この記事ではメンズセーターの選び方のポイントを解説し、人気のメンズセーターブランドを紹介いたします。

冬の季節には欠かせないファッションアイテムの一つともいえるのが「セーター」です。

セーターは素材やネックの形状、デザインなど多くの種類があるため、選ぶ際には迷ってしまうでしょう。

この記事を読むことで、セーターの選び方のポイントや人気のブランド、現在人気のメンズセーターがわかり、自分にぴったりのメンズセーターを選ぶことができるようになるでしょう。

セーターの選び方

素材で選ぶ

セーターは素材によって、保温性や着こなした時の見え方、着た時の肌の感触などに違いがあるため自身のイメージする素材を選ぶようにしましょう。

セーターには大きく分けて、自然素材のセーターと化学繊維のセーターがあります。

主な自然素材は「ウール」「コットン」「カシミヤ」が使われており、化学繊維は「アクリル」「ポリエステル」「ナイロン」です。

下記では、それぞれの素材の特徴を具体的に解説いたします。

ウール

セーターの中では王道ともいえるウールは、非常に保温性に優れていて、手洗いでの洗濯が可能となります。

セーターにぴったりな天然素材なため、多くのラインナップがあるというのが特徴でしょう。

コットン

コットンを素材として使用したセーターの特徴は、肌触りがよいことです。

敏感肌の方にとっては、セーターを着た時のチクチクする感覚が苦手という方も多いですが、コットンは着た時の肌触りもよくチクチクしません。

コットンは素材の特性上、保温性は落ちますが、洗濯機や手洗いで洗濯が可能で扱いやすいという特徴があります。

カシミヤ

セーターの最高級素材となるのが、カシミヤです。

保温性の高さや肌触りの感触、見た目の高級感が非常によいという特徴があります。

値段が高いことや保管などの扱い方、家庭での洗濯が難しいという部分もありますが、それらを差し引いても一度は手にしたいセーターの素材といえるでしょう。

化学繊維

化学繊維を使ったセーターは、値段が安くて丈夫であり、デザイン性を高めるために加工がしやすいなど染料が綺麗に染まるという特徴があります。

また、天然素材のセーターの素材に化学繊維を混合することにより、丈夫にしたりデザイン性を高めることが可能です。

それぞれ保温性や肌触りは、アクリルがウールの特徴に近く、ポリエステルはコットンに近い特徴になります。

ナイロンは主にナイロン素材単体でセーターに使われることはありませんが、ウールやカシミヤと混合することにより、耐久性を上げることに使用される素材です。

編み方で選ぶ

セーターは編み方により網目が変わり、見た目の雰囲気に違いがあります。

また、編みこみ方によりデザイン性を持たせることができます。

網目の細かさは順に「ローゲージ」「ミドルゲージ」「ハイゲージ」となっていて、一番細かい網目がハイゲージです。

見た目はローゲージがふわっとした見た目の雰囲気になり、どちらかというとカジュアルなセーターに用いられる編み方になります。

ハイゲージは見た目がスッキリとした綺麗めの印象になり、ミドルゲージはローゲージとハイゲージの中間といった印象です。

セーターは編みこみ方に種類があり、デザイン性を持たせています。

鎖状に縄のようなデザイン性がある「ケーブル編み」はセーターに厚みがでるため、単体でファッションが決まる編み方です。

ストライプのようなデザインになり、横側に伸縮性がある「リブ」は、セーターが単色でも縦ラインが強調されるため、細く見えやすくなります。

格子柄のように凹凸がある編みこみ方の「ワッフル」は、カジュアルなファッションでも上品な清潔感を演出できる編みこみ方です。

厚みがありボリューム感を出した「ブークレー」は、柔らかい印象でどちらかというとカジュアルファッション向きの編みこみ方になります。

網目や編みこみ方のデザインでそれぞれ特徴があるため、自身のファッションをイメージして選ぶとよいでしょう。

ネックの形状で選ぶ

セーターのネックの形状は体型や首の太さ・長さ、顔の形で見た目の印象が変わるため、自身にあったネックの形状を選ぶことが大切です。

V字型の形状の「Vネック」は、小顔に見える効果があり、体全体をシャープに見せることができます。

丸顔の方や筋肉質で首が短く見える方は、Vネックが似合うでしょう。

首元が丸い形状の「クルーネック」は、痩せている方や首が長い方が着るとよく似合います。

顔の印象を優しく見せる効果が期待できるため、キツめの印象を柔らかく見せたい時におすすめのネックの形状です。

首元で襟を折り返し、首を隠すような形状の「タートルネック」は、細身のスタイルの方がよく似合います。

首がある程度隠れるためセーターを着る季節には、防寒性も優れているというメリットもあります。

タートルネックのように折り返さずに、ある程度首元を隠すネックの形状が「モックネック」「ハイネック」です。

この2つは顔が面長タイプの方や、肩幅が広い方が着ると全体のシルエットがスッキリ見えます。

それぞれ特徴があるため、自分の体型や雰囲気、トータルコーディネートを意識したネックの形状を選びましょう。

色で選ぶ

セーターの色を選ぶ時には、ファッション全体のコーディネートとして選ぶか、セーターを中心としたコーディネートとして選ぶかで変わります。

色は好みやトレンドがありますが、ファッション全体で考えると組み合わせのバランスが重要です。

セーターを強調したセーターを中心としたコーディネートの場合は、好みやトレンドで色を選んでも、アウターやパンツなどをそれに合わせることができれば問題ありません。

逆にパンツやアウターなど、他のアイテムとの組み合わせや着まわしも考慮する場合は、他のアイテムとの色のバランスに注意する必要があります。

ファッションにとっては、色は見え方の印象が変わる重要な要素の一つです。

選ぶ前にはそのあたりを十分に考慮すると失敗しないでしょう。

メンズに人気なセーターのブランド紹介

ナノユニバース

ナノユニバースは、日本のファッションブランドで、ベーシックで男らしいスタイルのデザインが多いブランドです。

メンズセーターは、シンプルなデザインとスッキリとしたシルエットのセーターが多くなります。

どの世代の方でもお気に入りが見つかるブランドといえるでしょう。

ハーレーオブスコットランド

ハーレーオブスコットランドは、1929年誕生のニットに特化したブランドで様々なタイプのセーターが揃っているブランドです。

着心地や保温性も重視しているため、一着は揃えておきたいメンズセーターといえます。

ポール・スミス

ポール・スミスは、様々なファッションアイテムが若い世代にも人気が高いブランドです。

メンズセーターのデザイン・カラーのラインナップも多種多様にあり、カジュアルからフォーマル寄りまで好きなデザインを選べます。

バーバリー

バーバリーは、洗練された紳士的デザインが魅力のメンズセーターが揃っている人気が高いブランドになります。

どのセーターも着るだけで、シャープな印象を演出してくれるラインナップが多いです。

ディーゼル

ディーゼルは、着る人を選ばないデザインが魅力で、着る人の個性を引き出すセーターが多く揃っているブランドです。

トレンドに左右されないデザインやカラーは、長く愛用できるメンズセーターといえます。

メンズにおすすめのセーター

ナノユニバース モヘヤMIXウールバスケットクルーニット

ナノユニバース モヘヤMIXウールバスケットクルーニットは、発売してからすぐに品薄になるほど人気のメンズセーターです。

立体感のあるデザインと、どのようなコーディネートでも丁度よいシルエットが魅力のセーターになります。

URBAN RESEARCH リッチソフトウール畦編みタートルネックニット

URBAN RESEARCH リッチソフトウール畦編みタートルネックニットは、上質なウールで着心地が非常によいタートルネックのメンズセーターです。

カジュアルに着こなしても、知的な雰囲気を楽しめるデザインになります。

MONCLER MAGLIONE TRICOT GIROCOLLO メンズ セーター

MONCLER MAGLIONE TRICOT GIROCOLLO メンズ セーターは、存在感のあるデザインが魅力が人気のメンズセーターです。

着るだけで存在感を示すデザインが、見る人を虜にする魅力を感じます。

D&Gメンズセーター RK114

D&G メンズセーター RK114は、上質なカシミヤの着心地とスマートなシルエットが紳士的雰囲気を演出してくれるメンズセーターです。

縫い目のデザインにも細かい部分こだわりが感じられるアイテムとなっています。

Polo Ralph Lauren アランニット ウール セーター

Polo Ralph Lauren アランニット ウール セーターは、上質なウールの質感が人気のメンズセーターです。

リラックスしたコーディネートにまとめても、ワンランク上に見えるファッションに仕上がるのが魅力のデザインになります。

メンズ セーター ブランドについてのまとめ

  • セーターは素材によって見え方や保温性、来たときの感触等に違いがあります。
  • 編み方や編みこみ方によって網目やデザイン性が変わります。
  • ネックの形状によって似合うデザインがあるので、自身の特徴や雰囲気などを考慮して選ぶようにしましょう。
  • 色を選ぶ時には、セーターを強調したファッションで考えるか、全体のコーディネートとして考えるかで選ぶと失敗が少なくなります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧