォームでは、スケジュールの管理が大切です。

リフォームには足場を組むところから、塗装をして仕上げるまでにいくつもの工程があります。

細かな工程では外壁の洗浄や、塗装前の養生などの下準備も必要です。

DIYで外壁リフォームが完了するのは約3ヶ月が目安ですが、平日には仕事があったり、他の用事があったりするでしょう。

加えて天候などの要因で必要とする時間が延びる可能性もあります。

なかなか作業が終わらないといったことがないように、必要な工程を洗い出して、それぞれの作業時間を無理のないように計画し、スケジュールを管理するのがおすすめです。

外壁リフォームについてのまとめ

  • 外壁リフォームには「補修」「塗装」「新調」の3種類があります。
  • 小さなひび割れや剥離であれば「補修」がおすすめです。
  • 外壁の汚れや退色がひどい場合には「塗装」がおすすめです。
  • 「新調」は外壁がどのような状態でも可能です。
  • リフォームの種類を自分で判断出来ない場合は「外壁劣化診断士」に相談することがおすすめです。
  • リフォームの種類によって耐久年数は変わります。
  • 外壁リフォームはDIYで対応することも可能です。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ