こちらの記事は2019年1月25日の記事を2020年4月10日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・以下の項目を2020年4月10日の情報に加筆修正いたしました。
 Bluetoothのおすすめ薄型キーボード
 安価でおすすめの薄型キーボード
 おすすめの薄型キーボード

この記事では、薄型キーボードのメリットと選び方のコツ、おすすめの製品を解説します。

最近ではノマドワーカーの増加に伴い、カフェなどにパソコンを持ち込んで仕事をする人が少なくありません。

しかし、バッグの中にスマートフォンやモバイルバッテリー、書類などの必需品を入れていると、荷物の持ち運びにストレスを感じてきてしまうでしょう。

そこで、キーボードを購入する際には、荷物の軽量化に一役買ってくれる「薄型キーボード」から選ぶと持ち運びを楽にすることが出来ます。

この記事を読むことで、自分に合った薄型キーボード購入の検討が出来ます。

薄型キーボードのメリット

キーボードの仕様は様々あり、中でも薄型キーボードの多くは「パンタグラフ式」と呼ばれる方式が採用されています。

パンタグラフ式はキーボード本体を薄くできると同時に「メカニカルスイッチ」や「メンブレン式」と呼ばれる、厚みのある他のタイプに比べて、タイピングの感触が軽いという特徴があります。

軽くて薄いため、バッグの軽量化にも繋がり、軽いキータッチにより長時間の打ち込みでも疲れづらくすることが可能です。

薄型キーボードの選び方

デバイスで選ぶ

薄型キーボード選びでは、使用するデバイスで選ぶのがポイントです。

特に据え置きのパソコンに接続する場合は、ゆとりあるサイズのタイピングしやすいモデルを選ぶとよいでしょう。

スマホやタブレット端末での作業であれば、スタンド機能を採用しているキーボードを選ぶと、持ち運んだ先の机の環境に合わせた作業が行いやすいです。

また、最近ではタブレットを持たずにスマホだけで気軽に作業する人も少なくありません。

スマホで作業する場合は、スマホと同じ程度のサイズに収めるBluetoothキーボードがコンパクトでおすすめです。

パソコンやタブレットなど、接続デバイスがいくつもあり、頻繁に切り替える場合はマルチペアリング対応のモデルを選んでおくと便利でしょう。

バッテリーで選ぶ

薄型キーボードをバッテリーの持ち時間で選ぶ場合は、USB接続タイプがオススメです。

USB接続であれば、キーボードにバッテリーを組み込む必要がないため軽く、パソコンと接続しながら使えるためバッテリー切れの心配がないのも魅力です。

Bluetoothのおすすめ薄型キーボード

UNIQ mokiboはキー自体がタッチセンサーになっているのが特徴

UNIQ mokiboは、独自の技術(特許出願中)によって、キー自体がタッチセンサーになっているため、一般的なタッチパッド付キーボードよりもコンパクトで、広大なタッチパッド操作が出来るのが魅力です。

キーボードの表面をなでるだけで、スクロールや、ズームイン・ズームアウトも自由に操作することが出来ます。

キーには柔らかく沈むパンタグラフ式を採用しており、静音性が高く、タイピング音を響かせずに使うことが出来ます。

エレコム TK-FDM109TXBKは角度調整スタンドが便利

エレコム TK-FDM109TXBKは、姿勢に合わせて2段階から傾斜角を調整可能な「角度調整スタンド」が便利なモデルです。

キーストロークには2.5mmという薄型のキーを採用しており、小さい力で素早くキー入力を行うことが出来ます。

単4電池1本で、約2年間もの期間電池の交換をせずに使用できるバッテリー性能も魅力でしょう。

安価でおすすめの薄型キーボード

サンワサプライ SKB-SL33BKは入力しやすい仕組みのキーが特徴

サンワサプライ SKB-SL33BKは、キートップのどの位置から垂直にストロークするキーの仕組みになっており、素早い入力でキーの中心を打てなくても、確実な入力を行うことが出来ます。

また、標準的なキーボードと同じ19mmのキーピッチ(横方向に隣接するキー相互の間隔)を採用しているため、薄型である事を感じさせない操作感を実現しています。

キーボード本体に傾斜角が付いているため、キーボードの入力が行いやすく、手首が疲れづらいのも魅力でしょう。

created by Rinker
サンワサプライ
¥3,300 (2021/09/17 02:13:29時点 Amazon調べ-詳細)

ロジクール K380ROは好きなカラーが選べる

ロジクール K380ROは、4色のカラーの中から、自分のデスク周りに合ったモデルを選べるのが魅力です。

快適なタイピングを実現するキーの形も特徴で、キーが指先の形にあった丸い形状であるため、押しやすく滑らかなタイピングを実現しています。

わずか423gと、バッグに入れて持ち運びやすい軽さであるのも魅力でしょう。

おすすめの薄型キーボード

Apple Magic Keyboardは入力の安定性が高くバッテリーが長持ち

Apple Magic Keyboardは、キーストロークを浅くすることで、入力の安定性を高めた「シザー構造」が特徴のモデルです。

薄型でワイヤレスのキーボードには付いていない事が多いテンキーも採用されており、計算などの数字の入力が行いやすいのも魅力でしょう。

一回の充電により、キーボードを約1か月以上も駆動させられる内蔵バッテリー性能も特徴です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,242 (2021/09/17 02:13:30時点 Amazon調べ-詳細)

ロジクール KX800 MX KEYSはバックライトでキーが見やすい

ロジクール KX800 MX KEYSはキーを見やすくするバックライトが魅力のモデルです。

バックライト付きのキーは、手が近づくと自動で点灯し、照明条件に合わせて明度も調整するため、便利な上、バッテリー電力の節約にもなっている仕組みが魅力です。

また、メタルプレートによって覆われた本体は丈夫な構造になっており、デスク上でも滑りずらい適度な重量を実現しています。

薄型キーボードについてのまとめ

  • 据え置きのパソコンに接続するのであれば、大きめなサイズのBluetoothキーボードがおすすめです。
  • スマホやタブレット端末での作業には 立てかけられるスタンド機能採用のBluetoothキーボードがおすすめです。
  • 電源の持ち時間で選ぶならUSB接続タイプがおすすめです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
サンワサプライ
¥3,300 (2021/09/17 02:13:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,242 (2021/09/17 02:13:30時点 Amazon調べ-詳細)