この記事では、空調服の基本的な知識からメリット・デメリット、生地の種類などを解説します。

ファンが取り付けてある空調服であれば、暑い炎天下でも快適に作業することが可能です。

この記事を読むことで、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

空調服とはそもそも何か?

空調服とは、ファンが搭載されている作業着のことです。

作業着の中に空気を送り込むため、熱中症対策になります。

空調服の仕組みと効果

空調服は、ファンで外の空気を作業着の中に送り込み、汗を気化させることで、体温を下げます。

汗を気化させて体温を下げる仕組みは元々人間が持っているものですが、空調服で空気を送り込むことで、気化を早めてより体温を下げてくれます。

体温を正常に保ち、無駄に発汗することもなくなるため、皮膚病や体臭の予防も可能です。

長袖だけでなく半袖の空調服もある

空調服は長袖が多いですが、半袖の空調服もあります。

長袖の場合は、ファンで空気を送り込むと袖部分が膨らんでしまい、手元を確認する作業では邪魔になることがあります。

半袖の空調服であれば、手元が見やすいことが魅力です。

運送業などの一部の作業現場では、夏場で半袖が推奨されている所が多いですが、作業現場では長袖が推奨されることが多いため、使用の際は事前に作業内容を確認しておく必要があります。

空調服の使い方

空調服はファンとバッテリーを接続し、取り付けてスイッチを入れるだけで使用できます。

バッテリーは専用の充電器で充電する「リチウムイオンタイプ」と乾電池を使用する「乾電池タイプ」があります。

現代の主流はリチウムイオンタイプです。乾電池タイプよりも風量の調整などが細かくできるのが特徴です。

空調服のメリット

エアコンの温度を高く設定しても快適に過ごせる

空調服は屋外の作業だけで使用するものではありません。

屋内の作業でも着用するだけで、体温を下げることが出来ます。

エアコンの設定温度を高く設定しても快適に過ごすことが出来ます。

無駄な汗をかきにくくなるため体力の消耗を抑えられる

汗をかくことで体内の水分が失われるため、体力の消耗につながります。

しかし、汗をかいている状態で空調服を使用することで、気化熱の効果で体温が下がり、汗がかきづらくなると同時に体力の消耗を抑えることが出来ます。

炎天下での作業も行いやすくなる

炎天下の屋外での作業は、屋内とは違いエアコンも使用できません。

危険な作業から保護するために、長袖の作業着が義務付けられていることも多いです。

しかし、作業員の体調などを考慮すると長時間の作業は難しくなってしまいます。

空調服を着用すれば体温を一定に保ち、無駄に汗をかくことがないため、作業を快適にこなすことが出来ます。

エアコンを使用し続けるよりもコスパが良い

空調服で使用する電気代は、メーカーや風量の設定などによりますが、1ヶ月で約50円ほどです。

従業員が20人いたとしても1ヶ月で約1,000円と、コスパの高さが魅力です。

空調服の注意点

使用中のバッテリー切れに注意

空調服は、ファンで強制的に空気を送り込むことを前提に作られているため、空気の通り道は初めから決まっています。

生地はあまり通気性は高くないものが多いです。

バッテリーが切れてしまうと、一般的な作業着よりも通気性が悪く、バッテリーやファンで重いだけの作業着になってしまうでしょう。

そうなった場合、逆に暑くなり、作業の効率が落ちてしまいます。

バッテリーの充電はしっかりと管理し、できればすぐに交換できるように予備のバッテリーを用意しておくとよいでしょう。

エアコンの温度が低い部屋で使用すると冷えすぎる事に注意

エアコンの設定温度や作業内容によっては、空調服を使用することで体が冷えてしまうことがあります。

ファンの強さを調節できないタイプの場合、電源を入れると冷えすぎることもあるでしょう。

エアコンの温度が低かったり、作業内容が人によって差がある場合は、ファンの強さを調整できるタイプの空調服がおすすめです。

デザイン性が低い物が多い事に注意

空調服が注目を集めてからまだ日が浅いため、選べるデザインやカラーが少なく、どれも似たようなものが多い事に注意が必要です。

空調服の選び方

種類で空調服を選ぶ

空調服には、さまざまな種類があります。

一般的な作業着で使われる長袖のブルゾンタイプや、半袖のブルゾンタイプ、ヘルメットの上から被れるフード付きタイプなどがあります。

高所作業をする場合は、フルハーネスに対応したものがよいでしょう。

作業内容や場所によって最適な空調服を選ぶことがポイントです。

生地の種類で空調服を選ぶ

空調服の生地には、主に綿とポリエステルが使われており、空調服の生地には主に以下の三種類があります。

綿100%の生地は、肌触りが良く吸汗性に優れているのが特徴です。

綿は熱に強いため、溶接などの火を扱う現場には最適です。しかし、少し縮みやすく、値段が高いのがデメリットです。

ポリエステル100%の生地は、気密性が高く空気が漏れにくいため、空調服の効果を最も実感できるでしょう。

シワになりにくく、縮みにくいため、お手入れも簡単です。しかし、熱に弱いため、火を扱う現場には向きません。

綿とポリエステルの混紡生地の空調服もあります。

どちらのメリットも合わせたような生地であるため、肌触りが良く、シワになりにくいのが特徴です。

おすすめの空調服5選

サンエス 空調風神服はバッテリー容量が多い

空調服 空調風神服の連続稼働時間は最大出力で8時間あるため、炎天下の暑い日でも快適に作業できるでしょう。

ファンは角度が付いているため、付ける方向を変えることで好きな風向きに変更が可能です。

MIDIAN 空調服は風量が多く静音な品

MIDIAN 空調服は、綿を使用した肌触りのいい空調服です。

デザインはグレーやネイビー、迷彩柄と多彩なので、他の空調服と違ったデザインを選びたい人にもおすすめです。

9枚羽の大風量ファンを採用しており、送り込める風量は非常に多いことが特徴です。

ファンは静音モデルであることも魅力です。

VINMORI 空調服は防水加工と持ち運びやすさが魅力

VINMORI 空調服は、ポリエステルを使用した非常に薄手な空調服です。

防水加工が施されているため、小雨程度の雨であればポケットに入れたモバイルバッテリーを雨から守れます。

薄手であるため、ファンを取り外すとコンパクトに持ち運ぶことも可能です。

ファンは小型のものが前後に4つ取り付けられるので、冷却効果は高いです。

しかし、電源はUSBを利用できるモバイルバッテリーは別途用意する必要があります。

バートル リンクサス AC1024はベストタイプの空調服

バートル リンクサス AC1024は、ポリエステルを使用したベストタイプの空調服です。

ベストタイプであるため、袖口が膨らみ手元の作業がやりにくいということがありません。

動きやすいため、インナーを着用すれば長袖や半袖にもできます。

9枚羽のファンを2個搭載しており、風量も多く、仕事はもちろん、ウォーキングやゴルフなどにも最適です。

バートル AC1056はハイパワーで空気漏れが少ない

バートル AC1056は、綿とポリエステルの混紡素材を使った、空気漏れの少ない空調服です。

肩の部分にはナイロンを採用しているため、耐久性にも優れています。

ファンは最大で10Vのハイパワーであるため、暑い夏も快適に作業ができます。

バッテリーは15,900mAhと大容量であるため、ハイパワーでも長時間の作業も可能です。

空調服についてのまとめ

  • 空調服は汗を気化させることで、体温を下げることが出来る品です。
  • 空調服を使うことで、体臭や皮膚病の防止につなげることが出来ます。
  • 長袖や半袖などさまざまなタイプがあるため、作業や場所に合わせて最適なものを選ぶのが大切です。
  • 生地には主に綿素材とポリエステル素材が使われており、それぞれにメリット・デメリットがあります。