こちらの記事は2019年7月18日の記事を2020年6月18日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・ヘアバンドの魅力という項目を追記いたしました。
・下記の項目を2020年6月18日の情報に更新いたしました。
 レディースにおすすめのヘアバンド
 メンズにおすすめのヘアバンド

この記事では、ヘアバンドについて紹介をいたします。

オシャレなヘアスタイルのアレンジに、欠かすことができないのが「ヘアアクセサリー」です。カチューシャやヘアゴム、シュシュなど様々なアクセサリーが販売されていますが、オシャレさと快適さを両立できる「ヘアバンド」に注目して、選ぶポイントをご紹介していきます。

ヘアバンドの購入を考えている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

ヘアバンドの魅力

ヘアバンドは様々な場面で使用できるという点が最大の魅力でしょう。

例えば、ヘアアレンジなどに使用することで、大人っぽい印象にも可愛らしい印象にもすることができます。

ファッションのワンポイントとしても重宝されるため、1つ持っておいても損はないでしょう。

また、部屋で髪が邪魔な時に簡単に髪をまとめ上げることもできます。

洗顔の際に使用すれば、髪に洗顔料が付着することなく、顔の隅々まで徹底的に洗顔を行えます。

他にも汗をかきやすいスポーツの場など様々な場所で、ヘアバンドは活用可能です。

ヘアバンドの選び方

用途で選ぶ

元々のヘアバンドの役割は、髪の乱れを防ぐことでした。
現在はファッションを中心としたヘアバンドとして活用され、デザイン性のあるものがたくさんあります。
主な用途としては、「ファッション」「スポーツ」「部屋用」の3パターンです。

ファッションアイテムとする場合は、素材やデザイン、カラーなども様々です。

スポーツの場合は、汗を吸収しやすいタオル地のものが主流となり、動きの邪魔にならないデザインがよいでしょう。
部屋用は洗顔やメイク、お風呂上りの髪まとめに使うことがメインとなります。

それぞれの用途に合わせて、適正なヘアバンドを見つけましょう。

バンドの太さで選ぶ

ヘアバンドの太さで、印象や着用感が大きく変わります。
細いヘアバンドは、比較的スポーツタイプのものが多いです。

細い方が、激しい動きで崩れた時にも直しやすく、シンプルに使うことができます。

太いヘアバンドは、ファッション性が高く、ターバンのようなデザインも人気が高いです。

可愛らしいリボンがついているものや、ファーを使ったものなど多種多様となっています。

カラーやサイズ、形状も豊富で、シンプルなヘアスタイルのアクセントには太いヘアバンドがおすすめです。

季節に合わせた素材を選ぶ

ヘアバンドは様々な素材の商品がでており、季節感がでやすいので季節に合わせた素材を選ぶと良いでしょう。
夏場は暑いので、スポーツやファッション問わず、暑さや汗の対策ができるものが良いです。

定番のタオル地は汗の吸収に優れており、細めのタイプであれば厚苦しい印象もないでしょう。
タオル地は商品によって、生地のボリューム感が異なってきます。

その他は、吸水速乾性の高いマイクロファイバー素材のものが夏向けです。
ナイロンやポリエステルの合成繊維で、薄手のものが多く通気性も良い素材となっています。

太めのヘアバンドでも、マイクロファイバー素材であれば、暑い夏でも涼し気に着用することができるでしょう。

冬場の時期は、タオル地はもちろんベロア生地やファー、ニットを使った温かさを感じる素材が人気です。
ファッションアイテムとして存在感が高く、いつものヘアスタイルのマンネリ対策にも大活躍します。

初めて買う方はベーシックなカラーがおすすめ

カラーバリエーションが豊富なヘアバンドですが、カラーの選択は重要であり初心者には意外と難しいです。
髪の色合いやヘアバンドの太さなど、バランスによって似合うカラーも変わってくるでしょう。

カラーに迷う方は、ベーシックで使いやすいカラーがおすすめです。

その中でも特に髪色やファッションに馴染みやすいのがブラックです。
また、ネイビーやグレー、ブラウンのトーンが暗い色であれば、初心者でも使いやすいでしょう。

レディースにおすすめのヘアバンド

Madholly 3色セット シンプルヘアバンド

Madholly 3色セット シンプルヘアバンドは、ブラック、ベージュ、コーヒーの3色シンプルなヘアバンドがセットになった商品です。

手触りのよい柔らかい素材を使用しているため、着け心地もよいでしょう。

どの場面にも合わせやすいデザインをしているため、ヘアアレンジでの使用や洗顔時の使用など幅広い目的に使用できます。

gelato pique カラフルボーダーヘアバンド

gelato pique カラフルボーダーヘアバンドは、リボンが付いた可愛らしいデザインで、肌に吸い付くような質感を体感できるナイロン製のスムーズィー素材を使用している商品です。

ミントとパステルの2種類のカラーがあり、涼しげなシャーベットカラーは暑い夏場でも涼しい印象を感じることができます。

バンド部分が幅広いため、髪からズレることなく安定した装着感を実現しています。

同じシリーズのルームウェアとソックスを合わせることでより可愛らしい印象を与えることができるでしょう。

ING STYLE ナチュラル ヘアバンド

ING STYLE ナチュラル ヘアバンドは、抗菌防臭加工がされているため、汗をかきやすい場面でも臭いを気にすることなく使用できます。

黒以外にも赤やピンク、グレーなど6色の中から選択することができ、シンプルなリボンが付属しているものもあります。

縦に溝が入ったテレコ素材を使用しており、伸縮性に優れているため、頭のサイズに関係なくしっかりとフィットした状態で着用できるでしょう。

カジュアルな服装に合わせたい方や、スポーツシーンで使用したい方におすすめです。

メンズにおすすめのヘアバンド

Champion ヘアバンド 719-101A メンズ

Champion ヘアバンド 719-101A メンズは、グレー、ブラック、ホワイトの3色からカラーを選択できるヘアバンドです。

機能性や耐久性など、1つ1つにこだわって作られているため、使い心地も抜群でしょう。

有名スポーツブランドの商品なため、スポーツシーンで主に使用したい方におすすめです。

created by Rinker
Champion(チャンピオン)
¥1,422 (2020/07/13 09:53:28時点 Amazon調べ-詳細)

iyoiyo ヘッドバンド HBDa01

iyoiyo ヘッドバンド HBDa01は、スポーツシーンでヘッドバンドをする際に気になる通気性、吸湿性、速乾性の3つのポイントに優れた商品で、汗をかいても快適な着け心地を実現してくれます。

柔軟性のある素材を使用しているため、肌にやさしい柔らかい感触を体感できるでしょう。

繰り返し洗濯をしても、形状が変わることなく使用でき、お手入れも楽です。

ヘアバンドについてのおさらい

  • ヘアバンドの選び方は、「用途で選ぶ」「バンドの太さで選ぶ」「カラーで選ぶ」「素材で選ぶ」などポイントは数多くあります。
  • ヘアバンドを使う用途は「ファッション」「スポーツ」「部屋用」の3パターンが主流。使用する用途に合わせて、ヘアバンドに求める部分が異なります。使うシーンに合わせて、快適な素材やデザインなどを選ぶことが大切です。
  • ヘアバンドの太さも、印象が大きく変わるので選ぶポイントとして重要。スポーツタイプは、比較的細めのタイプが多いです。太めのヘアバンドは、ファッションアイテムとして人気を集めています。ターバンデザインのものも多く、リボンなどがついておしゃれなものがたくさんあります。
  • スポーツ時や部屋用として活用する場合、汗や水を吸収できる吸水速乾に優れたタオル地やマイクロファイバー生地が主流。ファッション性のあるヘアバンドは、秋冬のシーズンになるとニットやベロア、ファーなど温かい素材のヘアバンドが人気です。
  • 髪の色やファッションの雰囲気によっても、合うカラーは違ってきます。迷ってしまった場合には、ベーシックなブラックが一番おすすめ。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
Champion(チャンピオン)
¥1,422 (2020/07/13 09:53:28時点 Amazon調べ-詳細)