この記事では、ジム用の運動靴について解説します。

「トレーニングシューズ」や「フィットネスシューズ」とも呼ばれていますが、通常のスニーカーよりも動きやすい作りとなっています。

見た目はファッションで履くシューズと同じようなデザインであることから、選ぶ際に迷いやすいものです。

この記事を読むことで、自分に合った運動靴選びの検討が出来ます。

スポーツジム用の運動靴の必要性

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ジム用の運動靴のメンズ向けおすすめ品

スポーツジムに通う際に履く靴は、基本的に綺麗な靴で動きやすいシューズであれば問題ありません。

しかし、通常の靴とジム用の靴で、一番大きな違いは見た目ではなく構造であることに注意が必要です。

ジム用の靴は、軽さやクッション性、足の疲れにくさなど、運動しやすさを追求したさまざまな効果が発揮されています。

ジムの運動の中でも、ランニングやウェイトトレーニングなど、多種多様な設備があり、適した靴の構造も変わってきます。

ランニング用は、走ることを重視した構造になっており、横向きの動きには強くありません。

ウェイトトレーニングは、力を入れるための安定感や安全性を重視しているため、横の動きにも強い構造のシューズが最適です。

自分の目的に合わせたシューズを選ぶことで、運動パフォーマンスの向上を始め、ケガを防ぐことにも繋がります。

ジム用の運動靴の選び方

種類で選ぶ

ジム用のシューズの中には、多くの種類が存在します。

初心者の方や、エアロビクスやランニング、ウェイトトレーニングなど色んなことをしたい方には、クッション性や安定感などのバランスがとれた、オールマイティなシューズがおすすめです。

ランニングをメインでジムに通う場合には、軽さはもちろんクッション性を重視したシューズが大切です。

足への負担もあるため、クッション性があると疲れにくく、足も痛めにくいのが特徴でしょう。

他のシューズに比べて横の動きには弱いですが、走る際の前後の動きに対応したランニング向けのシューズです。

ウェイトトレーニングを重視する場合には、足にしっかりと力が入って踏ん張ることができるシューズが必要です。

足のホールド感がなくなってしまうと、力が入りにくく体の安定感をなくしてしまいます。

他のシューズよりも、フィット感とホールド感を感じることができるのが魅力でしょう。

女性に人気のダンスやエアロビクスをする方には、ケガをしにくくバランスの良いシューズが必要です。

足首を守るためにハイカットのデザインが多く、前後左右の動きをカバーしてくれる構造になっています。

軽量化はされていますが、他とは違うのがソールの厚さです。

衝撃の吸収や安定感など、動きやすさと足の安定感のバランスが整っています。

靴のサイズや重さで選ぶ

ジム用のどのシューズでも軽量化が進んでおり、種類によっては持っている感覚もないほど軽いものもあります。

サイズは同じサイズ表記でも、メーカーによって若干の誤差がある場合があります。

試着をして、しっかりと安定感のあるものを選ぶとよいでしょう。

最悪の場合、怪我に繋がったり、最大のパフォーマンスができなかったりすることに繋がってしまいます。

クッション性を確認して選ぶ

足の負荷を軽減するために重要なのが、ソール部分の「クッション性」です。一般的にはソールが厚いと、クッション性が高いものが多いです。

エアー構造や衝撃吸収構造など、メーカー独自のさまざまな構造があります。

しかし、厚すぎるソールは動きにくさにも繋がるため、バランスには注意して選ぶ必要があります。

通気性や安定性もチェックして選ぶ

ジムで運動をする以上、汗をかいたり蒸れたりしてしまうため、必要になるのが「通気性」です。

通気性の良いメッシュ構造や特殊素材を使用しているシューズが多く、足を快適な環境にしてくれます。

また、怪我をしないためにも安定性が重要です。

体の強化や健康のために運動しているのに、怪我をしては無駄になってしまいます。

安定性も忘れずにチェックする必要があるでしょう。

ジム用の運動靴のメンズ向けおすすめ品

ナイキ ズーム ライバル フライはお洒落で機能性も高い

ナイキ ズーム ライバル フライは、見た目のインパクトもあり、おしゃれさも忘れないランニングシューズです。

特殊構造により足の蹴りだしやすさや、着地の衝撃もしっかりと吸収してくれます。

足のホールド感も良く、安定感がブレることを軽減してくれるのも魅力でしょう。

SAGUARO ベアフットトレーニングシューズはグリップ感が特徴

SAGUARO ベアフットトレーニングシューズは、グリップ感の強い特殊設計のトレーニングシューズです。

耐久性に優れており、滑り止め機能のラバーソールが採用されています。

安定感があり、力も入りやすいフィット感が特徴です。

アディダス ランニングシューズは初心者にもおすすめ

アディダス ランニングシューズは、通気性が良く、スポーティーなデザインのフィットネスシューズです。

ストレスのないフィット感と、グリップ感もある安定した動きができます。

幅広いトレーニングに対応できるため、初心者にもおすすめです。

ジム用の運動靴のレディース向けおすすめ品

ナイキ ウィメンズ エア ズーム ペガサスは履き心地が特徴

ナイキ ウィメンズ エア ズーム ペガサスは、スタイリッシュなデザインで、履き心地の良いランニングシューズです。

軽量で足の負担を軽減し、足の動きをサポートしてくれる独自設計が特徴です。

ソールのクッション性とグリップ感が高く、安定感のある走りができます。

ニューバランス FUEL CORE RUSHは多くの場面で活躍する

ニューバランス FUEL CORE RUSHは、さまざまなトレーニングに対応できる、オールマイティーなシューズです。

ソール部分は滑り止めがしっかりした、安定感のあるグリップ仕様が特徴です。

負担のない軽さで、衝撃を吸収してくれるクッション性も魅力でしょう。

[ニューバランス] ランニングシューズ FUEL CORE RUSH(旧モデル) WG3GRAPHIC(WG3) 25.0cm B
created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥11,550(2020/04/05 13:52:51時点 Amazon調べ-詳細)

ライカ DEVOTION XT MIDはダンスやエクササイズにおすすめ

ライカ DEVOTION XT MIDは、足首までしっかりとホールドしてくれる、ダンスやエクササイズ向けのシューズです。

クッション性が高く、さまざまな動きから足をサポートしてくれます。

通気性がよく、汗や蒸れなどにも対応可能です。

ジム用の運動靴についてのまとめ

  • 通常の靴とジム用の靴で、一番大きな違いは見た目ではなく「構造」です。ジム中でも、ランニングやウェイトトレーニング、エアロビクスなど、トレーニング内容によって適した靴の構造が変わってきます。
  • ランニング・・・軽さはもちろんクッション性を重視したシューズが大切です。
    ウェイトトレーニング・・・足にしっかりと力が入り踏ん張れるシューズがおすすめです。
    ダンス&エアロビクス・・・足首を守るためにハイカットのデザインが多く、前後左右の動きをカバーしてくれる構造がおすすめです。
  • ジム用の運動靴は、軽量化が進み、種類によっては持っている感覚もないほど軽いものもあります。サイズは試着をして、しっかりと安定感のあるものを選ぶのが大切です。
  • 足の負荷を軽減するために重要なのは、ソール部分の「クッション性」です。
  • ジム用の運動靴は、通気性の良いメッシュ構造や、特殊素材を使用しているシューズが多いです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
[ニューバランス] ランニングシューズ FUEL CORE RUSH(旧モデル) WG3GRAPHIC(WG3) 25.0cm B
created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥11,550(2020/04/05 13:52:51時点 Amazon調べ-詳細)