この記事では、マウンテンパーカーについて解説いたします。

マウンテンパーカーは、機能面に特化したアウトドア用のパーカーですが、現代ではタウンユースとしても兼用できるおしゃれなデザインのものも増えています。

ここでは、マウンテンパーカー選びのポイントやおすすめ商品の紹介もするため、ご自身に最適なマウンテンパーカーの購入の参考にしてみてください。

マウンテンパーカーって何?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのマウンテンパーカー5選

マウンテンパーカーは、防水性や防風性、透湿性などを備えたフード付きのアウターのことで、元々は登山用に作られました。

ハードな環境でも耐えられるように、高い機能性と耐久力を持っていることや、アウトドアに便利な大きめのポケットが複数ついていることが特徴です。

マウンテンパーカーの機能性

登山などのハードなアウトドア環境用に作られたマウンテンパーカーは、防水加工や撥水加工が施されたもの、透湿性(ムレをふせぐ性能)が高い素材で作られたものなど、機能面が充実している製品が多いことが特徴です。

他にも、着心地が良いストレッチ性が高いものや、軽量でコンパクトなもの、通気性の高いものなど、実用性を重視して設計されており、あらゆるアウトドアシーンで愛用されています。

マウンテンパーカーは街で着てもよい?

マウンテンパーカーは、雨や霧の中でも見つけやすいように、原色を中心に配色しているものや、迷彩やボーダーなど目立つデザインをしているものが多くあります。

そのファッション性の高さから、おしゃれに着こなせるタウンユース用のウェアとしても注目されており、特にカジュアルファッションでは定番のアウターです。

マウンテンパーカーの選び方

素材で選ぶ

マウンテンパーカーの機能を支える代表的な素材として、ゴアテックス素材があげられます。

ゴアテックス素材は、外からの雨を防ぐ「防水性」と、内側で発生したムレを外に出す「透湿性」が特に優れていることが特徴です。マウンテンパーカー以外にも、様々なアウトドア用品に使われています。

また、ノースフェイスの「ハイベント」や、モンベルの「ドライテック」など、高価なゴアテックス素材を使用せずに、高い防水性や透湿性を実現した各メーカー独自の素材を採用しているマウンテンパーカーも数多く販売されています。

ゴアテックス素材を使用した製品よりも比較的リーズナブルな傾向があるため、タウンユースとしてはもちろん、キャンプやハイキングなどの軽登山での使い道がメインの場合にも、十分活躍してくれるでしょう。

機能性で選ぶ

マウンテンパーカーは、保温性・撥水性・防水性・防風性・透湿性など、機能面が非常に充実しています。

防水性・透湿性を重視するのであれば、やはりゴアテックス素材のものがおすすめですが、ゴアテックス素材は伸縮性が悪いことが弱点です。

この弱点を改善したストレッチ性の高い素材や、軽量でコンパクトなものなど、現在では様々な種類のマウンテンパーカーが発売されています。各メーカーの特徴や製品の特長をおさえ、ご自身の用途にあったマウンテンパーカーを選ぶことが大切です。

厚みで選ぶ

マウンテンパーカーなど、機能性を重視したアウター全般のことを、外から身を守るといった意味で、「シェル(日本語で殻)」と呼び、シェルには「ソフトシェル」と「ハードシェル」の2つのタイプがあります。

ソフトシェルタイプのマウンテンパーカーは、軽量で薄手なことに加え、ストレッチ性や通気性などの機動性を重視しているため、着心地がよいことが特徴です。

また、撥水加工されているものが多いので、多少の風雨であれば凌ぐことができます。

ハードシェルタイプのマウンテンパーカーは、厚手で重く、着心地を犠牲にしている一方で、高い防水性や防風性を実現していることが特徴です。

このように、ソフトシェルとハードシェルはそれぞれ異なった特徴を持つので、マウンテンパーカー選びの際は、使用する場所や環境にあったタイプのシェルを選ぶことが大切です。

カラーやデザインで選ぶ

マウンテンパーカーのカラーは、黒やグレーなどのモノトーンから、明るい蛍光色のものまで、バリエーションが豊富にあります。登山では、目立つ蛍光色を使用したもののほうが、周りから見つけやすいため安心です。

一方、タウンユースとして使う場合は、主張しすぎないシックで落ち着いた色のほうが、様々なカジュアルファッションと着回しがしやすいでしょう。

マウンテンパーカーのお手入れ方法

マウンテンパーカーは撥水加工や防水加工がされているため、お手入れの際は注意が必要です。洗濯前には必ず製品の洗濯表示を確認しましょう。

手洗いの場合は、洗剤を溶かしたぬるま湯で優しく手もみ洗いをします。

洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットに入れて、水流の弱いコースで短時間の洗濯に留めます。

汚れがひどく、より高い洗浄効果が必要な場合は、ゴアテックス素材や撥水加工されたウェアに効果がある、「NIKWAX(ニクワックス)」など専用の洗剤を使うことをおすすめします。

おすすめのブランド

ザノースフェイス

ザノースフェイスは、1966年にアメリカで創業した、アウトドア用品の定番ブランドです。

マウンテンパーカーでは、「ハイベント」と呼ばれるノースフェイス独自の素材を使用しており、ゴアテックス素材よりもストレッチ性が高く、動きやすいのが特徴となっています。

パタゴニア

パタゴニアは、登山やサーフィンなどのレジャー用品から戦闘服まで、多様なアウトドア製品を製造しているアメリカの人気ブランドです。

独自の品質基準である「H2Noパフォーマンス・スタンダード」といった規格を採用しており、防水性・透湿性・耐久性など全てにおいてハイレベルなマウンテンパーカーを販売しています。

モンベル

大阪に拠点を構える日本のアウトドア総合ブランドで、日本の気候や、日本人の体形にあったアウトドアギアを多数展開しています。

マウンテンパーカーでは、「ドライテック」と呼ばれるモンベル独自の素材で、高い防水性・透湿性を実現している注目のブランドです。

おすすめのマウンテンパーカー5選

[ザノースフェイス] ジャケット クライムライトジャケット メンズ NP11503

ザノースフェイスの「クライムライトジャケット NP11503」は、270gと超軽量設計で機動性を重視したマウンテンパーカーです。

その軽さからコンパクトに収納が可能で、着ながらでも腕を上げやすいなど着心地もよい製品となっています。また、素材にゴアテックスを採用しているので、防水性や透湿性も申し分ありません。

[ザ・ノース・フェイス] オールマウンテンジャケット All Mountain Jacket メンズ

ザノースフェイスの「オールマウンテンジャケット」は、高性能のゴアテックス「C-KNIT」を採用した、3層構造の防水シェルジャケットです。

防水性や透湿性、防風性の高さはもちろん、軽くてしなやかなので動きやすいことも特徴です。

温度の微調整を可能にする脇下のベンチレーションや、裾のアジャスタードローコードがついているので、天候に左右されずオールシーズンで活躍してくれます。

[パタゴニア] アウトドア ジャケット 83802

パタゴニアのアウトドアジャケット「83802」は、独自の品質基準「H2Noパフォーマンス・スタンダード」を採用した悪天候に強い製品です。

機能性の高さはもちろん、タイトなシルエットやシンプルでミニマルなルックスから、ファッションの観点でも優れた一着となっています。

(モンベル)mont-bell ドライテック レインウエア 1128297 [メンズ]

モンベルのレインウェア「1128297」は、高い機能性と上下セットでこの値段と、非常にコスパの高い一着です。

モンベル独自の防水透湿性素材ハイドロブリーズに2レイヤー地を採用しており、しなやかな着心地と、収納のしやすいコンパクトサイズが実用性の高い製品となっています。

(ロラタ) Lorata 秋冬用メンズ 多機能ソフトシェル マウンテンハードウェア パーカー アノラック

ロラタのマウンテンパーカーは、初心者におすすめのお手頃価格な製品です。

表ポリエステル混紡素材を使用しており、耐久性と速乾性に優れています。

また、複数ポケットや撥水性の高さなど、実用的な使い勝手を考慮したマウンテンパーカーで、その価格の安さからマウンテンパーカーの入門者の方におすすめです。

マウンテンパーカーについてのまとめ

  • マウンテンパーカーとは、保温性・撥水性・防水性・防風性・透湿性など、機能面が充実したフード付きのアウターのことで、現代ではおしゃれに着こなせるタウンユース用のウェアとしても注目されています。
  • 商品選びの際は、素材や機能性のチェックはもちろん、お気に入りのファッションに合うデザインで選ぶことや、お手入れの仕方も事前に確認して選ぶことをおすすめします。