加湿器や空気清浄機などの家電を選ぶとき、「ナノイー」「プラズマクラスター」といった言葉を目にすることがありますね。
ナノイーはパナソニック、プラズマクラスターはシャープの商品に記載されていますが、具体的にはどのような特徴があり、それぞれどんな違いがあるのでしょう?
この記事では、ナノイーとプラズマクラスターの魅力や加湿器の選び方、それぞれの機能を搭載したおすすめの加湿器などを紹介します。
冬に備えて加湿器の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ナノイーの魅力

ナノイーとクラズマプラスターには、どちらも空気の浄化、消臭、アレル物質の抑制など似た効果があります。
ナノイーの特徴的な効果といえば、PM2.5による有害物質を抑制することや、肌・髪にうるおいを与えることなどがあります。
プラズマクラスターも肌にツヤを与える効果はありますが、イオン濃度を高めた「プラズマクラスター25000」や「プラズマクラスターNEXT」のみに見られる効果です。

プラズマクラスターの魅力

ナノイーはマイナスイオンのみを発生させますが、プラズマクラスターはマイナスイオンとプラスイオンの両方を発生させます。
そのためプラズマクラスターには、ナノイーにはない静電気の抑制効果があります。
また、プラズマクラスターが高濃度の「プラズマクラスターNEXT」は、「ストレスがたまりにくい環境をつくる」「集中力を維持しやすい環境をつくる」など心地よい環境をつくる効果があります。
リモートワークなど自宅で過ごす時間が増えた昨今、部屋の環境を快適にして、仕事や勉強の効率を上げる部屋づくりができることは、大きな魅力といえるでしょう。

加湿器の選び方

冬は空気が乾燥しやすいため、湿度を適切に保つためにも加湿器を使いたいものです。
加湿器を選ぶときは、部屋の広さに合わせて選びましょう。
実際の部屋の広さより大きめの部屋に対応する加湿器を選ぶと素早く加湿できますが、過剰な加湿は結露やカビの原因になることがあります。
加湿器には、主に4つの種類がありますので、メリットとデメリットを確認して、どの加湿器にするか選びましょう。

・スチーム式…水を沸騰させて水蒸気化させ、部屋を加湿するため即効性がありますが、消費電力が高いというデメリットがあります。

・気化式…湿らせたフィルターに風を当てて加湿するため、消費電力は少ないですが、加湿に時間がかかります。

・超音波式…振動で水を霧状(ミスト)にして加湿するため、商品電力が少ないですが、加湿効果は時間がかかります。

この他にも気化式の送風を温風にしたり、超音波式の水を内部ヒーターで加熱したりするハイブリッド式があります。

ナノイーとプラズマクラスター比較表

  ナノイー プラズマクラスター
メーカー パナソニック シャープ
イオンの特徴 ナノサイズの微粒子イオンで、「OHラジカル」という成分を含んでいます。

水から作られ、水に包まれているので、空気中のマイナスイオンより長持ちし、水分量は約1,000倍多く含んでいます。

自然界と同じ水素のプラスイオンと酸素のマイナスイオンです。

空気中に浮遊する菌などの表面でプラスイオンとマイナスイオンが結合してOHラジカルに変化し、カビ菌などの表面から水素原子を奪い、作用を抑制します。

発生条件 空気中の水に高電圧を加えると生成されます。 プラズマ放電によりプラスとマイナスのイオンが発生し、それぞれのイオンを水分子が取り囲むことによって安定したクラスターイオンとなります。
効果 ・スギやヒノキなど主要な花粉のアレル物質を無力化させます。

・ペットのフケ、ダニのフンや死骸、空気中の真菌などアレル物質を抑制します。

・タバコや生ごみなどのニオイの原因物質に働きかけ、脱臭します。

・カビ菌やその他の菌を除菌、抑制し、ウイルスの働きも抑制します。

・PM2.5に含まれる有害物質を分解・抑制します。

・肌にうるおい、髪にまとまりを与えます。

・空気を浄化し、浮遊カビ菌や浮遊ウイルス、アレル物質(花粉)などの作用を抑えます。

・タバコの付着臭を分解・除去します。

・衣類の汗臭や部屋干し衣類の生乾き臭を消臭します。

・静電気を抑えます。

・ストレスがたまりにくい環境、集中を維持しやすい環境をつくります。(プラズマクラスターNEXT)

設置場所 特に指定なし 壁際、窓際

ナノイーおすすめ加湿器

パナソニックの気化式加湿器(FE-KXT07-W)はナノイーを搭載しているので、加湿とナノイーで肌の潤い効果をアップします。
DCモーターを採用しているので、小さなファンでも効率的に風量を生み出し、しっかりとした加湿と省エネを両立。
お急ぎモードもあるので、乾燥が気になるときは素早く加湿することも可能できます。
運転音15dBの静かモードもあるため、おやすみ中に運転を続けても眠りを妨げないでしょう。
周りが濡れない気化式の薄型ボディなので、壁にピタッと設置することもできて邪魔になりません。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥31,500 (2024/06/19 23:33:13時点 Amazon調べ-詳細)

プラズマクラスターおすすめ加湿器

シャープのプラズマクラスターを搭載した9畳向けの加湿器(HV-L55W)は、給水のしやすさが魅力です。
トレーを取り外して給水できますが、上から水を注ぐこともできますので、お子さんや高齢者も楽に給水できるでしょう。
また、操作部には水位モニターが付いているので、水を注ぎながら水位の確認ができ、満水になれば音で知らせてくれるので安心です。
外せるパーツは水洗いOKなので、加湿器を清潔に保てるでしょう。
エコモードを選択すればヒーターレスで省エネ加湿できるため、強運転時より光熱費を約85%も節約できます。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥14,730 (2024/06/19 23:33:14時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい

まとめ

冬を健康的に過ごすため、加湿器は必需品といえるでしょう。
せっかく買うなら空気の浄化や消臭、肌の潤いなど、嬉しい効果が満載のナノイーやプラズマクラスターを搭載した機種を選びたいですね。
ナノイーとプラズマクラスターは似た効果が多いのですが、ナノイーならPM2.5に含まれる有害物質の分解・抑制、プラズマクラスターなら静電気を抑える効果などがあるため、選ぶ際の参考にしてください。
室内の快適な湿度は40〜60%といわれています。
加湿器を導入して、空気が乾燥しがちな冬も快適に過ごしましょう。

商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥31,500 (2024/06/19 23:33:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥14,730 (2024/06/19 23:33:14時点 Amazon調べ-詳細)