最近のスマートフォンは内蔵カメラの画質がとてもよいので、「スマホがあればビデオもデジカメもいらない」という人が増えています。

今では画素数やレンズのF値でデジカメを超えるスマホもありますし、ディスプレイもデジカメよりスマホの方がずっと大きくきれいです。

近年ではどのスマホメーカーもカメラの性能向上に力を入れており、インスタ映えする美しい写真がシャッターを押すだけで撮れることが、スマホカメラの必須条件になっています。ここではカメラの性能にこだわったスマホについて解説いたします。

スマホのカメラにこだわるメリット

スマホのカメラが高機能になり、手軽に満足いく写真が撮れるようになりました。それに伴い、コンパクトデジカメに代わってスマホのカメラを重要視する人が増えています。

デジカメで写真を撮るよりも、スマホのカメラで撮る方が持ち運びもしやすいという点があります。また、近年のスマホは1,200万画素以上の機種がほとんどです。コンパクトデジカメの代わりになるほど、カメラ機能が充実し、遜色が無くなりました。

また、スマホのカメラの良いところはスマートHDRやAI、デュアルアパチャーなどの自動補正機能があり、編集や調整に時間を掛けずに手軽にはっきりとした写真を撮れることです。

スマホのカメラの選び方のコツ

スマホのカメラは、画素数はもちろんのこと、F値というレンズの性能を表す単位もカメラと同等のグレードになりました。そのため、標準カメラや望遠、超広角など絞り値のF値を目安に選ぶことでカメラ機能がより良いスマホを選ぶことができます。

F値とはレンズの明るさを意味する単位です。小さい数字ほど画質が良く明るいレンズとなります。F値は、暗い場所で明るく撮影したい場合にも必要になります。

また、F値によって背景をぼかした写真のぼかし具合も変わってくるため重要です。近年はAIの処理能力が高い機種が多く、自動補正や暗所での撮影能力が上がっています。

おすすめの高性能スマホカメラのランキング

第5位:Apple

Appleの高性能スマホカメラ機能おすすめはiPhone XSです。iPhone XSはiPhoneで最も優れたカメラ機能を搭載しています。

メインカメラに1,200万画素の広角カメラを配備してF値1.8のレンズを搭載しており、ズームは、デジタルズーム最大10倍と光学ズーム2倍の機能を持っています。10倍ズームがあれば運動会で子供を撮影する際にも便利です。

デュアルカメラのサブカメラについてはF値2.4の1,200万画素の望遠レンズを搭載しています。

CPUは以前のiPhoneよりグレードが上がり、最新のA12チップとイメージセンサーが一新されました。CPUとスマート HDRによってカメラ機能が格段に向上しています。

撮った写真を自動補正してくれるスマートHDRに対応しており、手軽に発色の良い写真撮影が可能です。また、撮影後にぼかしを入れることができる新ポートレートモードも便利です。

スマートHDRの機能により、暗い場所の撮影が以前のiPhoneより良くなりました。白飛びを抑えて夜景シーンを撮ることが可能です。また、光学式手ぶれ補正機能はデュアル光学式を採用していて、レンズの動きで手ブレを防止してくれます。

iPhone XSとCPUやカメラ機能が同等の機種でiPhone XS MAXがあります。バッテリー性能が上がり、画面のサイズが大きくなるのでiPhone XSと同様におすすめの一台です。

iPhone XSは5.8インチの有機ELディスプレイを搭載しています。撮った写真をその場で鮮明に観ることができますが、更に大きなサイズのiPhone XS MAXの場合は6.5インチ有機ELディスプレイになり、より大画面での写真の確認が可能です。

本体の保存容量は各機種で64GB 256GB 512GBの3種類から選べます。

第4位:HUAWEI

HUAWEIでは、Mate 20Proがおすすめの機種です。

メインのトリプルカメラにLeica(ライカ)レンズを搭載した最上位モデルは、AI搭載により最適化されて写真を仕上げてくれます。

メインカメラは4,000万画素F値1.8で光学式手ぶれ補正機能を搭載しており、光学ズームは3倍、ハイブリッドズームは5倍まで対応しています。超広角レンズは約2,000万画素、F値2.2でスーパーマクロ撮影で寄って撮影ができるでしょう。

また、望遠レンズは約800万画素でF値2.4になります。夜景の撮影でも白飛びが少なく暗い場所でも綺麗に撮れます。撮影後の写真は6.4インチの有機ELディスプレイで確認できるため、非常に便利です。

CPUはKirin980チップセットを使用し、デュアルNPUを搭載しているためAIによる処理に活かされています。

バッテリーは4200m Ahの大容量を搭載していて、スピーディな充電が可能です。バッテリー切れの場合、同梱されている急速充電可能なACアダプター 40W HUAWEI Super Chargeを利用して30分で70%の充電ができます。

第3位:Samsung

SamsungからはGalaxy S10+ がおすすめです。

アウトカメラに3つのレンズを搭載しており、超広角や望遠、暗所にも強く、背景をぼかした写真の仕上がりもよいのが特徴です。1,600万画素の超広角カメラはF値2.2、約123度の視野角によってダイナミックな撮影を可能にしました。パノラマ撮影モードを使えば、より広いシーンを撮影できます。

1,200万画素の広角カメラはデュアルアパチャー機能を搭載しており、光に合わせて自動でF値を調整します。F値1.5からF値2.4の自動切替をすることによって、暗い場所での撮影で最適な画像を引き出すことが可能です。

3つ目のカメラは1,200万画素の望遠カメラを搭載していて、F値2.4、 デジタル10倍ズーム、光学2倍ズームが可能となっており、外の撮影に十分な性能です。スーパー手ぶれ補正は光学式で手ぶれ補正を行います。

また、30種類のシーンの自動最適化が可能なのがインテリジェントフォトアシスタントです。シーンに合わせてカメラ設定を自動で調整します。モードは人や動物、景色、食べ物などから自動で選ばれます。

撮影したデータは本体の内部メモリー128GBに保存されますが、外部メモリーMicroSDXCに対応しており、最大512GBまで追加ができます。MicroSDXCを入れ替えることによって画素数の高い写真を何枚でも保存ができます。

Dynamic AMOLEDのディスプレイはスマホでは世界初のHDR10+に対応しており、高画質で撮ることはもちろんのこと、見ることも可能です。

第2位:ASUS

ASUSからはZenFone Max Pro(M2)がおすすめです。1200万画素F値1.8のカメラ機能を持ち、Sonyセンサーを使用したAIデュアルカメラシステムを搭載しています。

AIインテリジェントシステムを使い、高度なAIシステムで13種類のシーンから自動分析が可能となっています。CPUはSnapdragon660、5,000m Ahの大容量バッテリーが搭載されており、十分なスペックです。

第1位:SONY

SONYからはXperia1がおすすめの機種となります。

SONYの一眼レフカメラの技術を用いて開発されたトリプルレンズカメラを搭載しています。メインカメラに1,220万画素F値1.6、光学手ブレ補正レンズを搭載した標準カメラ、焦点距離16mmの超広角カメラは1220万画素 F値2.4、52mmの望遠カメラは1220万画素 F値2.4の3つのレンズです。

暗所の撮影はF値1.6の明るいレンズと1.4μmのイメージセンサー、デュアルフォトダイオードにより、夜景、イルミネーションなどをくっきりと撮影が可能です。

手ぶれ補正はソニー独自のハイブリッド手ぶれ補正機能を搭載しています。光学式手ぶれ補正、電子式手ぶれ補正の機能を合わせた機能です。

また、SONYのカメラ機能は、カメラを使いやすくする機能が沢山あります。

プレミアムお任せオートの機能は13種類のシーン×4コンディション自動で判別して被写体や環境に合ったモードを選択できます。瞬時に撮影モードになるスマートカメラ起動は、本体を横向きに構えるとカメラを自動で起動することが可能です。ディスプレイは世界初、4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載しており、撮影後の写真を鮮やかに映し出します。

スマホカメラのランキングについてのまとめ

  • 最近のスマホカメラの性能は、デジカメに迫るレベル
  • マルチカメラ搭載のスマホには、ボケのコントロールなどデジカメにない機能があります。
  • 自動補正機能があるため再編集の必要がない