昔のガラケーは、ドコモ・AU・ソフトバンクなど大手キャリアから選ぶしか選択肢がありませんでしたが、スマホは大手キャリア以外からも購入できます。

選択肢が増えるのはユーザーにとってありがたいことですが、選択肢が多すぎて何を選んだらいいのか分からない人も多いでしょう。

ここでは2018年夏にドコモが販売するスマホのおすすめを紹介しているので、スマホ選びに迷っている人は参考にしてみてください。

ドコモ2018年夏おすすめスマホ

他のキャリアはiPhoneに力を入れていることも多いですが、ドコモはAndroidにも手を抜いていません。選べる機種が多いドコモなら自分に合ったスマホが見つけられるでしょう。

Xperia XZ1 Compactはドコモ限定

スマホは基本的にどのキャリアであっても同じものを販売していますが、この「Xperia XZ1 Compact」は特別な存在で、ドコモでしか買うことができません。

このスマホの主な特徴は「カメラ性能」と「処理能力の高さ」です。

高いカメラ性能によって、0.2秒という一瞬を6秒まで引き伸ばす「スーパースローモーション撮影」が可能になっています。これは、一秒間に960コマの撮影を可能にする「960fps」という規格で、一部の高価なデジカメにしか搭載されていない機能です。

また、自撮りを行うインカメラにも800万画素という高性能レンズを搭載しているので、SNSにアップするための美しい写真を撮影可能です。

さらに、画角も超広角となっていますので、複数人でセルフィーを撮影したいときにも腕を伸ばすだけで全員が写真に写ります。

処理能力は、前作のXperia Z5 Compact SO-02Hと比べて約2倍の速度を誇っています。これはCPUの進化と共にRAMの容量が2倍になったことも影響しています。

実質負担額が30,000円を切る低価格を実現しながら、高いカメラ性能と処理能力を両立しているスマホはなかなかありません。

「Xperia XZ1 Compact」は、安いスマホが欲しいけど性能が低すぎるスマホは嫌だ、というわがままな人でも満足できるスマホになっています。

スマホ Sony/Xperiaの歴史と特徴 価格帯の解説

ドコモで人気AQUOS sense SH-01K

「AQUOS sense SH-01K」は、高画質な液晶テレビで有名なAQUOSのディスプレイを採用しているスマホです。「IGZO液晶ディスプレイ」と呼ばれる特殊な液晶を使っているので、写真や動画をより鮮明な色で表現できるのが特徴です。

液晶へのこだわりは、目に優しい使用にも現れています。ブルーライトを抑える「リラックスビューモード」を搭載しているので、スマホのいじり過ぎで夜でも目が冴えてしまう心配が減ります。

また、高精細なディスプレイでありながらも消費電力が少ないという、いいとこ取りのシステムなので他の機種に比べて電池持ちが良いのも大きなメリットと言えるでしょう。

多くのAndroid機種では、背面に搭載している指紋認証センサーを前面に採用しているので、iPhoneのようにスムーズなロック解除が可能になっています。

防水規格はIPX8相当となっており、水深1.5mに30分間放置しても機能に問題が無い仕様です。雨の中でも安心して通話できますし、食器を洗っている濡れた手でスマホを操作しても壊れる心配がありません。

防塵規格は最高レベルのIP6X相当となっており、本体内部に一切粉塵が入らない仕様です。子供が砂場で遊んでいるところをスマホで写真撮影しているときでも、内部に砂が入る心配が無いので撮影に集中できるでしょう。

実質負担額は30,000円を少しだけ上回る程度の安さを実現しています。安くても画面の美しさには定評のあるモデルなので、目に優しいスマホを探している人にオススメです。

スマホ SHARP/AQUOSとは 歴史と特徴 価格帯の解説

上級者向けGalaxy Note8 SC-01K

「Galaxy Note8 SC-01K」は、韓国のサムスン電子が開発しているスマホのブランドから発表されている、ハイスペックスマホとなっています。

大きな特徴としては「6.4インチの大画面液晶」「デュアルカメラ」「光学手ブレ補正」「圧倒的な処理能力」が挙げられます。1つずつ詳しく見ていきましょう。

iPhoneシリーズでも6以降は「Plus」がラインナップされるようになり、スマホの大画面化が急速に進行しています。小さいとされるスマホでも4.7インチ程度の画面サイズで、6インチを超えるサイズも一般的になっています。

Galaxy Note8は6.4インチという、タブレットとスマホの中間とも言えるサイズを採用しています。画面が大きくなるほど一度に表示できる情報量が増えるので、ネット検索でもSNSでも快適に操作できるというメリットがあります。

また、近年では通信回線の高速化により、スマホでの動画視聴がドンドン増えています。外出時も大きな画面のスマホで動画を見たいというニーズにも応えているのです。

このスマホは、「デュアルカメラ」と「光学手ブレ補正」という機能を搭載しカメラ性能でも他のスマホを圧倒しています。

一般的なスマホはレンズが1個しかありませんが、「デュアルカメラ」は2個のレンズを搭載しています。2個のレンズの内、1つは広角用、もう1つは望遠用のレンズになっています。

この2つのレンズがあることによって、まるでデジタル一眼レフカメラのような「ボケ感」を実現しています。自分物などの重要な被写体は鮮明に撮影し、背景をボケさせることで、フォトジェニックな写真を撮影できます。

しかも、この撮影は特に設定や操作が必要なく、ユーザーはスマホのシャッターボタンを押すだけで美しい写真が撮影できます。

このデュアルカメラに「光学手ブレ補正」が加わり、ズームをしているときでも写真がブレる心配なく被写体を捉えることに集中できます。

スマホの処理能力に大きく関わるRAMに6GBという容量を採用しているので、低価格帯スマホとは比較にならないほどの高速な処理を実現しています。

最近ではスマホで高画質の動画を閲覧する機会も多いですし、多くのプレイヤーが同時にプレイするオンラインゲームアプリも増えています。

低スペックのスマホで高画質動画を閲覧しようとすると、本来の高画質を楽しめないどころかカクカクした動きになってしまい、まともに動画内容が把握できません。オンラインゲームアプリでは、同時にプレイしている他のユーザに迷惑をかけてしまうこともあります。

ネット環境やアプリが進化しているのに合わせて、スマホもドンドン高性能になっています。毎年のように新しいスマホに機種変更するべきとは言いませんが、数年間同じスマホを使う予定ならば、Galaxy Note8 SC-01Kのようなハイスペックスマホを選んでみても良いでしょう。

実質負担額は80,000円を切る程度となっており、ちょっと良いパソコンが買えるくらい高額なのが弱点です。しかし、毎日数時間スマホを使うようなヘビーユーザーは、少しでも快適なスマホライフのために「投資」をしてみても良いのではないでしょうか。

スマホ SHARP/AQUOSとは 歴史と特徴 価格帯の解説

高齢者におすすめドコモのシニアスマホ

ここ数年、大手キャリアの数分の1の料金で使える「格安SIM」が盛り上がっていますが、業界大手のドコモには「安心」や「サポート」という大きなメリットがあります。

電子機器が苦手な高齢者に対して、スマホ教室を開催するなど、手厚いユーザーサポートを行っています。さらに、「らくらくスマートフォン」という誰でも簡単に操作できるスマホをラインナップしているのも特徴です。

実は、これらの高齢者向けスマホはそれほど儲かりません。しかし、スマホなどの通信機器は現代社会において重要なインフラの1つになっています。誰もが時代に取り残されることの無いように手助けするという、通信会社の責務を果たしていると言えるでしょう。

らくらくスマートフォン me

「高齢者には通話だけできるガラケーを使ってもらえばいいのでは?」という人に検討して欲しいのが、らくらくスマートフォンmeです。

通話さえできれば家族との連絡には困りませんが、高齢者にもインターネットに繋る環境は必要です。らくらくスマートフォンには、「らくらくホンセンター」という分からないことがあったらすぐにオペレーターに電話で相談できる機能があります。

初めてガラケーを渡したときのように、付きっきりで教える必要が無いので、ご家族の負担も非常に軽くなるでしょう。

カメラが優秀ドコモのおすすめ

一昔前のスマホは、インターネットの閲覧がメインの機能でしたが、最近ではSNSの発達に合わせてカメラ性能が飛躍的に強化されています。

カメラ性能が優れたスマホならば、安価なデジカメよりも美しい写真を撮ることも可能になっています。

iPhone8(Plus) / X

iPhoneシリーズの最新作である、「iPhone8 Plus」と「iPhone X」はカメラ性能においても、過去のiPhoneとは比較にならないほど進化しています。

カメラの画質は1,200万画素を誇り、デュアルレンズによって「ポートレートモード」が使えます。ポートレートモードは文字通り人物を撮影する際に役立つ機能で、高価な一眼レフカメラのようなボケ感を演出してくれます。

また、光学手ブレ補正機能もありますので、これまでのスマホ動画撮影にありがちだった酔ってしまうような映像を防止できます。

スマホ アップル/iPhoneとは 歴史と特徴 価格帯の解説

Galaxy S8

Galaxy S8のカメラで特筆すべき点は、「夜景の美しさ」と「素早いオートフォーカス」になっています。

暗い場所での撮影能力を示すF値が、先ほど紹介したiPhoneよりも高い「1.7」というレンズを搭載しているので、夜景や薄暗い飲食店の店内でもチラつきの少ない美しい写真を撮影可能です。

また、ピント合わせを行うセンサーを広い範囲に搭載しているので、被写体にピントを合わせるまでの時間が非常に短く済みます。これにより、動きのある人物や動物を撮影するときにも、すぐにピントを合わせて鮮明な写真を残すことができます。

現在ではS9(S9+)という最新機種も発表されており、こちらはF値1.5という高級一眼レフカメラに劣らないレンズを搭載しています。暗所でのカメラ性能では、他のスマホが足元にも及ばないほどの性能なので、カメラにこだわりたいという人は購入を検討してみてください。

サムスン/Galaxyの歴史と特徴 価格帯の解説

 docomo 2018おすすめ まとめ

  • ドコモにはAndroidの機種ラインナップが多い
  • 高齢者でも簡単に操作できる「らくらくスマホ」も存在する
  • カメラ機能が優秀なドコモのスマホを探しているならiPhoneXかGalaxy S8がオススメ!