この記事では、自転車用のスマホスタンドの説明と商品選びのポイント、実際のおすすめ商品を、用途別に解説します。

この記事を見ることで、ご自身の用途や目的に最適な自転車用スマホスタンドの購入の検討ができます。

自転車用スマホスタンドのメリットと注意点

自転車用スマホスタンドは、スマートフォンを自転車に乗りながら安全に見ることができるのが最大のメリットです。

自転車用のスマホスタンドは、スマホホルダーと呼ばれ、自転車のハンドル部分にスマートフォンを取り付け、固定することで、自転車に乗りながら手軽にスマホを確認することができます。

急なメッセージや着信、地図を確認したい際に、いちいちポケットやバッグから取り出す手間がないため、スマホを落としてしまう危険性も減ります。

自転車用スマホスタンドは「ながらスマホ」のためではない

スマホホルダーは、自転車に乗りながらスマホを操作する「ながらスマホ」を推奨する商品ではないという点に注意が必要です。

走行中にハンドルから手を離して操作することは事故を起こしやすくなるだけでなく、違反となる可能性も高いため、スマホを操作する際は、必ず安全なところに停車して操作する必要があります。

ナビアプリなどで地図を確認する際も、走行中に画面を注視していると違反となる可能性があるため注意が必要です

音楽に集中して運転がおろそかになるのは違反の対象

走行中のスマホの操作以外にも、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く場合に注意が必要です。

走行中に音楽を大音量で聴く場合、「環境音や周りの音声が聞こえていない。」と警察に判断された場合は、違反の対象となる可能性があります。

走行中のイヤホン・ヘッドホンの使用ルールは、各都道府県によって少しずつ違っていたり、実際に取り締まっている警察官の裁量によるところも大きいため一概には言えませんが、大切なのは、安全運転に必要な音量であることです。

走行中に大音量での音楽を聴くことは、ご自身の安全確保はもちろん、最悪の場合他人を巻き込んでしまうこともあるため、注意が必要でしょう。

自転車用スマホホルダーを選ぶポイント

スマホホルダーを選ぶポイント①:防水性能で選ぶ

防水性能がついていると、急な雨に降られていても安心です。

防水機能がないスマホの場合、雨が降れば、スマホホルダーから取り外して濡れないようにバッグなどにしまう必要があります。

しかし、スマホホルダー自体に防水機能がついていれば、スマホを雨や雪から守ることができるため、天候を気にせずにサイクリングする場合は、防水機能をもった商品がおすすめです。

防水機能をもったスマホホルダーは、スマホ全体を覆うケースに入れるタイプが多いのが特徴です。

スマホホルダーを選ぶポイント②:充電のしやすさで選ぶ

長時間の走行が多い場合に重視したいのが、充電のしやすさです。

特にナビアプリはスマホの電池の消耗も早く、始めて行った場所で電池が切れてしまうと、最悪の場合迷子になってしまうこともあり得ます。

ご自身のスマホがスマホホルダーに取り付けたまま、充電コードが挿入できる商品がより便利であるため、購入前に確認する必要があります。

一部の商品には、スマホホルダー自体にバッテリーが内蔵されている商品もあります。

スマホホルダーを選ぶポイント③:角度の調整機能で選ぶ

スマホホルダーに取り付けたまま、スマホの向きや角度を調整できるタイプもあります。

自由に角度や向きを変えることができるスマホホルダーであれば、操作するときは縦にして、地図として見る場合は横にしてワイドに見ることができるため、特にナビとして使う際に便利です。

ハンドルの形状やご自身の身長、日の傾きによって、見やすい位置を微調整することができることも魅力の1つです。

スマホホルダーを選ぶポイント④:盗難のされにくさで選ぶ

取り付けに工具が必要なスマホホルダーであれば、盗難されにくいです。

ボルトを固定するタイプなど、取り付けや取り外しに工具が必要なスマホホルダーであれば、盗難されにくいといったメリットがあります。

一方で、一度決めた位置を調整するには手間がかかるといったデメリットもあるため、ご自身の用途にあった取り付けタイプを選ぶことが重要です。

自転車用スマホホルダーのおすすめ品6選

TaoTronic TT-SH013はコスパで選ぶ場合によい

TaoTronicのTT-SH013は、1,000円ちょっとで買える、コストパフォーマンス抜群のスマホスタンドです。

値段はお手軽ですが、6箇所でガッチリと固定できるため、山道など舗装されていない道でも安定感があることが評判です。

また、360度回転可能で、非常にコスパが高い商品であるため、スマホホルダーをとりあえず試してみたいといった方にもおすすめです。

VUP-JPは安くて取り付けが簡単

VUP-JPは、シリコンベルト素材のため、着脱が簡単であることが特徴です。

取り付け部だけでなく、スマホを覆う台座の部分もシリコン素材であるため、段差などの衝撃も吸収してくれます。着脱が非常に簡単で、安定感もあるスマホホルダーです。

YOSHの自転車用スマホホルダーは固定力が強い

YOSHの自転車用スマホホルダーは、左右両側のツメと4墨のゴムバンドで2重に固定するため、衝撃や振動に強いことが特徴です。

永久保証とうたっているだけあって、品質も高く、安定感も高いと評判。値段もお手頃でシンプルなスマホホルダーです。

TiGRA Sport BikeCONSOLEは雨でも安心

TiGRA SportのBikeCONSOLEは、全面しっかりガードで防水・防塵機能がついていることが魅力のスマホホルダーです。

iPhone専用ですが、各バージョンごとに商品が発売されているため、iPhoneユーザーにおすすめのスマホホルダーです。

ROMOSS UR01はバッテリー搭載型

ROMOSSのUR01は、スマホホルダーとモバイルバッテリーが一体となったスマホホルダーです。

10,000mahの大容量スマホバッテリーを搭載していることが最大の特徴で、スマホの電池切れの心配がありません。

伸縮性の高いシリコン素材のため、さまざまな機種に対応可能なほか、スマホホルダーの台座部分と、バッテリー部分がバラバラになるので、モバイルバッテリー単体として使うこともできます。

GOWORXのFREERIDEはGoProにおすすめ

GOWORXのFREERIDEは、ガッチリネジでの固定で安定感も高く、さまざまなサイズのスマホに対応できるのが特徴です。

スマホホルダーとしての利用はもちろん、今話題のアクションカメラGoProとの互換性があるため、Gopro用のハンドルや棒と組み合わせて使う事ができます。

自転車用スマホスタンドについてのまとめ

  • 自転車用スマホスタンドは「スマホホルダー」といい、自転車に乗りながら、スマホの地図を確認したり、急な着信を確認することができる便利なアイテムです。
  • スマホホルダーは「ながらスマホ」を推奨する商品ではありません。走行中の操作は絶対にしないように注意が必要です。
  • 角度調整機能や、スマホ自体に防水機能がない場合は、防水機能をもったスマホホルダーがおすすめです。ボトル固定タイプは盗難されにくいなど取り付け方式にも複数ありますので、ご自身の目的や用途にあったスマホホルダーを選ぶ事が重要です。