プロジェクターの中でも、短い距離で大きな映像の投影が出来るタイプを「短焦点プロジェクター」と言います。

一般的なプロジェクターよりも設置スペースを必要としないので、設置するためにわざわざ会議室のレイアウトを動かしたりせずに利用することができます。

また、コンパクトな製品も多く販売されており、設置環境の自由度が高いのでホームシアターとして家庭での利用者も増えています。

この記事では、短焦点プロジェクターの解説と商品選びのポイント、おすすめ商品の解説を行います。

短焦点プロジェクターとはそもそもなにか

短焦点プロジェクターは、プロジェクター本体から投影面までの距離が、短い距離で大画面の投影ができるプロジェクターです。

一般的なプロジェクターは、80インチ程度の十分な大きさの画面を投影するためには2.5~3m距離を離して投影する必要があります。

これに比べ、短焦点プロジェクターは、製品にもよりますがおよそ半分の距離で同等のサイズでの投影が可能となっています。

超短焦点プロジェクターとの違い

短焦点プロジェクターの中でも、数十センチメートルの距離から投影できるような、特に短い距離での大画面の投影が可能なものを「超短焦点プロジェクター」と呼びます。

超短焦点プロジェクターは、机の上から天井に投影することも可能で、家庭でのホームシアターとしての利用を推奨している製品もあります。

短焦点プロジェクターや超短焦点プロジェクターは便利である反面、高度な技術や広角レンズや反射鏡などの高品質なレンズを使用しているので、一般的なプロジェクターよりも高額になってしまう傾向があります。

短焦点プロジェクターの適した部屋や場所

短焦点プロジェクターは、プロジェクターから投写面への距離が短くて済むので、省スペースでプロジェクターの導入が可能です。

このため、机や椅子などのレイアウトなどを変えて、設置するスペースをわざわざ作る必要が少なく済みます。

少ないスペースで大きい画面を映すことができるので、オフィスでの利用はもちろん、あまり部屋の広くないご家庭での使用にも適しています。

短焦点プロジェクターでのスクリーン選びのポイント

短焦点プロジェクターでは、近い距離で投写するためスクリーンのわずかな歪みが、映像に表れてしまいます。

このため、スクリーンに投写する場合は、短焦点プロジェクター対応の平面性の高い専用のスクリーンを使用することがおすすめです。

短焦点プロジェクターの選び方

短焦点プロジェクターの選び方①:用途で選ぶ

短焦点プロジェクターは、用途によって製品を選ぶことが重要です。

オフィスや広い会場など、明るい環境で使用する場合は最低でも3,000ルーメン以上の明るさを持つ製品を選ぶのがいいでしょう。

一方、周囲を暗くして使う事が前提のホームシアターなどに利用する場合は、比較的低い明るさでも問題ありませんが、鮮明な映像を楽しむためには解像度の高い製品が必要です。

短焦点プロジェクターの選び方②:操作方法で選ぶ

現在ではソニー・エプソン・BenQを始め、様々なメーカーから短焦点プロジェクターが発売されています。

操作方法は多様ですが、同じメーカーであれば大きく操作方法が変わることはないため、使い慣れているメーカーの製品であれば直感的に操作することが可能です。

また、電源のオン・オフや画面サイズの変更などのプロジェクター本体の操作だけではなく、プロジェクターと繋いでいるパソコンなどの機器を直接操作できるような高機能を持ったリモコンが付いた製品もあります。

このような多機能のリモコンがついた短焦点プロジェクターであれば、プレゼンテーションを1人で円滑に進めることができる他、家庭で使用する際にも便利でしょう。

短焦点プロジェクターの選び方③:機能で選ぶ

他にも、様々な機能をもったプロジェクターが発売されています。

例えばSDカードやUSBメモリに対応していれば、他の機器と繋がなくてもプロジェクター本体だけで映像を投影することができます。

更には、Wi-Fiに対応していれば、こちらもケーブルレスでスマートフォンやタブレットに入っている映像を投写することができます。

また、Bluetoothに対応していればワイヤレスでスピーカーに音声を出すことできるため、勉強会やプレゼンテーションといったシーンで活躍してくれるでしょう。

他にも、ホームシアターなど家庭で使用する際は3Dに対応したプロジェクターであれば迫力満点の3D映画が楽しめるほか、ゲームに使用する場合はHDMI端子が欲しい所です。

自動補正機能がついていれば、本体の傾きや角度から、自動で綺麗な四角形の映像に補正してくれるため、手動で細かく映像の角度を設定する必要はありません。

このように、現在では多種多様な短焦点プロジェクターが発売していますので、用途に応じた機能を選ぶことが重要となっています。

短焦点プロジェクターの選び方④:解像度と値段のバランス

解像度の高いプロジェクターは高画質な映像を再現できますが、解像度が高いほど高額になっていきます。

解像度とは映像の細かさのことで、ドット数や画素数とも言います。

解像度は、横×縦の画素数で表現されており、実際の製品には「1280×800」などと記載されています。

また、画素数での表現の他に、「ハイビジョン」「フルハイビジョン」「4k」などの名称で表現されていることもあり、この場合はそれぞれ「1280×720」「1920×1080」「3840×2160」の解像度となります。

解像度が高ければ高いほど高画質な映像の再現性は高いので、ホームシアターなどに用いる場合は、DVDやBlue-rayを映像劣化無しで再現できるフルハイビジョン以上の解像度の製品の購入がおすすめです。

一方、ビジネスシーンでの用途の場合は、静止画を映すことが多いと思うので、それほど高い解像度のプロジェクターは必要ありません。

短焦点プロジェクターの注意点

吊り下げ式や立ち上げ式など、一般的なプロジェクター用のスクリーンに短焦点プロジェクターの映像を投影すると、映像に凹凸ができてしまい、歪んだような映像となってしまいます。

特にエクセルや図形・グラフなど、直線を多く使っているような映像では目立ちやすく、人によってはかなり違和感を覚えてしまいます。

これは、一般的な多くのプロジェクタースクリーンが布製で、完全な平面ではなく実際には「波うち」や「たわみ」があることが原因になります。

細かい歪みのある布製プロジェクタースクリーンに、一般的なプロジェクターは正面から投影するので、映像が歪んで見えることはありません。

一方、単焦点プロジェクターはスクリーンの近くから投影するため、スクリーンの斜めから投影します。

その結果、一般的なプロジェクターでは目立たないスクリーンの波うちやたわみが大きく映像に表れてしまい、歪んで見えてしまいます。

短焦点プロジェクターを使用する際は、短焦点プロジェクター対応のボードタイプのスクリーンを導入することや、それが難しければ平面な壁やホワイトボードに投影するのがおすすめです。

おすすめの短焦点プロジェクターの紹介

BenQ プロジェクター HT2150ST 短焦点 ホームシアター

液晶ディスプレイでも評判も高いBenQ社製の人気短焦点プロジェクターです。

明るさは2,200ルーメンと控えめなので、使用する時に部屋を暗くする必要はありますが、フルハイビジョン対応でゲームを大画面に楽しむために設計されたモデルで、応答性が高いのが特徴です。

created by Rinker
ベンキュージャパン
¥80,500(2019/06/24 09:33:57時点 Amazon調べ-詳細)

エプソン プロジェクター EB-535W

エプソン製で、80インチの大画面をわずか0.8mメートルの距離で投影可能な超短焦点プロジェクターです。明るさも3,400ルーメンと十分で、オフィスでの利用にも適しています。

LG PH450UG 超短焦点 バッテリー内蔵 LEDプロジェクター

バッテリー式のケーブレスの短焦点プロジェクターです。明るさ、解像度は抑えてあるものの、1.1kgと非常に小型なのでポータブル性が高く、出張や旅行先に気軽に持ち運びできることが特徴です。

短焦点プロジェクターについてのまとめ

  • 短焦点プロジェクターとは、プロジェクターから投影面が短い距離でも大画面を投影できるプロジェクターのことで、通常のプロジェクターよりも狭いスペースで利用ができます。
  • 短焦点プロジェクターは、吊り下げ式などの布製のスクリーンでは画面が歪んでしまうので、専用のスクリーンや壁を利用するなど、平面な投影場所を確保する必要があります。
  • 現在では様々な機能を持った短焦点プロジェクターが発売さていますので、ビジネス用・家庭用などの用途で性能や機能を選ぶ事が商品選びの際の重要なポイントです。