美容や健康、子育てに相応しい環境作りなど、さまざまな面で注目されている大人気家電がプラズマクラスターとナノイーなどの空気清浄器です。

ここでは巷で大人気のプラズマクラスターとナノイーの違いや、特徴や効果、おすすめ商品などを紹介していきます。

プラズマクラスターとナノイーの違い

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

空気清浄機はイオンよりフィルターを重視

プラズマクラスターとナノイーと言えば、「プラズマクラスターはシャープ」「ナノイーはパナソニック」というのが一般認識ですが、これら二つはそれぞれ特徴が異なります。

プラズマクラスターの特徴

自然の癒しなどでよく耳にする「イオン」のプラス・マイナスをプラズマ放電によって人工的に作って放出する技術のことを言い、この技術はシャープ独自のものです。

放出されたイオンによって、部屋に浮遊しているカビ菌などを抑える効果が期待でき、特にウィルスや消臭効果に期待できます。

ナノイーの特徴

空気中の水分に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオンのことで、この微粒子イオンはさまざまな物質に作用しやすく、殺菌やウィルスにも効果的で、美肌、美髪効果などにも優れています。

パナソニックではこのナノイー技術を、空気清浄機だけでなく「ドライヤー」や「美顔器」などにも採用していて、このことからも「健康」「美容」両方に効果的であることがわかります。

共通するのはイオン効果

プラズマクラスターとナノイー、どちらも基本的にはイオンの効果で消臭や除菌をすることに共通点があり、基本的な仕組みや効果は同じで、違いがあるのはイオンを発生させる手段と使い方です。

プラズマクラスターはイオン放電しそれをエアコンや空気清浄器で発生する空気に乗せて、部屋の中を除菌し、一方のナノイーは空気中の水分に微粒子イオンを包ませ、花粉や埃、ウィルスなどを包み込んで除菌します。

空気清浄機加湿器の人気な品と選び方のコツ おすすめの品を解説
結露に困っている人必見!除湿機とはなにかと選び方 おすすめの品
除湿機のおすすめは何がある?種類別おすすめの紹介
煙草に一番効果ある空気清浄機の条件 おすすめのメーカーと品を解説
パナソニックの空気清浄機の人気と口コミ おすすめの品を解説
タバコを吸う人におすすめの空気清浄機とは なにを基準に選ぶべき?

プラズマクラスターにするか?ナノイーにするか?

プラズマクラスターとナノイーのどちらを選べばいいかは、特徴だけではなかなか判断できません。ここでは、各製品の使い方やお手入れ方法など、選び方のポイントを項目別に解説していきます。

置く場所でえらぶ

プラズマクラスターとナノイー、どちらも「どこに置いて使用する」かが大きなポイントになります。基本的にプラズマクラスターは壁際に、ナノイーは前から吸い込むので部屋の中央などが基本的な置き方です。

プラズマクラスターは、上から気流を発生させ、部屋の壁、天井、壁、床の順に空気を送って、最終的に回収した埃やウィルスなどを吸引する仕組みです。よって、発生させた空気を部屋全体に循環させる必要があるので、壁際や窓際に置くのが適しています。

逆にナノイーは前からどんどん埃やウィルスを吸い込むので、特に置き場所の指定はなく置きたい場所に置くことができるのですが、早い効果をきたいするのであれば、少し邪魔になりますが部屋の中央に置くと効果が早いです。

置き場所の比較

  • プラズマクラスター 窓際、壁際
  • ナノイー 特に指定なし

プラズマクラスターは部屋の隅に置かなければ、効果を発揮しませんが、ナノイーはどこに置いても効果が期待できるので、部屋のインテリやレイアウトに合わせやすいです。

お手入れで選ぶ

空気清浄器は定期的にお手入れをする必要があり、プラズマクラスターとナノイーはお手入れ方法も異なります。

プラズマクラスターは機体の裏側を掃除機で吸い込むだけで、特に細かいお手入れは必要なく、本格的なお手入れをする場合は、フィルターの洗浄や内部の埃を取ったりなどしますが、常時行うお手入れは裏側を掃除機で吸うだけなので簡単に行えます。

一方のナノイーは前カバーを外して中のフィルターを洗浄する必要があるので、プラズマクラスターと比べ工程が一つ多いですが、こちらも比較的簡単に行うことができます。

お手入れの比較

  • プラズマクラスター 簡単
  • ナノイー 比較的簡単

どちらもお手入れに必要な工程は少ないですが、あえて言うのならプラズマクラスターの方が若干お手入れは楽に行えます。

空気の清浄効果の早さで選ぶ

プラズマクラスターとナノイーは、基本的には空気を清浄化するという点で効果に大きな違いはありませんが、その効果の早さには違いがあります。

上記の置き場所にもあったように、プラズマクラスターとナノイーはそのメカニズム上置き場所に違いがあり、それによって部屋に与える効果と早さが異なります。

プラズマクラスターは発生した空気を部屋に循環させる必要がありますが、ナノイーはどんどん吸い込むだけなので、効果の早さで言えば、ナノイーの方が効果が早く出ると言えます。

効果の早さの比較

  • プラズマクラスター ナノイーに比べると遅い
  • ナノイー 早い

ナノイーは確かに効果が出るのが早いですが、だからと言ってプラズマクラスターが遅いわけではなく、これはあくまでナノイーと比べた結果で空気清浄器は大きさによって効果や速さが変わってきます。

ですので、プラズマクラスターも大きいサイズであれば、ナノイーまでとはいきませんが、それなりの効果の早さに期待ができます。

空気清浄機はイオンよりフィルターを重視

プラズマクラスターとナノイーは共にイオン技術がフューチャーされますが、イオン技術を理解しそれを購入の判断材料にするのは、専門家でもない限り難しいです。

ここではイオン技術ではなく、フィルターに着目してプラズマクラスターとナノイーに使われてるフィルターの種類や耐久性を見ていきます。

プラズマクラスターも、ナノイーも共に、使われているフィルターの構造は基本的に同じで共に3層構造ですが、フィルターの順番に少し違いがあり、以下が各フィルターの構成になります。

プラズマクラスター

  • 前 ホコリブロックプレフィルター
  • 中 ガスもと~る脱臭フィルター
  • 奥 静電HEPAフィルター

ナノイー

  • 前 プレフィルター
  • 中 HEPA集塵フィルター
  • 奥 スーパーナノテク脱臭フィルター

基本的にプラズマクラスターに使用されているフィルターは「10年間交換不要」と記載されていますが、ナノイーの「HEPA集塵フィルター」と「スーパーナノテク脱臭フィルター」も10年間交換不要なので、どちらもフィルターの耐久性は同じと言えます。

ドライヤーはナノイーがおすすめ

プラズマクラスターとナノイーの空気清浄器は共に高性能で美容と健康にも効果がありますが、ドライヤーでも近年ではマイナスイオン効果のドライヤーが評判で、こちらもプラズマクラスターとナノイーの2強状態になっています。

プラズマクラスターのドライヤーは、水分子で髪の毛を表面コートする効果がありとされていますが、実際のところの髪の毛に対しての効果は定かではありません。

逆にナノイードライヤーでは、髪の毛に水分を浸透させるというはっきりとした効果が実証されているため、ドライヤーではナノイーがおすすめと言えます。

プラズマクラスターとナノイーのまとめ

  • プラズマクラスターとナノイーそれぞれが発生するイオン効果のメカニズムを把握し、自分の体質や部屋など環境に適したものを選ぶのが大切になります。
  • プラズマクラスターとナノイーは置き場所がそれぞれ異なるので、部屋のレイアウトやインテリに適したものを選ぶのもポイントです。
  • また、効果の早さや、お手入れ方法など、自分なりに好みを見つけてバランスのとれたものを選びましょう。
  • ドライヤーに関しては、プラズマクラスターよりもナノイーの方が効果的におすすめです。

これらのポイントを踏まえて、プラズマクラスターとナノイーそれぞれ適したものを選びましょう。

商品一覧
ご紹介している商品一覧