暑くて外に出たくない方へのデリバリーサービス
 

この記事では、まず子供の日とはどんな日なのかや、プレゼントの相場とおすすめ品を解説します。

子供の日にプレゼントを贈る場合、どの程度の価格が適正なのか、どんな商品を選べば良いかを悩む人は少なくありません。

この記事を読むことで、お子さんに合ったプレゼント選びの検討が出来ます。

そもそも子供の日とはなにか?

子供の日は平安時代頃から子供の成長を祝う日として認識されており、1948年に祝日法で正式に国民の休日として5月5日に設定されました。

1948年以前から5月5日に子供の成長を祝っていた理由は、数千年前から5月5日に中国で行われていた、無病息災を祈念する宮中行事が日本に伝わってきたためです。

旧暦で5月が牛の月にあたるため、「端午の節句」とも呼ばれ、特に男の子の成長を祝う日として扱われています。

男の子の成長を祝う日となった理由は、平安時代から江戸時代までの長い間、武家社会が続いたためだとされています。

子供の日にプレゼントは必要?

家庭や地域によって異なりますが、子供が生まれて初めて迎える子供の日には、兜飾りや鯉のぼりのプレゼントを贈る場合が少なくありません。

生まれて初めて迎える子供の日は初節句と呼ばれ、子供の日の中でも特に大事であると認識されているためです。

しかし、現在では子供の日が大型連休のゴールデンウィークに含まれることもあり、家族での旅行などを優先して、兜飾りや鯉のぼりを飾ったり、プレゼントして贈らないという家庭も増えています。

親戚や孫の初節句の際にプレゼントを贈るべきか否かは、子供の両親に相談しておくとよいでしょう。

子供の日プレゼント予算相場

立派な兜飾りや鯉のぼりを贈る場合の相場

しっかりした兜飾りやこいのぼりを選ぶと、5万円から10万円ほどかかるでしょう。

高価な買い物であるため、購入を検討する際は、必ず子供の両親と相談しておく必要があります。

5万円から10万円もする兜飾りや鯉のぼりは贈れなくとも、男の子の成長を祈念するためにどうしても兜飾りを贈りたいという方には、簡易式のコンパクトなタイプがおすすめです。

子供の両親に事前相談をしておく理由には、以下の二つがあげられます。

1つ目の理由は、こどもの日に特段兜飾りや鯉のぼり飾る予定がない家庭だと、贈ったとしても困らせてしまうためです。

2つ目の理由は、とても高価な物であるため、子供の両親がお返しに頭を悩ませてしまう可能性があるためです。

兜飾りや鯉のぼり以外を贈る場合の相場

兜飾りや鯉のぼりにこだわりがない家庭には、知育関連のおもちゃや本、お菓子などを贈るとよいでしょう。

お返しに困らない5000円前後の品がおすすめです。

子供の日におすすめのプレゼント

兜飾りはコンパクトなタイプもおすすめ

子供の日のプレゼントとして最も定番の物は兜飾りでしょう。男の子への初節句のお祝いに適しています。

コンパクトな兜飾りは、見栄えがどうしても高価な物には劣りますが、プレゼントとして贈れば気持ちを伝えることが出来ます。

コンパクトな兜飾りは、飾る場所と収納スペースをそこまで心配する必要もないため、子供の両親にも喜んでもらうことが出来るでしょう。

京都和彩工房 ri-053は比較的購入しやすい品

京都和彩工房 ri-053は、価格が1万円6千円前後と兜飾りの中では比較的購入しやすいことに加え、大きさも25cm四方程度のコンパクトな品です。

金額的には事前に贈る子供の両親に相談が必須ではありませんが、既に購入しているかの確認はしておくと良いでしょう。

鯉のぼりも定番の品

子供の日のプレゼントとして、兜飾りに並ぶ定番の品は鯉のぼりです。

雄大に空を泳ぐ姿は子供の健やかな成長を祈念しており、子供の日のプレゼントにおすすめです。

鯉のぼりは兜飾り同様、見栄えは素晴らしい物ですが、価格が10万円以上することに加え、自宅に広い庭がなければ飾ることができないため、アパートやマンション暮らしの人への贈り物としては適していません。

しかし、どうしても鯉のぼりを贈りたいという場合には、兜飾り同様、値段も大きさもコンパクトな品の購入がおすすめです。

龍虎堂 染鯉のぼり#2-213は小さいながらしっかりした見た目の品

龍虎堂 染鯉のぼり#2-213は、価格が5000円前後と鯉のぼりとしては購入しやすいことに加え、大きさも卓上に置けるほどコンパクトな作りになっている品です。

コンパクトながらもしっかりと鯉のぼりと分かるため、安っぽい感じも受けないおすすめの品です。

知育玩具・本を贈るのもよい

子供の日のプレゼントの定番ではありませんが、知育玩具・本を贈ることもおすすめです。

メリットは以下の通りです。

1つ目のメリットは、兜飾りや鯉のぼりに比べて安価にプレゼントを購入できる点です。

知育玩具や本はこだわりすぎなければ、5000円前後で十分良いものを買うことが出来るでしょう。

2つ目のメリットは、兜飾りや鯉のぼりのように、他の人とプレゼントが被る心配をする必要がない点です。

知育玩具や本は種類が豊富なため、他の人と完全に同じプレゼントを贈る可能性は低いでしょう。

3つ目のメリットは、飾るだけのものでないため、子供の日に旅行に行く家庭にも喜んでもらえることです。

知育玩具や本は季節性があるものではないため、旅行から帰った後にしっかり使ってもらうことが出来ます。

ラトル TOWER org-006は小さい子に贈る知育玩具としておすすめ

ラトル TOWER org-006は、価格が5000円前後と購入しやすいだけでなく、対象年齢が0歳でも問題ないおもちゃであるため、初節句の贈り物にも適しています。

中のボールは外に出せない仕組みであるため、誤飲の心配もなく、天然木に特殊な塗装を用いているため、舐めても問題ないという安心の設計です。

子供の日に贈るプレゼントについてのまとめ

  • 子供の日にプレゼント贈るか否かは家庭や地域による差が大きいですが、生まれて初めて迎える子供の日である初節句にはプレゼントを贈る事が一般的です。
  • 子供の日のプレゼントの相場は、しっかりした兜飾りや鯉のぼりを贈る場合は5万円から10万円ほどかかりますが、他の商品を贈る場合は5千円前後と差があります。
  • プレゼントとしておすすめの商品は、兜飾り、鯉のぼり、知育玩具・本などがおすすめです。