スマホを新しくした時などには、スマホケースをつけるか迷う人も多いでしょう。

また、なんとなく気分転換をしたくて、スマホケースを新調する人もいるでしょう。ここでは、スマホケースをつける人の心理、スマホケースの主流の手帳型と背面型のメリットやデメリット、おすすめの手帳型スマホケースや人気のブランドのスマホケースなどをご紹介します。

この記事を読むことで、スマホケースをどれにするかという迷いが解消されます。

スマホケースをつける人の心理

スマホケースをつける人の多くは、一番の理由に落とした時や持ち運びでの傷防止をあげるでしょう。

スマホは、強化ガラスの画面でそう簡単には割れません。しかし、落とした時には、運が悪いと画面の端の方からひびが入ることが多くあります。スマホケースをしていると、ひび割れや本体の傷はかなり防ぐことができます。

また、スマホそのままでは、他の人とデザインが全く一緒になってしまいます。そこで、スマホケースで自分だけのスマホにかえることができます

スマホをおしゃれにしたり、かっこよくしたりしたいなら、スマホケースはデザイン重視で選ぶ人も多いでしょう。

通販サイトのランキングなどを参考にすると、スマホケースには4000円以内の予算が一般的だと言えます。4,000円以上の予算のスマホケースを選ぶと、周りの人とかなり差をつけられるスマホになるでしょう。

スマホケースには手帳型と背面型がある

スマホケースの主流は、手帳型と背面型があります。女性には手帳型が人気、男性は背面型を選ぶ人が多い傾向にあります。

手帳型スマホケースは、バッグの中に入れても、ほかのものとぶつかってスマホが傷つくことがないでしょう。

また、両面を覆ってくれるカバーなので、より個性的なスマホにすることもできます。カラフルな手帳型ケースなら、バックの中で差がしやすくなるメリットもあるでしょう。

スマホをポケットに入れる人が多い男性では、スリムなままのスマホのほうが使いやすいでしょう。ですから、背面型を選ぶ人が多い傾向にあります。ポケットからの出し入れや体の傾きによっては、スマホが落ちて傷がつくことがあります。

最低限、衝撃を和らげるために、背面型でスマホの側面を保護できるし、他の人とケースのデザインで差をつけることもできるの十分でしょう。

しかし、スマホをケースなしで、そのまま使う人もいます。ケースなし派の人の中には、スマホケースのデメリットを気にしている人もいます。

手帳型のデメリット

手帳型スマホケースは、ほとんどのものがマグネットつきでしっかり閉じるようにされています。手帳型スマホケースを使う人は、スマホケースの中にカード類も入れている人が多いでしょう。

しかし、開閉のためのマグネットの磁気がカード類を狂わせてしまうことがあります。また、スマホの電波を弱くしてしまうこともあるともいわれています。

手帳型ケースは、特に熱がこもりやすい形です。スマホに使われるリチウム電池は、熱に弱い特徴があります。

熱によって、電池の消耗が早くなるだけでなく、最悪の場合には急な電池の劣化で爆発事故などにつながった事例もあります。

一般的な手帳型のスマホケースは、電話応対するのにカバーを開けなくてはいけません。この動作により対応が遅れ、電話に出られなくことが多くなるでしょう。

また、手帳型スマホケースは、デザイン上どうしてもスマホが分厚くなってしまいます。スタイリッシュさが失われると感じる人もいるでしょう。

背面型のデメリット

背面型スマホケースは、主にハードケースとソフトケースに分けられます。背面型ハードケースは手帳型と同じく背面のスマホとケースの密着度が高いので、熱がこもる恐れがあります。

手帳型のスマホケースと同じデメリットがあります。また、スマホを落とした時には、スマホが無事でもケースが割れたりかけたりすることも多く、耐久性が微妙でしょう。

背面型のソフトケースは、種類が少ないというデメリットもあります。また、色が変色したり、火や熱に弱かったりすることがあるでしょう。

手帳型スマホケースのおすすめ

デメリットも承知のうえでも、デザインにこだわって手帳型スマホケースを選びたい人も多いでしょう。ここでは、予算4000円ほどで、女性・男性別におすすめをご紹介します。

女性におすすめの手帳型スマホケース

DeftD iPhone 6 Plus / iPhone 6S Plus 用 ケース 本革 レザー 手帳型 携帯 カバー シンプル ビジネス風 耐衝撃 マグネット無し開閉

シンプルで薄型な手帳型スマホケースで、マグネットもついていません。iPhoneだけでなく、XperiaやAQUOSに対応する形もあります。

また、カラーはダークな男性にも合うものを含めて、6色展開されています。背面を折り返せば、便利にスタンドとしても使えるでしょう。お得なお値段で丁寧なつくりとレビューでも高評価です。

*ワンポイント*
価格は1,400円ほど
手帳型でも厚くならずスタイリッシュ、マグネットなしで安心して使えるケース

 

iPhoneX 手帳型 ケース [デザイン:4.壁の上の猫] 猫 アイフォン スマホ カバー

キャリアの主なスマホはもちろん、ZenfoneやDIGNOなどSIMフリースマホ用も揃っているスマホケースです。

人気の猫がプリントされたケースは、個性的でおしゃれ、大好きな猫をいつも眺められるおすすめの手帳型スマホケースです。猫を題材にした18種類から選べるのも魅力です。

*ワンポイント*
価格は3,000円ほど
さまざまな機種に対応、種類も18種類の猫があるおすすめ!

男性におすすめの手帳型スマホケース

iPhone8 / iPhone7ケース 手帳型,ワイヤレス 充電対応 マグネットなし 本革 レザー カード収納 スタンド機能

こちらの手帳型スマホケースも、マグネットなしで安心して使えます。ワイヤレス充電にも対応しています。2トーンのケースが、さりげなくおしゃれな雰囲気でしょう。

本革の手になじみのいいケースで、幅広い年代の人におすすめできる手帳型スマホケースです。

*ワンポイント*
価格は4,000円ほど
本革の高級感とマグネットなしで実用性も高い落ち着きのあるカラーの一品!

「UK Trident」本格デニム 手帳型アイフォンケース

iPhone Xのほかに6 PLUS/6s PLUS、6/6s、7/8、7 PLUS/8 PLUSなどが揃うおしゃれな手帳型スマホケースです。ほどよいダメージを施されたところもポイントです。

マグネットがついていますが、収納したカードに影響がないようにサイドにつけられています。厚みは出てしまいますが、手になじむ素材でしょう。

*ワンポイント*
価格は3,000円ほど
個性的な手帳型スマホケースで、厚みがあってもいいならおしゃれでおすすめ!

ブランドのスマホケースのおすすめ

スマホケースを選ぶのに、予算に関係なく趣味に合うもの、またはおしゃれなものが欲しいと思う人もいるでしょう。ここでは、おすすめのブランドのスマホケースをご紹介します。

女性におすすめのブランドのスマホケース

[アイフォリア]iPhone 7 Plus/8 Plus対応 Parfum au Portable Flower Bouquet Pink for iPhone 7Plus/8Plus

高級ブランドのパフュームやネイルカラーのパッケージをモチーフにしたスマホケースで有名になったブランドです。ドイツのファッションデザイナーが、スマホがファッションアイテムにもなるようにドレスアップできるケースをデザインしています。

女子が好きなカラーやデザインばかりで、迷ってしまうほどかわいいものが揃っています。

*ワンポイント*
価格は6,000円から8,000円ほど
セレブからも愛されるおしゃれでかわいいスマホケース!

kate spade(ケイトスペード) iPhone X ハードシェルケース クリア x グリッター・シューティングスター

ボーダーやドット、花柄など女子の好きな柄ばかり集まりスマホケースでも人気のケイト・スぺードは、学生からOLまで幅広い人におすすめです。背面型も手帳型もあり、形も好きなものが選べるでしょう。

*ワンポイント*
価格は6,000円から10,000円ほど
バッグや腕時計などとあわせてコーデもできる人気のブランドでおすすめ!

男性におすすめ

Orobianco] オロビアンコ iPhoneケース メンズ iPhone7 アイフォンケース 手帳型

本格的なイタリアンレザーでできたスマホケースは、一瞬お財布と見間違うでしょう。

スナップ留めなので、カードへの影響などがありません。また、カードケースの裏にはお金を挟むこともできます。近くまでの外出なら、これひとつで間に合いますし、おしゃればアイテムでもあります。

*ワンポイント*
価格は8,000円ほど
スマホケースらしくないおしゃれさ、プラス実用性もあるおすすめの一品!

 

LOUIS VUITTON ルイヴィトン フォリオ モノグラム IPHONE X M63443

本格的な高級ブランドのスマホケースがいいという人もいるでしょう、定番のルイヴィトンのケースは、薄型で軽量です。高級ブランドらしい上質なケースは、男性だけでなく女性にも素敵でしょう。

*ワンポイント*
価格は50,000円ほど
高級志向の人には定番のルイヴィトンのケースもおすすめ!

UVプリンタでスマホケース手作りもできる

自作のデザインなど完全オリジナルのスマホケースが欲しいなら、通販で注文してオリジナルを作ることもできます。

多くのショップでは、UVプリンタを使い、売っているものと変わらない品質のスマホケースをつくってくれます。

ひとつ2,000円弱からオーダーできるところもあるので、検索してましょう。

スマホケースをつける心理 メリットとデメリットとおすすめの解説まとめ

  • スマホケースをつける人の心理としては、スマホケースをつけるのは落とした時や持ち運びでの傷防止をあげるでしょう。
  • また、そのままでは、他の人とデザインが全く一緒になってしまいます。ケースで、スマホをおしゃれにしたり、かっこよくしたりできるでしょう。
  • スマホケースには4000円以内の予算が一般的だと言えます。それ以上の予算のスマホケースを選ぶと、周りの人とかなり差をつけられるスマホになるでしょう。
  • スマホケースの主流は、手帳型と背面型があります。手帳型スマホケースは、バッグの中に入れても、傷つくことがないでしょう。スリムなままのスマホのほうが使いやすいと思う人には、背面型を選ぶ人が多い傾向にあります。
  • 手帳型スマホケースは、開閉のためのマグネットの磁気がカード類を狂わせてしまうことがあります。また、熱がこもりやすい形なので、電池の消耗が早くなります。電話応対するのにカバーを開けなくてはいけないので、電話に出られなくことが多くなるでしょう。また、手帳型スマホケースは、デザイン上どうしてもスマホが分厚くなってしまいます。
  • 背面型スマホケースは、主にハードケースとソフトケースに分けられます。背面型ハードケースは、熱がこもる恐れがあります。ケースの耐久性も微妙でしょう。
  • 背面型のソフトケースは、種類が少ない、色が変色したり、火や熱に弱かったりすることがあるでしょう。
  • デメリットも承知のうえでも、デザインにこだわって手帳型スマホケースを選びたい人も多いでしょう。予算4000円ほどで、女性・男性別におすすめをご紹介するので、参考にして下さい。
  • ブランドのスマホケースなら、女性にはアイフォリアやケイト・スペードがおすすめです。男性には、オロビアンコやルイヴィトンがいいでしょう。
  • 自分でスマホケースをデザインしたいなら、通販でUVプリンタでのスマホケース手作りの注文がひとつからでもできます。