この記事では、縦型洗濯機、ドラム式洗濯機の掃除方法のほか、おすすめの洗濯機を解説します。

洗濯機の掃除を行わないと洗剤や柔軟剤を使用しているのに、洗濯物の臭い、洗濯物につく汚れが落ちなくなってしまう事があるでしょう。

漕洗浄モードや、塩素系の洗濯槽クリーナーなど、掃除に関してためになる情報も解説するため、この記事を読むことで洗濯機の掃除についての疑問解決をする事が出来ます。

洗濯機は実は汚れが溜まりやすい

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

掃除のしやすいおすすめ洗濯機

洗濯槽の裏側は汚れがたまりやすく、特に水分が残っていて湿気が溜まりやすいため黒カビの生育条件が揃っています。

せっかく洗濯機で洗濯をしてもカビのような臭いがしたり、衣服に黒い汚れがついていたりする場合があります。なぜそんなことが起きるのかというと、大体の原因は洗濯槽の裏側に溜まった黒カビによるものです。

洗濯槽に溜まった洗剤や服についた食べ残しなど、黒カビの餌になるものはなるべく取り除くとよいでしょう。

洗濯機のフタを開けておいたりすることも湿気を防ぐことができるため、黒カビ繁殖防止のために効果的です。

全自動洗濯機とはなにか メリットと選び方 おすすめ製品を解説
おすすめ人気洗濯機!洗濯機の選び方やおすすめメーカーの人気洗濯機!

縦型洗濯機の掃除方法

縦型洗濯機とは、日本で主流となっている選択方式で、水流と遠心力を使い、衣類をこすりあわせて洗濯を行います。この項目では縦形洗濯機の掃除方法について解説します。

縦型洗濯機の掃除方法①:細かい箇所を歯ブラシなどで掃除する

縦型洗濯機は、洗剤ケースを取り外してぬるま湯ですすいだ後、歯ブラシでこするようにこびりついた汚れを落としていくと綺麗になります。

ゴミ取りネットや洗剤の投入口(洗剤ケース)は汚れが溜まりやすいのでしっかり洗う必要があります。

ついでに洗剤ケースを取り外した本体側も歯ブラシやぬるま湯で濡らしたタオルなどで掃除しておき、水分はふき取って洗剤ケースを本体に戻しておけば綺麗になります。

縦型洗濯機の掃除方法②:洗濯漕は塩素系漂白剤を使用するとよい

縦型洗濯機は、洗濯槽の中にお湯をためて塩素系漂白剤を入れてから洗たく、すすぎをして最後に脱水をすれば掃除できます。(洗濯槽洗浄コースがある洗濯機の場合は、その機能を使うのがおススメです。)

洗濯漕の汚れは普通にふき取るだけではなかなか落ちてくれませんが、塩素系漂白剤を使うことで汚れやカビを分解してくれます。

塩素系漂白剤で綺麗にならない場合は、先に酸素系漂白剤で行っても洗濯槽の汚れを落とすことが可能です。

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の違いは以下の通りです。

塩素系漂白剤
汚れも落とせるが殺菌力が非常に強く、カビを分解する効果がとても強い。
酸素系漂白剤
こびりついたしつこい汚れやカビ浮かせて除去する効果がある。

浮いてきたカビは網などで取るようにする

浮いてきたカビは網などで綺麗に取り除きましょう。網は100円ショップやホームセンターにあるもので問題ありません。

ドラム式洗濯機の掃除方法

ドラムの回転によって洗濯物を上下に落とし、叩きつけながら洗剤を泡立てて洗濯を行うのがドラム式洗濯機です。

使用する水の量が少なく、乾燥もしわになりにくいなどのメリットも多いドラム式洗濯機の掃除方法は以下の通りです。

ドラム式洗濯機は月に1回掃除しよう

ドラム式洗濯機は、洗濯槽の中、乾燥フィルターも月に1回くらいは掃除するように心がける必要があります。

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機と異なる場合がほとんどで、主にドラム式洗濯機が縦型洗濯機に勝っているところは乾燥力、節水力です。

ドラム式洗濯機は機能が多いものも少なくないため、メンテナンスもしっかりする必要があります。汚れが目に付いたら取り除くようにするとよいでしょう。

ドラム式洗濯機はには塩素系の洗濯槽クリーナーを使用する

ドラム式洗濯機の掃除には、塩素系の洗濯槽クリーナーの使用がおすすめです。

塩素系の洗濯槽クリーナーの特徴は上記で書いた通り、汚れとカビを分解する殺菌効果がとても高く1~2ヵ月毎の掃除をおこなうだけでドラム式洗濯機を清潔な状態に保ってくれます。

注意とて、塩素系の洗濯槽クリーナーと酸素系の洗濯槽クリーナーを絶対に混ぜてはいけないことがあげられます。

ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除する場合は、塩素系の洗濯槽クリーナーだけで行うとよいでしょう。

漕洗浄モードがある洗濯機について

漕洗浄コースには、メーカーや機種によって違いますが、時間がかかるコースと時間がかからないコースがあります。

早い場合は3時間程度で終わるコースがありますが、長いものでは11時間前後かかるコースも存在します。
(1~2ヵ月毎の掃除であれば早く終わるコースで特に問題ありません)

メーカーや機種によってさまざまであるため、洗濯機の購入を考えている状態であれば、漕洗浄コースがどれくらいかかるのかしっかり調べてから購入するのも大事でしょう。

掃除のしやすいおすすめ洗濯機

アイリスオーヤマ IAW-T701は洗濯槽が丈夫で汚れに強い

アイリスオーヤマ IAW-T701は、槽洗浄、乾燥コースが搭載されており、洗濯槽は、丈夫で汚れに強いステンレス製なのが特徴です。

アイリスオーヤマ 全自動洗濯機 7kg 簡易乾燥機能付き IAW-T701
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥32,800(2019/08/25 20:59:31時点 Amazon調べ-詳細)

シャープ ES-PU10C-Tは洗濯槽に穴がないため汚れずらい

シャープ ES-PU10C-Tは、洗濯槽に穴がないのが特徴的な洗濯機です。洗濯槽に穴がないので黒カビやよごれの侵入を防ぐことができます。

シャープ ES-H10C-WLはプラズマクラスター搭載で綺麗さを保つ

シャープ ES-H10C-WLは、プラズマクラスター搭載の洗濯機です。洗濯槽をきれいに保ってくれるほかに、温度・水位・重量・振動の4つのセンサーで省エネもしてくれます。

日立 BD-NX120BL Nは自動おそうじ機能が特徴

日立 BD-NX120BL Nは、洗濯槽内を清潔に保つ自動おそうじ機能が搭載されている掃除機です。

自動おそうじ機能によって除菌、黒カビ発生の抑制効果があります。

洗濯機の掃除についてのまとめ

  • 洗濯機は汚れが溜まりやすく、1~2ヵ月毎にしっかりと掃除をしなくてはいけません。
  • 洗濯機の汚れの原因の主なものは洗濯槽の裏側に溜まった黒カビによるもので、適切な掃除を行って黒カビの繁殖を抑えるようにするとよいでしょう。
  • 洗濯槽クリーナーにはカビに強い塩素系漂白剤と汚れに強い酸素系漂白剤があり、ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除する場合は塩素系の洗濯槽クリーナーだけで行うとよいです。
  • 縦型洗濯機、ドラム式洗濯機どちらのタイプでも漕洗浄コースがある場合、漕洗浄コースを使用して洗濯槽を掃除するのがおすすめです。