女性だけでなく、男性にとってもアクセサリーのひとつとも言える腕時計は、こだわって選ぶ人も多いでしょう。腕時計は、ブランドから機能までさまざまなものがあり、迷うことが多いはずです。

一生モノと言われる腕時計が似合うのは、一般的には40代と言われています。ここでは、40代が一生モノのうでとけいを買う一番いい年代の理由、男女別一生モノの腕時計を選ぶポイント、男性女性それぞれにおすすめの一生モノ腕時計のブランドをご紹介します。

この記事を読むことで、将来の目標に、また40代での購入の参考にして、気になるブランドを絞り込めます。

40代は一生モノの腕時計を買うには一番いい年齢

40代になった男性、女性は、社会的なステータスがアップして、仕事で重要なポジションになっているでしょう。

すると、仕事で大切な場所に出向くことやフォーマルなイベントに出席することも増えます。腕時計は、社会的ステータスを表すアイテムでもあります。

20代や30でしていた腕時計よりも、ランクアップした一生モノを身に着け始めるベストタイミングでしょう。若い年代の時のように、高級腕時計が一点豪華主義にみえたり、周囲からみて嫌味・自慢げに感じられたりすることありません。

40代男性で一生モノの腕時計を選ぶ時のポイント

まずは、40代男性の一生モノ腕時計の選び方のポイントは、ドレスウォッチに準じるのもおすすめです。

ドレスウォッチとは、パーティーなどのフォーマルな場所につけための腕時計の基準の腕時計です。ドレスウォッチの基本は、「黒革ベルト・白文字盤・2針(秒針なし)」とされています。

実際には、こだわりのブランドやタイプがある人もいるので、ベルトはメタルを、またスポーツタイプをフォーマル使いにする人も多くいます。

比較的腕時計の選び方は幅広くなっていますが、一生モノの腕時計でこだわってほしいポイントが3つあります。

アナログ時計を選ぶ

一生モノの腕時計では、カジュアルさを避けられないデジタルよりも、断然アナログ時計がおすすめです。仕事でもフォーマルでも使いやすいです。

正式なドレスウォッチのように、秒針なしまでこだわるのもいいですが、今では意外と秒針なしの腕時計は少なくなりつつあります。ですから、アナログであれば針の数までは気にすることもないでしょう。

機械式時計の種類と選ぶ際のポイントを解説 価格別のおすすめを紹介
機械式時計の時間合わせとカレンダー合わせをする方法を解説

文字盤はシンプルなものがよい

こだわりがある人の中には、文字盤も凝ったデザインのものを探す人もいるでしょう。

しかし、1本のみの一生モノの腕時計なら、文字盤はシンプルなものの方がどんなファッションでも、シーンでも合わせやすいこと間違いなしです。自分好みの凝ったデザインの文字盤は、2本目以降のサブ腕時計に選ぶのがいいでしょう。

ちなみに、腕時計の文字の中では、ローマ文字の数字が一番エレガントだとされています。

腕時計の文字盤の重要性と基礎知識 修理方法の豆知識の解説

年代、立場に相応しいものを選ぶ

一言に一生モノ高級腕時計と言っても、値段には幅があります。一生モノの腕時計のブランド選びで大切なのでは、年代と立場にふさわしいものを選ぶことです。

値段がすべてではないですが、ブランドによりある程度の価格帯はあります。背伸びをした腕時計ブランドを選ぶと、ファッションやTPOと合わない腕時計になってしまうこともあります。

一般的に自分の年代に合うといわれるもので、自分自身の社会的ステータスも考慮して好みのものを選ぶのがおすすめです。

大人の時計を選ぶのに必要な条件 年代・性別別のおすすめモデル
男性におすすめの腕時計9選 価格やステータスと合わせて年代別に紹介

40代女性で一生モノの腕時計を選ぶ時のポイント

対して、40代の女性の一生モノの腕時計では、どんな選び方のポイントがあるでしょうか?

男性のようにドレスウォッチに準じたものを選ぶのもいいですが、女性らしい一生モノの腕時計にしたいなら、女性ならではのポイントで選ぶのもいいでしょう。

ブレスレットタイプのベルトを選ぶとよい

女性も40代になれば、フォーマルなシーンが増えることでしょう。そんな中、女性の腕時計は、男性の社会的ステータスの象徴というよりもファッションアイテムのひとつと考えるのがいいでしょう。

ファッションコーディネートになじむことを考えると、女性の一生モノの腕時計には、ベルトタイプではなく、ブレスレットタイプのものを選ぶのがおすすめです。

腕時計とブレスレットの重ねつけの注意点とおしゃれなポイント
モテる時計ブランドと女性がおしゃれと感じる時計選びのコツの解説

エレガントな雰囲気が出るもの

40代の女性のファッションは、20代や30代女性よりもエレガントさが重要になります。ですから、40代女性の一生モノの腕時計は、エレガントなファッションになじむものがおすすめです。

ブレスレットタイプでなくて、革やメタルベルトの腕時計でもエレガントな雰囲気の腕時計はたくさんあります。

若い時よりはファッションのクオリティーもアップしている40代なので、自分自身の全身コーディネートを考えて、バランスのいい一生モノの腕時計を探しましょう。

腕時計の革ベルトの魅力と夏でも革ベルトを楽しむ方法の解説
腕時計の革ベルトを長持ちさせる手入れの仕方と注意すべき点を解説
腕時計のサイズについて ベルトとケースの役割と適切なサイズを解説

40代の男性におすすめの腕時計ブランド

ここでは、幅広い層の40代男性におすすめしたい一生モノの腕時計をご紹介します。気になるブランドが見つけられます。

高級時計の王道ロレックス

ロレックスは、高級腕時計ブランドの中でも王道と言われます。

王道のブランドなので、すべての年代の男性に人気ですが、ロレックスの中でも一生モノの腕時計に値するのはスポーツタイプでしょう。

ロレックスの魅力を紹介 ロレックスの歴史、逸話などを詳しく解説

ロレックス コスモグラフ デイトナ

ロレックスのスポーツタイプの中でも、最も人気で高価なのがこのモデルです。

持っていると資産価値が上がると言われるほどで、所有感を十分に満足させてくれます。他のロレックスモデルに比べて、圧倒的に流通量が少ないところも、他人と被ることが少なく一生モノの腕時計とするのにいいでしょう。

価格帯は、最もシンプルなもので250万円ほどから、ダイヤモンドやゴールドを使ったゴージャスなものは1,000万円を超えるものまであります。

腕時計 ROLEX デイトナ の歴史と特徴、価格帯の解説

存在感を示したいならオメガ

スポーツタイプで20代や30代からも人気のオメガですが、40代におすすめしたいのはベゼルがなくすっきり洗練されたデザインのモデルです。

腕時計ブランド OMEGA(オメガ)の特徴と歴史、価格帯の解説

オメガ シーマスター アクアテラ

大人の趣味であるヨットのラグジュアリーな時間をイメージして作られたモデルで、若い人に人気のスピードマスターやシーマスターよりも価格帯もアップしてます。

すっきりしたデザインながら、オメガの最新機能を搭載した腕時計でもあり、メカニックなものが好きな人にもおすすめできます。フォーマルなシーンにも対応できるデザインが、まさに一生モノでしょう。

クォーツ式と自動巻きがありますが、一生モノには自動巻きがおすすめです。価格帯は、50万円ほどから、革ベルトのモデルも豊富にあります。

腕時計 オメガ シーマスターの歴史と特徴、価格帯の解説

スポーツウォッチとしても知名度の高いタグ・ホイヤー

オメガを抜き去る勢いで、再び人気がアップしてきているのが、タグ・ホイヤーです。スポーツウォッチとして知名度が高いですが、その中でもモータースポーツモデルが人気です。

腕時計ブランド TAG HEUER(タグ・ホイヤー)の解説

タグ・ホイヤー カレラ

カレラは、タグ・ホイヤー自社のムーブメントを搭載したモデルです。常に最新技術を追求するタグ・ホイヤーらしいモデルでしょう。

カレラの中でも上位モデルは、ポイントカラーに赤を使ったカジュアルなものもあります。自分のスタイルに合ったものを選べるでしょう。

価格帯は、30万円ほどから70万円ほどです。

タグ・ホイヤー CARRERAの歴史と特徴、価格帯の解説

世界三大時計の一つオーデマ・ピゲ

他のおすすめブランドの上をいく、超高級腕時計ブランドが「オーデマ・ピゲ」です。1875年に創業した老舗ブランドで、ハリウッドセレブにも人気です。

腕時計ブランド オーデマピゲの特徴と歴史、価格帯の解説

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

スポーツウォッチをフォーマルウォッチに引き上げたと言われるのが、ロイヤルオークです。セレブや成功した経営者に大人気のモデルです。

一生モノの腕時計の中でも特別感のあるものです。一生モノにするなら、自動巻き(オートマティック)を選びましょう。価格帯は、シンプルなもので250万円ほどからになります。

腕時計 AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)ロイヤル オークの解説

40代女性におすすめの腕時計ブランド

次は、40代女性におすすめの一生モノの腕時計ブランドです。

独創性の高いハミルトン

アメリカの老舗腕時計ブランドであるハミルトンは、クールな女性に似合うブレスレットタイプの一品がおすすめです。

腕時計ブランド ハミルトンの歴史と特徴、価格帯の解説

ハミルトン アメリカン クラシック

小型でクラシックながらクールな輝きを放つ腕時計は、ビジネスシーンにもぴったりな一生モノでしょう。

低価格ながら、他の人とかぶる確率が低いのもおすすめの理由です。価格は、約6万円です。

腕時計 ハミルトン アメリカンクラシックの解説

洗練された魅力を持つグランドセイコー

注目度が高まっている国産腕時計ブランドからは、日本が世界に誇る高級ラインのグランドセイコーからおすすめです。

腕時計 セイコー グランドセイコーの歴史と特徴、価格帯の解説
グランドセイコーがおしゃれな理由 年代別にオススメのモデル

グランドセイコー STGF285

ベーシックなデザインだからこそ、一生モノとしてビジネスにプライベートに使える一品です。文字盤の淡いピンクが女性らしさをアップしてくれます。

価格は33万円で、カラーバリエーションがあります。

ジュエリーブランド最高峰のカルティエ

カルティエは、言わずと知れた有名ジュエラーですが、ジュエラーの中でも腕時計で経験が一番長いブランドです。

それゆえに、カルティエの腕時計は女性から大人気です。

腕時計ブランド CARTIERの特徴と歴史、価格帯の解説

カルティエ バロン ブラン ドゥ カルティエ

スタイリッシュなビジネス向きのモデルも多いカルティエの腕時計ですが、一生モノにはジュエラーの良さも兼ね備えたゴージャスな一品がおすすめです。

どの角度からでもまばゆい輝きを放つブレスレットタイプで、フォマルパーティーでも活躍するでしょう。価格は、最もシンプルなモデルで450万円ほどです。

腕時計 CARTIER バロン ブルー ドゥ カルティエの解説

老舗ブランドのショパール

ジュエラーとして知名度が高いショパールですが、ブランドの始まりは腕時計ブランドでした。卓越した技術力とデザイン力が魅力のショパールも、一生モノにいいでしょう。

ショパール ハッピーダイヤモンド

文字盤の周りをダイヤモンドがスイングするモデルは、ショパールの腕時計を有名にした一品です。

その中でベルトもローズゴールドのブレスレットタイプは、この上ない上品さとかわいらしさを備えているでしょう。

40代の腕時計についてのまとめ

  • 40代になった男性、女性は、社会的なステータスがアップして、仕事で重要なポジションになっているでしょう。ランクアップした一生モノを身に着け始めるベストタイミングでしょう。若い年代の時のように、高級腕時計が一点豪華主義にみえたり、周囲からみて嫌味・自慢げに感じられたりすることありません。
  • 40代男性の一生モノ腕時計の選び方のポイントは、アナログ時計を選ぶこと、文字盤はシンプルなものがよい、年代や立場に相応しいものを選ぶことです。
  • 40代女性で一生モノの腕時計を選ぶ時のポイントは、ブレスレットタイプのベルトを選ぶ、エレガントな雰囲気が出るものなどでしょう。
  • 40代の男性におすすめの腕時計ブランドには、高級時計の王道ロレックス、存在感を示したいならオメガ、スポーツウォッチとしても知名度の高いタグ・ホイヤー、世界三大時計のひとつであるオーデマ・ピゲなどがあります。
  • 40代女性におすすめの一生モノの腕時計ブランドでは、独創性の高いハミルトン、洗練された魅力を持つグランドセイコー、ジュエリーブランド最高峰のカルティエ、老舗ブランドのショパールなどがあります。