テレビをOFFにしている時や画面を違う角度から見た時に、汚れやほこりが気になることがあるでしょう。テレビの液晶画面は、薄いプラスチックやコーティングなどでできているため、掃除には細心の注意が必要です。

ここでは、テレビの掃除に使ってはいけないもの、テレビの画面掃除におすすめの方法とアイテム、100均でも買える掃除アイテムをご紹介します。正しい掃除方法で、あっという間にテレビ画面をきれいにできます。

テレビの掃除に使ってはいけないもの

画面の掃除の方法を間違うと、傷がついたり剥がれたりしてしまい、映像にムラや歪みができることがあります。買い替えるとなると数万円の出費になるので、特に新しいテレビの画面の掃除には気をつけましょう。

掃除に使ってはいけないものがいくつかあります。

しつこい汚れに使いがちなものの中に、アルコールがあるでしょう。アルコールは、画面のコーティングを剥がす可能性がとても高いので、使わないようにしましょう。同じように、除光液やベンジンなどの有機溶剤も使わないようにしましょう。

メガネ用クリーニング液やガラスクリーナーなどは、ガラス素材には向いていても、液晶に向いていません。ものによっては、研磨剤が入っていることもあり、液晶画面の細かな傷につながることが考えられます。

画面の掃除に使いがちなティッシュも、思ったよりも目が粗いものがあり、傷の原因になることが考えられます。また、ほこりが残ることも多いので、画面掃除にはおすすめできません。

できれば使いたくないものとしては、中性洗剤もあります。

中性でも、コーティングを剥がしてしまう可能性があるので、気をつけましょう。ただし、ひどい汚れに対しては、使い方によっては有効です。その使い方は、のちほどご紹介します。

テレビの画面掃除におすすめの方法とアイテム

繊細なテレビの液晶画面の掃除は、汚れやほこりを観察しながら段階的に進めていきましょう。すると、思わぬ傷や剥がれを防ぎつつ、きれいにすることができます。

基本は空拭き―マイクロファイバーのブラシ、クリーニングクロス

テレビ画面の汚れは、指紋や飛沫などが考えられるでしょう。掃除をする時には、電源をOFFにして、まずはどこが汚れているか確認します。また、電源をOFFにすることで静電気がおさまり、ほこりが取りやすくなるでしょう。

基本的には、「空拭き」がおすすめです。毛が柔らかいマイクロファイバーのブラシで全体の埃を払い、液晶用のクリーニングクロスなどの柔らかい布で拭きます。

あまり力を入れずに、画面の外に向かって一方向に拭いていくのがいいでしょう。汚れのポイントには、息を吹きかけながらクロスで拭くといいでしょう。

ひどい汚れは水かぬるま湯-雑巾やふきん、クリーニングクロス

それでも落ちない汚れがあるなら、水かぬるま湯で濡らして硬く絞った柔らかめの雑巾やふきんなどでさっと拭きましょう。

濡れた布拭いたあとには、すぐに乾いたクロスで拭き上げると綺麗に仕上がるだけでなく、液晶画面のダメージも防げます。

それでもダメなら?―液晶クリーナー、中性洗剤

さらに頑固な汚れがあるなら、専用の液晶クリーナーを使いましょう。

液体タイプのものとウェットシートになっているものなどが売られています。使いやすいのはウェットシートタイプですが、本格的に綺麗にしたい、または頑固なよごれなら液体がおすすめです。

子供落書きなど油性マジックなどの頑固なよごれがついてしまった液晶画面なら、濃度1%以下に薄めた中性洗剤の水やぬるま湯を使う方法もあります。

中性洗剤といえば、台所食器用洗剤を思い浮かべますが、中には弱酸性などのものもあります。使用前には必ず表記を確認するのがいいでしょう。拭くときには、優しく汚れのところだけを集中的にくるくると円を書くようになでるように拭きます。先ほど紹介した水拭きと空拭きの方法で仕上げれば、綺麗になるでしょう。基本的には洗剤などは使わない方がいいので、この方法は頑固な汚れに対して自己責任で試してみてください。

ちなみに、各メーカーでは空拭きかメーカーで発売している液晶クリーナーの使用を奨励しています。メーカーが出している液晶クリーナーは1,000~2,000円はしますが、万が一傷をつけたりして買い替えることを考えると、買ってもいいかも知れません。液晶クリーナーは、パソコンの画面の掃除にも使えるでしょう。

アイテムは100均でも入手可能

ここまででご紹介したテレビの液晶画面の掃除に使えるアイテムは、100均でも手に入るものばかりです。

ほこりを払うマイクロファイバーブラシ、柔らかい布の液晶クリーナー、1枚1枚が小さなサイズにはなりますが、液晶ウェットシートタイプクリーナーも売っています。家に中性洗剤がなければ、100均一でも台所食器用や部分洗濯用で中性洗剤が見つかるでしょう。

テレビの掃除の仕方 まとめ

  • テレビをOFFにしている時や画面を違う角度から見た時に、汚れやほこりが気になることがあるでしょう。
  • テレビの液晶画面は繊細にできているので、掃除は注意が必要です。
  • 画面に傷が入ったり、コーティングがはがれてしまったりする可能性から、テレビの掃除に使ってはいけないものとして、いくつかのアイテムがあります。
  • アルコール、除光液やベンジンなどの有機溶剤、メガネ用クリーニング液やガラスクリーナー、ティッシュ、中性洗剤は避けるべきでしょう。ただし、頑固な汚れに対しては、中性洗剤が有効なこともあります。
  • 傷などを避けるためには、テレビの画面掃除は段階的に、またそれに合ったアイテムを使うのがいいでしょう。
  • まずは、基本の空拭きで、マイクロファイバーのブラシ、クリーニングクロスなどを使います。それでも落ちないひどい汚れなら、水かぬるま湯に浸し硬く絞った雑巾やふきんと乾いたクリーニングクロスがいいでしょう。それでも落ちないならウェットシートタイプまたは液体スプレータイプの液晶クリーナー、油性マジックなどの頑固な汚れなら中性洗剤を使うのをおすすめします。
  • ここでご紹介した、テレビの液晶の掃除におすすめのアイテムは、100均でも入手が可能です。