この記事では、ハイキングに適した服装の選び方や、おすすめの品を解説します。

ハイキングへ間違った服装で行ってしまい、動きづらく、ストレスが溜まったという人も少なくありません。

この記事を読むことで、自分に合ったハイキングの服を検討出来ます。

目次

ハイキングの服装選びのポイント

季節や気候を考える

ハイキングで歩く場所は、標高の高い場所が多いため、普段過ごしている街中よりも気温が低く、風が冷たく感じることもあります。

必ず事前に歩く場所の気温を調べ、夏でも防寒着は持っていく必要があります。

また、天気についても考えておくことが必要です。

特に山の天気は変わりやすいため、例え天気予報が晴れの予報になっていても、急な雨が降ることがあります。

雨具は必ず持って行くこともハイキングのポイントです。

傘は強風にあおられやすく、手がふさがってしまう危険があるため、レインコートなど、両手が使えるような雨具を持つことがおすすめです。

動きやすいものを選ぶ

ハイキングは長時間歩くことになるため、動きやすい格好が必須です。

ジーンズなどの伸び縮みしない素材は避け、伸び縮みしやすいレギンスとハーフパンツを重ねたものや、ゆったりしたチノパンなどがおすすめです。

素材で選ぶのもポイント

ハイキングは汗をかきやすいため、汗をかいてもすぐに乾く素材を選ぶのがおすすめです。

化繊の素材は汗をかいたときに乾きやすく、汗をかいたあとに体が冷えるのを防いでくれます。

靴は滑りにくいものを選ぶ

靴は、ハイキングをする上で最も重要なアイテムのひとつです。

選び方を間違えるとストレスになったり、危険を伴うため、注意して選ぶ必要があります。

舗装されている道であれば、普段のスニーカーやウォーキングシューズでも大丈夫です。

しかし、足場の悪い山道を歩く場合は、滑りにくく、足首までしっかり固定されたトレッキングシューズを履いておくことで、捻挫などの怪我から足を守ってくれます。

自分の足にフィットしていることも重要です。

ハイキングにおすすめの品

インナーは吸汗速乾性の品がおすすめ

肌着にあたるインナーは、汗を逃がせるように、吸汗速乾性に優れた商品が良いでしょう。

冬のハイキングの場合は、防寒対策のできるものを選ぶと、たくさん着込まずとも快適に過ごすことができます。

ファイントラック メリノスピン

ファイントラック メリノスピンは、保温性、温度調節、防臭機能のあるメンズ向けのインナーです。

速乾性にも優れており、肌をドライに保つことで、濡れ冷えを軽減してくれます。

ストレッチ性にも優れており、ハイキングだけでなく、スキーなど動きのあるスポーツにもおすすめです。

同じラインで、レディース商品や、タイツやショーツもあります。

ミズノ ウールヘビーウエイトクルーネックは着心地が良い

ミズノ ウールヘビーウエイトクルーネックは、ブレスサーモという、肌から発散する水分を吸収して発熱する素材を使用したレディース向けのインナーです。

着心地が良く、スッキリしているため、着膨れの心配もありません。

同じラインで、メンズ商品やタイツも売られています。

春〜秋向けのアウターは一枚持っておくと便利

アウターは、春〜秋におすすめな、1枚持っておくと便利なアイテムです。

風除けや防寒着として使えるだけでなく、少しの雨であれば弾いてくれるため、レインコートを出さずに済ませることが出来す。

おしゃれなブランドのデザインを選ぶことで、街中での普段使いとしても使うことが出来ます。

ザ・ノース・フェイス コンパクトジャケットは春〜秋におすすめ

ザ・ノース・フェイス コンパクトジャケットは、撥水加工と防水性を持つ素材を採用した定番の軽量ジャケットです。

携行に便利なスタッフサックがついています。

アウトドアだけでなく日常の様々なシーンで使えるコットンライクの風合いが魅力です。

ザ・ノース・フェイス ドットショットジャケットは普段使いにもよい

ザ・ノース・フェイスのこの品は、マウンテンパーカーの定番として人気の高いモデルで、メンズモデルもあります。

シンプルなデザインであるため、普段使いにも着回すことができます。

冷たい空気や水が侵入してくるのを防ぐだけでなく、汗は外に逃がしてくれるため、急に天気が変わった時にも1枚持っておくと重宝します。

冬のハイキングには暖かいアウターが良い

冬のハイキングは、空気が澄んでいてるため景色がよく見えるの魅力です。

低めの山であれば雪が積もりにくく、初心者でも比較的登りやすいのが魅力でしょう。

しかし、服装については冬用の準備が必要です。

冬のハイキングに行く際は、保温性の高いアウターを着用して防寒対策を行う必要があります。

コロンビア ロマビスタフーディーはコスパが高い

コロンビア ロマビスタフーディーは、アウトドア老舗ブランドColumbia(コロンビア)のラインナップの中でも人気の高いアウターで、圧倒的な保温性とお手頃な値段が特徴です。

シンプルなデザインであるため、ハイキングだけでなく、タウンユースにもおすすめです。

表面は使うシーンを選ばず気軽に着られるキャンバス素材、裏地はコロンビアオリジナルのポリエステルフリース素材で、驚きの保温性を実現しています。

パタゴニア R2ジャケットは着ぶくれしづらい

パタゴニア R2ジャケットは、パタゴニアのフリースジャケットです。

スリムで女性的なシルエットで、着ぶくれせずすっきり着られます。

動きやすく、ハイキングにおすすめです。

パンツは伸縮性が高いものがおすすめ

ハイキングでは長時間歩くため、足の上げ下げがしやすいように、伸縮性のある素材を選ぶとよいでしょう。

マムート ソフテック トレッカーズパンツは機能性が高い

マムート ソフテック トレッカーズパンツは、耐久撥水性と防風性に優れた二重織りソフテック素材を使用したメンズ向けのソフトシェルパンツです。

ストレッチ性に優れて動きやすく、適度なフィット感が綺麗なシルエットを作ってくれます。

ウエストには簡単に調整できるバックルベルトが付いています。

裏面は微起毛になっていて、3シーズン使用可能なのも嬉しいポイントです。

ラドウェザー トレッキングスカートは可愛くて動きやすい

ラドウェザー トレッキングスカートは、一見すると巻きスカートのように見えて、実はキュロットになっており、可愛さと動きやすさを両立している品です。

パンツと違いおしりが隠れるので体型カバーもしてくれます。

カラーは黒、ベージュ、カーキ、ネイビーの4色です。

シーダブリューエックス スポーツタイツは汗をかいても着心地が良い

シーダブリューエックス スポーツタイツは、テーピングを施したような安定感のあるデザインで、太腿から膝関節、ふくらはぎまでをトータルサポートしてくれる女性用のスポーツタイツです。

太腿の前側と後ろ側を共にサポートして筋肉疲労を軽減してくれ、またひざ関節を安定させてくれるため、着地時の衝撃も緩和してくれます。

爽快素材「クールマックス」を使用しており、汗をかいてもサラサラした着心地が魅力です。

シューズは滑りにくいものがおすすめ

ハイキングでは、濡れた足場を歩くこともあるため、シューズ選びでは靴底の形にも注意が必要です。

モンベル Men’s 1129323 KHは足首まで固定してくれる

モンベル Men’s 1129323 KHは、モンベルの、軽装備のトレッキングや日帰りハイキングなどに適したミドルカットの全天候型ブーツです。

靴底が滑りにくく、また足首までしっかり固定されているため、捻挫などの怪我から足を守ってくれます。

キーン JASPER スニーカーは長時間履いても蒸れにくい

キーン JASPER スニーカーは、アウトドアスニーカーのロングセラー商品として有名なモデルで、クライミングシューズとコンフォートシューズをハイブリッドしたアウトドアスニーカーです。

ソールのグリップ力が抜群で、長時間履いていても蒸れにくく快適です。

カラーバリエーションも豊富で、アクセントになってくれます。

シューレースを変えることで、オリジナルのカラーを楽しめるのも魅力でしょう。

帽子は日焼け予防と熱中症予防に必要

山は日陰のイメージがありますが、実は街中よりも紫外線が強い場所もあります。

日焼け予防や熱中症予防のためにも、帽子は準備していく必要があります。

ノースフェイス ブリマーハットは蒸れにくい

ノースフェイス ブリマーハットは、ノースフェイスの夏用のトレッキングハットです。

デザインの可愛さとUVケアの機能を兼ね揃えており、日差しや紫外線を防いでくれます。

頭部のメッシュパネルの通気性がよく、蒸れにくくしてくれます。

マウンテンハンター UPF50は特に日焼けに対して強い

マウンテンハンター UPF50は、つばが広く、特に日焼けに注意している人におすすめです。

値段も手頃な事も魅力でしょう。

ハイキングの服装についてのまとめ

  • ハイキングは、天気によって気温が変わってきます。事前に行く場所の気温や天気はチェックした上で服装を選ぶとよいでしょう。
  • 春〜秋、冬で必要な服装も変わってきます。季節に応じたアウターやインナーで温度調節が必要です。
  • おしゃれで安全な服装、靴を準備することで、ハイキングを安心して楽しむことができます。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ