この記事では、車にサンシェードを付けることで得られる効果や、サンシェードを選ぶ際のポイントを解説します。

車用サンシェードについている、太陽光を遮るという基本的な機能はどの製品でも同じですが、個々の商品によって特徴が異なるため、自分求める品を選ぶことが大切です。

車用サンシェードの購入を考えている方は、、この記事を読むことで、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

車にサンシェードを付けることによる効果

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

車用サンシェードのおすすめ7選

温度の上昇を防ぐ効果がある

太陽光がダイレクトに差し込めば、当然車内の温度も上昇することになります。

サンシェードを付けることにより車内に日影ができるため、温度の上昇をある程度防ぐことが可能です。

紫外線の遮断の効果も期待できる

サンシェードを付けることにより、紫外線を大幅にカットできるケースがあります。

紫外線によって肌が悪影響を受ける可能性もあるため、後部座席に乗る人への配慮という目的でサンシェードを購入する人も少なくありません。

サンシェードとはなにか?解説と商品選びのポイント おすすめ品7選
すだれってなに?魅力と選び方 注意点 おすすめの品5選を解説

車用サンシェードの種類

フロントガラス設置タイプは最も設置しやすい

フロントガラス設置タイプは、フロントガラスの内側に設置して使うサンシェードです。

最も一般的なタイプで、他のタイプよりも設置が簡単であることが特徴です。

外付けタイプは汚れからも守ってくれる

外付けタイプは、車内ではなく、車の外側に付けるタイプのサンシェードです。

日差しだけでなく、塵や虫、鳥の糞などの汚れからフロントガラスを守ってくれるのが特徴です。

風で吹き飛ばされることがないよう、ゴム紐などで固定できるタイプが一般的です。

カーテンタイプはガラス全体をカバーできる

カーテンタイプは、カーテンのようにスライドさせてカバーするタイプのサンシェードであり、車内に設置するものです。

ガラス全体をしっかりカバーできるという点がメリットです。

ロールアップタイプは常に設置しておける

他の種類としては、ロールアップタイプが挙げられます。

普段は巻き上げられているサンシェードを、使うときは下に引くようにしてカバーするタイプです。

サンシェードを使わない時でも設置しておけるというメリットがあります。

車用サンシェードを選ぶ際のポイント

目的や場面に合わせて選ぶ

サンシェードの形状やサイズは商品によって異なるため、目的や場面に合わせて商品を選ぶ事が大切です。

運転席付近の温度上昇を防ぐ場合は、フロントガラス用の大きめなサンシェードを選ぶ必要があります。

走行中の後部座席への太陽光や、紫外線の侵入を防ぎたい場合は、ドアガラス用のサンシェードを購入するとよいでしょう。

遮光率やUVカット率で選ぶ

商品によって、太陽光の遮光率やUVカット率は異なります。

それぞれのパーセンテージが低いものだと、太陽光や紫外線を十分に防ぐことができないため、購入前によくチェックしておく必要があります。

デザイン性で選ぶ

サンシェードのデザインも、商品によって異なります。

無地のタイプもあれば、キャラクターなどがデザインされたユニークなタイプもあります。

車のデザインに合ったものだと見栄えも良くなることも、考慮して選んでみるとよいでしょう。

素材の特徴で選ぶ

サンシェードの素材にはいくつか種類があります。

代表的なものとして、アルミタイプがあげられます。太陽光を反射しやすい仕様であるため、遮光率が高いという点がメリットです。

また、メッシュタイプは軽量なため、手軽に持ち運べるという点がメリットです。

取り付けやすさで選ぶ

サンシェードは、取り付けのタイプでも分類することができます。

具体的には、広げて置くだけのタイプや、ピタッとくっつけるような吸盤タイプ、上記したロールタイプなどがあります。

自分が取り付けやすいと感じるサンシェードを選ぶと、ストレスがないでしょう。

サンシェードを運転中に付けることは禁止されている

運転中もフロント3面にサンシェードを付けたいという人はいるでしょう。

しかし、運転中にもかかわらず、運転席や助手席のガラスにサンシェードを付けてしまうと視界が遮られるため、道路交通法で禁止されています。

サンシェードは常に適切に使うよう心掛けるとよいでしょう。

車用サンシェードのおすすめ7選

cretom SA200は小さく折りたためる

cretomのコンパクトサンシェードは、手軽に取り付けや収納ができるタイプの製品です。

ワンタッチでフロントガラスに付けることができ、コンパクトに折りたたむこともできるため、使わないときはドアポケットなどに収納しておくこともできます。

遮光率も99%と、機能性が高い事も魅力です。

メルテック BW-11は断熱性が高く消臭・抗菌効果もある

メルテックのフロントサンシェード ブロックシェードは、2枚重ねのエアークッションを採用していることから、断熱性が高いという特徴があります。

素材には酸化チタンを使用しているため、消臭・抗菌効果もあることがメリットです。

ナポレックス DC-55はデザインが可愛い

ナポレックスの車用 サンシェードは、ディズニーのキャラクターがデザインされている可愛らしい製品です。

簡単にはがれない吸盤を採用していることや、アルミコーティングシートにより太陽光をさえぎることも魅力です。

VORCOOL カーフロントカバーはリバーシブルデザインが特徴

VORCOOL カーフロントカバーは、反射材を採用したものになっているため、太陽光を遮断し、車内の温度上昇を防ぐことができます。

リバーシブルデザインを採用しているため、フロントガラスから車内を見られず、プライベートな車内空間を保つことが出来ます。

吸盤で簡単に取り付けられるタイプな事も魅力です。

LINKI 車用サンシェードはUVカットと遮光効果が高い

LINKI 車用 サンシェードは、4重構造になっているため、非常に遮断効果が高い事が特徴です。

海をイメージした独創的なデザインであるため、お子さんがいる場合に特におすすめできる商品です。

Conomy 車用サンシェードはカバーの範囲が広く機能性も高い

Conomy 車用サンシェードは、カーテンタイプで大型なため、フロントガラスを全面的にカバーすることができます。

強力な吸盤を使用しているため、ずり落ちるリスクが低い点もポイントです。

断熱性が高く、UVカット効果もあるため、機能性の面でも優れた商品です。

ボンフォーム 7561-01WHはデザイン性に優れている

ボンフォーム のこの品は、ユニークなデザインが特徴のサンシェードです。

子供に人気のデザインを採用しているため、お子さんがいる場合にはピッタリです。

吸盤部分を貼り付けるだけであるため取り付け方も簡単で、折りたたみが可能なことから収納しやすいというメリットもあります。

車用サンシェードについてのまとめ

  • サンシェードを使用することにより、太陽光を遮り、車内の温度上昇を一定程度防ぐことが可能です。
  • サンシェードの種類は、フロントガラス設置タイプ、外付けタイプ、カーテンタイプなど色々あり、それぞれ特徴が異なります。
  • サンシェードの種類は多いため、素材や機能、デザイン性や取り付けやすさなどを踏まえた上で、目的に合った商品を購入するとよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧