コンパクトで軽量なことから、気軽に始められる楽器として人気なのが「電子ピアノ」です。ヘッドホンを接続できるため、音が気になる集合住宅や夜間でも思う存分演奏を楽しめます。

この記事では、電子ピアノの特徴や選び方、各メーカーの特徴まで詳しく解説いたします。

おすすめの製品7選もご紹介しているため、電子ピアノ選びの参考にすることが出来ます

電子ピアノの特徴

ピアノと比較して軽いため移動がしやすい

電子ピアノは、グランドピアノや、アップライトピアノよりもコンパクトで軽量なため、移動がしやすいのが特徴です。

また、一般的にキーボードと呼ばれる小型のモデルであれば、机の上でも簡単に設置できます。

家庭の事情で大型のピアノを設置できない場合でも設置が可能です。価格もピアノと比べると比較的安いものが多いため、購入もしやすいでしょう。

ヘッドホンを接続できるものが多い

電子ピアノは、デジタル化された音源をスピーカーから再生しているので、ヘッドホンを接続できます。

ヘッドホンを使用すれば、夜間や早朝など、場所や時間帯を気にせずに思う存分ピアノを弾けます。集合住宅で周りに迷惑をかけることもありません。

また、スピーカーを使用する場合でも、音量を調整することが可能なため、小さな音で演奏もできます。

電子ピアノにおすすめ!快適に練習や演奏用のヘッドホン!
ヘッドホンの種類と選び方のポイント 有線・無線のおすすめ品
モニターヘッドホンって何?魅力と選ぶ際のポイント おすすめ品7選

様々な音に切り替えて弾くことができる

電子ピアノは、デジタル化された音源を再生しているため、機種によってはピアノ以外の音も出せます。オルガンやドラム、トランペットなど様々な音に切り替えて演奏を楽しめます。

ただし、あくまでピアノの音がメインなため、その他の音に関してはおまけです。本格的なドラムやトランペットの代わりにはならないため注意しましょう。

エレキギターの種類とそれぞれの特徴 選び方とおすすめ製品7選
自宅での練習にも最適!本格的な音が楽しめるセミアコの選び方やおすすめ商品を解説!

電子ピアノの選び方

初心者用かなど目的で選ぶ

電子ピアノを購入する目的を決めておくと、スムーズに選べます。

これからピアノを始める人や趣味で弾いてみたい人であれば、価格の安いコスパに優れたものがおすすめです。

また、機種によっては、鍵盤が光って演奏をナビゲートしてくれる機能もあります。

グランドピアノの代わりに使用する場合は、鍵盤の重さや鍵盤の種類、音色などがグランドピアノを基準に設計されている機種を選ぶとよいでしょう。

鍵盤の種類や重さなどで選ぶ

電子ピアノは各メーカーがグランドピアノを基準に、タッチ感の再現を目指しています。

重さはもちろん、木製の鍵盤を使った機種もあり、タッチ感はグランドピアノと遜色ないほどレベルは高いです。

上位モデルには、「ハイブリッドピアノ」と呼ばれる、グランドピアノと同様にハンマーを搭載した機種もあります。

タッチ感の再現度は最も高いと言われており、本格的にプロを目指している人におすすめです。

音色で選ぶ

電子ピアノの音色は、コンサートで使用される最高レベルのグランドピアノから音をサンプリングしています。サンプリングに使用するグランドピアノは、メーカーごとに異なります。

下位モデルよりも上位モデルのほうが、細かく音を段階的にサンプリングしており、より本物のピアノに近いです。

タッチの強弱による音の繊細な変化を出せるのは、上位モデルのほうが得意でしょう。

また、音の再生方法は「サンプリング音源」と「モデリング音源」の2つがあります。

サンプリング音源は、録音した音をそのまま再生する方式です。この方法では、複数の鍵盤を同時に鳴らしても、1つ1つの音が同時に再生されるだけなので、複雑な音は再現できません。

一方で、モデリング音源は、同時に鍵盤を鳴らすと複雑な音のうねりを再現できます。より本物に近い音で演奏ができます。

モデリング音源は、上位モデルでしか採用されておらず、価格も一気に跳ね上がるため、一般的にはサンプリング音源で十分でしょう。

同時発音数の数で選ぶ

電子ピアノは、同時に発音できる数が決まっており、現在のモデルは最低でも64音の発音数があります。

ペダルを使い、音を重ねるような演奏方法を高難易度の楽曲で演奏すると、発音数が足りなくなることがあります。

64〜128音あれば初心者から中級者なら、問題ありません。難易度の高い楽曲を演奏する場合や1つのピアノを2人で弾く連弾の場合は、128〜256音のモデルを選ぶといいでしょう。

録音や自動再生などの機能性で選ぶ

電子ピアノには、自分の演奏を録音・再生する機能や楽曲を自動再生してくれる機能などがあります。このような機能があると、ピアノ上達をサポートしてくれるので、初心者におすすめです。

また、最新の機種には、スマホとBluetoothで連動し、電子ピアノのスピーカーから音楽を再生できる機能もあります。

好きな音楽に合わせて演奏を楽しめる機能で、人気を集めています。

bluetoothってなに?Wi-Fiとの違い 接続方法の仕方とは

電子ピアノの主なメーカー

ヤマハ

ヤマハは、ピアノを始め、様々な楽器の製造販売をしている日本のメーカーです。

電子ピアノは、音質や鍵盤のタッチ感などのバランスが良く、どんな楽曲にも合います。初心者から上級者まで選びやすい豊富なラインナップも特徴です。

おすすめの製品は、繊細なタッチ感の再現と豊かな音域が特徴のクラビノーバシリーズです。

中でも、木製を採用した弾きごたえのある鍵盤と重厚なサウンドを再現した「CLP-645」が人気となっています。

カシオ

時計や電卓、電子辞書などの電子機器で有名なカシオですが、電子楽器も製造販売しています。価格が安くコスパに優れたモデルが多く、10万円以下でも機能の充実した製品を購入できるのが特徴です。

おすすめの製品は、コンパクトなモデルのPriviaシリーズです。

特にコスパに優れている「PX-160」は、小さいながらも複数のセンサーを搭載し、自然な発音を再現しています。

ハンマーを内蔵しているため、グランドピアノに近い弾きごたえがあります。

ローランド

ローランドは、電子楽器を扱う日本のメーカーです。世界で初めてタッチによる強弱が付けられる電子ピアノを発売したメーカーとしても知られています。

タッチ感の再現や無段階の音色変化など、常に最新技術を取り入れています。多くの有名ミュージシャンが好んで使用していることでも有名です。

中でも人気の製品が本格的ながら価格を抑えた「RP501R」です。コンパクトですが、本格的な音質と鍵盤で演奏が楽しめます。初心者の練習をサポートするメトロノームや録音機能も搭載しています。

コルグ

コルグは、電子ピアノやシンセサイザーを手がける日本の電子楽器メーカーです。

特にシンセサイザーは世界的にも高く評価されています。シンセサイザーの技術力を活かし、共通点の多い電子ピアノも製造しています。

中でもコスパに優れた「B1」は、音質と鍵盤のタッチ感、価格のバランスが取れた製品です。スタイリッシュで、どんな部屋にも合うデザインになっています。これからピアノを始めたい人におすすめです。

KORG 電子ピアノ B1 BK 88鍵 ブラック
created by Rinker
KORG(コルグ)
¥33,029(2019/08/21 20:37:26時点 Amazon調べ-詳細)

カワイ

カワイは、ピアノ販売で世界2位のシェアを占める日本の楽器メーカーです。国際的なコンクールでも使用されるなど、その品質は世界的な評価を得ています。

下位モデルから木製鍵盤を使用し、鍵盤のタッチ感にこだわっています。音質は重厚で深みがあるのが特徴です。

人気の製品は、ピアノの基本を詰め込んだエントリーモデルの「CN27」です。

音色は最高峰のグランドピアノから音をサンプリングしています。豊富な練習曲を内蔵し、レッスン機能が充実しているので、初心者におすすめです。

電子ピアノのおすすめ7選

ヤマハ YAMAHA Pシリーズ 電子ピアノ ブラック P-45B

手頃な価格ながら、グランドピアノのリアルな音質を再現した電子ピアノです。

リアルな鍵盤の重さを表現するグレードハンマースタンダード鍵盤を搭載しているため、タッチ感にこだわりたい人にもおすすめです。

ヤマハ YAMAHA Pシリーズ 電子ピアノ ブラック P-45B
created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥34,000(2019/08/21 20:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

ヤマハ 電子ピアノ YAMAHA ARIUS YDP-163R

バランスの取れた豊かな音質で、どんな楽曲の演奏にも最適な電子ピアノです。

音が鳴ってから消えるまでの余韻の表現もされているため、表現豊かな演奏ができます。鍵盤はグランドピアノを忠実に再現した「グレードハンマー3鍵盤」を搭載しています。

カシオ CELVIANO AP-700BK

音色の異なる3つのピアノからサンプリングし、魅力的な音源を作り出している電子ピアノです。

カシオの技術力を注いだ「マルチ・ディメンショナル・モーフィングAir音源」で複雑な音の響きまで再現できます。

カシオ 電子ピアノ CASIO CELVIANO Grand Hybrid GP-500BP

カシオとドイツの歴史あるピアノメーカー「ベヒシュタイン」のコラボレーションで生まれた電子ピアノです。

きめ細やかな音源のサンプリングに加え、本格的な鍵盤を再現しており、鍵盤にはグランドピアノと同じ木の素材を使用しています。タッチ感を重視した人におすすめです。

ローランド 電子ピアノ Roland Piano Digital FP-30

バランスのいい表現力が特徴の「スーパーナチュラル・ピアノ音源」を搭載したコンパクトモデルの電子ピアノです。

コンパクトながらタッチ感の再現力も高く、持ち運ぶ機会の多い人におすすめです。

KORG電子ピアノ C1 Air

ピアノの音源を再現するのはもちろん、音の余韻や残響の表現も可能です。オルガンやギターなど30種類のサウンドを収録しており、どのサウンドも本格的な音質を収録しています。

スタイリッシュなデザインで、どんな部屋にでも合います。また、奥行きは約26cmとコンパクトであるため、スペースは取りません。

KORG電子ピアノ C1 Air ブラック ヘッドホン付属
created by Rinker
KORG(コルグ)
¥67,560(2019/08/21 20:37:28時点 Amazon調べ-詳細)

カワイ 電子ピアノ KAWAI Concert Artist SERIES CA58

カワイが誇る世界最高峰のグランドピアノ「SK-EX」の音源をサンプリングした電子ピアノです。

スピーカーもこだわっており、グランドピアノと同様に上方向と下方向の2方向に音が放たれる「上面放射スピーカー」を搭載しています。

電子ピアノについてのまとめ

  • 電子ピアノはコンパクトで軽量なので、持ち運びする機会が多い人に最適です。
  • ヘッドホンを接続できるので、集合住宅や夜間の練習に向いています。
  • 電子ピアノは練習用にするか、生ピアノの代わりにするかで選ぶモデルが変わります。
  • 音源や鍵盤の質感は各メーカーで異なるため、それぞれ比較してから購入するのがおすすめです。