この記事ではスウェットについて解説いたします。

スウェットは、カジュアルなファッションスタイルはもちろん、ルームウェアとしても多くの人が愛用している衣服です。

ここでは、スウェットの選び方やおすすめ商品も紹介しているため、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スウェットとは何か

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

メンズにおすすめのスウェット

スウェットとは、綿の素材を使ってジャージー織りに仕上げたニット素材です。

スウェットとは、本来は衣服の名前ではなく生地自体の名前です。

わかりやすく例えると、スウェット生地のトレーナー、スウェット生地のパンツ、スウェット生地のスカートなどスウェットは様々なファッションアイテムに取り入れられています。

スウェット生地をつくるためのジャージー織りは、細かく丈夫で伸縮性があります。スポーツなどで着用するジャージと素材は異なりますが、生地の作り方は同じです。

スウェットの場合は、汗を吸ってくれる特徴がありますが、ジャージは運動をする時がメインなので、汗を乾かすのが早い速乾性が特徴となっています。

このように同じニットでも織り方で変わり、同じ織り方でも素材で衣服が変わってきます。

スウェットの選び方

素材で選ぶ

スウェットは綿を使用したジャージー織りのニット素材ですが、その中でも2種類の素材があります。その素材の特徴は裏地にあり、「裏毛」と「裏起毛」の2パターンです。

裏毛は少し粗目に仕上げられた裏地で、タオルのような素材です。一般的に一番スウェットとして、イメージしやすいものでしょう。見た目は粗いものの、肌触りは柔らかく汗の吸収や速乾にも優れています。

裏起毛は、裏地が毛羽立ったふわふわの素材になっているものです。

裏地のスウェットよりも温かさに優れており、真冬の時期にはこの裏起毛タイプの方が人気となっています。最近では肌着やタイツなども、この裏起毛がよく使われており冬の定番となっています。

このように、それぞれの特徴に合わせて素材を選ぶのもポイントです。

シルエットで選ぶ

シルエットの選び方は、ファッションスタイルによっても大きく異なる部分です。

カジュアルでラフなスタイルや、スポーティーなファッションの場合は、ゆったりとした大きめのシルエットが合います。
スッキリとしたジャストサイズは、大人っぽいキレイめなファッションやアメカジスタイルが主流です。

ディテールで選ぶ

ディテールで、ファッションの雰囲気も変わってきます。

スウェットシャツの場合は、ポケットがついていたり、首元がヴィンテージ風のV編みになっていたりするだけでも雰囲気が違います。

ファッションスタイルに合わせて、ディテールを選べるとおしゃれ度も高いです。

デザインで選ぶ

スウェットシャツはデザイン違いで、何枚あっても困りません。
通常のトレーナータイプやフードが付いたパーカータイプ、ジップアップがついたものなどデザインは数多くあります。
1枚で着る場合や、Tシャツやシャツなどと組み合わせて使う場合でも、デザインの選び方は変わるでしょう。

メンズにおすすめのスウェット

【チャンピオン】スクリプトロゴ スウェットパーカー

スウェットアイテムの定番と言える「チャンピオン」のパーカーです。
豊富なカラーで、何枚あっても嬉しいアイテムです。

吸水速乾に優れたコットン素材で、流行りに関わらず着用できます。

ティーシャツドットエスティー 無地スウェットトレーナー

着心地の良い裏毛を使用した、定番のスウェットトレーナーです。

綿100%で着心地はもちろん、丈夫な作りとなっています。

ファッションやルームウェアなど、幅広く着用することができます。

ティーシャツドットエスティー トレーナー 無地 裏パイル 10.0oz メンズ ネイビー S
created by Rinker
Tshirt.st(ティーシャツドットエスティー)
¥2,199(2019/10/15 21:09:48時点 Amazon調べ-詳細)

【ピゾフ】メンズ3Dデザインパーカー

立体感のある3Dデザインが特徴的で、ラフでスポーティーな印象です。

大きめのサイジングで、ゆったりと着こなすのがポイントでしょう。
他にはない独特なデザインで、着こなせればおしゃれ度の高いスウェットパーカーです。

【チャンピオン】ワンポイントロゴ クルーネックスウェットトレーナー

幅広い年齢層に支持されている、カジュアルでありながらおしゃれなアイテムです。
裏毛仕様で着心地も柔らかく、年間を通して長く着用することができます。

ワンポイントロゴなので、流行りを気にせずシンプルにコーディネートしやすいでしょう。

ユナイテッドアスレ クルーネックスウェットトレーナー

カラーバリエーションが豊富で、コストパフォーマンスに優れたスウェットトレーナーです。
裏パイル地を仕様しており、汗を吸収しやすい着心地となっています。

シンプルなデザインなため、サイジングを調整して自身のファッションスタイルに合わせることができます。

レディースにおすすめのスウェット

【チャンピオン】プルオーバー スウェットパーカー

可愛らしいパーカータイプで、パンツやスカートにも合わせやすいです。
裏地は、柔らかく着心地の良い裏毛仕様となっています。

幅広いファッションスタイルに合わせやすく、スウェットの代表格と言えます。

ネクシード ゆったりフード付きスウェットパーカー

オーバーサイズでざっくりと着用するデザインパーカーです。
英字ロゴが入ったシンプルなデザインで、パンツスタイルにピッタリです。
ジッパータイプなので、ちょっとしたアウターとしても活躍するでしょう。
幅広い季節で着用できます。

シンマンエン ゆったりスウェットトレーナー

三本ラインが印象的なスポーティーなデザインです。

クールでスタイリッシュな雰囲気もあり、体型がカバーできるゆったりシルエットも人気のポイントとなっています。
ファッション性も高く、おしゃれなスウェットトレーナーです。

【チャンピオン】クルーネック スウェットトレーナー

男女問わず人気が高く、流行りを気にせず着用することができます。
シンプルなデザインなので、コーディネートもしやすいです。

スウェットとトレーナーは同じ!?選び方でおしゃれに決まるポイント

スウェットとトレーナーは同じ!?選び方でおしゃれに決まるポイント

created by Rinker

スウェットについてのまとめ

  • スウェットを選びポイントはいくつかあり、「素材」「シルエット」「ディテール」「デザイン」などがあります。
  • 素材は実は2種類あり、裏地によって着用シーズンが変わります。柔らかいタオル地で汗の吸収をしてくれる「裏毛」。温かさに優れており、ふわふわの着心地である「裏起毛」。
  • シルエットはファッションスタイルに合わせて、スポーティーでゆったりとしたオーバーサイズ。カジュアルですがラフすぎず着用できるジャストサイズなど、シルエットをサイジングで調整することで選びやすくなります。
  • ディテールは、ちょっとしたポイントで雰囲気が変わります。スウェットシャツの場合、胸ポケットや首元がヴィンテージ風のV編みになっているだけで、ファッションの系統が変わってきます。
  • スウェットは快適な素材だから、いろいろなデザインで持っていたいです。通常のトレーナータイプやフードが付いたパーカータイプ、ジップアップがついたものなど、コーディネートの幅が広がります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ティーシャツドットエスティー トレーナー 無地 裏パイル 10.0oz メンズ ネイビー S
created by Rinker
Tshirt.st(ティーシャツドットエスティー)
¥2,199(2019/10/15 21:09:48時点 Amazon調べ-詳細)