ここでは、かき氷機の選び方や、おすすめの商品について解説します。

暑い夏の代表的なスイーツと言えば、誰もが甘くて美味しいかき氷をイメージする人が多いでしょう。ご家庭でかき氷機を使えば、リーズナブルで美味しいかき氷をご自宅で好きなだけ楽しむことができます。

この記事を読むことで、自分の好みに合ったカキ氷機購入の検討が出来ます。

自宅のかき氷は安い

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのかき氷機

ご家庭でかき氷を作る一番のメリットは、外よりも安く作れるという点です。

かき氷ブームに伴い、かき氷を外で食べる場合は安くても500円ほど、高ければ1000円を超えるのが一般的です。

自宅でかき氷を作った場合、基本となる材料は氷とシロップ、バラエティ豊かに楽しみたい場合は、フルーツやアイスクリームなどが必要なだけで、外で食べるよりも費用を非常に安く抑えることができます。

基本となる氷は、ペットボトルの水を使ったとしても、多くて2L×2本ほどで十分なため、高くても200円程度で作ることが可能です。

シロップやトッピングに必要となるフルーツなどを用意しても、1000円~2000円程度で済むため、お店で食べる1000円のかき氷2人前分の値段で、10人前以上のかき氷を作ることができます。

製氷機の選び方 コンパクトな品と高機能な品のおすすめ品9選
アイスクリームメーカーってなに?メリットと種類 おすすめ品6選
スロージューサーの選び方と注意点 おすすめの製品5選を解説
ミキサーの選び方のポイントとおすすめのメーカーの品を解説
フレッシュジュースや料理の時短に!ジューサーの選び方とおすすめ品

台湾式カキ氷も自宅で作れる

現代ではふわふわとした食感のかき氷が一般的ですが、もともと日本のかき氷はシャリシャリとした状態が基本であり、氷の素材を活かしたふわふわのかき氷は、台湾式が先駆者といわれています。

現代の家庭用かき氷機では、ご家庭でもふわふわ食感が楽しめる台湾式のかき氷を作ることが出来ます。

トッピングなどを工夫することで、よりお店のようなバリエーション豊富なかき氷を作ることも可能です。

かき氷機の選び方

かき氷機の選び方①:できるかき氷の種類

かき氷機は、製品によってできる氷の種類が異なり、ふわふわ・シャリシャリなどかき氷の仕上がり具合も異なります。

できる氷の種類は、機械本体よりも、かき氷機に使われている「刃」による影響が大きく、刃の素材が良いほど、できる氷はふわふわ食感に近づきます。

かき氷機に使われている刃の中には、刃の当たり方を調整して氷の食感を設定できるものや、サビに強いステンレス製のものまで幅広くあるため、かき氷機を選ぶ際は、どのような刃が使われているのかを、チェックするとよいでしょう。

かき氷機の選び方②:業務用か家庭用か

かき氷機は大きく分けて「業務用」と「家庭用」に分類されます。

業務用はその名の通りお店などでも使われる本格的なかき氷機で、家庭用はご自宅や持ち運びなどに適したかき氷機です。

業務用のかき氷機には下記のようなメリット・デメリットがあります。

業務用かき氷機のメリット
・複数人のかき氷を作るのに適している
・ふわふわ食感のかき氷作りに向いている
・電動はもちろん手動でも氷を削るスピードが早い
業務用かき氷機のデメリット
・家庭用よりも高くお金がかかる
・メンテナンスが必要

業務用のかき氷機は基本的に電動式であるため、氷を削るスピードが早いです。

手動式でも力が伝わりやすいモデルが多いため、効率よくかき氷を作ることができ、ふわふわ食感のかき氷が作りやすくなっています。

しかし、家庭用の簡易的なかき氷機よりも本体価格は高く、電動式の場合は、消費電力が大きいことから電気料金が高くなる傾向にあります。

構造も簡易的なかき氷機とは大きく異なるため、定期的なメンテナンスが必要なこともデメリットです。

家庭用かき氷機のメリット・デメリットは以下の通りとなります。

家庭用かき氷機のメリット
・コンパクトサイズが多いため収納が楽に済む
・業務用に比べて安価のものが多い
家庭用かき氷機のデメリット
・手動タイプのものは氷を削るスピードが遅い
・安すぎるものはブロック氷に対応していない

家庭用かき氷機は基本的に手動タイプであるため、業務用に比べ氷を削るスピードは当然ながら劣ります。

しかし、収納がしやすくいつでも気軽に使えることや、電動式に比べ価格が安い面などは、家庭用かき氷機ならではのメリットです。

かき氷機の選び方③:電動か手動か

かき氷機は、上記の業務用か家庭用に加え、「電動式」と「手動式」に分類されます。電動式のメリット・デメリットは以下の通りです。

電動式のメリット
・氷を楽に削れてスピードが早い
・刃の角度調整ができる
電動式のデメリット
・電力や電池などコストがかかる
・メンテナンスが必要

電動式は、効率よくかき氷を作れることが大きなメリットで、家庭用の電動式かき氷機などは、業務用の手動式に比べ価格も安い点もメリットです。

基本的に電気を供給して機械を運転させるため電力が必要となるため、電気の供給方法はコードを繋ぐ有線式とコードが不要な乾電池式があります。

しかし、有線式であれば置ける場所が限られており、電池式でも電力消耗が激しいため、別途で費用が必要などのデメリットがあります。

手動式のメリット・デメリットは以下の通りです。

手動式のメリット
・価格が安い
・場所を気にせず使える
・持ち運びしやすいためアウトドアにも使える
手動式のメリット
・力加減を間違うとハンドルや刃が破損してしまう

手動式のカキ氷機は、価格が安く、屋外でも気軽に使えることが最大のメリットです。

しかし、基本的には使用者が力を加え、ハンドルを回すことによって氷を削るため、力加減を間違ってしまうと、ハンドルや刃が破損してしまうこともあります。

使用する際は力加減に注意が必要です。

かき氷機の選び方④:対応している氷の種類

かき氷機で使う氷の種類は、大きく分けて「バラ氷」「ブロック氷」の2種類に分類されます。バラ氷は、一般家庭でよく使われるサイコロ状の氷で、ブロック氷はブロック状の大きな塊の氷です。

ブロック氷の場合はふわふわ食感のかき氷を作りやすいですが、氷を作るのに専用のカップやトレーが必要です。

バラ氷の場合はいつでも手軽に氷を用意できますが、ふわふわ食感が作りにくいなどのデメリットがあります。

かき氷機自体が小さい場合などは、ブロック氷に対応していないこともあるため、かき氷機を選ぶ際は、最初にできる氷の種類をあらかじめ確認しておく必要があります。

おすすめのかき氷機

コスパで選ぶおすすめのかき氷機

イモタニ  サラ KK-1201

イモタニ サラ KK-1201は、バラ氷専用のかき氷機ですが、フローズンドリンクやお料理のデコレーションなどにも使え、コンパクトサイズでシンプルな機能性なので誰でも気軽に使うことができます。

イモタニ(IMOTANI) アイスシェーバー サラ (クリアブルー) KK-1201
created by Rinker
イモタニ(IMOTANI)
¥856(2019/09/20 23:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

ドウシシャ IS-T-1678B

ドウシシャ IS-T-1678Bは、手動式の格安かき氷機で、使い方も冷蔵庫にあるバラ氷を入れて回すだけであるため、お子様とも一緒にかき氷作りを楽しむことが出来ます。

ドウシシャ 手動氷かき器 ブルー IS-T-1678B
created by Rinker
ドウシシャ
¥1,280(2019/09/20 23:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

機能で選ぶおすすめのカキ氷機

ドウシシャ DTY-17BK

ドウシシャ DTY-17BKは、無段階ネジ式調整で行える「氷粗さ調節機能」で、氷の質に関係なく、ご自宅でも気軽にふわふわ食感の台湾式かき氷が作ることができます。

貝印 DL7521

貝印 DL7521は、レトロ感漂うオシャレなデザインの手動式かき氷機で、氷を薄くふわふわに削りだせる刃、独自開発された製氷器、氷ストッパーなど、デザイン・機能性に優れたかき氷機です。

貝印 KaiHouse かき氷器 ブラック DL7521
created by Rinker
貝印(Kai Corporation)
¥12,996(2019/09/20 23:57:01時点 Amazon調べ-詳細)

容量の多い業務用のおすすめカキ氷機

業務用 PRO-B130M

業務用 PRO-B130Mは、業務用の手動式かき氷機で、約13cm角のブロックアイスを一度で削ることができます。

日本鋼を使用した刃は切れ味抜群で、粗さ調整も可能であるため、好みに合わせたかき氷を作ることが出来ます。

ふわふわ仕様のかき氷機 業務用

ふわふわ仕様のかき氷機 業務用も、約13cm角のブロックアイスを一度で削ることができる大型サイズの電動式かき氷機です。

自動運転停止機能や、ブロックアイスを削っても飛び散らない扉付きなど、シンプル操作でありながら機能性に優れたかき氷機です。

お手入れのしやすいおすすめカキ氷機

ラドンナ Toffy K-IS2-PA

ラドンナ Toffy K-IS2-PAは、ふんわり・シャリシャリ両方の食感を楽しむことができるオシャレな電動式かき氷機です。

本体からカップを簡単に取り外すことができるため、お手入れも楽に済ますことが出来ます。

レコルト チョッパー RCP-2W

レコルト チョッパー RCP-2Wは、かき氷とスムージーに対応した、デザイン性の高いフードプロセッサーです。

本体以外は取り外し可能で、水洗いOKであるため、お手入れと収納を楽に行うことが出来ます。

かき氷機についてのまとめ

  • かき氷機があれば、ご家庭でも気軽にお店で食べられる本格的なふわふわ食感のかき氷を作ることができます。
  • かき氷機は、業務用・家庭用に大きく分類され、さらにその中から電動式・手動式とタイプが分かれ、使用目的や使用頻度などによって種類やタイプを選ぶことが大切です。
  • かき氷機を選ぶ際は、種類やタイプに加え、容量・機能性・コスパなどのチェックもするとよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
イモタニ(IMOTANI) アイスシェーバー サラ (クリアブルー) KK-1201
created by Rinker
イモタニ(IMOTANI)
¥856(2019/09/20 23:57:00時点 Amazon調べ-詳細)
ドウシシャ 手動氷かき器 ブルー IS-T-1678B
created by Rinker
ドウシシャ
¥1,280(2019/09/20 23:57:00時点 Amazon調べ-詳細)
貝印 KaiHouse かき氷器 ブラック DL7521
created by Rinker
貝印(Kai Corporation)
¥12,996(2019/09/20 23:57:01時点 Amazon調べ-詳細)