高級腕時計というと一般的に「ロレックス」や「オメガ」などの海外ブランドを思い浮かべるでしょう。国産の腕時計は手軽に身につけるものとして思われがちです。

しかし、日本の時計でも世界的に人気になっているブランドがあります。

それが、「グランドセイコー」です。時計好きの中高年には有名な高級ブランドで、最近はダルビッシュや大谷翔平などの人気野球選手などを広告塔にしたことで20代30代にも人気のブランドになっています。

ここでは、グランドセイコーが選ばれる理由、年代別おすすすめのグランドセイコーのモデルをご紹介します。世界を挑発するジャパンメイドの腕時計、グランドセイコーについてよくわかります。

世界に挑戦する国産最高級の腕時計グランドセイコー

初代のグランドセイコーが誕生したのは1960年。当時スイス製の腕時計が最高級品として日本人にとっても憧れの時計でした。

そんな中、「世界に挑戦する国産最高級の腕時計をつくる」という志で、これまで培ってきたセイコーの技術を最大限に活かしてグランドセイコーを作り上げました。その高精度な製品は、スイスの「クロノメーター検査基準」に準拠したモデルとして販売されました。

クロノメーター規格とは時計業界ではもっとも権威のあるスイス公認の規格で、精度や正確性に信頼性があると認められたモデルのみに与えられています。

初期のグランドセイコーの製品には、このクロノメーター規格の認定マークが表示されたいましたが、現在の製品には表示されていません。それは、クロノメーター規格を上回る独自の「グランドセイコー規格」を打ち立てたためです。

1969年、セイコーは世界初のクオーツ式の時計を発売しました。リーズナブルな価格で高性能のクオーツ式の時計は「クオーツショック」とも呼ばれ、世界の時計市場に大きな波乱を生み出しました。

機械式の高級時計ブランドにとっては大きな打撃となりました。それは、グランドセイコーも同様でした。自ら開発した技術が自社の高級時計の売上に悪影響を及ぼしました。

多くの時計メーカーがクオーツ式の時計に移行するなかロレックスなど一部のブランドは、かたくなに機械式の時計にこだわり続けました。その姿勢が、高級時計としてのイメージを保ち続けたと言えるでしょう。

グランドセイコーはクオーツ式の腕時計の製造を開始しましたが、1993年「クオーツを超えたクオーツ」9Fクオーツを誕生させました。これまでの「薄くて軽い」というクオーツのイメージを一変させました。

さらに、長年にわたり研究されていた機械式時計とクオーツ式時計を融合させた「スプリングドライブ」も登場し、世界が認める高級ブランドとしての地位を築き上げました。

時計業界の現在の動向 時計界の世界三大ブランドについて紹介
時計のランクとは 世界三大時計と五大ブランド解説
世界三大時計のブランドの歴史とブランドごとの代表的なモデルの解説
セレブが愛用する腕時計の特徴や有名人と高級腕時計ブランドの解説

グランドセイコーの魅力

グランドセイコーの魅力は大きく3つあります。

グランドセイコーの技術力の魅力

グランドセイコーのクオーツ式の時計は機械式のような太くて重々しい針がついています。従来のクオーツ式では重い針を動かすことは不可能でした。

グランドセイコーは、さまざまな技術を駆使してクオーツでありながら機械式の雰囲気を醸し出すことに成功しました。さらに、年±10秒の誤差という画期的な精度を実現しています。

ロレックスに優るとも劣らない技術力はグランドセイコーならではの魅力です。

グランドセイコーのデザインの魅力

グランドセイコーのもうひとつの魅力は、「セイコースタイル」と呼ばれているデザインです。時代に流されない「燦然と輝くウオッチ」を実現させるためにさまざまなデザイン要素を取り入れ、シンプルで美しい時計を実現させています。

グランドセイコーの視認性の魅力

グランドセイコーは、常に「正確に時刻を示すこと」「時刻が読み取りやすいこと」「一生安心して愛用できること」を目指して製品を開発しています。

グランドセイコーの文字盤には、余計な装飾品は一切ありません。針や文字盤は立体感があり、より視認性を高める工夫がされています。

「シンプルで見やすい」のもグランドセイコーの魅力です。

腕時計 セイコー グランドセイコーの歴史と特徴、価格帯の解説

グランドセイコーはおしゃれな印象がある

グランドセイコーは国産ブランドなので、高級な腕時計ながらどこでつけても嫌味のない腕時計でしょう。また、爆発的な流行で誰でもつけているような派手さを一切感じさせない腕時計でもあります。

ブランド名のみで選んだような印象がなく、落ち着きのあるデザインでもあるので、ビジネスでも上品なおしゃれをしている好印象を与えるでしょう。

日本初だけでなく、世界初の技術も生み出してきたセイコーの最高峰と言えるグランドセイコーは、日本が誇るブランドのひとつともいえるでしょう。ちなみに、価格帯としては、タグホイヤーやオメガなどと同じくらいです。

グランドセイコーの誕生は1960年

セイコーは、服部時計店として1881年の創業から始まっています。1960年、世界最高級の腕時計を作るという決意から、グランドセイコーが誕生しました。

グランドセイコー初の腕時計は、日本で初めてスイスの基準を満たすハイクォリティーなものでした。それ以来、グランドセイコーはデザイン理念「セイコースタイル」を築き、こだわりのムーブメント開発を続けています。

今では、セイコーの他のコレクションラインとは切り離し、グランドセイコーは独自のスタイルを確立しています。

グランドセイコーがおしゃれな理由 年代別にオススメのモデル

20代におすすめのグランドセイコーのモデル

グランドセイコーの中でも比較的低価格で20代のビジネスシーンにも似合うのは、ベーシックなメタルベルトのクォーツ腕時計でしょう。

クォーツでも高い技術力を発揮し、世界初のクォーツの腕時計を送り出したセイコーだからこそのチョイスとしてもおすすめです。デザイン的にも、青緑の文字盤がさわやかな印象が20代にぴったりのおしゃれさでしょう。

SBGV239

クォーツながら独自開発のクオリティーの高いムーブメントを使用、細部までこだわった仕上がりの一品は、ビジネスでもフォーマルでも対応できる腕時計でしょう。

グランドセイコーのよさに触れる最初の腕時計として、おすすめです。

*ワンポイント*
価格は32万円
比較的低価格ながらグランドセイコーの所有感も満たされるおすすめ

30代におすすめのグランドセイコーのモデル

社会的ステータスも自分自身のスタイルも確立されてきたおしゃれな30代におすすめしたいのは、グランドセイコーのスポーティーな腕時計です。

機械式自動巻きでシースルーバックなので、腕時計の精巧さも楽しめる一品です。

SBGJ231

深みのあるおしゃれなセイコーブルーの文字盤は、月明かりに照らされた雪山をイメージしています。落ち着いたオレンジ系の秒針がポイントになり、スポーティーなモデルながらスポーティーすぎない落ち着きもあるおすすめのモデルです。

*ワンポイント*
価格は67万円
落ち着きのあるスポーティーな機械式腕時計で時計の楽しさも感じるおすすめ

40代におすすめのグランドセイコーのモデル

40代におすすめのグランドセイコーは、正統派のドレスウォッチとしても使える一品でしょう。

黒のクロコダイルベルトにイエローゴールドのケース、クラシックなデザインの腕時計は、一生モノの腕時計として活躍できるおすすめです。

SBGW238

おすすめのグランドセイコーは、ドレッシーな見た目だけでなくムーブメントもハイクォリティーな一品です。スイスメイドの最高級腕時計でも使われるひげゼンマイを使ったスプリングドライブムーブメントを搭載しています。

安定した動きを約束するだけでなく、動力の持ちもよくなっています。ベーシックなデザインなので、フォーマルなタキシードなどとのコーディネートもしやすい腕時計です。

*ワンポイント*
価格は145万円
ドレスウォッチとして一生使えるおすすめの高級腕時計

カジュアルでも映えるグランドセイコー

限定商品ではありますが、グランドセイコーでも本格的なスポーツタイプデザインの腕時計も発表します。グランドセイコーの独自開発ムーブメント9Sメカニカルの開発20周年記念モデルです。

SBGJ229

ベルトのブルーの部分はセラミック製で、セイコーのこだわりのブルーが出しにくい素材ですが、綺麗な発色に仕上がっている一品です。

グランドセイコーには珍しいタイプなので、所有感も満たされる一品でしょう。文字盤の模様や針なども特別仕様、搭載ムーブメントはグランドセイコーの最高峰の一品です。腕時計に強いこだわりを持つ人にもおすすめできるグランドセイコーです。

*ワンポイント*
価格は155万円
限定で8月発売のグランドセイコーでは珍しい本格的なスポーティーデザインがおすすめ

グランド セイコーについてのまとめ

  • グランドセイコーは国産ブランドで、高級な腕時計ながらどこでつけても嫌味のない上品なおしゃれを演出する腕時計でしょう。日本初だけでなく、世界初の技術も生み出してきたセイコーの最高峰と言えるグランドセイコーは、日本が誇るブランドのひとつともいえるでしょう。
  • セイコーは、服部時計店として1881年の創業し、グランドセイコーは1960年、世界最高級の腕時計を作るという決意から誕生しました。今では、他のコレクションライトは切り離して、独自に展開されています。
  • グランドセイコーで20代におすすめのモデルは、世界初のクォーツ時計を生みだしたセイコーだからこその高級クォーツ腕時計【SBGV239】でしょう。比較的安価でさわやかな青緑の文字盤がおすすめです。
  • 30代には、スポーティーな機械式腕時計【SBGJ231】です。スポーティーすぎない落ち着きもあるおすすめのモデルです。
  • 40代におすすめのモデルは、正統派のドレスウォッチとしても使える一生モノの【SBGW238】です。ドレッシーな見た目だけでなく、セイコーの技術力を結集したムーブメント搭載のこだわりの一品です。
  • カジュアルでも映える限定商品のグランドセイコーは、本格的なスポーツタイプデザインの【SBGJ229】もおすすめです。セイコー独自のムーブメント開発20周年記念モデルは、ムーブメントはもちろん、メタルとセラミックの組み合わせが珍しい一品です。