繰り返し使える充電式カイロは、エコ意識の高まりや、経済性などからも、近年さまざまな製品が販売されています。

この記事では、充電式カイロの特徴や選び方、おすすめの製品について解説します。

充電式カイロってなに?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

充電式カイロのおすすめ品

充電式カイロは、充電することで繰り返し使うことができます。

使い捨てカイロとは違い、使うたびにゴミになることもなく経済的で、オイル式のカイロのようにオイルを入れて着火するといった手間がかかることもありません。

また、充電式カイロはさまざな製品が販売されており、かわいらしいデザインのものは、プレゼントにも最適です。

価格もプレゼントとして選びやすい、3,000円以下の手ごろな価格の製品も少なくありません。

一般的な充電式カイロは、発熱素子、サーモスタット、充電式バッテリーで構成されており、その仕組みは充電されたバッテリーから供給された電力によって、発熱素子が発熱するというものです。

サーモスタットによって温度が調節されるため、常に適温で使用することもできます。

カイロには、充電式の製品だけでなく、乾電池によって電力を供給する、乾電池タイプのものもあります。

関連記事
カイロの種類とそれぞれの特徴 選び方のポイントとおすすめの品
こたつのお供のみかん!味の好みごとでおすすめの種類や選び方を解説
経済的で効率的!こたつの選び方とおすすめ品をご紹介
電気こたつってどんな種類があるの?それぞれの解説とおすすめモデル
電気毛布の選び方のポイントと注意点 おすすめの製品5選を解説
暖房器具のおすすめ ストーブとヒーターの違いとはなにか

タイプ別のカイロの特徴

以下では、充電式タイプと乾電池タイプの違いを解説します。

そこで、それぞれの具体的な特徴をみていきましょう。

充電式タイプは経済的な品

充電式タイプのカイロは、リチウムイオン電池が内蔵されており、充電することで繰り返し使用が可能な製品です。

充電はACアダプターのほか、USB経由で充電できるものもあります。

使い捨てカイロが1枚20円程度と考えた場合、繰り返し使える充電式カイロは500回程度充電を繰り返すことができます。

1回の充電にかかる電気代は1円未満のため、本体価格を考慮してもトータルでは非常に経済的な品です。

乾電池タイプは電池式なためすぐ使える

乾電池タイプのカイロは、電池が消耗した場合、その都度乾電池を交換するタイプです。

充電時間を必要とせず、電池を交換すればすぐに再度使用することができます。

しかし、充電式の電池ではなく、普通の電池を使う場合、コスト面では充電式よりも不利になります。

充電式カイロの正しい選び方

充電式カイロには、さまざまな製品が販売されていますが、より使用環境に合わせたものを選ぶことが大切です。

以下では、充電式カイロを選ぶ際のポイントを解説します。

表面温度で選ぶ

実際に充電式カイロを選ぶ際には、できるだけ表面温度の高い製品を選ぶとよいでしょう。

充電式カイロは表面温度が50℃以上になるものから、安全面を考慮して40℃程度に抑えられているものまでさまざまです。

しかし、特に気温が低い場所での使用を想定した場合、表面温度が低い製品は十分に温まらない可能性があります。

表面温度がより高い製品のほうがカイロとして性能では有利になりますが、低温やけどなどが気になる場合には温度調節が可能な製品がおすすめです。

機能性で選ぶ

充電式カイロは暖をとる目的だけではなく、モバイルバッテリーやLEDライトとしても使える多機能な製品も少なくありません。

こうした製品は緊急時や災害時に役立ったり、オフシーズンでも活用することができます。

しかし、カイロに軽さを求める場合には、こうした付加機能のない軽量タイプの製品を選んだほうがよいでしょう。

充電時間と持続時間で選ぶ

充電しなければ使用できない充電式カイロは、充電時間とそれによる持続時間も重要になってきます。

充電時間は充電池の種類にもよりますが、2時間から5時間以上と幅があります。モバイルバッテリーなどの付加機能付きの製品は、充電時間も長めの傾向です。

充電式カイロを選ぶ際には使用頻度を考慮し、実際の使用に支障がない範囲で充電を完了できる製品でなければなりません。

一方持続時間も2時間から7時間程度と製品によって幅があるため、短時間の散歩などで使用するのか、長時間の外出で使用するのかなど利用シーンを事前に想定しておく必要があります。

デザインで選ぶ

充電式カイロは携帯して使用するものであるからこそ、デザイン性も重視したいところでしょう。

現代の充電式カイロは、インテリアにも使えるようなおしゃれなものから、かわいいものまでバリエーションが豊富です。

自分にとってお気に入りのデザインを選ぶとよいでしょう。

充電式カイロのおすすめ品

三洋電機 エネループカイロ KIR-S3Sはたまごのデザインが特徴

三洋電機 エネループカイロ KIR-S3Sは、たまごのようなデザインの充電可能な電池式ハンディウォーマーです。

パソコンなどのUSBポートのほか、海外でも使えるAC100-240V対応で、ACアダプターからも充電することも可能です。

一般的な単3乾電池を使用することもできます。

温度2段階切り替えや電池残量表示機能付きで、マイコン制御であるため温度の上がり過ぎを防止できるため安心な品です。

SANYO 充電式カイロ 「eneloop kairo」 (ホワイト) KIR-S3S(W)
created by Rinker
三洋電機
¥4,640(2019/10/16 18:24:08時点 Amazon調べ-詳細)

三洋電機 エネループカイロ KIR-SL2Sは機能性が高い

三洋電機 エネループカイロ KIR-SL2Sは、エネループカイロの両面発熱型のモデルです。

スイッチひとつでON/OFFのほか温度の強・弱2段階の切り替えができ、急速に温まるターボモードも搭載されています。

また、単3形エネループの充電器としてオフシーズンでも使用可能です。

ELAICE e-Kairoは非常に経済的

薄型軽量でカラーバリエーションが豊富なだけでなく、女性のポケットにもコンパクトに収まるUSB充電式カイロです。

冬の使用はもちろん、夏場でもポケットに入れておけば、冷房の効き過ぎたオフィスや会議室で活躍します。

2時間の充電で約2~3時間連続使用でき、500回の繰り返し充電が可能なため非常に経済的です。

ELAICE e-KairoStickは3つの機能が魅力の品

ELAICE e-KairoStickは、充電式カイロとしてだけではなく、バッテリーチャージャーとLEDライトの3つの機能を備えたモデルです。

USB充電で繰り返し約500回使用でき、連続使用時間は約4時間、電源を投入後約1~2分程度で表面温度は約40℃になります。

別売のmini USB-ACアダプターを購入すれば、家庭用コンセントからも充電が可能です。

ELAICE EKAIROXL-CGDは稼働時間が長い品

ELAICE EKAIROXL-CGDは、稼働時間を重視する際に最適な充電式カイロです。

表面温度は約45℃とあまり高くありませんが、1回の充電でおよそ7時間の使用が可能となっています。

USB充電に対応した機器へ給電が可能なため、スマートフォンの充電をはじめ、携帯扇風機や音楽プレイヤーなどの電源としても使用できます。

FORTY4 ハンドウォーマーは過発熱機能が魅力

FORTY4 ハンドウォーマーは、5V2Aの急速充電により、約2~3時間程度フル充電が可能なUSB充電式の充電式カイロです。

3段階の温度設定が可能で、ダブルヒートコイルが内蔵されているため、温度の上昇が早く短時間で設定温度55℃に達します。

一方、過充電、過放電、過発熱機能が搭載されているため、バッテリーが保護されるとともに、過度の発熱による低温やけどの心配もありません。

サンコーレアモノショップ HANDWMPBはモバイルバッテリーになる

サンコーレアモノショップ HANDWMPBは、楕円形状の本体にシリコンバンドが付属していて持ち歩きやすい充電式カイロです。

コロンとした形状でシリコン素材なため、手の中にも納まりやすくなっています。

電源を入れれば数秒で温かくなり、低温・高温と2種類の温度設定ができるほか、3800mAhのモバイルバッテリーとしても使用可能です。

充電式カイロについてのまとめ

  • 充電式カイロは、充電することで繰り返し使えるカイロです。
  • かわいらしいデザインの製品もあり価格も手ごろなためプレゼントにも最適です。
  • 充電式タイプのカイロは充電することで繰り返し使用が可能で使い捨てカイロと比較しても非常に経済的です。
  • 乾電池タイプのカイロはその都度乾電池を交換するタイプであるため、充電時間が必要ありません。
  • 充電式カイロは表面温度の高いことをはじめ、機能性や充電時間、持続時間、デザインなどを考慮して選ぶとよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
SANYO 充電式カイロ 「eneloop kairo」 (ホワイト) KIR-S3S(W)
created by Rinker
三洋電機
¥4,640(2019/10/16 18:24:08時点 Amazon調べ-詳細)