この記事では、スロージューサーの魅力や、メリット・デメリット、選び方を解説します。

スロージューサーで作ったジュースはコールドプレスジュースとも呼ばれており、栄養素を壊さないままジュースにできることが魅力です。

おすすめの製品も解説しているため、この記事を読むことで自分に合った製品購入の検討が出来ます。

スロージューサーの魅力

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのスロージューサー

栄養を壊さずに摂取できるのが魅力

スロージューサーは、稼働時に空気が入り込む事を少なくしているため、食材の酸化を防止し、栄養を豊富に残す事ができます。

摩擦熱が発生しにくくなるため、野菜や果物の酵素をできるだけ壊さずに摂取することが可能です。

ジュースを作る過程で出てくる搾りカスは分離するため、皮が付いている状態の野菜や果物を使用しても、ジュースに繊維質が入ることがありません。

サラッとしていて喉ごしが滑らかなだけでなく、食材の旨味や甘味をより感じれるジュースが飲めます。

ジェラートやスムージーが作れるのも魅力

付属のアタッチメントを付け替えれば、冷凍した果物や野菜を入れることでフローズンスイーツが作れます。

特に凍らせた野菜は苦味を抑えられ、食べやすくなるでしょう。

しかし、デフォルトの刃のままだと、硬い氷で刃が欠ける可能性があるため、必ず凍らせた野菜や果物に対応した刃を使用しなければなりません。

フレッシュジュースや料理の時短に!ジューサーの選び方とおすすめ品
ハンドブレンダーってなに?ハンドブレンダーの選び方とおすすめ商品を紹介!
スープメーカーってなに?できることとメーカーごとのおすすめ製品
ミキサーの選び方のポイントとおすすめのメーカーの品を解説
ハンドブレンダーのおすすめ品とそれぞれの比較!選び方のコツを解説
ミルミキサーってなに?選び方のコツと人気メーカーのおすすめ品
フードプロセッサーとミキサーの違いとは おすすめ商品解説

スロージューサーとミキサーの違い

従来のミキサーは金属でできた刃が高速回転して、食材を一気に細かく砕く仕組みになっています。

高速で回転させるため、回転する時に発生する摩擦熱によって、熱に弱い栄養素や酵素が破壊されてしまいます。

一方、スロージューサーはじっくりと搾り出されるため、熱の発生を抑えて栄養素の破壊を少なくし、生きたままの酵素を残せるのが特徴です。

野菜や果物に含まれる栄養素が壊されにくいため、美容、健康を気にする方は、ミキサーよりもスロージューサーがおすすめです。

しかし、ゆっくりと圧縮しながらジュースを作るため時間がかかり、早くジュースを飲みたい方にはおすすめできません。

スロージューサーの種類

縦型はスペースを取らないが時間がかかる

縦型タイプは、横型タイプと比べてスペースをとりません。

縦型のタイプの場合は、投入口が横型に比べて小さいため、野菜や果物を小さく切って入れる必要があります。

上からじっくりと圧縮をかけてジュースにするため、横型に比べるとある程度時間がかかってしまいます。

横型は短時間でジュースを作れるが掃除が大変

横型のスロージューサーは、野菜や果物をなどの材料をざっくりと切るだけで入れられるのが魅力の品です。

圧力をかける部分も広いため、短時間でジュースを作ることができます。

しかし、縦型タイプよりも早くジュースを作ってしまうため、縦型に比べて滑らかに仕上げることができない事に注意が必要です。

縦型よりも掃除が大変な品が多い事にも注意が必要です。

スロージューサーを選ぶポイント

投入口の大きさをチェックして選ぶ

投入口の小さいタイプのスロージューサーを購入してしまうと、材料となる野菜や果物を細かく切る必要が出てしまいます。

製品によっては投入口が複数あるスロージューサーもあるため、収納スペースやジュース以外の利用も考えて購入を検討する事が大切です。

手入れのしやすさで選ぶ

スロージューサーは、目的に応じたアタッチメントが多い家電製品であるため、使用後はちゃんと手入れをする必要があります。

美味しいジュースのみを楽しみたい方は、シンプルなスロージューサーの購入がおすすめです。

安全性の高いもので選ぶ

スロージューサーは従来のミキサーに比べると、構造上、刃の鋭さがないため比較的安全な家電製品です。

しかし、ミキサーに比べて安全とはいえ刃は付いているため、安全性の高い製品を選ぶのがおすすめです。

運転音の大きさで選ぶ

従来のミキサーに比べると、スロージューサーはスクリューを回すのがゆっくりであるため作業音は小さいという特徴があります。

しかし、ある程度の作業音はどうしても発生してしまうため、マンションなどの集合住宅に住んでいる方は、作業をする時間帯は考えなければいけません。

おすすめのスロージューサー

ゼンケン ZJ-D1はジュース以外にも様々な料理を作れる

ゼンケンのZJ-D1は、横型のスロージューサーです。

他のスロージューサーに比べると、野菜や果物を絞るときに使用する網目が細かく、スクリューの溝が多いため、さらに強く絞ることができます。

洗浄しなければならない部品も少ないため、初めてスロージューサーを購入する人におすすめです。

専用のアタッチメントを付け替えるだけで、ジュース以外だけでなく様々な料理を作ることができます。

レシピの一部に掲載されていますが、アイスクリームやうどんなども作ることが可能です。

ゼンケン ZJ-D1 ベジフル [マルチジューサー・クッカー]
created by Rinker
ゼンケン
¥30,780(2019/09/17 08:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

T-fal ZC500HJPは投入口が多くデザインも魅力

T-fal ZC500HJPは、投入口が3つあることや、デザインにも特徴のあるスロージューサーです。

1分間に約80回転するスロージューサーで、他のスロージューサーと比べるとより多くの材料を入れることができます。

果汁が分離しにくいため、さらさらとして飲みやすいのが魅力的です。

網目の粗さが違う2種類のフィルターが付属でついており、食感を残したいスープを作るときには粗い網目、飲みやすいジュースが飲みたいときは細かい網目のフィルターを使うといった、シーンごとに使い分けることが可能です。

食材に触れるパーツは取り外しできるだけでなく、食洗器にも対応しているため楽に手入れができるでしょう。

搾った後に出てくる残りの食材を無駄なく利用できるレシピ本も付いています。

HUROM H2Hスーペリアは低速の圧縮が特徴

H2Hスーペリアは、世界の約80か国で人気を博しているHUROMの製品です。

1分間に40回転とスロージューサーの中でも低速で食材を圧縮するため、素材本来の栄養分とおいしさをそのままにジュースを楽しむことができます。

付属品も豊富にあり、網目の大きさが違う2種類のフィルターによって、好きな料理や好みの食感のジュースが作ることが可能です。

果実を本体のモーターに装着すると、果汁を直に搾ることができるアタッチメントや、手入れをした後に乾燥できる専用のスタンドも付属しています。

HUROMスロージューサー H2Hスーペリア(ノーブルシルバー)
created by Rinker
HUROM (ヒューロム)
¥42,984(2019/09/17 08:03:44時点 Amazon調べ-詳細)

Panasonic MJ-L600はフィルターの種類が豊富

PanasonicのMJ-L600は、縦型のスロージューサーで、1分間に45回転する品です。

いくつものフィルターを使い分けることができ、飲みやすい食感のジュースができる「さらさらフィルター」や、ドレッシングを作るのに便利なとろみのある仕上がりが楽しめる「あらごしフィルター」が付いています。

そのほかにも、アイスやジェラードなどが作ることができるフローズンアタッチメントも付属しているため、料理を作ることが好きな方におすすめです。

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー グラファイトグレー MJ-L600-H
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥26,800(2019/09/17 08:03:44時点 Amazon調べ-詳細)

Kuvings JSG-721は投入口が大きくお手入れが楽

KuvingsのJSG-721は、投入口が大きいのが特徴的な縦型のスロージューサーです。

投入口が大きいため、ある程度雑に食材を切っても大丈夫なため、下ごしらえが楽になるだけでなく、食材の持つ栄養素や旨味がより濃縮されたジュースや料理を楽しむことができます。

独自開発されたモーターによって、他のスロージューサーと比べると音も小さく、作業時間も短く済ませることが出来るのも魅力です。

フィルターが3種類あるため触感の違いも変えることが出来ます。

注ぎ口にはスマートキャップが付いているため、ジュースが入っている状態で持ち運びをしたり、注ぐときに漏れてしまうことが無いようになっています。

ドラムとシリコンキャップが一体化しており、ある程度丸ごと洗うことができるため、お手入れを楽にしたい方におすすめです。

クビンス ホールスロージューサー ホワイト JSG-721W
created by Rinker
Kuvings(クビンス)
¥42,983(2019/09/17 08:03:44時点 Amazon調べ-詳細)

スロージューサーについてのまとめ

  • スロージューサーは、従来のミキサーと違い低速で圧縮しながらジュースを作るため、食材の栄養素が壊れにくいジュースを楽しむことができます。
  • 縦型と横型のタイプがあるため、収納スペースやジュース以外の料理を作りたいと考えている方は、どのタイプにするか検討する必要があります。
  • お手入れや投入口の大きさによって形状が変わってくるため、購入前にはどれくらいの大きさでどういう形なのかを確認するのが重要です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ゼンケン ZJ-D1 ベジフル [マルチジューサー・クッカー]
created by Rinker
ゼンケン
¥30,780(2019/09/17 08:03:43時点 Amazon調べ-詳細)
HUROMスロージューサー H2Hスーペリア(ノーブルシルバー)
created by Rinker
HUROM (ヒューロム)
¥42,984(2019/09/17 08:03:44時点 Amazon調べ-詳細)
パナソニック ジューサー ビタミンサーバー グラファイトグレー MJ-L600-H
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥26,800(2019/09/17 08:03:44時点 Amazon調べ-詳細)
クビンス ホールスロージューサー ホワイト JSG-721W
created by Rinker
Kuvings(クビンス)
¥42,983(2019/09/17 08:03:44時点 Amazon調べ-詳細)