この記事では、カメラ機能に特化したスマートフォンを解説します。

皆さんが持っているスマートフォンですが、現代では高機能なスマートフォンが増えてきており、様々な用途で使えるようになっています。

そんなスマートフォンで、最も進化しているといえる機能が“カメラ”です。

初期のスマートフォンに搭載されているカメラには、画素が低いものが少なくありませんでしたが、現代では高画素のカメラが増え、ポートレートモードやナイトモードなど、機能面も向上しつつあります。

以下ではカメラ機能に注目したオススメのスマホを解説するため、この記事を読むことで、自分好みのスマホ購入の検討が出来ます。

(2019年 10月更新)

高性能スマホカメラでおすすめのメーカー

AppleのiPhone 11 Proがおすすめ

スマホのカメラ機能といえば、Appleのスマホを思い浮かべる人も少なくないでしょう。

Appleの数あるスマホの中でも、特にオススメなのがiPhone 11 Proです。

毎年、iPhoneはフルモデルチェンジ、または前年リリースした製品のマイナーチェンジ製品を発売しています。

今回のiPhone 11 Proは、前年に発売したiPhoneXSのフルモデルチェンジ品であり、リリースされた当初話題になった、3眼レンズが特徴です。

この3つのレンズはそれぞれ役割が違い、「望遠レンズ」「超広角レンズ」「広角レンズ」の3つの機能をもっています。

iPhone 11 Proは一般的な広角レンズに加え、さらに広く写せるカメラ、遠くが写せるカメラ機能を獲得していることが特徴です。

カメラの画素は1200万画素であり、細かい機能として、ポートレートモードや夜景が綺麗に撮れるナイトモードを搭載しています。

画面が小さいと思う方は、iPhone 11 Pro(5.8インチ)よりも、画面サイズが大きいiPhone 11 Pro Max(6.5インチ)がオススメです。

また、iPhone 11 Proよりもグレードが1つ下がるiPhone11では、「望遠レンズ」が搭載されていない事に注意が必要です。

HUAWEIのP30 Proがおすすめ

HUAWEIは、5G対応スマホなど、世界的にみても最新のものを開発しています。

そんなHUAWEIのスマホで、カメラ搭載のおすすめの機種がP30 Proです。

スマホとしてのスペックは、ディスプレイは6.5インチで有機EL搭載、防水、防塵の規格であるIPX8、IP6Xを採用しており、メモリには6GB RAMを搭載しています。

カメラの性能ですが、3レンズカメラ採用で、広角、超広角、望遠の3つのレンズを搭載しています。

画素数の高さが魅力で、広角の画素が約4000万画素(F1.6)、インカメラの画素が約3200万画素(F2.0)という、2019年に販売されているスマートフォンの中でも最高クラスの画素数を誇るカメラです。

ToFセンサが搭載されているため、オートフォーカス機能により、カメラが苦手な方でも簡単に取り扱うことができます。

他にも、ソニーと共同開発したRYYBセンサが広角レンズに採用されているため、夜景を綺麗に写すことが可能です。

望遠レンズでも約800万画素という、非常に高い画素数も魅力でしょう。

プロ仕様の本格的なカメラが欲しい方におすすめです。

SamsungのGalaxy Note10+がおすすめ

Samsungのハイエンドスマホとして人気のシリーズといえばGalaxyですが、Galaxyの中でも2019年現在一番新しいスマホが、Galaxy Note10+です。

2019年の2月にGalaxy S10シリーズが発表され、次のスマートフォンとしてGalaxy Note10シリーズを発表しました。

Galaxy Noteといえば、スマートフォンとしてではなく、タブレットに近い利用をされる「ファブレット」としてビジネスシーンなどに活用されています。

ディスプレイサイズは、Galaxy Note10が約6.3インチ、Note10+が約6.8インチとなっています。

両方に有機ELディスプレイを採用しており、メモリも8GB,12GB対応とハイスペックな品です。

カメラは、両方のスマホでトリプルレンズを採用しています。

画素数は広角が1,600万画素、望遠レンズなどは1,200万画素で、インカメラは約1,000万画素となっています。

2月に発表したGalaxy S10シリーズと比べ、カメラについて変化はありません。

カメラの操作性については、大きいサイズのスマホながらも操作しやすい作りになっており、広角、超広角、望遠の3つのモードをボタン一つで切り替えられる操作性になっています。

カメラに合うシーンをAIが判定し撮影するモードがあるため、食事、ナイト、パノラマ、ライブフォーカスなど11種類の撮影モードから選択されます。

プロモードでの撮影でISOやシャッタースピードの変更も可能です。

ASUSのZenFone6がおすすめ

ASUSといえば、マザーボードの生産量が世界トップシェアを誇る台湾メーカーです。

マザーボードだけでなく、様々なパーツを販売していますが、コスパが良い高性能なスマートフォンが人気を集めています。

その中でオススメな商品がZenFone6です。

コストパフォーマンスが高く、6GB/128GBモデルが約7万円という安さであり、高性能な回転式カメラを搭載しています。

画面上部のノッチが無い為、動画などを見るときにスッキリした画面で映像を見ることができます。

インカメラを利用する場合は、背面あるカメラを回転させて撮影することができます。

ちなみにカメラは2レンズ採用で、4,800万画素という非常にスペックの高いカメラとなっています。

インカメラでも高い素数のモノを利用でき、ノッチレスなディスプレイと、価格が7万円というコストパフォーマンスの良さが魅力です。

SonyのXperia5がおすすめ

Sonyのスマホでカメラ機能のよいおすすめのモデルはXperia5です。Xperia1よりもボディサイズが小さくなり、画面のインチサイズは6.1インチとなっています。

前のモデルが非常に細長かったのに対し、手に収まりやすいコンパクトなサイズ感に収まっているのが特徴です。

カメラについては3レンズを採用しており、標準、広角、望遠の3つのレンズの3つです、特徴として全てのレンズで同一の1200万画素を実現しています。

またセンサーにも力を入れており、高機能な撮影モードに対応しています。

ビデオ撮影については、4KHDR撮影が可能であり、ソニーのアプリを利用すれば映画さながらの美しい動画を撮影することが可能です。

スマホカメラについてのまとめ

  • AppleのiPhone11 ProはiPhone至上最高のカメラ機能をもつスマホです。
  • HUAWEIのP30 Proは一眼レフ顔負けのクオリティカメラを搭載しています。
  • SamsungのGalaxy Note10はファブレットの大きさで撮影しやすいカメラモードを実現しています。
  • ASUSのZenFone6はコスパがよく、豊富な機能がついたスマホです。
  • SonyのXperia5は小型化で持ち運びが便利でなおかつXperia1と同スペックのカメラを搭載しています。