この記事では、スチームクリーナーについて解説いたします。

スチームクリーナーとは、高温の蒸気(スチーム)を使って掃除をすることができる掃除家電のことです。

しかし、掃除機と何が違うのか、いろいろな種類がある中で自分にはどのタイプがいいのか、選ぶのは難しいと思います。

記事を通して、スチームクリーナーの便利さを知り、自分の使い方にあったものを探すことができるでしょう。

スチームクリーナーの3つのメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのハンディタイプスチームクリーナー3選

掃除をしながら除菌ができる

スチームクリーナーは高温の蒸気を使うので、汚れを簡単に落とすだけではなく、掃除をしながら除菌ができます。
カビやダニ、インフルエンザウイルスにも効果的です。

子どもやペットがいる家庭も安心して使える

スチームクリーナーは高温の蒸気で掃除をするため、洗剤を使う必要がありません。
そのため、床を舐める可能性のある小さな子どもがペットがいても安心して使うことができます。

汎用性がある

スチームクリーナーは、様々なアタッチメントを利用すると、床掃除だけでなくエアコンのフィルターやキッチン周り、お風呂など、いろいろな場所の掃除ができます。
洗車や、衣類の染みとりもでき、一台何役にもなります。

スチームクリーナーのデメリット

熱に弱い素材のものには使えない

スチームクリーナーは高温の蒸気を使うので、熱に弱い素材(ガラス・プラスチック・人工大理石など)には使用できません。
また、合成繊維・麻・革・ビロードなどの素材のものは、ものによっては色落ちや変形してしまう可能性があります。

スチームクリーナーは手入れが大変

スチームクリーナーは水道水を使うので、放っておくとカルキが溜まり、故障の原因になります。
カルキ除去専用のパウダーやクエン酸などで、タンク内を定期的に手入れしなければなりません。

スチームクリーナーの種類

ハンディー式

ハンディー式のスチームクリーナーは手に持って掃除できるタイプ。
持ち運びしやすく便利です。
しかし、タンクの容量が少ないため長時間の掃除はできないというデメリットもあります。

キャニスター式

キャニスター式のスチームクリーナーは本体を地面に置くタイプ。
掃除機のような見た目をしています。
強力な蒸気を出せるため、洗浄力は高いです。
しかし、大型のため手軽に使用できない、収納場所をとるというデメリットもあります。

熱構造:パネル式

パネル式のスチームクリーナーは、熱した板の上に水を通して加熱し、蒸気を作り出す方式です。
構造が簡単なため、低価格の製品やや小型の製品に使われています。

熱構造:ボイラー式

ボイラー式のスチームクリーナーは、ヒーターでタンクの水を沸騰させ、タンク内でできた蒸気を噴射するという方式です。
小さな圧力鍋が入っているイメージです。

パネル式よりも高温・高圧の蒸気を作ることができるため、洗浄力は強力です。
使えるようになるまで時間がかかるというデメリットがあります。

スチームクリーナーと一般的な掃除機の違い

掃除機は、ゴミやホコリを除去する掃除家電です。
掃除機はただ単にゴミを吸いとる、スチームクリーナーは汚れを浮かせてとるという違いがあります。
掃除機をかけて、雑巾をかけるという掃除をスチクリーナーなら一台で行うことができます。

しかし、スチームクリーナーはゴミを吸引するものではありません。
例えば、紙くずだらけの部屋を掃除するのなら、スチクリーナーではなく掃除機の方が良いでしょう。

おすすめのメーカーとメーカーごとの特色

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマのスチームクリーナーは低価格なのに品質がいいというのが特徴です。
アイリスオーヤマでは先に販売価格を決めてから、その値段でできる限り充実した製品を作っているので、低価格が実現できるそうです。
スチームクリーナー初心者の方におすすめのメーカーでしょう。

ケルヒャー

ケルヒャーはドイツの老舗メーカーです。
ドイツのメーカーではありますが、日本に合わせた設計をおこなっており、黄色いデザインが特徴です。
キャニスタータイプのクリームスチームクリーナーはケルヒャーが売れ筋となっています。

おすすめのハンディタイプスチームクリーナー3選

アイリスオーヤマ STM-304N

消費電力 1000w
タンク容量 300ml
重量 2kg

アタッチメントが充実していて、非常にコストパフォーマンスのいい製品です。
ホースが120cmと長いので、レンジフードなどの高いところの掃除もしやすいです。

ケルヒャー SC1 クラシック

KARCHER (ケルヒャー) スチームクリーナー SC1クラシック
created by Rinker
ケルヒャー(Karcher)
¥12,500(2019/09/17 16:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

消費電力 1200w
タンク容量 200ml
重量 1.6kg

コンパクトながらスチームのパワーが強く、手軽に家中を掃除することができます。
収納場所にも困らないスティック型です。

Shark 2-IN-1 プロ スチームモップ S3974J

Shark シャーク 2-IN-1 プロスチームモップ
created by Rinker
Shark
¥16,203(2019/09/17 16:04:35時点 Amazon調べ-詳細)

消費電力 1200w
タンク容量 500ml
重さ 4.1㎏

ハンディとモップが一緒になった最上位モデルです。
値段は高めですが、その価値は十分あり。
掃除だけでなく、衣類スチーマーとしても使用できます。

おすすめのキャニスタータイプスチームクリーナー3選

ケルヒャー SC 2 EasyFix

消費電力 1500w
タンク容量 1000ml
重さ 2.9㎏

キャニスタータイプの中でもコンパクトで軽いため、女性でも使用しやすいのが特徴です。

アイリスオーヤマ  スチームクリーナーキャニスタータイプSTM-410E

アイリスオーヤマ スチームクリーナーキャニスタータイプ ホワイト STM-410E
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥7,999(2019/09/17 16:04:36時点 Amazon調べ-詳細)

消費電力 1250w
タンク容量 1000ml
重さ 3.5㎏

ハイスペックなのに低価格。
コストパフォーマンスに優れている製品です。
チャイルドロックやセーフティキャップもあり、安全面での配慮も充実しています。

ネステックジャパン スチームファースト DXスペシャルセット SF-370WHDIR

消費電力 1500w
タンク容量 1500ml
重さ 3.8㎏

大容量のタンクなので、45分もの間連続で使用することができます。

スチームクリーナーのまとめ

  • スチームクリーナーは、高温の蒸気を使って掃除をすることができる掃除家電です。洗剤要らずで汚れを落とすことができ、更に除菌もすることかできます。
  • 主にキッチンなど、気軽に掃除したい人は「ハンディタイプ」を、様々な場所を掃除したい人は「キャニスタータイプ」を選ぶと良いでしょう。
  • スチームクリーナーの代表的なメーカーは、コストパフォーマンスに優れている「アイリスオーヤマ」と、ドイツの老舗メーカーの「ケルヒャー」があります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
KARCHER (ケルヒャー) スチームクリーナー SC1クラシック
created by Rinker
ケルヒャー(Karcher)
¥12,500(2019/09/17 16:04:35時点 Amazon調べ-詳細)
Shark シャーク 2-IN-1 プロスチームモップ
created by Rinker
Shark
¥16,203(2019/09/17 16:04:35時点 Amazon調べ-詳細)
アイリスオーヤマ スチームクリーナーキャニスタータイプ ホワイト STM-410E
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥7,999(2019/09/17 16:04:36時点 Amazon調べ-詳細)