ハンディスキャナ最大のメリットは、とても簡単に紙媒体とデジタル製品をつなぐことができる点にあります。ビジネスシーンで膨大なドキュメントや冊子を何冊も持ち歩くのは大変な労力です。

そんな時にあらかじめハンディスキャナで、タブレットやパソコンに必要な箇所を取り込んでしまえば、いつでもどこでもピンポイントで情報をチェックできます。

日常的に紙を使用することが多いなら、ハンディスキャナを利用してデジタル化をしてみてはいかがでしょうか。

書類や教科書といった紙媒体をデジタル化して、お手持ちのガジェットで閲覧できるようにしておくことで重たい荷物の軽量化にとても役立ちます。

最近では写真やウェブサイトのスキャンさえも容易にできる、高い認識精度を持つ高性能なハンディスキャナもリリースされています。

セカンドスキャナとして、ビジネスアイテムとして購入をご検討中の方に、今回は一台あるととても便利なハンディスキャナにフォーカスしてご説明いたします。

ペンタイプの軽量モデル製品もご紹介していますので、ビジネスマンはもちろんのこと、あらゆる方面での学習者の方も必見のトピックとなっています。

どのハンディスキャナにしようか製品選びに迷っている人はぜひ製品選びにお役立てください。

そもそもハンディスキャナとはなにか?

ハンディスキャナには、特別明確な定義があるわけではありません。一般的には手に握って使用するタイプの小型スキャナーをさします。

通常のスキャナーは 紙を本体にセットしてからオートマティックで読み取るタイプのものが多いです。

例えば コンビニエンスストアやスーパーマーケットのレジ横に設置されている、バーコードを読み取るマシーンが最もよく目にするハンディスキャナと言えるでしょう。

ご家庭でご使用のスキャナーとしては FAX読み取り装置の一部として、ノート型パソコン利用者が手軽に持つスキャナとして、またペンタイプの電子辞書の入力ガジェットとしてなど大変身近に使われています。

ハンディスキャナの特徴としては その名の通り手動で原稿を読み取るということです。携帯に便利で持ち運び可能なことから 別名「モバイルスキャナー」とも呼ばれます。

ハンディスキャナの多くはバッテリーや乾電池で作動するため、周囲にコンセントがないシーンでも使用可能です。

そして通常のスキャナーと異なり、紙を裁断して単体にせずともスキャンできるので、分厚い書籍などを電子化してスキャンできるるのでとても便利です。

驚くべきは壁などにかかっている写真や絵画なども、そのままスキャンできることです。

このようにどんなシーンでも手軽にスキャンできるハンディスキャナは、セカンドスキャナーとしてもおすすめです。

ハンディスキャナの選び方

ハンディスキャナを選ぶポイントとして大切なのは、スキャナ本体をパソコンに繋いで使用するのか、それともスキャナ単体で使用したいかのシーンに応じた使用方法で選ぶことです。

ハンディスキャナの選び方:用途

オフィスや自宅など、屋内でパソコンに直接繋いでの使用とは別に、取引先や屋外など出先へ持って行きたい場合はハンディスキャナ単体でも使用可能なタイプを選びましょう。

それ単体でも使用できるハンディスキャナは、電池を動力源としたり読み込んだデータを記録したりすることにより、パソコンとつなげずとも単独で使用可能です。

ハンディスキャナの選び方:サイズ

セカンドスキャナーとしてハンディスキャナを購入するなら、ハンディスキャナならではの携帯のしやすさという面から、なるべく軽い製品をおすすめ致します。

スティックタイプやボックス型など製品によってフォルムが違うため一概に比較はできませんが、基本的に小さいハンディスキャナの方が軽いため持ち運びには適しています。

ハンディスキャナの選び方:解像度

解像度とは1インチ幅でのドットの密度を表したもので 単位にはdpi(ドットパーインチ)が用いられています。

例えば300dpiなら”1インチの中に300ドットの表現が可能”という意味になります。

リーズナブルな価格帯モデルなら300dpiや600dpi、少し高価なもので900dpiに対応しています。

また、カラー写真の焼きましなどをする際には1200dpi程度が望ましいですが、書類などのデータ化なら300dpiで十分です。dpiが高ければいいと言うわけではありません。

カラー写真の焼き増しなどをする場合なら1200 dpi程度は欲しいところですが、書類などをデータ化する場合は300dpiでも十分です。

ハンディスキャナの選び方:機能

ハンディスキャナには Wi-Fiによるワイヤレス接続対応機種もリリースされています。スキャンしたデータを パソコンを介さずにスマートフォンやタブレットPCでの閲覧が可能です。

スキャンミスを防げるのも ハンディスキャナの魅力の一つでしょう。

また、データ共有はモバイル端末からクラウドストレージへ保存したり、メールなどに添付することで速やかに行えます。

煩わしいケーブルの持ち運び不要で 荷物のミニマム化にも繋がりますので 出先でのご使用が多い人にはぴったりのモバイルアイテムです。

ハンディスキャナは メーカーごとに特徴が異なる製品が多数出されています。

液晶ディスプレイを搭載したモデルなら パソコンを介さなくてもスキャンしてから読み取ったデータをすぐ確認できるのでとても便利です。

設置型シートフィードタイプとハイブリッド使用のハンディスキャナも発売されています。

普段は設置型として使いながら、必要な時にはハンディスキャナ部分を分離してスキャンするといった使い方ができます。

おすすめのハンディスキャナ

アイリスオーヤマ ハンディスキャナー HSC-A8

ビジネスシーンからプライベートのデータ管理まで幅広く活用可能。価格もリーズナブルなハンディスキャナです。

最大幅は54㎝、長さ120㎝まで読み取り可能。モノクロ・カラーの切り替えもOK。分厚い辞書から新聞までスキャン対象を選びません。

その他にも スキャンした画像をExcelやWordに貼り付け可能な「ピクチャーダイレクト機能」やスキャンした文字をテキストデータにできる「OCRダイレクト機能」などの様々な便利機能を搭載。ビジネスシーンでもプライベートでも活躍してくれます。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥6,980(2019/03/23 13:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

サンワサプライ 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040

シードフィードスキャナとハンディスキャナの一台二役をこなします。

通常のハンディスキャナとしての使用はもちろんのこと、ドックと合体させてシードフィードスキャナとしても使用することができます。その際は用紙をセットするだけで自動的に読み込みが行われます。

1200dpiの解析度があるため 写真などを取り込んで保存するのにも適しています。

サンワダイレクト ペン型スキャナ

データ化したい部分をさっとなぞるだけの簡単スキャナが実行できます。ワンハンドでの利用も可能で手軽に使えます。なぞった文字をテキストデータに変換してくれる便利なCOR機能搭載です。

縦書き・横書きの両方に対応しているため、英語や日本語小説といったあらゆる方面でのスキャンが可能です。もちろんデータはWordやメモ帳に保存ができます。

スマホとBluetoothで連携することでさらに便利な機能を使えるようになるハンディスキャナです。

英単語の翻訳から語学学習の発音チェックまでできる多様性は本製品ならではのオールマイティな特徴と言えるでしょう。

文書保存に加え、「翻訳機能」と「朗読機能」も使用可能になるので ビジネスシーンや学習シーンなどで活躍してくれます。

ハンディスキャナについてのまとめ

  • ハンディスキャナを選ぶポイントはスキャナ本体をパソコンに繋いで使用するのか、それともスキャナ単体で使用したいかのシーンに応じた使用方法で選びましょう。
  • 取引先や屋外など出先へ持って行きたい場合は、ハンディスキャナ単体でも使用可能なタイプを選ぶのがよいです。
  • 持ち運びにはできるだけ小さいハンディスキャナが軽くておすすめです。
  • カラー写真の焼き増しなどをする場合は1200 dpi程度がおすすめです。
  • 書類などをデータ化する場合は300dpiで十分です。dpiが高ければよいというわけではありません。