この記事では、クリアファイルの種類や選び方、人気のあるクリアファイルについて解説します。

現代のクリアファイルは、様々なサイズやデザインのクリアファイルが販売されています。

この記事を読むことで、自分に合ったクリアファイル購入の検討が出来ます。

クリアファイルの種類

クリアファイルの種類は大きく分けると、ホルダー式、レール式、ブック式の3種類があります。

以下では、ホルダー式、レール式、ブック式のクリアファイルの特徴について解説します。

ホルダー式は書類の出し入れが手軽

クリアファイルの中でもっとも有名なのがこのホルダー式タイプのクリアファイルです。

ファイルの2辺(上と横のどちらか)が開いたタイプのクリアファイルで、書類の出し入れが手軽に行えるため、こまめに書類を取り出したいときにおすすめできるクリアファイルです。

書類の収納枚数が多くなり、クリアファイル内に厚みが出てくると、中身が落ちやすくなるのが欠点でしょう。

レール式、ブック式に比べて書類を細かくジャンル分けしたいときにも向かない事に注意が必要です。

レール式はパラパラとめくって書類を読める

書類の端(左端が多い)をスライドバーで止めて書類を管理するのが、レール式のクリアファイルです。

書籍のようにパラパラとめくって書類を読むことができるため、プレゼンテーションや資料作りをする人に大変人気があるのがレール式のクリアファイルの特徴です。

レール式のクリアファイルは書類がバラバラになりにくいのはいいところですが、中身の差し替えはホルダー式のように手軽に行えないのは不便な点でしょう。

ブック式は複数の収納ホルダーに書類を保管できる

ブック式のクリアファイルは、複数の収納ホルダーに書類を保管できるのが特徴です。

20枚収納できるクリアファイルは、50枚収納できるクリアファイルなどが販売されており、収納ホルダーの数で厚みも変わってきます。

1枚ずつ収納ホルダーに書類を入れられるため、中身が確認しやすく、折れや汚れにも強いのがブック式のクリアファイル最大の強みでしょう。

欠点は1枚ずつきっちり管理するため、複数枚の書類を急遽取り出すことになった場合に時間がかかるところも魅力です。

クリアファイルの選び方

クリアファイルを購入する場合は、自分がどういったクリアファイルが欲しいかをよく考えて、購入するとよいでしょう。

この項目ではクリアファイルの選び方として、サイズ、デザイン、インデックスについて解説します。

書類を入れる方向から選ぶ

クリアファイルに書類を入れる方法には、トップスローとサイドスローという2つの入れ方があります。

クリアファイルのポケットの上から書類を入れるのがトップスロー、横から入れることをサイドスローと言います。

トップスローのメリットは、トップスローのクリアファイルが多いため、慣れやすく使いやすい事です。

しかし、入れる書類のサイズが大きいと折り曲げなくてはいけないこともあり、上部が空いているため、うっかりクリアファイルを逆さにしてしまうと書類が抜け落ちてきてしまうのはデメリットでしょう。

サイドスローのメリットは、ポケット口が中央にあり、トップスローより大きい書類も入れることができる点です。

トップスローより書類が落ちにくく、持ち運びがしやすいのも魅力です。

サイズで選ぶ

クリアファイルはサイズ、大きさ、重さ、厚みもよく考えて購入しなくてはいけません。

A3、A4、A5、A6、B5、B6とサイズも様々なため、どのサイズのクリアファイルがいいのかよく理解しておくとよいでしょう。

一番クリアファイルでメジャーなのがA4サイズで、A4サイズのクリアファイルでしたら持ち運びにも適した大きさです。

デザインで選ぶ

クリアファイルを選ぶ場合は、デザインにもこだわるのもおすすめです。

クリアファイルはどうしても白色のイメージが強いですが、カラーや絵柄などにこだわった商品もたくさんあるため、クリアファイルをデザインで選ぶのも面白いでしょう。

インデックス付も考える

油性ペンで直接書き込みができたりするインデックス付のクリアファイルも人気があります。

インデックス付のメリットは分類や検索が楽になるうえ、インデックスが丈夫な作りのため、長持ちしやすいです。

検索、閲覧頻度の高い書類の場合は、インデックス付のクリアファイルがおすすです。

おすすめクリアファイル8選

プラス FL-170HO-10くせがないためどんな時でも使える

プラス FL-170HO-10は、A4のシンプルなクリアファイルです。

くせがないためどんな時でも使える商品です。

プラス クリアホルダー A4 10枚 クリアー FL-170HO-10 88-104
created by Rinker
PLUS(プラス)
¥120(2019/08/24 22:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

コクヨ NEOSは書類量に応じて背幅が変わる

コクヨ NEOSは、書類量に応じて背幅が変わるのが特徴の品です。

カラーラインナップも豊富な点が魅力です。

プラス Pasty petitはさわやかなカラーが魅力

プラス Pasty petitは、名前のようにフルーツのようなさわやかなカラーが魅力的なクリアファイルです。

別売りですが、専用のインデックスシートもあります。

winkong クリアファイルは防水機能が魅力の品

winkong クリアファイルは、6色透明ボタンビニール製のクリアファイルです。

防水機能がついているため、雨の日でも安心して使うことができます。

KAMA BRIDALファイルフォルダは柄が可愛い商品

KAMA BRIDALファイルフォルダは、笑顔柄が可愛い商品です。

防水機能の他に、スナップ式の作りで書類管理を楽にすることができます。

キングジム 136-5SPは100枚まで収納可能な品

キングジム 136-5SPは、100枚まで収納可能なクリアファイルです。

青と黒のカラーがあり、シンプルな見た目でどこでも違和感なく使えます。

キングジム クリアーファイル シンプリーズ A4S 100P 136-5SP 黒
created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥898(2019/08/24 22:13:06時点 Amazon調べ-詳細)

サクラクレパス OFT-10P9は持ち運びにおすすめ

サクラクレパス OFT-10P9は、A3、A4サイズ対応の横入れタイプのクリアファイルです。

逆さにしても落ちないため、持ち運びに適しています。

グリーンウィーク クリアファイルは大きなものも収納できる

グリーンウィーク クリアファイルは、B3サイズのポスターやカレンダー、水彩画などを収納できるクリアファイルです。

シックな黒色でカッコいい商品です。

クリアファイルについてのまとめ

  • クリアファイルの種類は、大きく分けるとホルダー式、レール式、ブック式の3種類があります。
  • クリアファイルを購入する場合は書類を入れる方向、サイズ、デザイン、インデックス付かをよく見て購入すると良いでしょう。
  • クリアファイルに書類を入れる方法には、トップスローとサイドスローという2つの入れ方があります。