※この記事は2020年1月9日に更新しました。

この記事では、卓上旋盤とは何か、種類、使い方以下の点について解説します。

機械工具の1つに卓上旋盤があり、オフィスのジム机で作業できるものから、工場で使用する大きなものまで、大きさ、価格など様々なものがあるのが特徴です。

この記事を読むことで、卓上旋盤購入の検討が出来ます。

そもそも卓上旋盤とはなにか?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

卓上旋盤のおすすめ商品

旋盤とは、加工したいものを回転させ、固定されているバイトと呼ばれる工具で、切ったり削ったりする工作機械の1つです。

業務用の場合、200V電源、サイズも重さが1トンほどあるものも珍しくありません。工場などで使用するのが一般的です。

一方で、卓上旋盤とは旋盤を小型にしたもので、作業台の上に置くことができるものです。主に試作品を作ったり、小さな部分を加工したりするときに使います。

気軽に買えるサイズの品物ではありませんが、工場などにある旋盤に比べるとかなり小型で、個人でも使える大きさです。ベンチレースと呼ばれることもあります。

時計の自作キットの種類の紹介 必要となる基本的な工具を解説
スマホケースをレジンでハンドメイドする方法とレジンの扱い方を解説

卓上旋盤の種類

卓上旋盤の種類①:超小型卓上旋盤

超小型卓上旋盤の重さは約10kgです。両手で抱えられるくらいの大きさほどのものは、超小型卓上旋盤と呼ばれます。

超小型卓上旋盤のメリットは、超小型である分、価格も安いところです。安価なもの、手軽なものを求める場合は、超小型卓上旋盤がよいでしょう。

超小型卓上旋盤は超小型であるため、加工できるサイズも小さいものだけで、直径で数センチ、長さも10センチ程度くらいまでです。

ロボットなどの細かい部品の作成や、趣味の模型などの部品作成に向いています。

卓上旋盤の種類②:小型卓上旋盤

超小型卓上旋盤よりは少し大きめの卓上旋盤は小型卓上旋盤と呼ばれます。

テーブルに置くことはできますが、重さは40kg程度あるため、常時使えるスペースを確保し、そこを置き場所とした方が良いでしょう。

メリットは、生活で使う機械のパーツなども作れる点で、超小型卓上旋盤と比べると本格的な機械です。

自作したり、加工したりするのが好きな人にとっては、小型卓上旋盤が向いています。

卓上旋盤の種類③:ミニ卓上旋盤

ミニ卓上旋盤といっても、前述の小型卓上旋盤よりは大きく、重量は100kgあります。

ミニ卓上旋盤は、家庭用、個人用というよりは仕事でも使えるレベルのものです。

扱う部品もかなり大きいため、作業台だけでなく、常設の作業場があった方がよいくらいの機械です。

ミニ卓上旋盤のメリットは力の強さです。550W以上のパワフルなモーターがあり、バイクのパーツ程度であれば、すべて作ることができます。

卓上旋盤の使用方法

旋盤で加工する方法は、材料を固定してから、削ったり、穴を開けたりする方法です。

加工の種類にはいくつかあります。

外丸削り
加工物の外側を円筒形に削る方法です。基本の削り方です。
テーパー削り
加工物の先端が徐々に細くなるように削る方法です。加工物を円錐形にしたいときにデーパー削りを使用します。
端面削り
加工物の端を平らに削る方法です。面に対して工具を一定方向に向け、表面を削っていきます。
中ぐり加工
その名の通り、中を削って空洞する方法です。工具を加工物の中に入れて、削り進めていきます。
突切り
円筒形の加工物の外側に工具で切り込みを入れる方法です。旋盤の突切りバイトを使用します。

工場で使う本格的な旋盤ではないため、見よう見まねで使えるだろうとタカをくくっていると、危険です。

卓上旋盤といえども、事前に必ず知識を入れてから使用するのがおすすめです。

初めて卓上旋盤を使う人向けの本も出ているため、本を購入するか、インターネットで調べるかして、情報をキャッチしておく必要があるでしょう。

卓上旋盤の特徴・メリット

卓上旋盤の最大のメリットは、自分で思うように加工できることです。

DIYが好きな人や、バイクの部品などを自分流にアレンジしたい人などは、他の人にやってもらうよりも、自分で作った方が楽しく、自宅で加工できます。

卓上と言っても、大きな加工品を扱えるものもあり、本格的な工作を楽しめるのもメリットです。

しっかりと工作を楽しめる割に、コンパクトであるため、小さいものであれば移動することもできます。

通常の工場で使うものに比べると、安く購入でき、使わないときは片付けておけるのも魅力の1つです。

卓上旋盤の選び方

卓上旋盤の選び方①:心間とベット振りを確認する

旋盤を選ぶ上で確認したいのが、「心間」と「ベッド上振り」の2点です。

心間は、旋盤に取り付けて削ることのできる工作物の大きさの最大値をさします。心間の距離の60%くらいが工作物の最大値と考えると無難です。

例として、心間が350mmであれば、その6割の200~250mmが工作物の最適な大きさと考えることができます。

ベッド上振りとは、旋盤に取りつけて回転させることができる工作物の最大値のことです。

心間は距離を指し、ベッド上振りは回転できる上下の幅、最大径を測ります。

どちらも最大値まで加工は可能ですが、両方が最大値の加工物は極めて加工するのが困難です。それぞれに余裕をもった状態で加工するのがベストです。

卓上旋盤の選び方②:加工したいものの素材で選ぶ

自分が何を加工したいかを明確にしてから卓上旋盤を選ぶと自分好みの製品が選べます。

金属加工をしたいのか、木材加工したいのかなど、使う用途をはっきりと決めてから選ぶとよいでしょう。

一般的に、木材加工用の卓上旋盤の方が、金属加工の卓上旋盤に比べて安価な傾向があります。

もし、木材加工のみの使用であれば、木材加工用の卓上旋盤を選んだ方が、価格を抑えることが出来ます。

卓上旋盤の選び方③:予算に合わせて選ぶ

卓上旋盤は、普通の大きさの旋盤に比べて大きさも小さいため、安く手に入れることができます。

しかし、木材や金属を自在に加工できるしっかりとした機械であるため、DIY関連商品の中では大きな予算を考える必要があるでしょう。

個人で物を加工するDIYが流行したため、卓上旋盤も個人向けに様々な種類が出ています。金額も安価なものから高価なものまであるため、予算と機能に応じて探すと良いでしょう。

卓上旋盤のおすすめ商品

卓上旋盤 L-2000(株式会社光畑製作所)

L-2000は、個人用にしては、少し大きめサイズ(全長×全幅×高さ)で、980mm×580mm×350mm、重さは85kgの卓上旋盤です。

ネジ切りはギアセット、三相200Vブレーキモーターのオプションで加工することができるのが特徴です。

25年の実績があるため、安心して使えるのも特徴でしょう。

株式会社光畑製作所は岡山県にあり、部品の切削・研削から組立まで自社工場の設備機械にて行っています。工程すべてが日本で行われているという安心感もあります。

精密卓上旋盤コンパクト9(株式会社東洋アソシエイツ)

精密卓上旋盤コンパクト9は、個人でも事務机くらいの大きさを確保できれば、置くことのできる大きさの卓上旋盤です。

サイズ(全長×全幅×高さ)は、700mm×290mm×295mm、重さは37kgです。

低速域、高速域での無段階変速が可能で、加工に合わせた速度調整が簡単に行えます。

用途に合わせて、φ100mmの三爪スクロールチャックを取り付けることもでき、シンプルで使いやすい構造です。

created by Rinker
東洋アソシエイツ
¥170,500 (2021/05/12 16:49:28時点 Amazon調べ-詳細)

SK11 ROKURO YH-200

SK11 ROKURO YH-200は、おちょこなどの実用品の木工も可能なサイズの旋盤です。

別売りの固定用パーツを使う事で、お椀や小皿の作成も行う事ができます。

作動時の静音性が高く、夜間に木工を楽しむことも可能です。

HOZAN K-280 卓上フライス盤

HOZAN K-280 卓上フライス盤は、卓上型の小型フライス盤兼ボール盤です。

金属・樹脂・木材など、加工対象と加工内容に合わせて、回転数は無段階に調節が可能です。

金属・樹脂・木材のフライス加工や、穴開け加工に使うことが出来ます。

東洋アソシエイツ Compact3

東洋アソシエイツ Compact3は、ミスターマイスターシリーズの小さい旋盤です。

普通旋盤と同等の鋳鉄製リブ構造による旋盤Vベッドに、主軸台とエプロン、心押台を使った本格的な構造をしています。

Vベルト駆動により、静かでパワフルな性能が魅力です。

無段階変速も行える上、高寿命モーターを採用しているのも魅力でしょう。

オフィスや、自宅で、少しの旋盤加工を楽むことが出来ます。

サカイマシンツール ML-360

サカイマシンツール ML-360は、家庭用100V電源でも使用出来る卓上旋盤です。

コンデンサーモーターを搭載しており、作動音も静かであるため、長時間の連続使用も可能です。

作業現場でのサブ機・研究機関・学校関係などに使用することが出来ます。

高剛性のある、本格V型ベッドがあるのは安心でしょう。

300Wの強力なコンデンサーモーター採用しており、高剛性の主軸により高精度な加工が可能です。

メカニクス TNL500-3EK

メカニクス TNL500-3EKは、小型旋盤ですが、業務用に十分に使うことができる製品です。

所要床面積は約1400×550mmで、重さは約100kgにもなります。

テーパー切削やネジ切りも行うことができ、様々な加工に対応可能です。

商品の試作だけでなく、小ロットの生産にも使うことができます。

卓上旋盤についてのまとめ

  • 卓上旋盤とは、工場などで使用する旋盤を小型にしたものです。
  • 卓上旋盤は、主に個人やオフィスなどで本気でDIYをするときに使われます。
  • 卓上旋盤を選ぶときには、加工したい素材、心間とベット振りを確認するのが大切です。
  • 卓上旋盤の価格は幅が広く、大きさは品質にもよっても異なります。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ