リビングのテレビだけでなく、自分だけの小型テレビが欲しいと思っている人も多いと思います。

どのような小型テレビを選んだらいいのか、小型テレビにはどんな機能があるのか、おすすめの小型テレビはどこのメーカーや商品なのか、また、小型テレビに合うテレビ台はどんなものかということが疑問点としてあげられます。

この記事では、小型テレビの選び方、小型テレビおすすめのメーカーと商品、テレビに合うおすすめの小型テレビ台などについて解説します。

こちらの記事は2018年6月28日の記事を2020年3月13日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・小型テレビおすすめのメーカーと商品を2020年3月13日の情報に修正いたしました。
・テレビに合う小型テレビ台のおすすめを2020年3月13日の情報に修正いたしました。

小型テレビの選び方

年々、テレビ画面サイズの大型化が進んでいます。しかし、使う場所によっては小型テレビの方がいい場合があります。

リビングに設置するのであれば、大型サイズの液晶テレビを選ぶことが多いと思います。しかし、狭い部屋や家具の置き場所が少ない部屋であれば小型テレビで十分です。

また、2台目のテレビとしてポータブルテレビという選択肢もあります。ポータブルテレビであれば、家中どこにでも持ち運べるため、プライベートな時間を過ごすことができるのです。

自分専用のテレビとして、小型テレビを購入する場合は、20インチ程度がおすすめです。

また、お風呂など家中どこにでも持ち運んで、自分だけで番組を見る場合には、10インチから15くらいが最適でしょう。

小型テレビに搭載されているさまざまな機能

最近は、小型テレビであっても色々な機能が充実しています。
以下のような機能がついた小型テレビもたくさんみられます。

・ハードディスクが内蔵されていて録画機能がついているもの
・チューナーが2つ以上ついていて裏番組の録画ができる
・ブルーレイやDVDの再生ができる
・インターネットの動画配信サービスを利用できる

画質も大変綺麗なだけでなく、スピーカー性能もいいものが多いのです。

防水機能がついているものもある

また、ポータブルテレビの中には、防水機能がついている機種があります。

防止機能がついていれば、キッチンやお風呂に持ち込んで、見たい番組の続きを見ることができるのです。また、タッチパネルになっていて、濡れた手でもテレビの操作が可能な小型テレビもあります。

10インチ程度の防水機能付きの小型テレビであれば、どこにでも持っていけます。そのため、水場でも作業をしながら見たい番組をチェックすることができるのです。

小型テレビおすすめのメーカーと商品

大変便利な小型テレビの、おすすめのメーカーや機種を紹介します。

パナソニック プライベート・ビエラ

パナソニックの小型テレビ・ポータブルテレビといえば「プライベート・ビエラ」です。大きく分けるとスタンダードモデルと防水モデルの2種類があります。

・持ち運びができるスタンダードモデルは持ち運びに便利
・防水機能付きの防水モデルはお風呂場やキッチンに最適
・インターネット動画配信やブルーレイディスク/DVD再生、ラジオ番組の視聴も可能

それぞれのモデルにさまざまな特徴があります。
画面のサイズは19インチ、15インチ、10インチの3種類です。用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

スタンダートモデルは、19インチの画面サイズです。持ち運びが自由にできます。防水モデルは、10~15インチでお風呂やキッチンでの使用に最適です。

プライベート・ビエラは専用のチューナーを使用する事で、アンテナがない部屋でもテレビを楽しむことができます。配線接続がなく、持ち運んですぐに使えるので便利です。

YouTubeやNETFLIXなどの動画配信サービスやブルーレイディスク/DVD再生、ラジオ番組の視聴に対応しています。1台で幅広いコンテンツを楽しめる小型テレビです。

スタンダードモデルと防水モデルの特徴は以下の通りです。
スタンダードモデル
プライベート・ビエラのスタンダードモデルは「UN-19F9」「UN-19FB9」の2種類になります。「UN-19FB9」は、インターネット動画配信サービスやラジオ機能に対応しています。「UN-19F9」は、テレビ観賞のみです。

どちらも画面サイズは19インチとなっています。
防水モデル
防水モデルは「UN-10E9」「UN-10N9」「UN-15N9」「UN-15TD9」の4種類です。それぞれの特徴を以下に解説していきます。

・「UN-10E9」はテレビ観賞のみです。画面サイズは10インチになります。防水機能が備わったリモコン付きです。
・「UN-10N9」と「UN-15N9」はテレビ観賞および、インターネット動画配信サービスやラジオ機能に対応しています。画面サイズは、10インチと15インチです。防水機能リモコンは別売りです。
・「UN-15TD9」はテレビ観賞および、インターネット動画配信サービスやブルーレイディスク/DVD機能に対応しています。画面サイズは15インチです。500GBのハードディスクが内蔵されており、番組などを録画する事もできます。
テレビ パナソニック/VIERAとは 歴史と特徴 価格帯の解説


シャープ AQUOS 2T-C19AD

シャープの小型テレビでおすすめなのは「AQUOS 2T-C19AD」です。
19インチの大きさで、カラーはブラックとホワイトの2種類があります。シンプルですが機能面では満足ができる小型テレビです。

地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2チューナー搭載しているので、番組を視聴しながら放送中の裏番組の録画も可能です。また、セカンドテレビとして書斎や子供部屋などに設置に重宝します。

その他にも、以下のような色々な機能を備えています。

・放送番組と外部入力を同時に表示できる2画面表示機能
・人の声を聞きやすくできる音声くっきりボタン
・見たい番組が素早く見つかる簡単サクッと検索

ハイセンス

中国メーカーであるハイセンスのおすすめ機種は、19インチのLED液晶テレビ「19A50」です。

画質も綺麗で横から見ても見やすい作りになっています。

日本のメーカーと比べると価格は安いのですが、十分な基本性能となっています。ただし海外メーカーなので、アフターサービスが十分ではなく注意が必要です。

また、2つのチューナーが搭載されており、裏番組録画も可能です。アフターサービス面のデメリットを理解したうえで使用するなら、コスパ的にも優れています。

さらに、本体は非常に軽量で、持ち運びにも優れています。

テレビ ハイセンス/HJとは 歴史と特徴 価格帯の解説

テレビに合う小型テレビ台のおすすめ

小型テレビであれば、設置するのにあまり幅はとらないでしょう。そのため、棚やタンスの上に置くという方法もあります。しかし、快適にテレビを見るためにはテレビ台があると便利です。

テレビ台には、

・低い位置にあるロータイプのもの
・位置が高いハイタイプのもの
・コーナータイプのもの
などがあります。

 

また、素材による違いもあります。

・天然木や無垢材を使用しているテレビ台
・合板や繊維板を使用しているテレビ台
・合成樹脂化粧合板を使用しているテレビ台


などです。

テレビ台は色々なメーカーから販売されているので、おすすめを紹介すると切りがありません。しかし、その中でもプランドといわれるものがあります。

有名デザイナーによって作られていたり、素材にこだわっていたりしてお洒落なデザインになっています。

カリモク家具

木の温もりにこだわった木材を使った家具の専門メーカーです。
もちろんカリモク家具のテレビ台も、木の美しさを感じさせる商品です。

色々なテレビ台が製造されていますが、小型テレビを置くのであれば、半円状タイプ、コンパクトサイズのテレビ台がおすすめでしょう。

大川家具

大川家具は、埼玉県に本社がある家具とインテリアの専門ショップです。

大川家具でも数多くのテレビ台を販売しており、ロータイプのものや埋め込みタイプのものなど、色々なテレビ台があります。小型テレビを置くということを考えるとテレビ台も小型なものが無難です。

created by Rinker
トウマ(Tohma)
¥22,890 (2020/12/04 05:18:52時点 Amazon調べ-詳細)

IKEA

スウェーデン発祥の世界的な家具メーカーであるIKEAでも、多くのテレビ台が販売されています。

ロータイプのもの、小型のボックスタイプのもの、コンビネーションタイプのものなど、おしゃれなテレビ台がたくさんあります。IKEAの家具はいずれもコストパフォーマンスが優れているので、一度チェックしてみてもいいでしょう。


小型テレビについてのまとめ

  • テレビは大型化が進んでいるが、書斎やお風呂など使う場所によっては小型テレビがいい
  • 小型テレビには、録画、DVD・ブルーレイ再生、防水機能などがついているものがある
  • 小型テレビおすすめのメーカーには、パナソニック、シャープ、ハイセンスがある
  • 小型テレビを快適に見るためには、テレビ台があった方がいい
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
トウマ(Tohma)
¥22,890 (2020/12/04 05:18:52時点 Amazon調べ-詳細)