パソコンで作業をしたりゲームをしたりする場合、マウスパッドのよって作業効率が変わります。

パソコン操作の快適性を左右するマウスパッドは、パソコン周辺機器を揃える際に重視すべきものです。

マウスパッドは、素材や大きさ・厚みなど色んな要素があるので、購入する前に自分にとって使いやすいかを判断する必要があります。

しかし、マウスパッドの種類は多種多様、商品によってデザインや素材も異なります。

ですから、事前にマウスパッドの選び方を把握しておかないと、どれを選べば良いか分からない…と言うことになる可能性も高いです。

そこで今回は、マウスパッドの選び方やおすすめの商品などをいくつか紹介します。是非、購入前に参考にしてください。

マウスパッドの選び方

マウスパッドを購入する際は、「マウスの読み取り方式」「リストレストの有無」「滑り」「デザイン性」「サイズ」を要チェックです。

この5つのポイントは、自分のニーズに合っている商品を選ぶうえで非常に重要になります。

各ポイントに関して、詳しく解説していきます。

マウスパッドの選び方:読み取り方式

マウスの読み取り方式には、光学式・レーザー式・ボール式などがあり、それぞれ相性があります。下記に、主な読み取り方式の特徴を紹介します。

マウスパッドの選び方:光学式マウス

赤色LEDを照射した後にセンサーで感知するタイプなのが、光学式マウスです。このタイプの場合、光沢がないマウスパッドが適しています。

また、レーザーなどの関係で凹凸があるマウスパッドのほうが動きがスムーズです。

マウスパッドの選び方:レーザー式マウス

光の反射で移動距離を感知できるタイプなのが、レーザー式マウスです。

光源が無色となっており、透明な面では反応しにくいので注意しましょう。

操作性を重視する場合、反射面が平らなマウスパッドよりも模様が不規則・光反射がランダムなマウスパッドがベストです。

マウスパッドの選び方:ボール式

本体底面のボールが、マウスの移動距離を感知するタイプとなっているのがボール式です。

硬いガラス面と金属面の上では滑りが良すぎてしまい、操作性が悪くなります。ですから、少し弾力のあるマウスパッドのほうがボールも回転しやすいです。

このように、マウスの読み取り方式によって操作性や適したマウスパッドも異なります。購入前にしっかり確認することが大切です。

マウスパッドの選び方:リストレストかどうか

手首の負担を軽減できるリストレスト付きのマウスパッドは、長時間の使用に最適です。主な素材は、ウレタン・ジェル・シリコンとなります。

手を添えた際の姿勢が自然になるので、楽な姿勢での操作が可能です。また、手首以外にも肩や腕の疲れも緩和される効果も期待できます。

リストレストに加えて、ずれないマウスパッドであれば操作中のズレも防げます。ズレがなくなることで快適な操作性となり、ストレスもたまりにくくなるでしょう。

マウスパッドの選び方:滑り

マウスの滑り重視の場合、「硬くて面が平ら」なマウスパッドがおすすめです。表面に凹凸がない素材は、主にプラスチックやガラスなどでしょう。

滑りやすいマウスなら、マウスが引っかかりにくい・操作性抜群と言う大きなメリットがあります。また、滑り以外にもストッピングを重視する場合は、素材は布が最適です。

素材が布だと、微細なマウス捌きが必要となるゲームも快適にプレイできるでしょう。

マウスパッドの選び方:デザイン性

デザイン関係、CAD操作でマウスを使用するなら大型のデスクマットタイプが最適です。作業範囲が広がるうえに細かいカーソル捌きができます。

また、大型のデスクマットタイプは、デザイン性が優秀な商品が多いです。機能性に限らず、デザイン性を重視する方は大型のデスクマットタイプを選ぶのも良いでしょう。

使う頻度が高いからこそ、見た目の良さは重要と言えます。

マウスパッドの選び方:サイズ

ノートパソコンと一緒に使用するのであれば、マウスパッドがなるべく小型なのがおすすめです。セットで持ち歩く際に、コンパクトサイズのマウスパッドなら収納しやすくなります。

また、外出先でスペースが限られている場合、コンパクトサイズなら操作に支障が出にくいです。そして、持ち運びの頻度が多い方は、サイズだけでなく汚れにくい素材かどうかも確認したほうが良いと言えます。

主に汚れにくいとされている素材は、合皮やプラスチックです。

ps4でマウスを使う場合の解説 おすすめとメリット・デメリット

おすすめのマウスパッド

おすすめのマウスパッドを紹介します。

サンワダイレクト マウステーブル 200-MPD003

価格は、1380円です。この商品の最大の特徴は、デスクに取り付けができることでしょう。机上のスペースを確保可能なので、マウスパッドの置き場所に困ることもほぼないです。

ただし、取り付け場所は、天板の厚さ1.7~4cm・奥行き約4.5cmと限られています。

しかし、360度回転式・クランプ式となっているため、設置や移動が簡単なうえに使用しないときにデスクの下に収納できます。

使用頻度が少ない方は、この商品がおすすめです。

created by Rinker
サンワダイレクト
¥1,380(2019/02/20 14:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

サンワサプライ 低反発リストレスト付きマウスパッド MPD-MU1N

価格は、828円となります。この商品は、手首の負担を軽減できるリストレスト付きです。素材が「低反発ウレタン」なので、手に対するフィット感も抜群と言えます。

手首の形状を記憶・重さを支えることができるため、手首・腕・肩の負担まで軽減することが可能です。また、作業中のズレを少なくするポリウレタンを裏面に採用しています。

長時間の作業が多い方に、おすすめの商品です。

created by Rinker
サンワサプライ
¥744(2019/02/20 14:22:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サンワサプライ
¥437(2019/02/20 14:22:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サンワサプライ
¥437(2019/02/20 14:22:39時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのゲーミングマウスパッド

ゲーミングマウスパッドでおすすめの商品を紹介します。

ロジクール クロス ゲーミング マウスパッド G240t

価格は、1827円です。

ロジクール独自の技術により、Logicool Gゲーミングマウスのセンサーに最適な作りとなっている商品と言えます。対応マウス以外にも、その他のマウスでも使用することができます。

滑り止め加工、激しいアクションにも対応できるので、快適にゲームを進められるでしょう。大きめサイズなので場所をとることもありますが、ゲーミングマウスとしてはかなり優秀です。

created by Rinker
ロジクール
¥1,827(2019/02/20 14:22:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ノーブランド品
¥12,778(2019/02/20 14:22:41時点 Amazon調べ-詳細)

レイザー(RAZER) Razer Goliathus Cosmic Large (Speed)マウスパッド RZ02-01910300-R3M1

価格は、2610円となります。

幅444×奥行355×厚さ3mmのコンパクトサイズ、持ち運びがしやすいところも魅力的なゲーミングマウスパッドです。

この商品は、布部分をしっかり織り込むことにより、長時間の使用時の疲労がたまりにくい・抵抗が大幅に抑えられるなどのメリットがあります。

また、ゲーミングマウスのセンサーや感度設定の最適化を可能としているため、操作もかなり快適です。滑り止め加工もされているので、細かいマウスの動きが多い方にも適しています。

ps4でマウスを使う場合の解説 おすすめとメリット・デメリット

小型ゲーミングpcってなに?オンラインゲームをやる上でのおすすめPC解説

マウスパッドについてのまとめ

  • マウスパッドを購入する場合、「マウスの読み取り方式」「リストレストの有無」「滑り」「デザイン性」「サイズ」を確認しましょう。
  • マウスの読み取り方式には、主に「光学式」・「レーザー式」・「ボール式」があります。
  • 長時間での使用を想定しているなら、リストレスト付きのマウスパッドがベストです。また、ずれにくいマウスパッドだと操作性も格段に向上します。
  • ノートパソコンとセットで使うのであれば、サイズがコンパクトなほうが持ち運びしやすいです。