この記事では、携帯扇風機の基本情報や選び方、おすすめの商品を解説します。

お部屋だけでなく、外出先でも気軽に使うことができるのが携帯扇風機です。

現代では様々なタイプの製品が販売されており、性能や機能などの特徴もそれぞれ異なります。

この記事を読むことで、自分に合った携帯扇風機購入の検討が出来ます。

携帯扇風機の魅力

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

携帯扇風機のおすすめ7選

持ち運びできるのが魅力

携帯扇風機の一番の魅力は、持ち運びができ、気軽に使うことができる点です。

特に空調環境が整っていないアウトドアシーンなどで特に役に立つため、暑い時期のアウトドアにおすすめの製品です。

扇風機とサーキュレーターの違いとおすすめの品を解説

見た目が可愛いものが多いのが魅力

携帯扇風機はコンパクトな形状に加え、デザイン性が高く可愛いものも多いため、性別や年齢問わず、気軽に持ち運ぶことができます。

人気キャラクターとのタイアップ商品も多いため、お子様が気に入るものを見つけやすいでしょう。

比較的安く購入できるのも魅力

携帯扇風機は、一般的な家庭用の扇風機に比べ、価格帯が安いため気軽に購入しやすい事が特徴です。

外出先でも使えることが大きなメリットですが、部屋のポイントごとに設置することも可能です。

一般的な家庭用の扇風機に比べ価格が安いため、机専用や台所専用の扇風機としても購入しやすいでしょう。

さまざまな扇風機の種類とそれぞれの特徴 おすすめの製品を解説

携帯扇風機の種類

携帯扇風機の種類を大きく分けると、「手持ちタイプ」「卓上タイプ」「首掛け・クリップタイプ」の3つがあります。

以下では、携帯扇風機の種類ごとの特徴について解説します。

手持ちタイプは団扇感覚で使える

手持ちタイプの携帯扇風機は、団扇感覚で使うことが出来る製品です。

カバンなどに入りやすく、持ち運びがしやすいことがメリットですが、置いて使えないことがデメリットです。

卓上タイプは設置して使う

卓上タイプは、オフィスや自宅の机やテーブルに設置して使うタイプの扇風機です。

一般的な扇風機を超小型化したものをイメージすればわかりやすいでしょう。

スポット扇風機として使える点がメリットで、台所など、扇風機が設置しにくい場所でも使うことができます。

手持ちタイプに比べてサイズが大きい傾向があるため、持ち運びがしにくい点にデメリットがあります。

首掛け・クリップタイプは両手を空けたままつかえる

首掛け・クリップタイプは、専用のコードなどを使って首から引っ掛けるタイプの携帯扇風機です。

両手を使う必要がないため、移動中や、家事の最中でも使うことができるのがメリットです。

本体の重量が重いと、首や肩が疲れてしまうため、購入の際はコンパクトで軽量なタイプ製品を選ぶとよいでしょう。

携帯扇風機の電源の種類

充電式はランニングコストが低い

充電式は扇風機の稼働に必要となる電力を充電してから使うタイプで、ランニングコストが低いことが特徴です。

しかし、十分な充電を行わないと、使っている途中で電池切れを起こしてしまいます。

購入する際は、一回の充電でどのくらいの時間稼働できるのかをチェックする必要があります。

電池式は充電が必要ない代わりにランニングコストがかかる

電池式は、乾電池を使って電力を供給するタイプの携帯扇風機です。

電池切れを起こしても、交換すればすぐに使える点がメリットですが、電池切れのことを考えて予備の電池を持ち歩く必要があることや、ランニングコストがかかることがデメリットです。

USB式はPCを頻繁に使う方におすすめ

USB式は、パソコンやモバイルバッテリーの端末からUSBを通じて充電して使います。

ビジネスマンやPCを頻繁に使う方などにおすすめです。

モバイルバッテリーさえあれば、いつでもどこでも充電が可能なことがメリットでしょう。

しかし、携帯扇風機のためにUSBポートを開けておく必要があったり、モバイルバッテリーを常に持ち歩く必要があったりするデメリットがあります。

携帯扇風機を選ぶ際のポイント

目的に合った種類や電源方式で選ぶ

携帯扇風機は、使用頻度や目的に応じて、種類や電源方式を選ぶことが大切です。

家事や作業など両手を使う必要がある場合は「首掛けタイプ」がよいでしょう、PC作業や読書など机を頻繁に使う場合は「卓上タイプ」がおすすめです。

お出かけや電車移動などの場合は「手持ちタイプ」など、目的に応じた種類や電源方式で選ぶのがおすすめです。

電池式などの電源方式では、ほかの電源方式の携帯扇風機と比べて重くなりやすい事に注意が必要でしょう。

子供に渡す場合は安全性が高いものを選ぶ

携帯扇風機を子共に持たす場合は、携帯扇風機の安全性にも注目することが大切です。

携帯扇風機が怪我の原因にならないように、柔らかい羽根を使用しているものや、髪の絡まりを防止するカバーが付いているかなど、携帯扇風機の安全性にも注目が必要です。

自分の気に入ったデザインで選ぶ

携帯扇風機は、持ち運びを想定して選ぶ必要もあります。

自然と人前で使う機会が多くなるため、自分の好みや、オシャレなものなど、デザイン性の高いものを選ぶのもポイントです。

オプション機能をチェックして選ぶ

製品購入の際には、携帯扇風機が持つオプション機能も併せてチェックするとよいでしょう。

静音性の高い携帯扇風機であれば、場所を気にせず気軽に使える上、ミスト機能が付いたものであれば、より涼しさを感じることができます。

携帯扇風機のおすすめ7選

JOMARTO 携帯扇風機は卓上でも手持ちでも使える

卓上・ハンディどちらにも対応したモデルの携帯扇風機です。

5200mAhモバイルバッテリー内蔵による最大20時間動作や、5段階風量調節などといった性能など、コスパ・性能・機能に優れた商品です。

EasyAcc USB扇風機も手持ちでも卓上でも使用可能

基本的な形状は手持ちタイプですが、ハンドルを折りたたむことによって卓上タイプとしても使うことができる事が特徴です。

持ち運びもしやすいサイズであるため、外出先への持ち運びにも適しています。

SPICE DF30SS01-YE首掛け型で軽いのが魅力

SPICE OF LIFE DF30SS01-YEは、レジャーや庭仕事などの作業中の使用にもおすすめな首掛けタイプの製品です。

シンプルな形状でありながらも、3段階の風量調整が行える性能の高さを持ち、重量もわずか160gであるため、首や肩への負担を少なく使用する事が出来ます。

EasyAcc 首掛け扇風機は卓上用としても使える

フック式タイプの携帯扇風機で、カバーを開けば卓上用としても使うことができます。

3段階調整機能がついており、USB充電であることも特徴の製品です。

Beyeah 携帯扇風機は発光性能があり手持ち・卓上兼用

Beyeah 携帯扇風機は、発光モードを内蔵した、手持ち・卓上兼用の携帯扇風機です。

扇風機本体が発光するため、暗い場所でも使いやすく、夜間のキャンプや、停電時の暗い部屋など緊急時にも使うことが出来ます。

TOA NUTRISTICK 首掛け扇風機はダブルファン搭載

TOA NUTRISTICK 首掛け扇風機は、3段階のモード切替が可能なダブルファン搭載の首掛けタイプの製品です。

髪の毛の巻き込み防止ネットや強度に優れたABS材質など、安全性と耐久性にも優れています。

Cools.jp BodyFan えりかけ扇風機は気流が服の中に流れる

BodyFan えりかけ扇風機は、気流を服の中に流すことができる「襟クリップ」が採用された携帯扇風機です。

濡らしたタオルを首に巻いて使うと効果が増し、外出先でも快適な温度で過ごすことができます。

抱っこひものポケットや、ベビーカーのフードにも取り付けることができるため、お子様やお母さんにもおすすめです。

携帯扇風機についてのまとめ

  • 携帯扇風機は、「手持ちタイプ」「卓上タイプ」「首掛け・クリップタイプ」の3種類に分類されているため、用途や目的に応じて使い分けることが大事です。
  • 充電方式にもいくつかの種類があり、充電方式によって特徴やメリット・デメリットが異なるため、それらを踏まえて自分に合ったタイプを選ぶとよいでしょう。
  • 携帯扇風機を選ぶポイントには、使用頻度や使用目的に適した種類や充電方式を選ぶことや、機能やデザインなども検討することがあげられます。
商品一覧
ご紹介している商品一覧